またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

01
8月になってしまいましたなー…
なんかこう公私ともに色々やることがつまってしまっております。
副鼻腔炎とか患っちゃったもんだから特に(;´∀`)
なんでもまとめてどかーん!と片付けられればいいんですが、
そうも行きませんので地味~にいくしかないですな'`,、('∀`) '`,、

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマーGo!より、爆速鬼バクドーラです。
_1070349.jpg
今回は諸事情により追記前提のおまけつき。

※2013/8/8 追記
一通り問い合わせの結果が出ましたので、内容を追記しておきました。
他の記事やTwitterでの内容をひとまとめにしただけですが…(;´∀`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1070440.jpg_1070441.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGo!の7月末発売組からバクドーラ。
四鬼衆の一人で、爆速鬼と呼ばれる存在です。
モノとしては、以前紹介したビーストハンターズのリップクローをリデコ&リカラーしたもの。

_1070446.jpg_1070450.jpg
_1070455.jpg_1070458.jpg
ぐるっと一回り。
Go!のプレダコンはドラゴンから鬼ロボに変形する、ということで、ビーストモードはドラゴンです。
リデコされたパーツはこの状態では見えないので、ビーストモードでは
見た目には色以外の違いはありませんねw

_1070461.jpg
ドラゴンの顔。
しゃくれアゴですが、割と一般的なドラゴンのイメージに近い顔です。
成形色がメタリックブルーになりましたが、これはこれでいい感じ。

_1070464.jpg
ドラゴン頭は口を開閉可能。
リップクローの時同様下あごを起点に開閉する感じなので、
動かした時の感触がちょっと独特ですね。

_1070468.jpg
プレダコン連中はロボとドラゴンで手足をほぼ兼用することもあって、
ドラゴン状態でもある程度可動します。
ドラゴン時のみの可動部位時は頭くらいですかね。
頭と首の境目でボールジョイント接続になっていまして、
左右の回転及び捻りと、上下45度くらいの幅で視線を振ることが可能です。

_1070473.jpg
前脚は付け根と肘に相当する部分が動き、肩部分はボールジョイント、
肘は60度程度の曲げ伸ばしと肘直下のロール軸でのひねりが可能。
後ろ脚は付け根分と足首がボールジョイント接続、膝に相当する部分が真っすぐ状態から
90度弱程度まで曲げ伸ばしが可能です。
また、翼の開閉や尻尾の前後可動もありますよ。

_1070478.jpg
と、これだけ見るとある程度動くなーという感じで、実際そうなのですが。
実はもとになったリップクローと比べると、肘・膝の可動範囲が若干狭まっています。
なんで?というのは長くなりますので、ロボットモードの説明とおまけの方で。

_1070481.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
まず尻尾先端の武器は外しておきましょう。
後脚を伸ばして、太もも部分にある装甲を一旦展開。
その後膝部分から折り曲げて装甲を脛部分に移動し、固定。
そのまま後脚を後方に伸ばして、二本脚で立たせます。

_1070487.jpg
胴体を覆っている黒い装甲を翼側に開き、胸部を曲げて腰部分とひとつながり状態に。
前脚は下方向に向けて、爪を肘側に折りたたみロボ手首を露出させます。
ロール軸をひねって手首を正位置に向け、肩の軸も定位置に動かしておきます。

_1070490.jpg
ドラゴンの首を左右に開き、肩のところにおろして肩アーマーに。
ドラゴンの頭は背中に回してしまいます。
あとは各部をを調節してできあがりです。

_1070496.jpg_1070500.jpg
ロボットモード。
リップクローは頭の形状のせいかかなり異形感のある印象でしたが、
頭が変わるだけで一気にすらっとかっこいいスタイルに…w

_1070503.jpg_1070506.jpg
_1070511.jpg_1070514.jpg
ぐるっと一回り。
リップクローはたとえるならリザードマンというかそんな感じのイメージでしたが、
ブルー基調になったのと顔の変更で、悪魔っぽいシルエットになっているような。
首から下は形全然変わってないんですが、ほんと顔と色で変わるもんですなあw

_1070517.jpg_1070521.jpg
顔回り。
今回のリデコ部分ですね。
なかなか整った顔立ちの鬼さんですw
そして頭には4本の角が。
リーダーのブドーラが角一本ということなので、4番手ということですかなw

_1070526.jpg
腕周り。
色以外はリップクローと同じ、といいたいところですが…
今回一番の問題部位になっちゃってますね。
詳しくは可動のところやおまけで後ほど。

_1070530.jpg
胴回り。
頭が胴に埋まっているようなデザインでなくなったためか、色の変化以上に違って見えますね。
形状自体は完全に一緒なんですが…まさに顔は人形の命。

_1070534.jpg
背中。
相変わらず、ドラゴンの頭がそのまんまですw
まーこれはこれでデザインとしてありだとは思いますが、バクドーラ自体の関節が緩めなせいで
時々あさっての方向向いちゃうのがちょっと気になりますなw

_1070537.jpg
尻尾。
見た目の獣らしさアップとともに、下に垂らしておくことで三本目の足としても
有効に機能しますね。

_1070542.jpg
尻尾は付け根のところで上下に可動。
先端が頭の上に来るくらいまで持ちあがります。
持ち上げた状態でも自立は可能ですが、リップクローより膝が弱いので
かなり姿勢は限定されることに…

_1070548.jpg
さらに、尻尾は根元の銀のロックパーツを外すことで黒いパーツの節の隙間を広げることが可能。
中身は軟質素材製の芯が入っているため、ある程度フレキシブルに動かすことが可能です。
…が、やっぱりこれ経年劣化がおっかないですなあ…(;´∀`)

_1070551.jpg
脚部。
ひざ下の変形でドラゴンの足からロボットの足に変わるのは非常に秀逸。
…なんですが、こちらもちょっと問題がありまして…
リップクローとパーツの組み方が違う(間違い?)せいで、見た目にちょっと鳥脚風味が。

_1070554.jpg
付属武器のサイフォンクロー。
尻尾の先についてたやつです。
ガイドーラはベースのレーザーバックから武器名が変わっていましたが、
こいつはリップクローから名前そのまんまなんですな…w

_1070557.jpg
爪は手動で開き、ロックすることが可能。
中央のトンガリを押すとスプリングで爪が閉じます。
構造上絶対指が挟まれるので、ちょっと痛いのは覚悟ですw

_1070560.jpg
可動に関して。
基本構造は同じだから可動範囲もほぼ一緒…といいたいところなんですが、
肘と太もも部分のおそらく組み違い?と思われるところにより、
ちょっと差が出てしまっています。

_1070563.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント。
変形機構を使うことで、肩と腕をつなぐ軸自体もちょっとだけ上方向にスイング可能です。
説明書通りの基本状態だと軸がだいぶ下向きなので、このスイング可動は
ポージングの際には結構多用しますね。

_1070566.jpg
具体的な可動範囲としては、前後方向への回転と
上述の軸と一直線になるまで横に腕を上げることが可能です。。
肩アーマーが覆いかぶさっているので、都度避けて上げる必要はありますがw
また、肩の軸は斜め下向きが基本形なので、前後回転もこの軸の傾きに影響を受けます。
ここで上下スイングが生きてくるわけですw

_1070569.jpg
肘のすぐ下にはロール軸。
変形機構兼腕のひねり用ですね。
肘は(うちのバクドーラでは)だいたい60度くらいまがります。
わざわざうちのバクドーラでは、と但し書きをつけたのは、この部分は
組み間違いらしき状態の個体が非常に多く(細かい状態についてはおまけで。
うちのものは左右反対のパーツが…)、肘パーツの向きがまちまちでして。
その向きによって曲がる角度に差が出てしまうんです。
正しいと思われるパーツ構成では、90度まで曲がるはずですよ。

_1070572.jpg
手首は内側へ90度程度曲げ伸ばしが可能です。
ひじ下のロール軸と併せて、武器の向きの調整なんかに使えますね。

_1070576.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイントです。
前後方向は、翼や胴体にぶつかるまでほぼ無制限に脚が上げられます。
開脚方向に関しては、太ももの外側が上に突き出たデザインが仇になって30度程度が限界。
ただし、内側にも割とよく曲がってくれるので、脚を揃えたポーズが何気にやり易いですね。

_1070580.jpg
太ももにはロールが軸あり、脚にひねりを入れられます。。
リップクローと同じくちょっと固めなので、ひねる際はボールジョイントが外れないように
少し注意がいるかもしれません。

_1070583.jpg
膝は90度ほど曲がります。
実は膝を含む部分、太ももパーツも肘同様リップクローとは逆になっているようでして。
その関係で、リップクローより若干膝の曲がりが浅くなっています。
曲がり幅そのものはわりと十分な範囲ではあるんですけどね…w

_1070587.jpg
足首はボールジョイント。
各方向への30度程度の範囲で角度調節が可能です。
前方向のみ、変形の都合もあってものすごい曲がりますが…w
足首の接地性は高いですし、尻尾を下げれば三本足状態なので、
直立させるぶんには非常に安定して立ってくれますw

_1070588.jpg
首はボールジョイント接続。
顔がリップクローよりだいぶスマートなので、ある程度ちゃんと横を向けるようになってますね。
それでも真横にちょっと足りない程度ですが…
前後幅も多少詰まっていますので、ほんの気持ち程度ですが
視線を上下にふることもできますよ。

_1070599.jpg
胴体は腰に回転軸が設けられています。
リップクローよりは改善されたとはいえ、やはり首の動きが襟パーツに引っかかる以上
この腰の回転はありがたいですね。
さらに、変形機構を使えば上体をそらすような動きも可能。
反る場所が植え過ぎますし、腹に大穴が空くのであまり使い道はないですが…w

_1070602.jpg
と、全体的な動きっぷりは「バクドーラ単体で見れば」そう悪いものではないです。
肘(個体差がかなりありますが、うちのものを一応基準とすると)が若干曲がらないくらいですね。
ですがやはり、リデコ元と(パーツの組違いらしい違いが元で)差が出ているというのは
ちょっとモヤモヤしますね。

_1070605.jpg
そしてもうひとつ気になるのが、一部関節の保持力のなさ。
具体的には、ドラゴン頭と股関節、膝です。
まず膝はピンの打ち込みがかなり甘いのか、自重を支えられる姿勢がかなり限定されています。
ピンのある部分を左右から手でぎゅっと押しこむだけで結構変わるので、
それでいいといえばいいんですが…w
股関節とドラゴン頭も、かなりプラプラ状態。
個体差もあるとは思いますが、もうさくっと補強したほうがのちのち気が楽そうです(;´∀`)

_1070611.jpg
リデコ元のリップクローと。
ブルードラゴンとグリーンドラゴンってな感じですな。
この状態では(肘膝はとりあえずおいといて)ほぼ純粋な色違いモンスターですw

_1070615.jpg
ロボットモードでリップクローと。
バクドーラの方がちょっと小顔で、頭身が上がって見えるんですね。
バクドーラの方がえらくスマートに見えるのはその辺が理由ですな。

_1070625.jpg
ガイドーラとレーザーバックも結構な変わりようでしたが、
こちらはアレの比ではないくらい別人度アップですな。
これくらい違うと、並べ甲斐もあるというものですw

_1070627.jpg
以上、参乗合体トランスフォーマーGo!よりバクドーラでした。
顔と色が違うだけで、あの異形のリップクローがよくぞここまで格好良く…!
ってなもんですねw
ただやはり問題は組み間違い…ということで、おまけに続きます。


※おまけ:色々組み間違い?というお話。
さて、そんなわけでおまけです。
このバクドーラ、紹介しましたとおり元はビーストハンターズのリップクローなわけですが。
そのリップクローと比べると、組み間違いでは?と言うポイントがいくつか出てきます。
ここでは、どこがどんなふうに違うのかを見て行きたいと思います。

その1・肘
_1070638.jpg
まずポイントその1、肘パーツ。
肘のところの色が違うパーツ(バクドーラだとうす紫のところ)ですね。

_1070642.jpg_1070648.jpg
_1070645.jpg_1070651.jpg
それぞれの腕を正面と後ろからアップで。
それぞれを見比べてみると、バクドーラ肘の後側がリップクロー肘の正面側、
バクドーラ肘の正面側がリップクロー肘の後側と同じ形状をしているのがわかります。
つまり、前後反転してるわけです…組み付けているピンの頭は双方とも外側にあるので、
正確には左右入れ替わった上で前後取り付けられている、ということになりますね。
可動部分に彫られた溝の深さが違うので、バクドーラのような取り付け方だと
本来肘が曲がる方向にはあまり曲がらず、
逆向きに若干曲げられるような状態になってしまいます。
各所での情報によりますと、バクドーラの肘パーツは
かなりアバウトに取り付けられているようで、
1.左右ともリップクローと同じ向き
2.私のものと同じく、左右のパーツが反転
3.片方だけリップクローと同じ、片方は逆向き

の3パターンのものが混在して販売されている模様。
1が多分正解なんですが一番数が少なく(ヲイ、2が大多数、
ついで3という割合で混じっているようですね。
2のパターンは(結構大変ですが)接続ピンを引っこ抜いて
自前で入れ替えることも不可能ではないですが、3が当たると
ちょっと目も当てられないですね…('A`)

その2・太もも
_1070655.jpg
つづいて、もう一つの組み間違い?ポイント。
太ももです。
ひざ上の、バクドーラならメタリックブルー、
リップクローならエメラルドグリーンのパーツがそれにあたります。

_1070658.jpg_1070661.jpg
各々の脚のアップ。
太ももパーツの肉抜き穴の形状に注目していただけると、
バクドーラとリップクローで前後が逆になっているのがわかるかと思います。
つまりこれもパーツが左右入れ替わっているわけでして…(;´∀`)
ちなみにこの太ももパーツに関してはほぼ100%うちのものと同じ状態のようです。
バクドーラのパッケージの写真もウチのバクドーラとおなじになってますので、
もしかしたらこっちのほうが本来の仕様という可能性もあります。
しかしですね。
説明書の写真では、バクドーラもリップクローも太ももはリップクローの方の形です。
さらに、現物をお持ちの方は実際にそれぞれの膝を曲げていただけると分かるんですが、
うちのバクドーラの状態では膝を目一杯曲げても太ももとふくらはぎの間に隙間ができます。
対してリップクローの状態だと、凹んでいる部分にふくらはぎの曲線がぴったり一致して
ふくらはぎと太ももが密着します(曲がる角度も深くなります)。
このへんから見ても、元来の設計はリップクローの方じゃないかなーと…

_1070667.jpg
ドラゴンモードで、それぞれの肘・膝関節を目一杯曲げてみた状態。
ご覧のとおり、リップクローはある程度姿勢を伏せられるのに対し、
バクドーラはほぼ直立状態そのまんまで結構大きな差が出ています。
ロボットモードでも、膝はリップクローの8割くらい、肘は3分の2くらいしか曲がっていません。
そしていつもならばここで直し方紹介ということろなんですが…
この肘と膝、どちらもピン留めでして。
しかも釘状の平ピンで、これの抜き取りはパーツ破損のリスクも高めですので、
直し方紹介はあえてなしということで。
(一応、こういうやり方もあるそうです…と小さくw さすりゅ~さん情報提供ありがとうございます)
というか、私自身後述の件があるので一切手を入れていないというのが実際のところですがw

_1070672.jpg
実は、これらの組み間違いと思しき部分については
すでにタカラトミーのサポートへ問合せをしていたりします。
その際いただいた回答は、ざっとですが別館の方にまとめています
太ももパーツはちょっとはっきりしませんが、肘の方はおそらく
左右逆の組み間違いだろうということで、(太もも含め)検品した良品と
交換してもらえるということになっております。
おそらくそれを確認することで、バクドーラとしての仕様がどうなのかは確認できるかと。
そのへんはまた、現物届き次第追記しますね。

※2013/8/8追記:タカラトミーからの代替品&応答について
すでに他の記事の冒頭やTwitterで報告済みではありますが、
ひと段落ついたということでまとめておきたいと思います。
当初の問い合わせにて、肘のほうはうちのものと左右逆が正解である、
との回答をもらい、太もも部分の確認と良品を代替をして送ってもらえる
…という話になっていたのが本記事作成時の話。
それから2日ほどして代替品が来たのですが…
最初に買ったものと肘が全く同じでした(;´∀`)<下は当時悶絶したときのツイート


これはあかん、と即問い合わせしなおしたところ、回答をもらえていなかった
太ももの件を含めて週明け(8/5ですね)に回答いただけるとのこと。

…んで、週が明けて5日になったんですが連絡来ず(;´∀`)<オーイ
しょうがないのでまたこちらから連絡したところ、以下のような回答をもらえました。
・肘はリップクローと同じようになるのが正解。
・腿はリップクローと逆が日本版の仕様で確定。
・再度代替品を送付するが、メーカーへの再入荷が最悪で9月中ごろになってしまう。
 そのため、代替品送付もそのころに…

ということだそうです。
代替品の代替品来るの遅っせえ!…といったところなんですが、これって
よくよく考えてみると現在バクドーラ再生産中ということ。
つまり、9月中ごろ以降にバクドーラ再販の可能性が…?
現在購入を迷われている方は、この再生産版を狙うのも手ですねw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ゴラードラ セット
  • トランスフォーマーGo! ブドーラ
  • トランスフォーマーGo! ゲキソウマル
  • トランスフォーマーGo! ハンタースモークスクリーン
  • トランスフォーマーGo! ガイドーラ
  • トランスフォーマーGo! ガンオウ
  • トランスフォーマーGo! ジンブ
  • トランスフォーマーGo! ケンザン


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  プレダコン  四鬼衆  バクドーラ  リップクロー  組み間違い? 


    Comments:5 

    謎の男  

    バクドーラのキャラ付けがなかなかかっこよさげだったので、今回のミスはかなり残念ですね
    早いところ良品のバクドーラを劇中通り同じく細身のジュドーラと組ませたり、憧れの相手であるブドーラと組ませてみたいですね

    2013/08/01 (Thu) 02:42 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    実はピンの分解に関する動画は猫とTFのかーばたさんの受け売りだったりするんですよね…
    個人的に物凄く感動したから自主的に広めてるだけで
    自分もはんだごてと強力磁石を購入し真似しようと思ったのですがどうも上手くできない
    ピンが充分熱されていなかったのか、はたまた磁力が足りなかったのか、ダイソーで道具揃えたのがいけなかったのか…

    バクドーラ自体のデザインはいいのですが組み間違いは勿論自分の個体はパーツのバリも多かったです
    気になるならデザインナイフ等で削り取りますが
    しかしリップクロウは顔のせいでとても女性キャラとは思えませんでしたが体つきは女性キャラっぽいですよね
    いっそもう一度流用して五本角で鬼娘とか出すのはどうだろう?
    ところでバクドーラが野郎なせいか?逆にジュドーラはオカマキャラって話ですね

    2013/08/01 (Thu) 22:28 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    政宗:見よ!この参状(笑)を!

    バクドーラ随分とミスが多いですね。
    リップクロウの時点でもミスがあったみたいですが、遊びに問題が無いとはいえ、後だしのバクドーラで同じ様な海外版よりミスが出るのは酷いと思う。
    タカトミネタでやってるの?

    元が女型だっただけに、バクドーラはスタイリッシュなイケメンですね。ギアスとかあの辺の

    2013/08/01 (Thu) 23:16 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマーGo! バクドーラの更新お疲れ様です!
    あの「リップクロウ」がリデコ・リカラーでこんなイケメンのプレダコンになるとは!
    同型のバーティブレイクの黄色い明るめの配色とは対照的に暗めの青い配色とリデコヘッドがかなり個人的にお気に入りですね!
    しかし最近の腕パーツや足の組違いのミスの多さにはちょっと・・・

    2013/08/02 (Fri) 00:59 | EDIT |   

    tagoal  

    バクれす

    >謎の男さん
    ほんと、なまじ格好良く仕上がってるだけに肘膝が残念で…
    2回めの交換品を待つ他ない状態ですw

    >さすりゅ~さん
    その後の人柱により、今回のピンはもうどうやってもほぼ無理ゲー状態だったことが…
    今回に限ってホント無駄に頑丈なようですw
    パーツのバリも最近多いですやねー。まーあれは削っちゃえばいいだけですがw

    >ヌエベさん
    もはやミスが標準状態ですからなあ…
    組み立ての指示が適当なんでしょうなあ('A`)

    >Fネガさん
    ボットコンのほうでも手足がおかしかったりしたらしいですし、
    最近組み立てが適当になってますよねえ。
    他の部分はともかく、ここだけは昔の水準に戻して欲しいところです('A`)

    2013/08/17 (Sat) 03:20 | EDIT |   

    Leave a comment