またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

25
ウボァー('A`)
昨日の話ですが、土日明け早々にどうやら風邪を引いたらしく。
不本意ながら月曜日一日休みを取るハメに…
病院行って薬もらって、夕方まで寝て、でとりあえず概ね回復したっぽいですが…
日曜日まで何の兆候もなかったので、一体何が原因か首をひねっておりますよ(´・ω・`)

と、急に体調崩すとか歳かねえ…と老けこみながら今回のネタへ。
トランスフォーマーGENERATIONSより、サンドストームです。
_1040680.jpg
いやほんと、夏風邪には気をつけましょう('A`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1040685.jpg_1040692.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーのGENERATIONSよりサンドストーム。
ちょっと前にアジア限定品として実写系のデューンランナーの色変えででていましたが、
今回は以前紹介したGENETATIONS版スプリンガーのリデコとして登場です。
リデコとはいえ、ちゃんと三段変形するサンドストームって元祖であるG1版以来ですな( ´∀`)

_1040696.jpg_1040699.jpg
_1040703.jpg_1040707.jpg
ぐるっとひと回り。
今回はトリプルチェンジャーということもあり、先にロボットモードからです。
前述のとおり、モノとしてはスプリンガーのリデコなんですが…
手の入っている部分が非常に多いので、もうほとんど別物状態w
特に背中に背負った大きなローターが印象強いですね。

_1040714.jpg_1040716.jpg
顔周り。
完全新規で、スプリンガーとは全く別の顔にかわっています。
デザイン的には…G1アニメ版と玩具版を混ぜて今風アレンジにした感じ?
スプリンガーとはまた方向性がちょっと違いますが、こちらもなかなかいい面構えですw

_1040721.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミックあり。
…というか、上の普通に顔を撮った写真の時点でもうちょっと光ってますw
色が薄め&頭頂部に集光窓があるためか、すごくよく光ってくれますよ。

_1040727.jpg
腕。
数少ない、スプリンガーの面影が色濃く残っている部分ですw
とはいっても、肩の後ろあたりはリデコされていてだいぶ雰囲気変わってますけどね。
肘から下あたりは変わってない…と思いますが、色がぜんぜん違うので
パッと見同じには見えないですねw

_1040735.jpg
胴体。
腹から腰にかけてはスプリンガーと同じものですが、
胸が新規に置き換わっています。
変形するビークルの違いもあって、こちらのほうがゴツ目ですな。

_1040739.jpg
背面。
今回一番のリデコポイントですな。
ものすごく大きな背負いものが追加されています。
後ろから見ると、両サイドには大きなタイヤがくっついてますが…

_1040743.jpg
正面から見ると、ローターに。
この裏表の使い分けがサンドストームの変形のもう一つのキモですね。
あ、ちなみにローター部分はある程度角度を変えてやることができますよ。

_1040747.jpg
脚部。
膝から上と足首はスプリンガーと同じ形ですが、
ひざ下がもうまるっきり別物ですね。
お陰で脚のスプリンガーとはだいぶイメージが変わっています。

_1040751.jpg
付属武器は手持ちの銃のみ。
スプリンガーから剣が減ってしまいましたが、あちらはヘリのローターも兼ねてましたからね。
こっちは自前でローター背負っていますからそのへんは不要w

_1040754.jpg
で、この銃は銃身部分を後方に引くことでミサイルを発射可能です。
ミサイル装填時は銃身を伸ばして、こんなかんじに。
というか、こっちが基本形ですね(;´∀`)

_1040774.jpg
さて、それではビークルモードへトランスフォーム。
まずは一つ目、デューンバギー形態です。
胸部の中央・左右のパーツのジョイントを外し、左右は腕ごと腰の方へ下げ、
中央は頭と入れ違いに上方へ持っていきます。
その後頭は腹の中へ、腕の方は下腕部内側のクリアパーツを広げて
手首を中に入れ、さらに肘のところから手首部分を軸に半分に分けて展開。
あ、肘の関節は完全にまっすぐにしておきましょう。


_1040778.jpg
次に、うつ伏せに寝かせて両脚を真ん中に寄せてジョイントしつつ、背中のパーツを展開。
運転席状になっているクリアパーツの先端がロボット時のお尻あたりに来るよう、
背中パーツをまるごと移動します。
つぎに、胸部左右のパーツを元の位置に。
ちょうど肩の先端と持ち上げた胸部パーツの先端が綺麗に並びます。
この状態で、腕のクリアパーツと背中パーツの運転席部分をくっつけます。


_1040781.jpg
脚部の膝から先を180度曲げて、腕パーツの先端とジョイント。
背中にあったローターパーツを回転させてタイヤ面が上向きになるようにし、
その上で根本を折り曲げて後輪部分に固定します。
フロントタイヤ部分を覆っているカバーを180度回してタイヤを露出、
押し込んでボディの側面に密着。
あとは上にあるオレンジのパーツの先端を開き、運転席の側面を覆ってやる形で
天井部分に固定すれば出来上がりです。

_1040785.jpg_1040787.jpg
デューンバギーモード。
後輪がでかいですなw
前輪も車体の外に出せればバギー的に見た目のバランスがもっと良くなったんだろうなー…
とは思いますが、ここはリデコものゆえの限界かもですね。

_1040792.jpg_1040795.jpg
_1040804.jpg_1040811.jpg
ぐるっとひと回り。
やっぱり、でっかい後輪が目を引きますなー…w
このでっかい後輪が車体からはみ出しているシルエット、個人的にはこうなんといいますか
トラクターっぽいなー…っと言う気も若干(マテ

_1040814.jpg
付属武器の銃は、デューンバギー状態でも天井にマウントすることで装備可能。
天井に変更にしてしまうとどう見てもボンネット撃っちゃうだろ!な状態ですが、
グリップ部分が角度調整できるのでそのへんは問題なしw


_1040820.jpg
後輪部分が…というか、デューンバギーとしては前輪が綺麗におさまってるので
ちょっと力技感漂うバギー形態ではありますね(;´∀`)
ただまぁ、なんかすごく強そう、というかワイルドな雰囲気は十分に…w

_1040830.jpg
さて、それでは一旦ロボットモードに戻して再度トランスフォーム。
今度はもうひとつの形態、VTOL機モードです。
胸部中央を上に、左右を下に、頭を腹の中へ…まではバギーの時と同じですが、
下腕部は手首を折りたたんだ後再度クリアパーツをかぶせ、肘先の展開は行いません。
代わりに膝アーマーを前方へ折り曲げておきます。

_1040833.jpg
その後うつ伏せにして、胸部中央パーツと背中のパーツの先端をジョイント。
脚部は左右を中央にまとめて連結し、足首を伸ばします。
背中パーツ中央のオレンジパーツも、この時点で伸ばして
先端の尾翼パーツを展開しておきましょう。

_1040837.jpg
背中のパーツを180度回し、上部をまるまる覆います。
このとき、腕パーツと脚部パーツはそれぞれ背中パーツとジョイントして固定。
あとはローター部分の角度を整えてあげれば完成です。

_1040841.jpg_1040846.jpg
VTOL機モード。
G1サンドストームは普通のヘリコプターでしたが、こちらはスプリンガーとの差別化のためか
ちょっと違うものになりましたね。

_1040849.jpg_1040855.jpg
_1040862.jpg_1040866.jpg
ぐるっとひと回り。
ビークル時の大きな後輪が、VTOLの時は裏返してティルトローターになっています。
おそらくこっち基準で大きさを決めたんでしょう、こちらはいいバランスですw

_1040871.jpg
バギー時同様、この形態でも武器を装備することは可能です。
機首部分に取り付けるんですが、スプリンガーの時同様かなり強引に嵌めこむので
パーツの破損がちょっと怖いですね(;´∀`)

_1040880.jpg
G1版のヘリとは全く違う形になりましたが、これはこれで良い感じのVTOL機です。
リデコである以上、ヘリにしちゃうとスプリンガーと差がなくなっちゃいますしねー。
なにげに変形方法も結構変えてきてますし、新鮮で楽しいですw

_1040905.jpg
再びロボットモードに戻って、可動の話。
元のスプリンガーが非常にいい動きをしてくれてましたし、
基本構造は同じなのでこいつもなかなか。
ただ、背負いものの影響がどうしても出ちゃってますな。

_1040909.jpg
まず腕回り、肩はボールジョイント接続です。
肩から軸が伸びて腕に刺さるタイプの作りで、この軸も変形の都合で上下スイング可能です。
可動範囲としては、前方向に関しては真下から真上まで180度回せますが、
後方は背負い物に腕が当たるためほとんど動かせません。
此処だけはデザイン変更によってデメリットがでちゃってますね。

_1040931.jpg
横方向に関しては、ボールジョイントで45度くらい、
さらに腕のスイングを使って水平よりやや下くらいまで腕が上がります。
ここも、肩の形状変更により頭と干渉するようになったため、
スプリンガーより若干可動範囲が狭まってしまってますね。
まぁ、それでも並程度には動くんですけどもw

_1040926.jpg
またこの肩、スプリンガー同様に保持力がちょっと弱め。
素手の時はともかく、武器をもたせると重さに負けてしまいます。
そのため、ちょっと補強したほうがいい感じに遊べますよ。

_1040923.jpg
上腕部分にはロール軸あり。
肩のボールジョイントは腕のひねりにはほとんど使えないので、
ここのひねりが割と重要だったりします。

_1040935.jpg
肘はクリック式の関節。
20度前後の刻み幅で、90度程度まで曲げることが可能です。
肩と違って、こちらはガッチリと重さを支えてくれますなw

_1040939.jpg
手首はロール軸によるひねりと、変形の都合で体の内側向きに
60度くらいの範囲で曲げ伸ばしが可能です。
割と可動範囲が広めですから、武器の取り回しには重宝しますw

_1040946.jpg
続いて下半身。
股関節は前後方向及び開脚方向に動かせるニ軸構造になっています。
前方はほぼ水平まで脚が上げられますが、後方は水平より30度程度下といったところですね。
開脚方向に関しては、真横までばっちり開脚可能ですよ。

_1040949.jpg

_1040954.jpg
太ももにはロール軸あり。
スプリンガー同様、脚のデザイン的に
つま先をまっすぐ前に向けたままだとなんとなく内股ぎみに見える気がします。
なので、常時少しハの字に開いておくと立ち姿が決まると思いますよ。

_1040957.jpg
膝はクリック式。
15度くらいの刻みで、90度強曲げられます。
変形の都合で逆向きにも二クリックほど曲げられます…
が、変形以外では使い道はないですかねw
また、膝の高さが程よく、膝アーマーで微調整が可能なので、
立膝も非常にやりやすかったり。

_1040962.jpg
足首はつま先・踵それぞれの曲げ伸ばしが可能です。
素立ちの状態から、脚と一直線になるまで伸ばせますよ。
また、足の裏は脚に対して若干斜めにカットされているので、
立たせる際は足を肩幅くらいに広げた状態がデフォルトになります。
おかげで仁王立ちが非常に絵になりますw

_1040971.jpg
ただし、足首は横方向には動かないので、
開脚時には膝やロール軸でうまいこと調節してあげたほうがいいですね。
個体差かもしれませんが足首の曲げ伸ばし部分の保持力もちょっと弱めなので、
気になる場合はここも補強したほうがいいかもです。
また、スプリンガー同様踵は小さめなまま、背負いものが大型化しているため
後方へのひっくり返り安さが増しています。
素立ちの時は大丈夫ですが、ポーズを付ける際は要注意ですね。

_1040968.jpg
首はボールジョイント接続。
左右の回転と、上下45度くらいまでの四川の上下が可能です。
スプリンガーに比べてだいぶ首が長い&細面なので、
かなり動かしやすくなってますね。
特に顎を引く方向に関しては、引け過ぎなくらいですw

_1040974.jpg
胴体は、腰を捻れるようになっています。
作り自体はスプリンガーと一緒なんですが、背中のガワの形状が違うので
干渉がなくなっており、ずっと腰がひねりやすくなっていますよ。

_1040980.jpg
他に動く部分としては、背中パーツのローター部分ですね。
ある程度ですが角度を変えられますし、後方へ折り曲げることも可能です。
ただ、折り曲げる部分自体が腕との干渉の元なので、動かしてもあまり腕の可動の助けには…(;´∀`)

_1040985.jpg
と、全体的にはやはりスプリンガーに準じつつ、
背中の背負い物と各部のデザイン変更のお陰で若干制限が増えたかな、という感じですね。
とはいっても、制限が増えてもまだ良く動く部類ですし、
腰回りのようにデザイン変更の結果かえって動かしやすくなってる部分もありますよ。

_1040987.jpg
さて、ここでだいぶ後回しになりましたが箱裏の説明。
サンドストームは退屈が大の苦手。
そのため、戦いやその他の任務において要らん危険を犯すそうです(;´∀`)
彼は素早く、且つ騒々しく、危険なことに身を乗り出して楽しむのが特長だそうで。
戦いを楽しむ機会があるように、ディセプティコンたちにわざと自分をばらす癖があり、
仲間たちはそれに少々うんざりしているそうです。
…うん、なんというか正直あんまり組みたくないタイプの人ですね(;´Д`)<退屈だからって余計なことを…

_1040989.jpg
リデコ元のスプリンガーと@車モード。
前部だとか側面の構造を見ると同じ作りしてるなー、というのはわかりますが、
ガワの大部分が置き換わってますし、やはり後輪のインパクトもあって
ほぼ別物になってますなw

_1040990.jpg
ヘリ&VTOLモードでスプリンガーと。
こちらも、部分部分は同じ作りなのが伺えますが、
やはりローター周りの作りが全然違ってますからね。
ばっちり差別化できてますねw

_1040991.jpg
ロボットモードでスプリンガーと。
なんかもう、元が同じとはパッと見ではとても…w
元のままなのは肘から下と腹~太もも、足首くらいですからね。
ここまでガッツリ変えてきてくれると、並べ甲斐もあるというものですw

_1040992.jpg
しかし、スプラングとサンドストームがここまでいいリメイクされると、
残る一体のサイバトロントリプルチェンジャー・ブロードサイドもこないかなー…と
ちょっと期待しちゃいますな( ・∀・)
大きさが問題になるかもしれませんが、まーそこはほらそれこそ大きさの概念を捨ててw

_1040997.jpg_1040998.jpg_1040999.jpg
以上、トランスフォーマーGENERATIONSよりサンドストームでした。
元があのスプリンガーなだけに、出来の良さは折り紙つき。
部分的にはより良くなってたりもしますな(・∀・)イイ!!
すでに国内版の発売も決まってますし、そちらの方も期待したいところです(゚∀゚)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー GENERATIONS サンダークラッカー(THUNDERCRACKER)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ホイスト(HOIST)
  • トランスフォーマー GENERATIONS バンブルビー(BUMBLEBEE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS オライオンパックス(ORION PAX)
  • トランスフォーマー GENERATIONS メガトロン(MEGATRON)
  • トランスフォーマー GENERATIONS トレイルカッター(TRAILCUTTER)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ブリッツウイング(BLITZWING)
  • トランスフォーマー GENERATIONS スプリンガー(AUTOBOT SPRINGER)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGENERATIONS(Thrilling30)

     タグ: トランスフォーマー  海外  GENERATIONS  30th  オートボット  サンドストーム  トリプルチェンジャー  スプリンガー  リデコ 


    Comments:6 

    さすりゅ~  

    EMURATED EMURATED EMURATED

    今見返してみたら去年のアジア限定サンドストーム(デューンランナーリカラー)のレビューのコメントで
    「スプリンガーとサンドストーム、同じようなビークルに変形するなら素体は共通でいいんじゃね?」という旨の事を言ったのですが
    これがまさか現実の物になるとは…俺って預言者?w
    しっかしそのせいで去年出たばっかのアジア限定スプリンガーとサンドストームが早速いらない子に…
    何となくAMスモークスクリーンに似た不憫さを覚えますw

    リデコ箇所が多いので差別化には普通に成功していますがG1との相違点も多くなったんですよね
    日本版でレッカーズやサンダークラッカーがスルーされてるのを見るにこの位しないと出して貰えないんだろうか…
    レッカーズは実写版にも出たとは言えまだまだキャラ的な知名度が弱いんだろうなぁ。特にインパクター

    後はブロードサイドですが只でさえリメイクされにくいキャラだし何年後になるやら…
    ブリッツウイングのリデコで戦車部分を空母に改修できたりとかしないだろうか?サスガニムリダナ
    因みにFoC世界にもブロードサイドっているらしいですね
    ttp://tfwiki.net/wiki/Broadside_(FOC)

    2013/06/25 (Tue) 08:30 | EDIT |   

    節足動物  

    No Title

    初コメ失礼します。

    胸部や背負い物、脚部に顔と新規パーツの割合が多く、リデコとはかくあるべきですね。
    バギー・ティルト機形態とも、スプリンガーよりも武器を取り付けた際の違和感が少なく感じます。
    何よりでっかいタイヤ兼ローターがインパクト抜群でいいですね!

    スプリンガーを買おうと思ってたのですが、個人的にティルト機のスタイルが気に入ったんでこっちもいいですねえ。

    2013/06/25 (Tue) 18:16 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    サンドストーム、スプリンガーのリデコということですがここまで全体の印象を変化させられるのは本当にすごいと思います
    背中にローターエンジン背負ってるとそのまま飛べそうですね、メタルス千葉トロンみたく
    デューンバギーモードは大きな後輪がパワフルな印象ですね
    轢き逃げアタックが強そうです(何か違
    VTOLモードはローターエンジンが付いたことで見た目大きくなって、色合いもあってスプリンガーより攻撃的なイメージになってますね

    失礼しました

    2013/06/25 (Tue) 21:13 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    リデコと言うから顔だけかと思ったらここまで仕様変更するとはねぇ。
    まあ、もうゲーム版から離れてるからこれぐらい大胆にやれたんでしょうな。

    ただやり過ぎて別物化してるだけにサンドストームと言いのにも多少の違和感を感じますが・・・バギー形態のしわ寄せは仕方ないよね♂ってね。
    正直デザインがロボマスのロードロケットに近い様な気がします。
    バイクにでっち上げは不可能としても顔を頭巾にしてあげればそれっぽくなりそう。

    いっそディセプティコン組もここまで大胆に変更できればいいけどG1前期じゃやれる奴が無きに等しいからな~。

    2013/06/25 (Tue) 22:14 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    おはようございます~ トランスフォーマーGENERATIONS「サンドストーム」のレビューお疲れ様です!
    スプリンガーのリデコで「サンドストーム」とは最初どういう風になるかと思いましたが蓋を開けてみると予想以上の良リデコでしたね
    背中のティルト機の大きなエンジンを背負い全体にオレンジ色の生えるパーソナルカラーも見応えがあってスプリンガ―譲りの可変構造と可動性を備えて変形の手応えが十二分に堪能出来る素晴らしい一品に仕上がってますね!
    今年の後半に発売されるぜひ国内版も期待したいですね!

    2013/06/26 (Wed) 05:43 | EDIT |   

    tagoal  

    砂嵐れす

    >さすりゅ~さん
    そういえば言われてましたなー…やりますね!w
    アジ限の子はまぁ、アレはあれでいいものですのでいいんじゃないでしょうかw
    G1と同じ、にこだわるとそれこそスプリンガーとおんなじになっちゃいますし、
    今回の飛行形態の変更は営団じゃないかなーと個人的には。
    レッカーズはチームとしての名前はともかく、実写もプライムもメンバーが固定してませんからねえ。
    まだ定着には遠いかなーと…(;´∀`)

    >節足動物さん
    初コメありがとうございますm(__)m
    ここまでガッツリ変えてくれると、世のお母さんの「同じの前に買ったでしょ!」が通用しないので
    実にいいですね(ソコカヨ
    背負い物のインパクトのおかげで謎の満足感もありますし…w
    スプリンガーもいいものですので、余裕があればぜひ両方…!

    >Aqunessさん
    もはや細かいところを注視しないと流用がわからないくらいですからねえ。
    プライムのハンターモードといい、最近のタカトミ&ハズブロはリデコも気合入ってる感ですねw
    バギーの後輪はほんと、踏まれると痛そうです…w

    >ヌエベさん
    私も最初リデコになるときいた時は顔だけ変わるんかなー…と思ってましたが、
    思い切ってきてますよねw
    てか、もうゲームに似てる云々は気にしない方が楽な気がしてます。
    オフスクリーンですよオフスクリーンw
    ディセップ側トリプルチェンジャーに関しては、リデコしようにも
    モチーフがあまりに違い過ぎるのが問題ですな(;´∀`)

    >Fネガさん
    これだけ変えてくれると、買う側としても大満足ですねw
    しかしこいつ、国内版は色どんな感じになるんでしょうなー…
    メタリックだとちょっと笑えますがw

    2013/06/26 (Wed) 11:14 | EDIT |   

    Leave a comment