またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

22
週末ですよ休みですよヒャッハー!(オチツケ
個人的に今週(の後半)はなんだかバタバタしてたので、やっと一息ー!という感じです。
とりあえず、私もこの記事書いたら某ドナルドいってハッピーセットでも買ってきますw
(゚∀゚)<おもにTFGO!のDVDめあて

と、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーGo!の6月組最後の一体、怪力鬼ガイドーラです。
P1040320.jpg
本当は昨日記事書き上げるつもりだったんですが、見事に力尽きまして'`,、('∀`;) '`,、

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1040337.jpgP1040341.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGo!よりガイドーラ。
プレダコン軍団を率いる「四鬼衆(しきしゅう)」の一員で、怪力鬼と呼ばれているそうです。
しきしゅう、と聞くと脳がいてえ!とかなんかそのh(あれは死鬼隊

P1040346.jpgP1040349.jpg
P1040353.jpgP1040361.jpg
ビーストモードでぐるっとひと回り。
モノとしては以前紹介しましたTFプライム・ビーストハンターズのレーザーバック、アレのリデコです。
ビーストモードではリデコされた部分って見えてないので、カラバリ状態ですけどねw
そういうわけで、ビーストモードはドラゴン。羽根のない、地をはうタイプのドラゴンですね。

P1040366.jpgP1040368.jpg
ドラゴンの口は手動で開閉可能。
…しかし、形状はレーザーバックのそれと全く変わっていないはずなんですが、
塗装パターンが変わっただけで元のトリっぽさがすっかりなくなってますねこの顔…w

P1040375.jpg
ロボットモードの手足がほぼドラゴンの手足そのものなので、
ビーストモードでも結構可動します。
特に前脚は動かしやすいですね。

P1040381.jpg
具体的には、付根はボールジョイント、
前脚は肘(膝?)90度曲げ伸ばし可能かつロール軸あり、
前足首が横に軸が伸びているタイプのボールジョイント接続です。

P1040384.jpg
後ろ脚は付け根がボールジョイントで、膝相当の部分とすねの途中の部分で
それぞれ曲げられるようになっています。足首はボールジョイントですね。
後ろ脚も可動範囲は広めですが、伸ばし過ぎるとロボットモードになっちゃうので
そこだけ注意ですなw

P1040390.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
尻尾の先っぽを取り外し、背中の中に埋まっている武器を頭の上側へ移動。
開いたスペースに尻尾を畳み込みます。

P1040395.jpg
次に、後ろ脚を目一杯伸ばして起立。
前足首の基部を肘側に回転させ、下腕部内から手首を出します。
併せて、胸部パーツをがばっと左右に開きまして…

P1040398.jpg
開いたスペースにドラゴンの顔を突っ込みます。
腰パーツに鼻先をねじ込む感じですね。
ドラゴン頭を胴体内に突っ込んだら胸部パーツは頭を挟むようにして閉じ、
背中の武器のガワを左右に展開。
あとは各部を調節して出来上がりです。

P1040415.jpgP1040418.jpg
ロボットモード。
レーザーバックから顔が変更になり、確かに鬼っぽい感じにw

P1040421.jpgP1040426.jpg
P1040430.jpgP1040433.jpg
ぐるっとひと回り。
首から下はレーザーバックのままなわけですが、このタイプって
確かに良いガタイしてますからねぇ。怪力キャラ向きといえばたしかにそうかもしれませんw

P1040439.jpgP1040442.jpg
顔周り。
今回、パーツが新しくなったところですね。
三本角の鬼フェイスになりました。
レーザーバックが割と人外フェイスでしたから、かなり雰囲気が…w

P1040453.jpg
腕周り。
レーザーバックと同じ所にプレダコンのエンブレムがありますな。
そしてやっぱり肩の所が開閉する作りになっているんですが、
特に何か意味があるようでもなく…w

P1040459.jpg
胴回り。
ビースト頭を挟み込むことでビーストモードより幅と厚みがまして
マッチョボディになるという、シンプルながらもよく考えられた仕組みだと思います。
あ、ちなみにですがレーザーバックの時より塗装が増えてますw

P1040462.jpg
背中。
背中のミサイルユニットはオーガランチャーといいますが、
これは背中にくっつけたままが一応デフォルト。

P1040465.jpg
で、取り外すとこんなかんじになっています。
ランチャーの基部で尻尾を固定している…ように見えますが、
実のところ引っかかる部分がないので単に添えてあるだけw

P1040468.jpg
脚部。
おもいっきり鳥足ですね。
レーザーバック型の鳥足は可動部分も多く、
割と遊びやすい作りになってますな。

P1040471.jpg
付属武器…と言うか内蔵武器というか、
先程もチラリと触れました背中の武器はオーガランチャー。
レーザーバックの時はトキシックストライクブラスター、という名前でしたね。

P1040474.jpg
オーガランチャーは背中から取り外して手持ちも可能。
ミサイル仕込んでいると後方になが~くはみ出るので
ちょっと取り回しが面倒ですけどね(;´∀`)

P1040477.jpg
そして、重心後方のオレンジ(というかカッパー?)のパーツを押し込むと
スプリングでミサイルが発射されます。
このスイッチ、割と敏感なので暴発には注意ですね。
(;´∀`)<撮影中に数回暴発させてミサイルが行方不明になりかけたのは内緒

P1040479.jpg
オーガランチャーはビーストモードでも展開可能。
変形開始の時と同じように、持ち上げてあげればOKです。

P1040481.jpg
変形時に取り外した尻尾は、武器として手持ち可能。
レーザーバックの時もそうでしたが、ランチャーの方は名前もあるのに
こちらは説明書にも武器(しっぽ)としか記載が…w

P1040484.jpg
可動に関して。
レーザーバックとボディは同じですので、
基本的には可動範囲もレーザーバックに準じます。
最近のものとしては標準的な感じで、そこそこ良く動いてくれますよ。

P1040487.jpg
まずは腕周り、肩はボールジョイント接続になっています。
前後方向には特に引っかかりもなく回転し、横方向は45度程度腕を広げることが可能。
上向きにトンガリはあるものの、胴体側にはあまり干渉するものものないので
割と素直に動いてくれますね。

P1040492.jpg
上腕部、というか肘のすぐ上になるんですが、ロール軸が設けられています。
ロボット時にはもちろん、ビーストモードでもこの部分はそのまま使えるため
両形態で非常に重宝する可動部位となっておりますw

P1040495.jpg
肘は90度曲げられます。
ここはまぁ、普通かなーというところ。
必要十分、という感じですね。

P1040498.jpg
手首にはロール軸があり、捻れるようになっています。
元々は変形のためのものだとは思いますが、武器(おもにオーガランチャー)が
若干取り回しづらいので、手首のところで微調整できるのは嬉しいですね。

P1040501.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
可動範囲は前方は水平よりやや下くらいまで、
後方はだいたい水平くらいまで脚が上がります。

P1040505.jpg
開脚方向に関しては、45度までは開かないなー…という感じですね。
変形の都合上股間部分が左右に分割できるので、ポージングの際はやりすぎて
股間を分割しちゃわないように注意ですなw

P1040509.jpg
脚部は鳥足で、通常の人型の脚部とは構成が違うのですが…
曲がる部分は膝に相当する部分と脛の途中、
さらに足首のちょっと上が曲げ伸ばし出来るようになっていますね。

P1040516.jpg
膝に相当する部分は90度強曲げ伸ばしが可能。
すぐ上にはロール軸もあり、脚のひねりは主にここで行います。
基本的にはここを曲げ伸ばしして、他を調節に使う感じでしょうか。

P1040518.jpg
脛の中ほどの関節も90度くらいは曲げ伸ばし可能です。
ただ、ここは変形用の関節っぽく、伸ばしきるとかなり強固に固定されます。
ポージングの際は動かさなくてもよさそうですね。

P1040523.jpg
足首すぐ上の関節も、90度くらいの範囲で曲げ伸ばし可能。
ここも本来あんまり曲げ伸ばしする場所ではない気はしますが、
立たせる際の足の角度の微調整に非常に便利だったり。

P1040525.jpg
足首はボールジョイント接続です。
各方向への角度調節が可能ですが、軸が長めに
作られているのが幸いしてか調節可能な角度はかなり大きめ。
45度~向きによっては60度くらいまで傾けられます。
これのおかげで、接地性は抜群ですね。

P1040530.jpg
首はボールジョイント接続で、左右回転と45度くらい上まで視線を振れるようになっています。
形状の都合であまり顎は引けませんが、真正面はちゃんと向けるので問題なし。
最後に、胴体は可動部分なしです。
変形機構的に、腰とかひねるのはさすがに無理ですねw

P1040534.jpg
と、形状的なこともあって脚周りはちょっと独特ですが、
遊ぶ際に著しい不満はないかなーと言った感じの動きぶりですね。
せいぜい、開脚幅が狭めなところくらいでしょうかw

P1040540.jpg
リデコ元のレーザーバックと@ビースト。
記事の最初の方でも書きましたが、ビーストモードだとロボ頭は見えませんから
もう完全にカラバリ状態ですね。

P1040544.jpg
ガイドーラのほうはメタリックな成型色と塗装のため割とゴージャスな感じ。
レーザーバックはマーブル成形がさほど目立たない個体なせいもあってか
シンプルな印象ですね。
しかしやっぱり、口先を黄色く塗ると鳥っぽさが激しくアップしますね…同じ顔なのにw

P1040546.jpg
ロボットモードでレーザーバックと。
人形は顔が命とはよく言ったもので、色以外の違いは顔だけなんですが
もう完全に別人と判別出来ますなw

P1040548.jpg
ここまで何度か触れていますとおり、この二体の形状的な違いは頭のみ。
ただ、この頭の形状違いのせいで、ガイドーラの方はビーストモード時の頭の固定が
若干やりづらくなっている気がします。
ドラゴンの頭のなかの凹みと顔の形がいまいち合っていないような…
結局はちゃんと隠れているので、問題はないんですけどもw

P1040552.jpg
トランスフォーマーGo!の6月組勢揃いで。
一人だけデラックスクラス、しかも敵対陣営なのでなんだかこう凄い不利そうなw
大きさの概念は投げ捨てるものですが(マテ、現物を並べるとどうしても…ですね。

P1040555.jpg
ロボットモードで6月組。
ビークルの時以上に大きさの差が…
概ね並べ方が悪いんですが、なんかこう下級生を囲むDQN上級生みたいな図にw

P1040558.jpg
そしてこうなるともう\(^o^)/オワタ感が半端ない状態に。
来月以降の四鬼衆の援軍が待たれるところですw

P1040560.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりプレダコン四鬼衆・怪力鬼ガイドーラでした。
当初鬼ロボと聞いた時は「なんぞ?!」という感じでしたが、いざ現物を触ってみるとこれはなかなか。
海外版と並べてみるのも面白いですし、残りの四鬼衆にも期待ですなw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ブドーラ
  • トランスフォーマーGo! ゲキソウマル
  • トランスフォーマーGo! ハンタースモークスクリーン
  • トランスフォーマーGo! バクドーラ
  • トランスフォーマーGo! ガンオウ
  • トランスフォーマーGo! ジンブ
  • トランスフォーマーGo! ケンザン
  • トランスフォーマーGo! ハンターオプティマスプライム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  参乗合体  プレダコン  四鬼衆  ガイドーラ  レーザーバック  リデコ 


    Comments:7 

    通りすがりの名無し  

    No Title

    いつも楽しく見させて貰っています。ガイドーラのレビューお疲れ様です。
    私もドラゴンの頭がうまくはまらなかったので、個体差かと思っていましたがロボット頭部の形状の問題のようなのですね。国内版で形状変更するならうまくやって欲しかったところです。
    購入するまで設定をまったく知らなかったのですが四鬼衆(というかプレダコン全員?)はロボットではなく鬼に変形するのですね。レーザーバックは狡猾なイメージですがガイドーラはパワー一辺倒のようでキャラに違いがあって面白いです。

    2013/06/22 (Sat) 13:22 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんにちは~ トランスフォーマーGo! ガイドーラのレビューお疲れ様です!
    あの「レーザーバック」がリデコでこうも見た目がガラリと変わるとは軽くオドロキですね・・・
    自分は海外版ビーハンのプレダコン勢と絡めてドラゴトロン(プレダキング)に仕える四天王的な役回りを与えて他のプレダコンたちの指揮官としてブンドドしてみたいですねー

    2013/06/22 (Sat) 16:07 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    Go!六月組は全員確保して来たのですが気付いたら侍よりも弄ってる気がします
    流石にボイジャー3体合体はズッシリ重く遊んでたら疲れて…w

    侍達と比べたら悪人面ですが元のレーザーバックがそれ以上なので必然的に元よりかなりイケメンですね
    キャラ的には一人はいる典型的なパワータイプのようですが
    マックのDVDはカット単位で残りの四鬼衆のアップが見れますがやはり全員頭部はリデコになるみたいですね

    鬼と言えばレーザーバックのリカラーのバータブレイクが虎柄なのでこっちも必然的に鬼っぽいですね
    日本ではプレダコンが鬼扱いされる前に発表された商品だった記憶がありますが…
    ttp://tfwiki.net/wiki/Vertebreak

    2013/06/22 (Sat) 16:36 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    異形体型のTFは多々ありましたが、思い切って鬼にしてきたのはやられた感じですねw
    顔だけ人っぽいとちょっと違和感あるところを鬼ならしょうがないと思わせ、むしろしっくりくるのは不思議ですら。
    BHの驚きも相当でしたが、GO!はまた違う一面を見せてガンガン固定観念を破壊してくれそうで注目ですね。

    2013/06/22 (Sat) 18:08 | EDIT |   

    tagoal  

    怪力鬼れす

    >通りすがりの名無しさん
    楽しんでいただけていればうれしいです(゚∀゚)
    ドラゴンの頭の収まりに関しては、頭の後ろの枠もなんか変なのかもですねー。
    ロボ頭は力押しで後ろに下げちゃえば完全にドラゴン頭から離せたりもするので(;´∀`)
    変形に関しては、ロボットはロボットなんですが鬼ロボということのようです。
    各人設定がBHとまるっきり違ってるので、見比べてみるのも楽しいですよw

    >Fネガさん
    頭が違うだけなのに、思いっきり雰囲気違ってますよねー。
    まさに人形は顔が命w
    顔は違いますがデザインラインそのものは割と通じるものがありますし、
    海外版と混ぜちゃうのもアリですなw

    >さすりゅ~さん
    侍チーム結構重いですからねえ(物理的に)w
    レーザーバックよりイケメン、というか、レーザーバックはそもそもが人外な顔を…w
    色違いレーザーバックのトラ柄は確かに鬼っぽいですね。
    企画の進行自体は表に出てくるよりずーっと前から進行しているものですから、
    日本の鬼設定とどっちが先かは何とも言えませんがw

    >匿名さん
    異形ならいっそ人外にしてしまえ!というのは見事な発想の転換ですよねw
    敵も味方もこれまでにあまりなかった要素をガンガンぶっこんでくれてるので、
    GO!は新鮮で実に楽しいですw

    2013/06/26 (Wed) 11:02 | EDIT |   

    三郎  

    No Title

    初めまして
    いつも楽しく見させてもらっています

    TFは基本自分の好きなものしか買いません
    でも同名キャラでも買いたくなってしまうのがなんとも
    海外版レーザーバックのほうが顔が好みですがこっちのが安いのでこっち買いました
    日本で売れるためにはやっぱ普通な感じの顔にしないといけんかなぁ・・・って感じですが

    それと相互リンクをお願いしたいのですがよろしいですか?

    2013/06/29 (Sat) 14:08 | EDIT |   

    tagoal  

    怪力鬼れす2

    >三郎さん
    私も気に入ったもの以外は買わないんですが(そのハードルがえらい低いですがw)、
    TFはもうリデコリカラー名前は同じの同一人物他人といろいろいますからねえw
    今回の場合、やはり侍やら忍者やらモチーフのやつと相対させるとなると
    BHそのままではちょっと絵面的に浮きそうですからね。
    日本では普通の顔じゃなきゃ売れない、ってわけではないと思いますよ。
    ビーストウォーズ時代とか大概ですし…w

    相互リンクに関してなんですが、とりあえずURLを教えていただかないことにはいいも悪いも…です(;´∀`)

    2013/07/01 (Mon) 18:42 | EDIT |   

    Leave a comment