またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

19
台風とか近くに来ているせいか、風強いですねー@千葉県。
当方JR京葉線で通勤しているのですが、これが激しく天候変化に弱いと一部で有名でして(;´∀`)
強風が吹けば大幅遅延、台風なんて来れば真っ先に運休…ってな具合です。
今日も他路線が普通に運航する中、がっつり20分強おくれて…w
確かに海風とか強いところなのである程度はわからんでもないんですが、
もうちっと踏ん張ってほしいところですw

と、通勤路線変えようかな…とかちょっぴり思いつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーGo!より、ソードボット侍チーム3号・ガンオウです。
P1020952.jpg
侍チーム、どうにか本発売前に完走できましたw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1030813.jpg
さて、そんなわけで今回はトランスフォーマーGo!よりソードボット侍チーム3号・ガンオウです。
漢字で書けば”厳王”ですかね。
これまでの二体に倣って、まずは付属のカードから。
他同様、ビークル・ロボット・合体形態の3枚のカードが付きます。
このカード、ガイドーラ以降にもつくんでしょうかねぇ。

P1030819.jpgP1030822.jpg
では本体の方へ。
まずはビークルモード、消防車ですね。
リア部分になんか拳が見えてますなw

P1030825.jpgP1030829.jpg
P1030835.jpgP1030838.jpg
ぐるっと一回り。
放水器部分は武器が変形しているので、後側にはドリル状の突起がw
今回の侍チームはこの武器とか上述の拳みたいなある程度割り切った部分があるせいか、
なんだか戦隊ロボとかそっち系の雰囲気もあるんですよねー。

P1030841.jpg
でもまぁそれが一概に悪い、というわけでもないよねーと個人的には。
侍や忍者モチーフ(以前にもいますけどねw)を前面に押し出してきたりとか、
こういう新機軸はうまくすればTFの作品としての幅を広げてくれるので
割とアリだと思っていますw

P1030853.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
まずは運転席部分を前方へ90度倒します。
この時、リアの黒い部分が引っかかるのでちょっと持ち上げて戻し。
最後尾にある赤いパーツを立ててつま先、尾部の拳を90度後輪側へ回して踵にし、
立たせてやります。

P1030856.jpg
立たせたら運転席後方にあるパネルを180度反転、中にある腕パーツが外側に来るようにします。
前に回したパネルの先端を折り曲げ、フロントガラスを覆う形に。
フロントグリルをいったん持ち上げ、中から前垂れを出して元に戻します。

P1030859.jpg
最後に畳まれている腕を伸ばし、左右の足のジョイントを解除、膝から下をそれぞれ180度反転。
頭を出して各部を調節してあげれば出来上がりです。

P1030863.jpgP1030866.jpg
ロボットモード。
角ばったゴツいボディが、いかにもパワーキャラ!という雰囲気を出しておりますな。
ちなみに、ロボットモードでは三体の中で一番の長身だったりもします。

P1030871.jpgP1030875.jpg
P1030878.jpgP1030882.jpg
ぐるっと一回り。
ケンザン・ジンブと似通った、脚の長い独特の体系ですね。
ただ、こいつだけは合体時の脚部パーツが単体時の胴体になっている割合が少ない
(というか、ないといってもいい?)ので、ちょっと毛色の違う感じです。

P1030886.jpgP1030888.jpg
顔回り。
この顔、侍というよりは僧兵系なイメージに見えますね。
頭巾被って鉢巻締めて、な感じですw
あ、そういえば侍チームの3体は目の集光ないですな。
クリアーパーツでもないですし、きっちり塗装済みです。

P1030891.jpg
腕周り。
構造的にはジンブと同じですね。
肩に飾りがない分見た目にはシンプルですが、その分動かしやすくなっています。

P1030895.jpg
胴体。
いまどき珍しいくらい四角いボディですw
胴体前面に回したパネルの斜めラインが、たすきをかけているような感じに
見えないこともないかなーと…w

P1030904.jpg
背中。
こいつもジンブ並みにスカスk…シンプルな背中してますね。
後述の武器二種がそれぞれ背負えるので、そいつらでごまかしてやると(特にカブト)いい感じ。

P1030901.jpg
脚部。
合体時に同じく腕になるためか、脚…特にひざ下の構造がジンブに似てますね。
とはいえ、若干ながら構造や変形パターンには違いがあったりします。

P1030907.jpg
付属武器。
先端にドリル状の突起が付いた槍、というか杖、というか…とにかく長い武器です。
ただこいつ、中央部分の突起でしか保持できないので、キービジュアルみたいな
棒の部分持って頭上に掲げる…みたいなことはできないんですよなぁ。
それやるには分解できるようにしないといけないので対象年齢的に無理っぽいのは分かりますが、
やっぱりちょっと残念な気分。

P1030910.jpg
ちなみにこの武器、背中にマウント可能。
V字に折り曲げて背中に背負う、というなんか妙に派手な固定方法になっておりますw
でもこの格好、個人的には割と好きだったり。

P1030913.jpg
もう一つの付属武器兼合体パーツ、カブト。
単体時は折りたたんで武器として使うわけですが、
なんかこいつの場合単体で飛んできそうな感じもしますねw

P1030916.jpg
合体時に使う時はこの状態。
実はゴウガンオウの合体、ジョイント形状の都合でケンザンの上のガンオウが
外れやすいんですが、このガンオウのカブトはそれを防ぐストッパーとしての役割もあったり…
多分結果的にそうなっただけだとは思いますが(;´∀`)

P1030919.jpg
武器状態のカブトを持たせるとこんな感じに。
先端に銃口っぽいのがあるので銃器だとは思いますが、この面積だと
やっぱり盾っぽいですねw

P1030921.jpg
カブトは背中にマウントすることも可能。
ちょうど背中の隙間を覆い隠してくれます。
ちょうど兜を脱いで背中側に回しているようにも見えますし、
これは背負っていた方が見た目にいい感じですな。

P1030929.jpg
カブトを背負った状態でも、さらにその上から武器を背負うことも可能です。
V字にはなりませんけどねw

P1030844.jpg
カブトはビークル状態でも装備可能。
ただし、放水器になっている槍?のほうをいったん外し、一段後方へずれた位置に
つけ直す必要があります。
一気に戦闘車両な雰囲気になりますねw

P1030990.jpg
では、ここでケンザン・ジンブに登場願って三体集合。
参乗合体に行きたいと思います。

P1030992.jpg
まずガンオウから。
ビークルモードから頭を出し、腕はパネルを前面に回すまではロボットにする時と同じですが
パネル先端部は腕側に折り曲げ、その後胴体側面を丸ごと上に開きます。
脚部は左右分割したのち左右に大きく展開。
ロボット時に股関節として使用する部分を90度曲げ、肩にします。
そしてフロントグリルを上にあげてやれば出来がり。

P1030997.jpg
ガンオウのゴウガンオウ合体状態はこんな感じ。
胸から上と腕の担当ですね。

P1040001.jpg
続いてケンザン。
ロボットモードから頭をひっこめで合体用ジョイントを露出。
その後腕を畳んで肩ごと後方へ移動、電池ボックスに固定します。
次に左右の足を股関節の上、わき腹になっている部分の関節から思い切り上に曲げたうえで
股関節を曲げて脚を後方へ。
さらに膝関節を曲げ、電池ボックスに固定された肩パーツにジョイントします。
後は踵を邪魔にならないよう上向きに曲げてやればOK。

P1040003.jpg
ケンザンのゴウガンオウ合体モード。
腹と背中を担当します。
そういえばふと思ったんですが、侍チームって三段変形と謳われてますが
合体状態は違う形が3種類あるわけなので実質五段変形のような…w

P1040013.jpg
閑話休題。
最後のジンブの変形です。
こちらもロボットモードからスタートで、頭をひっこめて合体ジョイントを露出し、
機首をいったん持ち上げてランディングギアを外し、左右の足パーツの連結を解除。
背中のパーツを水平に持ち上げ、主翼を真下へ折り曲げます。
あとは脛のパーツを90度曲げて先端を回転、足首にしてあげればOK。

P1040017.jpg
ジンブのゴウガンオウ合体モード。
腰から下を担当します。

P1040022.jpg
変形完了した3体をガンオウ・ケンザン・ジンブの順で積み上げて合体。
この状態だとガンオウが外れやすいので、早々にカブトを付けて固定してあげましょうw
カブトの装着時には、ゴウケンザン・ゴウジンブ同様に名乗りを上げるギミックが発動します。
実際にやってみるとこんな感じ↓です。

直接動画ページでごらんになる場合はこちら
先にボタン長押しで「ケンザン!」「ジンブ!」「ガンオウ!」「「「いざ、参乗合体!」」」の
サウンドを鳴らしつつカブトを装着すると「カブト装着!参乗合体、ゴウガンオウ!」→効果音、
何もせずにカブト装着だけだと名乗りだけになります。
今回は光るのが腹なので、ジンブの時のような面白状態にはならずw

P1040026.jpgP1040029.jpg
ゴウガンオウ完成。
なんというか、参乗合体三形態のなかで一番鎧武者!!!って感じですな。
武者トランスフォーマーらしさがこれでもかと出ておりますw

P1040033.jpgP1040036.jpg
P1040038.jpgP1040041.jpg
ぐるっと一回り。
宣材写真なんかだとえらく下半身が貧弱に見えてましたが、
あれはどうも両足をぴったり揃えていたからのようですね。
確かに脚は細目ではあるんですが、ひとクリック開脚してあげるだけでだいぶ印象が変わりますよ。

P1040052.jpgP1040057.jpg
顔回り。
まさしく鎧武者、といった感じの兜をかぶった、やたら格好いい面構えです。
例によって首が回せない作りなのがちょっと残念ですが、こいつはうまく改造すれば
動かせるようにイケなくもなさそうですなw

P1040064.jpg
腕周り。
ガンオウの足がまるまる腕になっていますね。
デザイン自体はごつくていいんですが、ここで気になるのは
実は腕そのものではなくその下にあるケンザンの脚。
このパーツが邪魔になって、脇を絞められないんですよねぇ…

P1040067.jpg
胴回り。
胸から腹を覆うカブトパーツと、腰のジンブの翼&機首がいい感じに鎧っぽさを出しております。
ちなみにこのカブト、他のものよりかなりがっちりケンザンに食い込むので
ばらすときに若干指が痛いです(;´∀`)

P1040070.jpg
背中。
ケンザンのパーツが大部分ですね。
他二体と違い、ケンザンは電池ボックスを背負っているので
他のやつが腹担当になった時とだいぶ背中の雰囲気も変わっております。

P1040072.jpg
脚部。
ジンブの担当です。
写真ではだいぶがばっと開脚していますが、これでも左右各ひとクリック(;´∀`)
ただ閉じてしまうと本当に細く貧弱に見えてしまうため、私としては開くのを推奨ですね。
見てのとおりちゃんと立てますしw

P1040080.jpg
武器はほかの二形態と同じく、3体の武器を組み合わせた槍状の合体武器。
ゴウケンザンは見た目がもろに鎧武者なので、こういう武器は合いますなw
ただやはり、取り回しは若干面倒。デカいうえにやわらかいので…w

P1040086.jpg
武器はもう一つ、ケンザン・ジンブのカブトを組み合わせたもの。大型の銃っぽくなってますね。
実は形状の都合でゴウガンオウの手には持てないので、腕に直接くっつけます。
でもですね、正直この装備方法の方が手持ちより似合うと思うんですよこのあまりカブト合体武器w
ゴウケンザンやゴウジンブでも同じようにできたらよかったんですけどねぇ。

そして、もちろん他の二種同様に参乗奥義の発声ギミックもあります。
参乗奥義のセリフもちゃんとゴウガンオウ仕様ですよ。
実際に喋らせるとこんな感じ↓。

直接動画ページでごらんになる場合はこちら
ボタンを短押しすると「参乗奥義!厳厳!厳炎爆破!(効果音)」、
長押しすると「よっしゃああ!超必殺、参乗奥義!厳厳!厳炎爆破!(効果音)」
と叫んでくれます。
技名だけでなく、微妙に掛け声も変わってるあたりが楽しいですw

P1040096.jpg
ガンオウ単体に戻って、可動の話。
ジンブと構造が似ているので、可動範囲も割と似たような感じです。
パーツの大きさが違うので印象は変わりますが…w

P1040098.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント。
前後回転と、ほぼ水平まで横に腕を上げることができます。
また、変形の都合で肩の基部を上にスイングすることも可能。
肩にアーマーの類もないですし、背中とか胴体もすっきりしたものなので
非常に動かしやすいですなw

P1040100.jpg
上腕…というか肘のすぐ上になりますが、ロール軸が設けられています。
手首が固定なので、ここで腕のひねりはすべて賄うことになりますね。
武器が長物なので、手首も動くとなおよかったんですが…まーぜいたくを言えば、な話ですw

P1040102.jpg
肘は、変形の都合もあって180度曲がります。
肩と上腕のロール軸をあわせて、腕全体の可動範囲はかなり広いですね。

P1040104.jpg
続いて下半身。
股関節ですが、ちょっと独特なつくりです。
合体時に足になる部分が腰の中から伸びていて、そこから股関節相当の位置に
前後に曲がるクリック式の関節がある、という感じですね。

P1040106.jpg
構造上、開脚は不可能ということになるんですが、大元の足の根元、
ゴウケンザンになるときの股関節の位置が単体の股関節に近いため、ちょっとだけなら開脚用に
代用可能です…といってもひとクリックぶんだけなので本当にちょっとだけですし、
やはり変なところから曲がるので大きなポーズを付けるときにだけどさくさまぎれに
使う感じになりますが(;´∀`)
あ、本来の股関節は前後方向とも水平まで脚が上がりますよw

P1040108.jpg
次に膝。
こちらもクリック関節で、90度くらいまで曲がります。
ゴウケンザン時の膝でもあるので、保持力は非常に強いですね。
ゴウガンオウ時の肘として曲げる際、合体部分が先に外れるくらいには(マテ
また、膝のすぐ上にはロール軸があり、ここで足のひねりは賄うことになります。

P1040110.jpg
足首は踵とつま先の角度調節が可能。
…なんですが、実はつま先の赤いパーツってほとんど立つときに役立ってませんw
実際は赤いパーツの付け根部分(非可動)と踵で支えている感じなので、立たせる際の調整は
主に踵の拳でやることになります。
一応、角度によっては赤いつま先パーツで体を支えることになる場合もあることはあるんですけどね。

P1040112.jpg
首は左右回転のみ。
変形時の機構を使えば、視線を上に振ることは可能です。
やりすぎると頭が胴体に収納されてしまうので、ほどほどにしないといけませんがw

P1040114.jpg
胴体は可動軸なし。
というか、動かせるほど上下幅がないというかw

P1040118.jpg
と、言葉で書くと足回り(おもに股関節)が動かなそうだなー…という感じになっちゃいますが。
ジンブ同様、これが意外といい感じに踏ん張りポーズが取れたりしますw
確かに、カトキ立ちみたいな軽く脚を開く…みたいなポーズはできないんですけどね(;´∀`)

P1040125.jpg
ここからはゴウガンオウの可動。
上でも触れましたが、腕の方でちょっと厄介なところがありますね…
そこ以外は割となかなかw

P1040128.jpg
ではまず早速腕周り。
肩はゴウケンザンの股関節だった部分と、ガンオウ単体の股関節部分の組み合わせ。
前後・横方向とも、だいたい水平まで腕が上がります。
すべての方向への可動がクリック式のため、保持力に関しては折り紙つきといっていいでしょうw

P1040132.jpg
ただし、邪魔になるのが上でも触れましたわき腹にあるケンザンの脚。
正確には太ももあたりのパーツになるんですが、こいつがわき腹にあるせいで
斜め下45度くらいまでしか脇が締まりません。
ちょっと腕を前にあげた状態であれば大丈夫なんですが、気を付けができないのは
ちょっと残念なところですね。

P1040135.jpg
肘はクリック式で90度曲げられ、さらにロール軸もあります。
ここはガンオウ単体の時の膝そのものですので、
上でガンオウの膝として描いた説明がそのまま当てはまりますw
本当に保持力が強いので、曲げる際はちゃんと上腕あたりを押さえないと
胸から上が外れますよw

P1040140.jpg
手首は肘の内側向きに90度くらいまで曲げ伸ばしが可能。
限界まで曲げた状態って要するにガンオウのかかとモードなので、
曲げすぎると見た目に違和感が出ます(;´∀`)<曲げる際はほどほどに…

P1040144.jpg
続いて下半身。
股関節はクリック式で、前後・開脚とも水平くらいまで上げられます…が、
翼&機首が干渉するのと自重との兼ね合いもあるため、前後方向はともかく
開脚方向は真っすぐの状態からひとクリック~ふたクリックが使える限界ですね。
クリック幅が大きいので、それだけ開けば十分ではあるんですけども(;´∀`)

P1040148.jpg
膝もクリック式で、90度くらいまで曲がります。
太もも部分にもクリック関節があり(ジンブ単体の股関節ですね)、
その上下にそれぞれロール軸もあります。

P1040152.jpg
太もものクリック関節はゴウガンオウでは使いません。
が、ここが何かの拍子で曲がると途端に立てなくなるので、ポージングの際には要注意。
そしてもう一つ、ロール軸の方は足のひねりに非常に重宝しますが、普通のロール軸なので
さすがに他のクリック関節部分と比べると保持力で劣ります。
このため、ポーズによっては太ももから崩れてべしゃっ…ということも多々ありますから、
ここも要注意ですね。

P1040154.jpg
足首は前方向に角度調節が可能。
固定できる状態まで持っていくと少々後ろに傾きすぎるため、直立時にはちょっとだけ
前に傾かせた状態で置いておくことになります。
ここもクリック関節ではないので、立たせる角度によっては自重を支えきれない場合が…
ちゃんと調節してあげれば問題ないですけどね。

P1040158.jpg
首と胴体はゴウケンザン・ゴウジンブ同様に可動しません。
胴体は三体が三段重ねなので動かせと言っても無理がありますしなw
首もカブトパーツが別な以上可動なしもやむなしですが、ゴウガンオウは割ときちんと
首が造形されているので、切り離して可動改造をやろう、と思えばできなくもないかも…
大改造になるでしょうし、たぶんカブトの武器モードは捨てることになりそうですが(;´∀`)

P1040162.jpg
と、全体的にはやはりある程度厄介なところはあるものの、大きさからすれば
よく動く方ではないかなと。
ポージングの際は、前述のとおり脚のロール軸部分と足首の傾きかげんに注意ですね。
そこだけクリック式ではないので、他より少し自重に負けやすいです。

P1040173.jpgP1040175.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりソードボット侍チーム3号・ガンオウでした。
やっぱり若干の癖はありますが、バラでもなかなか、合体すれば圧倒的存在感と、
なんだかんだですごく遊べますよこの人たち(゚∀゚)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ゲキソウマル
  • トランスフォーマーGo! ハンタースモークスクリーン
  • トランスフォーマーGo! バクドーラ
  • トランスフォーマーGo! ガイドーラ
  • トランスフォーマーGo! ジンブ
  • トランスフォーマーGo! ケンザン
  • トランスフォーマーGo! ハンターオプティマスプライム
  • トランスフォーマーGo! ドラゴトロン


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  参乗合体  オートボット  ソードボット  侍チーム  ガンオウ  ゴウガンオウ 


    Comments:5 

    謎の男  

    個人的にはゴウガンオウが三種の中で一番好きな合体でしたので非常に楽しみにしていました
    トランスフォーマーの消防車がどう見ても武装車両なのはもうほとんど恒例ですし、武装車両好きなのでいいぞもっとやれって感じですw

    2013/06/19 (Wed) 18:50 | EDIT |   

    Fネガ  

    3番目の「力」の武者!

    こんばんは~ トランスフォーマーGo!「ガンオウ」のレビューお疲れ様です。
    消防車モチーフでは去年のアジア限定「ホットスポット」以来の完全新作になる子のガンオウはまさに「力」というイメージそのままの豪傑なデザインがカッコいいですなあ
    ビークル形態では手持ちの武器がうまく放水器部分になる処理がまたいいですね
    合体形態の「ゴウガンオウ」は頭部のカブトの飾りががまさに「鎧武者」っぽいデザインで特に目を引きますし合体後の上から赤・青・黄の配色パターンがヒーローっぽくなるのも見た目にいい感じです!

    2013/06/19 (Wed) 20:08 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    消防車だったりダブルドリルだったりでなんとなくトミカヒーローを思い出しますw
    どの形態でもカブトの親和性が高い(というか元からゴツい)こともあって一番好みです。
    合体形態も素直に逆三角形に見えるおかげでバランスいいのが驚きですね。
    しかしこう、この拳むき出しの背中を見ると隠し腕を期待してしまう…w

    2013/06/19 (Wed) 23:03 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    消防車モチーフのTFは少なくはないですが
    武器がドリルラダーと言う事は梯子車でいいんですかね?
    最近は消防車TFと言えば化学消防車って感じで久し振りの梯子車ですよね
    梯子として機能しなかったりそもそも梯子に見えないのが玉に瑕かw

    ゴウガンオウは三種の合体形態では一番好みですね
    ゴツい上半身に赤が一番上というある種王道のカラーリングがかっこいい
    しかしポジション的にはゲッター3のそれだろうからOVAでも活躍してくれるかどうか心配…

    強いて言えばケンザンの頭部裏の合体用ジョイントって
    ジョイントとしてマトモに機能しない気がする…
    お陰で特にゴウガンオウだとやや不安定だ

    2013/06/22 (Sat) 17:54 | EDIT |   

    tagoal  

    No Title

    >謎の男さん
    あー、確かにお前戦車か装甲車だろ!って消防車TF結構いますよねー。
    ギャラクシーコンボイとか…w
    そういう意味では、正統な後継者ですなw

    >Fネガさん
    この無骨さがいいですよねー(*´∀`*)
    前から見るとちゃんと消防車なのに、後から見るといろいろスパルタンなのもまたw
    ゴウガンオウはもうちっと足が太ければなーというのはありますが、
    デザイン的にも一番サムラーイでいいですなw

    >匿名さん
    確かに、レスキューフォースとかそっち系の名残がビークルに見受けられますなw
    合体時の背中の腕に関しては、ゴウガンオウに限らずやろうと思えば展開可能だったりします。
    ゴウケンザンあたりは各自単体の腕まで展開できて、10本腕なんて気持ち悪い状態もできますよw

    >さすりゅーさん
    あんまりそれっぽくないですが、たぶんはしご車ってことになるんでしょうかねえ…w
    どっちかというと高所放水車っぽくも思えます。
    たぶん、DVDは1回ごとにメインキャラが入れ替わるくらいの流れでしょうから、
    てれびくんのDVDが3号続けばきっとゴウガンオウにも活躍の場があるでしょうww
    ケンザンの頭の合体ジョイント、どうも中身といろいろ干渉しているようで。
    そのせいでうまくかみ合わないみたいですね。
    配線なんかとも関係しているようで、完全に直すのは難しいらしいのが厳しいところです。

    2013/06/26 (Wed) 10:48 | EDIT |   

    Leave a comment


    Trackbacks:1 

    Click to send a trackback(FC2 User)
    この記事へのトラックバック
    •  せっかくなので再利用。
    • 本家の方でトランスフォーマーGo!のソードボット侍チームを一通り紹介し終えたので、 それぞれの記事から各合体形態を持ってきてひとつなぎに。 Twitterの方で使ったものの再利用な
    • 2013.06.19 (Wed) 15:23 | またーりといくよ。Yahoo出張所