またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

14
明日はいよいよ東京おもちゃショーですなー。
当方仕事の関係で行けるかどうか微妙だったんですが、何とか行けるめどがw
TF者としてはGO!のソードボット先行販売、ゾイド者としてはHMMゴジュラスや
ゾイドオリジナルの新作・ジェノリッターあたりをぜひ見たいなーと思っておりますよ(゚∀゚)

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマージェネレーションズより、ブラスター&スチールジョーです。
P1020313.jpg
しかし、なんで今回に限ってお供のスチールジョーも
製品名に出てるんでしょうね( ・∀・)ナシテ?

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1020317.jpgP1020320.jpg
ということで、今回はトランスフォーマージェネレーションズよりブラスター&スチールジョー。
まずは親玉(?)のブラスターの方からです。
国内G1的に言えば、ブロードキャストですなw

P1020328.jpgP1020332.jpg
P1020338.jpgP1020343.jpg
ビークルモードをぐるっと。
国内版では3つ目のサウンドウェーブ系列ということで、装甲車っぽいSFビークルですね。
通販サイトの商品説明を見ると、一応タンク形態ということになっているようですw

P1020345.jpg
ところでこのブラスター、うちでは以前海外版を紹介しておりますね。
違いは例によって塗装と成形色の一部変更。
後で並べてみますが、今回はかなりガラッと変わってますよw

P1020364.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
屋根部分を前方へスライドし、中にあった足首を上げて後輪部分を後方へ。
この部分が脚部になりますねね。その後、
腰にあたるパーツを90度折り曲げて車体下部の前輪の間あたりで固定します。

P1020369.jpg
腰を固定したら、足は下に向けてそのまま立たせます。
車体側面中央辺りのパーツを伸ばして後方へのばし、腕部への変形を開始。
あわせて、前輪を背中側へ180度まわしてやります。

P1020374.jpg
屋根パーツを後方へ限界までスライドし、中の支柱を曲げて屋根を地面に対し垂直にします。
つぎに運転席に相当する部分の屋根を左右に分割、車体側面部分とボディ中央パーツとの連結を解除。
屋根パーツをたたんで後方に伸ばした部分を下に向け、手首を出して腕部の変形を完了します。
背中の屋根パーツを押し込んで体に密着させ、フロントのクリアパーツも同様に胴体沿わせたら
各部を調節すれば出来上がり。

P1020412.jpgP1020417.jpg
ロボットモード。
相変わらず、このタイプはいいプロポーションしております(*´Д`)ハァハァ

P1020420.jpgP1020423.jpg
P1020427.jpgP1020430.jpg
ぐるっと一回り。
ギミックの関係で若干胴体が箱っぽいですが、それでもやっぱりいいスタイルしておりますw
そして、国内版になって胸周りの塗装が増え、ブロードキャストっぽさもさらにアップですね。

P1020431.jpgP1020432.jpg
顔回り。
海外版同様の食いしばり顔です。
しかし、このシリーズで表情付のやつって珍しいですな。

P1020435.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミックあり。
色が濃いので、それほど爛々と輝く!とはいかないですね。

P1020440.jpgP1020441.jpg
腕周り。
ここの形状はサウンドウェーブ・サウンドブラスターおよび海外版ブラスターから変化はないですね。
ただしブラスターから若干塗装箇所がふえておりますよ。

P1020442.jpg
胴回り。
前述しましたが、胸の蓋の部分の塗装が海外版から変更になっています。
具体的には、オートボットエンブレムとバンパー部分の水色。
特にこの水色の部分が増えたことで、ラジカセ風味がアップしておりますねw

P1020443.jpg
背中。
真っ赤で特に特筆することも…といいたいところですが、
実は海外版はビークルの屋根部分が赤くなかったんですよね。
ここが赤くなったことで、後から見てもブロードキャスト感がアップですw

P1020444.jpg
脚部。
こちらは海外版から成形色が変更になっています。
また、この写真だとわかりませんがタイヤもカラーがガラッと変わっているんですよね。

P1020450.jpg
付属武器その1、銃。
海外版付属のものと同様の、G1版が使っていたものっぽい銃ですね。
実は成形色も差がわからないくらいの色なので、海外版と混ざると
確実にどっちがどっちかわからなくなりますw

P1020451.jpg
サウンドウェーブと同型の胴体なので、銃は肩にも装備可能。
形状的に、あんまりしっくりこないですが(;´∀`)

P1020452.jpg
ビークルモードでは、銃は天井に。
後のでっぱりがあるのでやっぱり銃座っぽいんですが、
ちょうどいい大きさの人形がなかなかないんですよねこれがw

P1020455.jpg
FOCサウンドウェーブ系列、ということでディスクイジェクトギミックも健在。
左肩にの上にあるスイッチをぽちっと押すと…

P1020456.jpg
胸パーツがパカッ!と開きます。
この状態で背中のパーツを後方にひけば、胸の丸いパーツが後方に下がって
ディスクのセットが可能に。

P1020457.jpg
そして実際仕込んでみるとこんな感じに。
例によって、ディスクの向きは説明書の写真に合わせておりますw
若干調整されたのか、他の同型と比べると若干ディスクが収まりやすいですね。
…気持ち程度ですけどもw

P1020458.jpg
イジェクトギミックはもちろんビークルでも使用可能。
スイッチが露出していますので、ぽちっと押すと…

P1020459.jpg
こんな感じでフロントが展開。
射出レバーになる屋根パーツは最初から目いっぱい後ろに下げられているので、
ディスクのセット準備はすでにできておりますw

P1020460.jpg
ディスクを射出するとこんな状態に。
屋根を思い切り前方にずらすので、天井部分がスカスカにw

P1020481.jpgP1020484.jpg
さて、ここで一旦ブラスターから離れて、お供のスチールジョーに。
まずはディスク形態からです。
海外版から、表面の塗装が黒と茶から茶と金色に変わってますな。

P1020487.jpgP1020490.jpg
P1020495.jpgP1020496.jpg
ディスク状態で一回り。
当然ながら円筒形なんですが、変形の都合で
裏側はちょっと丸型から崩れていたりします。

P1020501.jpg
そしてさっそくトランスフォーム。
裏の中央にあるスイッチを押すと…

P1020504.jpg
パシャッとここまで一発変形。
後は足をとしっぽを伸ばしてあげればいいんですが…
レーザービークあたりはほぼ完全な一発変形だったので、
手動部分が多めなのはちょっと残念なところかも。

P1020507.jpgP1020511.jpg
ビーストモード。
やっぱりちょっと隙間が目立ちますな(;´∀`)
海外版と比べると、成形色が濃い目になって若干塗装が増えておりますよ。

P1020515.jpgP1020518.jpg
P1020521.jpgP1020524.jpg
ぐるっと一回り。
ちょっと薄いですが、確かにライオンメカに見えますね。
ただの円筒から、よくもまあここまでいろいろ変形させられるものだと感心しますわ

P1020534.jpg
海外版と@ディスク。
メタルカラーが多い分、明るいところだと国内版の方が、
暗いところだと海外版の方が目立ちますw

P1020532.jpg
海外版と@ビースト。
肩(?)のところのメタリックイエローが特に目立ちますな。
全体的にも、国内版の方が色は濃い目です。

P1020536.jpg
スチールジョーの可動は、若干脚が曲げ伸ばしできる程度。
実質固定ポーズと思っても問題ないでしょう。
まぁ、こいつらはディスクからの変形が売りですしね…w

P1020540.jpg
可動に関して。
これまで同型を3つ紹介していますし、そちらと同じ!おわり!
で終わってしまう話ではありますが、一応w

P1020541.jpg
まず腕回り、肩は多軸構造ですね。
前後への回転と上下のスイングが可能で、さらに肩ブロックと上腕の繋ぎ目部分も
軸関節になので、上腕から下だけを横に広げることも可能です。

P1020542.jpg
具体的な可動範囲としては、前後方向は特に制限なく回転可能。
横方向は肩の基部が45度ほど、肩と上腕の継ぎ目が90度曲がるので、あわせて
斜め上45度くらいまで腕が上げられるようになっていますよ。

P1020543.jpg
上腕にはロール軸あり。
肩やひじの動きもあるので、非常にポージングしやすい腕になってますな。

P1020544.jpg
肘はクリック式の関節になっていまして、25度程度の刻み幅で150度くらいまで曲げられます。
クリックの中間部分でも割としっかり保持できるので、
クリックはあまり気にしないで扱っても特に問題はないようですw

P1020545.jpg
手首にはロール軸があり、さらに曲げ伸ばしも可能です。
曲げ伸ばしは真っ直ぐの状態から肘の内側向きへ90度くらい、
外側向きに30度くらいまでできるようになっていますね。

P1020546.jpg
非常によく動く手首なんですが、変な向きにしたまま収納しないように要注意ですね。
変な向きで収納してしまうと、あとで非常に出しづらくなります(;´∀`)

P1020547.jpg
続いて下半身、股関節は二軸式の関節になっています。
前方は水平より上45度くらい、後方はほぼ水平まで、
開脚方向は水平よりやや上くらいまで脚が上げられますよ。

P1020548.jpg
太ももにはロール軸あり。
特に引っかかりもなく、程よい硬さでひねることができるようになっています。
太もも部分のデザインの関係上、捻りすぎると変に見えるのでそこだけ注意ですねw

P1020549.jpg
膝はクリック式の関節で、90度程度まで曲げられます。
15度くらいの刻みでクリックが入っていますが、腕同様に
中間部分でもある程度の保持力があるため、あまり気にしなくても大丈夫そうですw

P1020550.jpg
足首は曲げ伸ばし可能。
前方向ほとんど曲がりませんが、つま先が真後ろを向くまで動かせます。
後方の曲げは変形にも使いますからねw

P1020551.jpg
前後方向には割とよく動きますが、横方向は固定。
そのため、脚の向きによっては開脚時に一部分が浮き上がってしまいますね。
また、踵のサイズが体に対してそれほど大きくないため、ポーズによっては
後ろにひっくり返りやすいのでちょっとだけ注意ですね。

P1020554.jpg
首は左右回転のみ。
このタイプを触るたび、若干でも顔が上下方向に動いてくれたらなぁ
…と思いますが、まぁしょうがありますまい(;´∀`)

P1020556.jpg
胴体は可動軸なし。
こいつの構造的に、胴体動かせってーのも無理な話ではありますけどねw

P1020557.jpg
と、全体的にはもとになったサウンドウェーブ同様扱いやすい作りになっています。
あとはほんと、顔の可動範囲が広ければ…なんですが、
まーあれです、ぜいたくを言うなら…レベルの話ですねw

P1020640.jpg
海外版と@ビークル。
各々単体で見るとそうでもないんですが、いざ並べてみると
かなり色が違うことがわかりますね。
というか、海外版実は案外赤みが少ないですなw

P1020641.jpg
海外版と@ロボット。
成形色自体だいぶ違うのが見て取れますが、
やはり胸のところの違いが大きいですね。

P1020642.jpg
しかしあれですな、サウンドウェーブはサウンドブラスターまで出ましたが
こいつは青いツインキャストにはならんのですかねw
胸のディスクは最初から3枚も入るわけですし、とりあえず色だけ変えとけばいけそうですが(マテ

P1020656.jpg
我が家のサウンドウェーブ系@ビークル。
フロント部分の違いがあるので、案外同型っぽさは薄かったりします。

P1020658.jpg
ロボットモードでサウンドウェーブ系。
さすがにヴォイジャー4つ横並びとなると、結構な迫力ですw

P1020660.jpg
各タイプの可動…というか遊びやすさに関しては、実のところどれも大差なし。
安定した品質で実によろしいですw
うちにない海外版サウンドウェーブ/サウンドブラスターがどうなってるか、というのはありますが(;´∀`)

P1020662.jpg
以上、トランスフォーマージェネレーションズよりブラスター&スチールジョーでした。
もともとが良好な出来のサウンドウェーブがベースですし、安心の一品ですな。
別売りのディスクセット(どこかで時間見つけて紹介したいですな~)と組み合わせてもいいですし、
ほんとこのタイプは遊びでがありますよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマージェネレーションズ バンブルビーゴールドバグ
  • トランスフォーマージェネレーションズ マグニフィカス
  • トランスフォーマージェネレーションズ グリムロック
  • トランスフォーマージェネレーションズ ラットバット
  • トランスフォーマージェネレーションズ スカイワープ
  • トランスフォーマージェネレーションズ エアレイド
  • トランスフォーマージェネレーションズ キックバック
  • トランスフォーマージェネレーションズ スタースクリーム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマージェネレーションズ

     タグ: トランスフォーマー  ジェネレーションズ  FallOfCYBERTRON  オートボット  ブラスター  スチールジョー  サウンドウェーブ  リデコ 


    Comments:3 

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    重厚なカラーリングのサウンドウェーブ・サウンドブラスターと比べると、ヒロイックで引き締まった印象を受けるカラーリングになっていますね
    ビークルモードだけ見るとこういうデザインのレースカートイ(ミニ四駆的な)っぽくも見えます
    特にホイールの形状がそれ系のものっぽいw

    スチールジョーの方も、あのサイズのディスクからよくここまで見事に変形できるものだと感心してしまいます

    私はおもちゃショーを見に行く予定はありませんが、写真で見たHMMゴジュラスがものすごくかっこよかったので新情報も期待するところです

    失礼しました

    2013/06/14 (Fri) 18:46 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマージェネレーションズ ブラスター&スチールジョーの更新お疲れ様です!
    海外版と比べて国内版のブラスターは「赤」のボディがより鮮明になって美しさが倍増しですなw
    スチールジョーも「金」の色は濃い目になってよりギンギラ度も増してるし(マテ
    サウンドウェーブボディ譲りの良好な可動性もピカイチですしぜひともリカラーで「ツインキャスト」が出て欲しくなりますな~

    2013/06/16 (Sun) 01:55 | EDIT |   

    tagoal  

    No Title

    >Aqunessさん
    形は同じなのに、色だけでもだいぶヒーローちっくになりますよねー。
    ミニ四駆っぽいのも確かにw
    おもちゃショーはHMMゴジュラスもそうですが、ゾイドオリジナルの選考展示やら
    動くライガーやらでなかなかの充実度でした(゚∀゚)

    >Fネガさん
    海外版は若干地味目に見えちゃいますな、国内版を並べてしまうと…w
    ほんと、とりあえず青くするだけでいいんでツインキャスト出ませんかね。
    あ、3枚入るからトリプルキャスト?w

    2013/06/26 (Wed) 10:03 | EDIT |   

    Leave a comment