またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

07
連休明けて初日ですねー。
あー仕事かったるい(殴
とりあえず今日だけ乗り切れば、また頭が通常モードに切り替わるんでしょうが…
この切り替わりきらない一日が問題ですね'`,、('∀`) '`,、

と、休みボケしつつも今回のネタへ。
トランスフォーマーGo!より、ハンターショックウェーブです。
P2330303.jpg
TFGo!のボイジャー組一発目です。
相変わらず番号は遡っていきますよw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2330317.jpgP2330321.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGo!よりハンターショックウェーブ。
以前、ビーストハンターズ版を紹介しましたね。
Go!でもビーストハンターズでも、プレダコンを生み出す
→制御できず反旗を翻されて大変なことに…という、今回の大体こいつのせい枠です(マテ

P2330324.jpgP2330328.jpg
P2330332.jpgP2330337.jpg
ビークルモードをぐるっと一回り。
四つ足の戦車ですね。
原語版のビーストハンターズ本編ではこの姿で爆走する姿が出ていましたが、
果たして日本でその姿を見ることはできるのか…(;´∀`)

P2330341.jpg
今回のハンターショックウェーブ、モノとしてはビーストハンターズ版の色違い…ということで、
着脱可能なアーマーももちろん付属。こちらでは対プレダコンアーマーということになっていますね。
ビーストハンターズ版では赤いアーマーでしたが、Go!では黒にカラーが変更されています。

P2330345.jpgP2330348.jpg
アーマー装着状態のビークル。
ビーストハンターズ版は謎のナマモノ感がでていましたが、色が変わったせいか
鎧の類を付けている感じが強まりましたね。
ただ、呪われてそうな鎧ですけどw

P2330350.jpgP2330354.jpg
P2330357.jpgP2330360.jpg
アーマー装着状態で一回り。
メカっぽいものから一気にオカルト系の何かな雰囲気に…w

P2330369.jpg
ところで、ビーストハンターズ版のショックウェーブを紹介した際、
後部の二本脚部分が左右に広がるようになってるけれど説明書にないよ!
という話を書いたかと思います。
海外版のアバウトな説明書が日本版で訂正されていることはよくあることですし、
今回はどうなってるかな~、と思っていたんですが…

P2330372.jpg
Go!版の説明書を確認してみると、ちゃんと後部を左右に広げるように記載されてますねw
ただ、相変わらず後ろ足部分にあるとんがりパーツはロボット・ビークルとも
使いどころが示されていないんですけども…(;´∀`)
一応、ロボットモードでトンガリを立てると劇中CGの背中のトンガリに近くはなるんですが、
生えている位置がちょっと微妙だったり。
とりあえず今回は気にしつつもスルーで行っておりますw

P2330375.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
アーマーは外した状態で、砲台部分になっている左腕と車体底面にある右腕部分を本体から切り離し。
それぞれを体の側面へ移動し、左右に広げていた胴体前面装甲を中央に寄せます。

P2330378.jpg
前面の装甲板を前脚部分から外して、砲台があった部分に移動、固定します。
装甲版を外したことで前脚部分が自由になるので、一旦全体を真横へ伸ばした後
太もも部分と膝部分の向きを合わせ、中央に揃えます。
さらに脚の先端部分を90度曲げ、基部をスライドして脛とツライチ状態に。

P2330381.jpg
後ろ脚に相当する部分は左の履帯が一部外せるようになっているので伸ばして左腕に接続、
その後背中にたたんでバックパックにします。
あとは顔を正面に向けて、各部を調節すれば完成です。。

P2330385.jpgP2330389.jpg
ロボットモード。
いい感じのマッチョ体系で、メタリックパープルのボディカラーも相まって
非常に素敵です(゚∀゚)

P2330392.jpgP2330396.jpg
P2330399.jpgP2330403.jpg
ぐるっと一回り。
プロポーションも非常に良好で非常によろしいんですが、この写真のショックウェーブは
すでに一部改造済みだったり。
そう、ビーストハンターズ版でもアレだった股関節です…
詳しくどうやったかは、記事の最後におまけとしてまとめていますのでそちら参照で。

P2330406.jpgP2330409.jpg
アーマー付だとこんな感じ。
やっぱりなんかこう、禍々しいですなw

P2330413.jpgP2330416.jpg
P2330419.jpgP2330423.jpg
アーマー付でぐるっと。
ビーストハンターズ版よりボディとアーマーの色の親和性が高いですな。
あっちはあっちで、なんか付けちゃまずそうなナマモノ身に着けてね…?
な感じでいいんですけどねw

P2330432.jpgP2330434.jpg
顔回り。
おなじみの一つ目フェイスですね。
従来作品に比べると情報量…というか、トゲトゲ多めな感じです。

P2330441.jpg
目はクリアパーツ製なので、集光ギミックもアリ。
ただ、集光窓が後頭部の下の方なので、真正面を向いていると背負い物の関係で光を当てづらいです。
今回の正面顔の写真がちょっと斜め向いた状態でとられているのはその辺の関係です(;´∀`)

P2330444.jpg
右腕。
こちらは普通の腕ですね。
肩のところにはアーマー用の5ミリ穴があります。
アーマーの代わりにアームズマイクロンあたりを取り付けるのも面白いですね。

P2330447.jpg
左腕。
丸ごとキャノン砲になっております。
片腕キャノンはもうレーザーウェーブ・ショックウェーブのお約束ですなw

P2330450.jpg
左腕肘側にあるスイッチを押し込むことで、キャノンの銃身が大回転。
遠心力で砲身が展開し、中のクリアパーツがあらわになります。
この回転の勢いが結構強く、なかなかの迫力ですw

P2330452.jpg
砲身の中身はこんな感じになっています。
ちなみにこの砲身は開いたまま固定はできないので、つっかえ棒的に
プラパーツを挟んで強引に固定しています(;´∀`)

P2330454.jpg
胴体。
胸部クリアパーツの裏にあるモールドが綺麗ですね。
ところでこの胸部パーツ、ビーストハンターズ版よりも固定が甘い気がするんですが…
個体差ですかねw

P2330456.jpg
アーマー装着状態だと胸周りはこんな感じ。
クリアパーツが隠れて、ガラッと雰囲気が変わりますな。

P2330459.jpg
背中。
ビークル時の後部無限軌道を背負っているわけですが、左側の履帯が一部外れて左腕に接続、
エネルギーチューブのような感じになっています。
ただこの履帯パーツ、割と硬くて腕の可動に結構影響が出るため、
面倒であればもう背中に収めたまんまでもいいかもしれませんw

P2330463.jpg
脚部。
膝からつま先まで流れるような造形になっており、なかなかいい脚してらっしゃいます(マテ
ただ、上でも触れました通り股関節が割と曲者。
写真はすでに股関節は修正済みの状態です。
素のままだとこんな風に脚を軽く開くことができないんですよ(´・ω・`)

P2330483.jpg
可動に関して。
上述したとおり股関節は改造してしまってますが、
それ以外の部分は悪くない…というよりむしろいい感じですね。

P2330486.jpg
まず腕周り。
前後方向と横方向に動かせる複合式の関節です。
変形の都合で、肩全体を前後にスイングさせることもできるようになっていますよ。

P2330489.jpg
実際の可動範囲としては、前後方向は特に制限なく回転可能です。
あ、左腕は履帯を腕につないでいるとさすがに回転は無理ですがw
履帯を外せば、右腕同様にぐるんぐるん回せます。

P2330493.jpg
横方向は、肩アーマーの上部分が上方に跳ね上がるようになっており
水平からさらに45度くらい上まで腕が上げられます。
保持力も程よい感じなので、左腕を構えてもすぐ腕が下がってくる…なんてことは少ないですね。
ただし、気温が低かったりすると履帯が硬くなるので、ちょっと影響は受けます(;´∀`)

P2330496.jpg
また、アーマーを付けていると結構頭や腕に引っかかるんですが、
割とやわらかい材質なので可動範囲にはあんまり影響なかったりします。。
邪魔ではありますけどねw

P2330500.jpg
上腕部分にはロール軸あり。
左右でちょっと形状が違うんですが、弄っている分にはそんなに差は感じません。
左腕のキャノンはいろいろ飛び出てますから、うまいこと避けてやる際には必須ですねw

P2330506.jpg
肘は右が90度、左が90度に若干届かない程度の範囲で曲がります。
概ね必要十分かな、という程度の曲がりっぷりですね。
左右とも、自重に負けない程度の保持力は確保できています。

P2330510.jpg
右手首はボールジョイント接続。
曲げ伸ばしと横ロールが可能ですが、曲げられるのは肘に対して垂直方向だけなので
基本的にロールしか使うことはなさそうですw
そして、左の方はキャノン砲なのでそもそも手首なし。

P2330512.jpg
続いて下半身。
股関節は前後方向・開脚方向へ動かせる二軸の関節です。
このうち開脚方向の関節が、問題のクリック式関節になります(;´∀`)

P2330514.jpg
可動範囲としては、前方は水平よりほんのちょっと下まで、後方はほぼ水平まで脚が上がります。
開脚方向は30度刻み位の感覚で水平までいけます。
…んが、刻み幅が大きい&保持力が弱いという二重苦状態('A`)
そのままだと結構きついので、できればひと手間かけてあげるといいんじゃないかなーと思います。

P2330516.jpg
太もも部分にはロール軸。
この軸はおまけに書きました股関節弄りの際も非常に便利です(マテ
また、変形のために膝の直下にもロール軸があったりしますよ。

P2330518.jpg
膝はクリック関節。
30度刻み程度の間隔で、90度曲げられます。
こちらもクリックの入る間隔が若干広めですが、股関節ほどの影響はないですね。
というか、膝だとこのくらいのクリック感覚でも問題ないですなw

P2330520.jpg
足首は変形機構を使って曲げ伸ばしが可能です。
具体的には、脚と一直線になるまで伸ばせます。
脛から上とほぼ一体構造な関係上横に動かないので、開脚時にどうしても側面が浮いてしまいます。
その上例の股関節の問題があるので、素の状態だと直立以外では結構バランスとりづらかったり。

P2330522.jpg
頭部は左右回転のみ可能です。。
結構ギリギリではありますが、制限なく回転できるようになっています。
ビークルの時は完全に真後ろまで向けてるわけですから、当たり前ではありますがw

P2330524.jpg
胴体は可動部位なし。
胸パーツの変形用アーム基部が腰と腹の境目に来てますし、腰の可動は
変形機構的に無理だった、という感じですね。

P2330526.jpg
と、(股関節を除いて)全体的には概ね不足はない感じですかね。
アーマーに関しては装着するとさすがにひっかかるところがありますが
基本的に元のままの可動範囲を確保出来ていると思って問題ないと思います。
若干、胸のアーマーが取れやすいかな?というくらいですねw

P2330543.jpg
ビーストハンターズ版と@ビークル。
Go!版がメタリックカラーになってるのがよくわかりますね。
Go!版、ツヤツヤテッカテカですw

P2330545.jpg
ロボットモードでBH版と。
Go!版は腕周りなんかに青い部分も増えてますね。
豪華塗装版という感じで実によろしいです(゚∀゚)

P2330547.jpg
ただ、可動に関しては…
というか、股関節部分に関しては、まだBH版の方が御しやすかったかも。
とりあえずクリック削るだけでだいたいおOKでしたからね。
Go!版はクリックを削る前からプラプラ気味なのが痛いです。
まぁ、手の施しようは十分にあるので問題ないといえばそうなんですがw

P2330549.jpg
アーマー装備でビーストハンターズ版と@ビークル。
やはりGo!版は色のおかげかだいぶ控えめになってますな…w

P2330551.jpg
アーマー装備でロボットモード。
どっちもかなり自己主張強い格好になってますが、
やはりBH版はなんかこうナマモノ感が…w
対してGo!版は岩とか鉱物っぽい印象ですね。

P2330553.jpg
アーマーも本体と同じく色替えですから、取り換えたりごちゃ混ぜにしたり、ということも可能です。
付け替えて遊んでみるのも一興ですよ…っといいつつ、写真ではお互い自前の着たままですがw
しかしこのアーマー、装着しないときにも何か遊ぶ手があればなおよかったですね。
組み合わせて謎生物になるとか…w

P2330555.jpgP2330557.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりハンターショックウェーブでした。
いやもうほんと、股関節さえ…!です(;´∀`)
そこさえなんとかするor気にしなければその他の部分は非常にいいものだと思いますよw

おまけ:股関節を何とかしようの巻
P2330471.jpg
ビーストハンターズ版でもそうでした(&記事本文中でも触れました)が、
このショックウェーブは股関節のクリック幅がやたらと広いのが難点です。
この写真が最大限足を閉じた状態ですが、ここから一段階広げると…

P2330473.jpg
ここまでがばーっと開いてしまいます。
さらによくないことに、開脚方向の保持力が非常に弱いため、クリック間でぷらぷらっと…
この辺の問題解消の手段としては、股関節を分解して修正するという手もあります。
が、ピン抜きなんて面倒くさいので(マテ、もうちょっと手抜きの改修方法を。

P2330475.jpg
写真は股関節パーツを上から見た状態。
両足をそろえた状態で太ももパーツを90度外側に回したうえで、
脚を思いっきり後方にあげてやると同じように見えると思います。
ここで、まずオレンジの線のところにあるクリックの山(太ももパーツのすぐ上になります)
を一つだけ削ってしまいます。
デザインナイフなんかで2~3回切れ目を入れてやればすぐ切り取れますので、分解等は不要。
これでひとクリックぶんの可動範囲が確保されるんですが、前述のとおり軸がプラプラ。
なので、赤いラインの部分に瞬間接着剤を流し込みます。
見栄え的には、股を180度開いて内股側から流し込んだ方が綺麗かもしれませんw
一滴流し込んだら、軸ごと接着してしまわないように数分キコキコ…と股関節を小刻みに開閉し、
まだゆるければもう一滴流し込んでキコキコ…と、好みの固さになるまで繰り返します。
やることとしてはこれだけ。
立ち姿の自然さが大分変わりますよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ジンブ
  • トランスフォーマーGo! ケンザン
  • トランスフォーマーGo! ハンターオプティマスプライム
  • トランスフォーマーGo! ドラゴトロン
  • トランスフォーマーGo! ハンターバンブルビー
  • トランスフォーマーGo! ハンターバルクヘッド
  • トランスフォーマーGo! ハンターホイルジャック
  • トランスフォーマーGo! ハンタースタースクリーム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  参乗合体  プライム  PRIME  BEASTHUNTERS  ショックウェーブ  リカラー 


    Comments:7 

    謎の男  

    このショックウェーブ、見た目も可動も最高級のTFかもしれないと思っています
    背中の突起と左腕のチューブを展開した状態はハイパーモードと個人的に名付けています

    2013/05/07 (Tue) 18:30 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ 「Go!」ハンターショックウェーブのレビューお疲れ様です!
    ビーハン版のショックウェーブと比べてパーソナルカラーの紫がここまで鮮やかになるてゃ思いませんでしたね~
    左腕のレーザーキャノン回転ギミックもクセになるくらい回しておりますw
    問題の股関節なんですがたごーるさんが紹介した方法をやってみればかなり違うみたいなので後日やってみようかと思います。

    2013/05/07 (Tue) 18:53 | EDIT |   

    オシラ774  

    No Title

    僕のショックウェーブを生き返らせてくれてありがとう、
    日本人はいつもクールに解決する!だから好きさ、本当にありがとう

    2013/05/07 (Tue) 21:58 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    Go!版のショックウェーブ、ひたすらにかっこいいですね
    ジェネレーションズ枠でリリースされても違和感がなさそうですw
    この手のデザインは好みですが、カラーリングも鮮やかで良いです
    追加装甲の色も落ち着いていてBH版よりキャラに合っていると思います
    それにしてもキャタピラをキャノンのチューブに使うアイデアはすごいですね
    こういう時に限って資金難に陥っている自分の状況が口惜しいです…
    それにしてもAM版とは(ry

    BH本編はまだ見ておりませんが、爆走ショックウェーブが楽しみですw
    何気にシーズン2で登場した時は変形してませんでしたし

    失礼しました

    2013/05/07 (Tue) 22:00 | EDIT |   

    墓石社長  

    (o^ω^o)ノシどもはじめましてー

    弛い可動部に瞬着流し込んでキコキコは私もよくやります。フィギュアーツやROBOT魂なんかも股関節とか足首が根性無しなのが多いので何かと重宝しますが、一瞬の油断によってガッチリ接着されてしまい青ざめることも屡屡(ノ∀`) 最近は100均でも瞬着剥がし売ってるのがありがたいですね。
    ハンタ版ショックウェーブも充分カッコいいのですが、マイ伝の三体合体&メガちゃんと合体、SLの三段変形&サウンド付ショックフリートの記憶が未だ印象深い私にとっては、近年のボイジャークラスに発光orサウンド機能が搭載されないのがただただ残念であります

    2013/05/08 (Wed) 18:54 | EDIT |   

    見せてもらおうか、ガンダムフィギュアの性能とやらを!  

    相互リンクのお願いの件

    サイト管理人tagoal様
    はじめましてこんばんわ!
    突然のメッセージで失礼致します。

    「見せてもらおうか、ガンダムフィギュアの性能とやらを!」
    を運営しているガンダマニアと申します。


    このたび、貴サイト様と相互リンクをお願いしたくメッセージさせていただきました。

    誠に勝手ながら、貴サイトへ当方からすでにリンクを貼らせていただいてます。
    TOPページのサイドバーにある「リンク集」をご確認くださいませ。

    ⇒ http://gundam-figure.meblog.biz/

    なにか不都合などございましたらご連絡ください。
    早急に修正させていただきます。


    それではどうぞよろしくお願いいたします。

    2013/05/12 (Sun) 22:02 | EDIT |   

    tagoal  

    ショックれす

    >謎の男さん
    股関節さえ…股関節さえ手間をかける必要がなければっ…!
    ハイパーモード、いまいち使い道のない背中のトンガリの使い道としていいですなw

    >Fネガさん
    色はほんと綺麗になってますよねー。
    BH版も悪くはないんですけどさw
    股関節はちょっと弄るだけで一気に化けますし、押おすすめですよ(゚∀゚)

    >オシラ774さん
    お役にたてたようで何よりです(゚∀゚)
    確かにこういう細かいことは日本人向きなのかもしれませんw

    >Aqunessさん
    プレダアーマーをとっちゃうと、どのシリーズでもいけそうなデザインしてますよね。
    一つ目なので画風の違いも出ませんしw
    キャタピラに関してはほんとうまく考えたもんです…ちょっと千切れそうで怖いですが(;´∀`)
    BHではまずビークルで登場しますし、そのままでの戦闘もアリと
    ショックさんなかなかの活躍ですよ!…のちのちのやらかしフラグもありますが。

    >墓石社長さん
    (゚∀゚)<はじめましてー!
    瞬着キコキコは緩い関節相手には重宝しますよねー。
    失敗してがっちり固まっちゃうのもよくあることですw
    最近のやつは確かに電飾ギミック系はあまりないですね。
    それだけに、今度のケンザンに期待ですなw

    >見せてもらおうか、ガンダムフィギュアの性能とやらを!さん
    はじめましてー。
    応答が遅くなってすいませんです。
    リンクの件は承知しました、というかすでに別途告知等先に…w
    なにはともあれ、今後ともどうぞよろしくです。

    2013/06/04 (Tue) 14:33 | EDIT |   

    Leave a comment