またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

29
連休三日目ですな~、ということで今日はぐでーっと過ごしておりますw
そして昨日は宣言通り、スーパーフェスティバルへいって参りました。
色々と(変な)ブツを仕入れて参りましたよw
月々のお買い物と合わせて、これでまた当分ネタには困りませんねはっはっはw

と、それはそれとして今回のネタへ。
参乗合体トランスフォーマーGo!より、ハンタースタースクリームです。
P2320037.jpg
公式表記がトランスフォーマー”Go!”らしいので、表記もそっちに合わせてみました( ´∀`)<ゴウ!

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2320041.jpgP2320045.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGo!よりハンタースタースクリーム。
(以降略してスタースクリーム)
新シリーズ・トランスフォーマーGo!二つ目の紹介になりますね。

P2320046.jpgP2320052.jpg
P2320055.jpgP2320058.jpg
ビークルでぐるっとひと回り。
モノとしては前回のサウンドウェーブ同様、海外でトランスフォーマープライム・ビーストハンターズ
の製品として発売されたもののリカラー品になりますね。
海外版のカラーだと若干どぎつい感じもありましたが、Go!版では
銀系と青主体のカラーリングになり、普通に格好いいSF戦闘機になりましたw

P2320068.jpg
ところでこのスタスク、Go!のストーリーでは捕獲したプレダコンの力を利用して
再度の打倒メガトロンを目論んでいる…という設定になっているようで。
ビーストハンターズのほうでは改心?してメガトロンに忠実になっているんですが…
まーあっちはあっちでメガトロン行方不明の下手人だと(過去の行いのせいで)
思い込まれて追っかけまわされたりしてますし、果たしてどっちがいいのやらw

P2320081.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
主翼-胴体間のジョイントを外し、主翼を後方へ一段曲げます。
機体中央に収まっているトンガリを上に持ち上げ、その下にあった装甲~コクピットを
機首の上にスライド移動。

P2320084.jpg
次に機体下部にある脚部と腕部のジョイントを外し、脚部を機首側に180度反転。
足首を広げて機体上面側につま先を向け、太ももの装甲を開きつつ膝のトンガリを立てます。
腕部は基部から左右に広げて、合わせて主翼を180度裏返しにします。

P2320087.jpg
機体を頭部の見えているところから二つ折りにし、背中側の装甲を上に移動。
肩部分にくっついている装甲を一旦開いた上で肩の上側に移動します。
後は背中のトンガリを前方に傾けて、各部を調節してあげればできがり。

P2320090.jpgP2320093.jpg
ロボットモード。
プライム版のスタースクリームが増加装甲を装着したような感じのデザインなんですが、
色が変わったことでビーストハンターズ版よりスマートな感じになってますね。

P2320095.jpgP2320097.jpg
P2320099.jpgP2320101.jpg
ぐるっとひと回り。
フルアーマースタスク!という感じでいいですなぁ(;゚∀゚)=3
後ほど並べた画像も出しますが、ビーストハンターズ版よりも
胴体と手足の色が近い系統になっていますね。

P2320109.jpgP2320112.jpg
顔周り。
相変わらず特徴をよく掴んだ顔してますが、若干アゴが短めですね。
そして、これでようやく国内版でもツノが赤いスタスクが…w
なお、目はクリアパーツ成形ではないので(っていうかこのスタスククリアパーツなし)、
集光ギミックはありません。

P2320115.jpg
腕。
今回変形がシンプルなため、腕も構造的にはスッキリシンプルに。
若干トゲトゲはしてますがw

P2320119.jpg
胴体。
下に機首が見えてるあたり、装甲追加されてますよーっという感じが
出ていて個人的に非常に好みですw

P2320122.jpg
背中。
尾翼は変形せず、そのままお尻のところに。
特徴的だった四枚羽根がなくなりましたが、代わりに?
背中からトンガリが斜め前方へ伸びるようになっています。

P2320125.jpg
脚部。
素のスタスクから若干刺々しいデザインになりました。
色が素の状態に近いので、ビーストハンターズ版よりは若干おとなしいですがw
足首のデザイン変更のお陰で踵が大きくなったため、
立たせた際の安定感はだいぶアップしてますね。

P2320128.jpg
付属武器の1、ミサイル。
ビークルの時は主翼にくっついていたものですね。
余談ですが、このミサイルの紫の塗装はビーストハンターズ版のそれと完全に一緒。
下地になっている成型色が赤系と青系で全然違ってますけどね。

P2320131.jpg
付属武器の2、ハンティングクロー。
ビーストハンターズ版ではサンダータロン、という名前でしたね。
先述の通りスタスクがプレダコン捕獲を狙っている設定になったためか、
捕獲に特化した武器であるような説明になっています。

P2320133.jpg
ハンティングクローは翼部分を押しこむことで
クロー部分が開閉するギミックが備わっています。
これでプレダコンを捕獲…若干クローが小さい気もしますがまぁ(゚ε゚)キニシナイw

P2320135.jpg
さらに、ハンティングクローの上部には先程のミサイルを取り付けることも可能。
スタスクの腕には5ミリ穴もありますから、腕にハンティングクローを取り付けて
さらにその上からミサイル装着、なんてことも可能です。

P2320138.jpg
さらにさらに、ハンティングクローは背中に背負うことも可能。
背中の穴は丸ではなく、クローの持ち手の方も引っ掛かりがあるため
背置う角度はある程度限定されますね。
接続部分がヘタレて変に歪んだりしないので、この仕様はなかなかナイス。

P2320071.jpgP2320074.jpg
ビークルモードでもハンディングクローは装備可能。
というか、パッケージ写真とか宣材画像は基本この状態ですねw
機体の下部、ロボ時の腕にあるミサイル取り付け用の突起を利用して固定します。
ちょっとシルエットがずんぐりしちゃいますが、機体下部とのフィット感はなかなかなので
これはこれで…w

P2320141.jpg
可動に関して。
リカラー品ですから、例によって元になっている
ビーストハンターズ版とだいたい同じ、で終わることは終わりますw

P2320144.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイントです。
変形の時に使うヒンジが固定されていないのですが、
ここは肩ごと内側へひねる関節だと考えるとこれはこれで便利。

P2320148.jpg
肩自体の可動範囲に関しては、
前後方向は無制限に回転可能ですが、背中の翼が干渉します。
横方向はほぼ水平まで腕が上げられますね。
一応腕と翼が干渉しますが、普通のポーズをとっている限りは特に問題はないですねw

P2320153.jpg
肘もボールジョイント。
90度程度の曲げ伸ばしが可能で、腕のロール軸は設けられていないので
腕のひねりもここで賄う形です。

P2320156.jpg
肩・肘とも、保持力は割りと強め。
ハンティングクローの重さに負けず、しっかり保持してやることが可能です。

P2320159.jpg
手首にはロール軸があります。
自前の武器が大きいですし、ポージングの際手首をひねって
武器の角度等々を調整できるのはやはり便利ですw

P2320162.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイントです。
前方向は水平やや上くらいまで、後方向は尾翼に当たるので60度くらい、
開脚方向は水平まで脚を上げられるようになっています。

P2320166.jpg
可動範囲的には十分な感じなんですが、
デザイン上真正面から見るとちょっとがに股気味に見えなくもないですね。
そこが残念といえば残念なポイントかもしれませんw

P2320169.jpg
太もも、というか膝の直ぐ上の部分にはロール軸があります。
ここで足をひねることが可能ですが、股関節の捻れる範囲もなにげに広いため
あまり使わなくても自然に脚をハの字にできちゃったり…w

P2320172.jpg
膝はクリック式の関節になっています。
30度程度の刻みで、130度くらいまで大きく曲げることができるようになっています。
クリック式になっていることもあり、保持力に関しては非常にしっかりしていますね。

P2320175.jpg
足首は爪先と踵それぞれが曲げ伸ばし可能。
つま先が真後ろを向くくらいまで曲げることが可能です。
踵が大きめなことも有り、きちんと立てた際の安定感はなかなか優秀、なんですが…

P2320188.jpg
ビーストハンターズ版と同様、足首パーツが妙に緩く、保持力が弱いです。
どうも足首パーツへのピン打ちの際に隙間が開いちゃっていて、それが原因のような…(;´∀`)
ペンチ状のもので足首のピン打ち部分をググっと挟んでピンを深く差し込み直し
&パーツの隙間を押し縮めてあげるだけで、結構変わりますよ。
ただし、その際には間に布か何か挟んであげないと足首パーツに傷がついちゃいますので要注意。

P2320192.jpg
首はボールジョイントです。
さらに、そのボールジョイント自体が前後方向にスイングできるようになっています。
周りに干渉するようなでっぱりがほぼないので、左右方向もスムーズに向けますし
上下もほぼ真上から真下まで向ける、と首の可動範囲は非常に広くなっていますね。

P2320195.jpg
胴体には可動軸なし。
変形時にボディ二つ折りにしますし、この構造では胴体ひねりはムリですね。
幸い他の部分がよく動きますから、十分ごまかしは効きますw

P2320200.jpg
と、全体的に素直な可動で遊びやすいつくりです。
ビーストハンターズ版に比べて関節の調整なんかもなされている感じですが、
足首に関してだけは相変わらず緩いですな…
わりと簡単に修正できるのが救いといえば救いですけどね(;´∀`)<接着剤で渋くする方法もアリ

P2320209.jpg
ビーストハンターズ版と@ビークル。
Go!版は全体の統一感を考えた配色といったところですかね。
色合い的に、BH版の方は地面との迷彩効果もありそうな…黄色のラインがアレですがw

P2320211.jpg
ビークル武器付きで。
BH版はクロー部分と本体の色が違う製か、えらく目立つ気がしますw

P2320213.jpg
ロボットモードでビーストハンターズ版と。
何か着込んでますよー、な感じはBH版のほうが強いですかね。
やはり顔と体の色が違うからでしょうかw

P2320215.jpg
どっちの色がいいか、は個人の好みがありますし一概には言えませんが、
私としてはGo!版は素の状態からそのままパワーアップした感じ、
BH版は強化バリエーション(ガンダムでいうところのMSVみたいな…)、なイメージになってますね。
どっちにしても増加装甲が付きました!なのは変わらないんですが…w

P2320217.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりハンタースタースクリームでした。
かつてビーストハンターズ版の宣材が公開された時は喧々諤々でしたが、
なんやかんやで非常に扱いやすい良いブツに仕上がっていると思います。
現時点では結構オススメ度合いの高いスタスクです、といってしまっていいでしょうねw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ケンザン
  • トランスフォーマーGo! ハンターオプティマスプライム
  • トランスフォーマーGo! ドラゴトロン
  • トランスフォーマーGo! ハンターショックウェーブ
  • トランスフォーマーGo! ハンターバンブルビー
  • トランスフォーマーGo! ハンターバルクヘッド
  • トランスフォーマーGo! ハンターホイルジャック
  • トランスフォーマーGo! ハンターサウンドウェーブ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  参乗合体  プライム  PRIME  BEASTHUNTERS  ディセプティコン  スタースクリーム  リカラー 


    Comments:4 

    Fネガ  

    No Title

    こんにちは~ 「Go!」DXクラス「スタースクリーム」のレビューお疲れ様です。
    このスタスクも海外版と比べて大きくカラーリングが変わりましたよね~
    こっちの方がむしろヒロイックな感じがしてカッコいいですな!(海外版の方も味があって好きですけどねw)
    これだけカラーが違うと本人の「増加装甲が付きました!」パワーアップ形態として遊ぶのも面白そうです!

    2013/04/29 (Mon) 16:07 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    試作品では角が赤ではなくなっていたので
    折角ツノが赤くなったのに余計な変更しやがって…と思ってはいましたが
    製品版ではちゃんと塗装されてたんですね

    ハンティングクローは故意か偶然かメタルスデプスチャージのこばんざめたろうっぽい色になったので
    TCCデプスチャージ辺りに持たせてもいいかも

    2013/04/29 (Mon) 16:32 | EDIT |   

    tagoal  

    狩stskれす

    >Fネガさん
    おもいっきりボディの色変えて来ましたよね~。
    どっちがいいかはまぁ、お好みしだいですがw

    >さすりゅ~さん
    そういえば、試作品は角って赤くなかったんですっけ…
    なんで国内版だけ!っとなるところでしたなw

    2013/05/02 (Thu) 13:57 | EDIT |   

    謎の男  

    相変わらず何故か劇中仕様のカラーではないものの、かなりクールでスタイリッシュなカラーリングになってると思います
    なんとなくスモークスクリーンに近い色使いかも?
    実物見ましたが、何気に手脚は前のボイジャースクリームと同じようなカラーなのに驚きました
    (別所でも使った文章ですみません)

    2013/05/05 (Sun) 20:56 | EDIT |   

    Leave a comment