またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

28
ゴールデンウィーク突入~…から一日たちましたねw
早速お出かけしたりお仕事したり(マテ、と皆さん満喫していることと思われます。
私もこの記事を描き上げた後、スーパーフェスティバルの方へちょろりと行こうかと…
いいブツをゲットできるといいんですがw

と、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーの新シリーズ、参乗合体トランスフォーマーGo!より
ハンターサウンドウェーブです。
P2310754.jpg
リンク先の皆さんたいてい番号の若い方から紹介されてるようですし…
うちではあえて番号の大きい方から遡っていきたいと思います(゚∀゚)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2310757.jpgP2310761.jpg
ということで、今回は新シリーズ・トランスフォーマーGo!よりハンターサウンドウェーブ
(以降略してサウンドウェーブと記載します)。
Go!は日本国内展開において海外のプライムシーズン3・ビーストハンターズに相当する…
位置づけになるであろう玩具シリーズですね。内容だいぶ違ってますがw
まず第一弾として、ビーストハンターズシリーズの色変え(一名は色じゃなくて名前のほうが…w)が
8体登場し、今回のサウンドウェーブはその1つになります。

P2310763.jpgP2310765.jpg
P2310770.jpgP2310777.jpg
ビークルモードでぐるっとひと回り。
モノとしては上述のとおり、ビーストハンターズ版のサウンドウェーブの色違い。
なんとなくG1サウンドウェーブぽい、ダークブルーとライトシルバー主体の成型色になっています。
そういえば、ビーストハンターズ系の特徴だったマーブルカラーもなくなっていますね。

P2310781.jpg
ところで今回のTFGo!、パッケージデザインはビーストハンターズのそれをベースにされています。
台紙表面のデザインがガラッと変えられているのでわかりづらいですが、側面・裏面のデザインや
ブリスターそれ自体の形状をみてみると、同じなのがわかります。
と、それはまーとくに問題はないんですが、問題はパッケージに使われている写真(;´∀`)
サウンドウェーブの写真だけ、なんでだかビーストハンターズ版のままなんですよねw
他の連中はちゃんと修正が入っているのに、なんでサウンドウェーブだけ…謎ですw

P2310797.jpg
パッケージ写真の件はしょうがないので置いておいて、ロボットモードへトランスフォーム。
主翼を根本から後方へ移動し、機体を先端から左右に真っ二つ。
機首の上半分は尾翼側へぐるっと折り曲げ、下半分は機首下にある
パーツと合わせて足首に変形させます。
さらに、機体中程の位置にある膝関節を折り曲げ、脚部の変形は完了。

P2310800.jpg
脚部ができたら立たせて、主翼を根本から胴体側へ折り曲げます。
さらにジョイントを外して伸ばし、裏側に折りたたまれていれるパーツを伸ばして腕に。
合わせて、胴体にくっついているお供のラヴィッジの脚を上向きに反転しておきます。

P2310803.jpg
エンジン部分のパーツを後方に開くと、スプリングで頭が飛び出してきます。
頭のあった部分にエンジンをたたんで背中パーツを閉じ、
あとは各部を調節してあげれば変形完了です。

P2310808.jpgP2310812.jpg
ロボットモード。
ビーストハンターズ版同様、リデコではありますがかなりのパーツが置き換わっているため
シルエットからしてAM版…というか無印プライム版とは結構違っていますね。
カラーも(ビーストハンターズ版ほどではないにせよ)ガラッと変わって、
印象の違いは相当なものですw

P2310816.jpgP2310820.jpg
P2310823.jpgP2310826.jpg
ぐるっとひと回り。
ビーストハンターズ版ではブルーとブルーグレーのツートンだった部分が
ダークブルーに統一されたので、割と落ち着いた感じに見えますね。
形状そのものはやっぱりトゲトゲなんですがw

P2310829.jpgP2310832.jpg
顔周り。
体の他の部分同様刺々しいデザインになってますね。
顔面の色も黒から赤になりました。
ビーストハンターズ版の黄色ほどではにないですが、良い感じの存在感を発揮しておりますね。

P2310835.jpg
腕。
プライム版から主翼の形状が変わっため、指の付いているパーツが
翼とツライチにはならなくなっています。
その関係で、手首の5ミリ穴が若干使いづらく…

P2310839.jpg
胴体。
ここはプライム版からそのままパーツが流用されています。
ただし、胸に収まっているお供がレーザービークからラヴィッジに変更されたため、
ぱっと見の形状は結構違って見えますね。

P2310848.jpg
背中。
ここも新造パーツですね。
尾翼が一枚増えてますし、胴体部分のディテールも
無印プライムのそれとは別物になっておりますよ。

P2310851.jpg
脚部。
ここも大部分が新造ですね。
足首の部分は流用なんですが、アームズマイクロン版ではかなり柔らかかった
軟質パーツがGo!版ではかなり硬い材質に変更。
かかとの安定感がかなりアップしておりますw

P2310853.jpg
付属武器のキャプチャーアンカー。
オールレンジ攻撃が可能で、敵の動きを封じ込めるそうです。
海外版のタロングラップルキャノンは捕まえた上で相手の情報を吸い取り、
しかるのちに握りつぶすというなかなかえぐい武器だったんですが
こちらは多少マイルドになってますなw

P2310855.jpg
キャプチャーアンカーはもちろんビークル時も装備可能。
こんな感じに上部に取り付けたり…

P2310857.jpg
アインハンダーな感じで下面に取り付けたりが可能です。
ただし、この状態にする場合はラヴィッジを外す必要がありますけどね。

P2310858.jpgP2310860.jpg
ここで一旦本体から離れて、胸に収まっているお供のラヴィッジへ。
ビークル時には地味ーに着陸脚の役割もしていたりw

P2310867.jpgP2310870.jpg
P2310873.jpgP2310876.jpg
ぐるっとひと回り。
ビーストハンターズ版では脚が黒くなったことで、より元ネタたるG1ラヴィッジ…
と言うかジャガーっぽくなってますね。

P2310878.jpg
前脚を背中側に回して後ろ足を広げると、合体形態に。
この状態で、サウンドウェーブの胸に収まります。

P2310881.jpg
ラヴィッジなしのサウンドウェーブ。
やっぱりちょっと胸元が寂しいですなw

P2310883.jpg
ビーストハンターズ版のラヴィッジと今回のラヴィッジ。
やっぱり、脚も黒いほうがそれらしくていいですなw

P2310888.jpg
プライムサウンドウェーブのお供たち。
ラヴィッジはともかく、レーザービークはパッと見だと特別つかないですな(;´∀`)
国内版はシール仕様ですからよく見ればわかりますけども…

P2310892.jpg
ラヴィッジの代わりにレーザービークを付けてみたり。
少し地味目になりますが、これはこれで悪くないですねw

P2310895.jpg
可動に関して。
色違いですから、ビーストハンターズ版と一緒といえばそうなんですけどねw

P2310899.jpg
まず腕回り、肩は前後回転が可能。
変形機構を使えば、肩部分を前後にひねることも可能です。
この部分を使って、腕を横に上げる形になりますね。

P2310902.jpg
肘に相当する部分はちょっと特殊ですね。
肩パーツとのつなぎがボールジョイントになっており、その下にロール軸。
更に下に90度程度曲げ伸ばしができる軸関節がある、という作りになっています。

P2310906.jpg
特殊な形状をしていますので若干動かし方には癖がありますが、
可動範囲自体はわりと広めですね。
ラヴィッジを腕に乗せたりもできますし、結構グリグリ動いてくれますよ。

P2310910.jpg
腕から直接指が生えている形のデザインなので、手首は動きません。
というか、動かしようがありませんw
主翼部分と手の甲に当たる部分にそれぞれ5ミリ穴があるので、
ここに武器等をくっつけてあげる形になります。

P2310914.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイントです。
前方はほぼ水平まで、後方は水平やや下まで脚が上がります。
開脚方向は左右それぞれ45度くらいまで脚を広げられますね。

P2310924.jpg
太ももにはロール軸が設けられています。
ただ、ふくらはぎパーツが大きく後方に張り出しているため、脚同士が非常に干渉しやすいです。
そのため、あまり動かせる範囲は広くないですね。

P2310929.jpg
膝は逆関節になっていまして、目一杯曲げた状態が基本。
ひざ上とひざ下で、それぞれ90度くらい曲がっています。
そこからまっすぐ伸ばした状態までのあいだで曲げ伸ばししてあげる感じです。

P2310934.jpg
足首はつま先・踵それぞれの曲げ伸ばしできるようになっています。
水平状態から脚と一直線になるくらいくらいまでは行けますね。
前述のとおり軟質素材でできている踵がAM版よりだいぶ固めなため、
立たせた際の安定感がかなりアップしていますよ。

P2310937.jpg
ただ、足首を横に曲げたりひねったりは出来ないため、
接地性はさほど良くはないですね。
股関節がそれほど動かない関係上、このくらいでも十分ではあったりしますがw

P2310938.jpg
首はボールジョイント接続です。
ただし、軸が斜め後方から頭に刺さっているため、横を向くとどうしても頭が斜めに…
素のサウンドウェーブの時からこうですから、さすがに変えようがないんでしょうけどね。

P2310943.jpg
プライムサウンドウェーブ系は、変形の仕組み上バネの力で
首に前方へ押し出される力がかかっているため、ラヴィッジorレーザービークがない状態だと
顔が前に出過ぎる傾向があるんですが…
今回のものはその辺調整されているのか、他のものほど顔が前に出て来ません。
その副作用か、変形の際の連動が若干鈍く(;´∀`)

P2310947.jpg
胴体は、腰が左右に回せるようになっています。
加えて、ほんのちょっとではありますが前方に体を曲げることもできますね。
このほんのちょっとの曲げで、猫背体型を再現しているというわけです。

P2310951.jpg
全体としては、下半身がちょっと可動域狭めですが、遊ぶ分には
そこまで不自由は感じないかな~、といったところですね。
体型が独特なので動きを把握するのに若干慣れがいるかもしれませんが…w

P2310956.jpg
基本的な構造は一緒ですから、他のプライム系サウンドウェーブをおもちの方なら
特に違和感なくブンドドできるんじゃないかと。
あ、見た目の違和感に関しては人によると思われますw

P2310958.jpg
ビーストハンターズ版と@ビークル。
Go!版は色が統一されたことでまとまり度合いアップな感じですね。

P2310960.jpg
AM版とRID版も加えて。
ビーストハンターズ&トランスフォーマーGo!版は主翼がかなり大きくなってるのがわかりますなー。
しかし色だけ見ると、実はGo!版が一番浮いてるんですね(;´∀`)

P2310963.jpg
ロボットモードでビーストハンターズ版と。
色が変わってる分、強化パーツつけてる感はビーストハンターズ版のほうが強いかもしれません。
Go!版は元からこうでした、的な感じも若干w

P2310965.jpg
可動に関しては前述のとおり、関節の固い緩いくらいの差ですな。
サウンドウェーブはどっちも割と関節しっかりしてますので、
関節の硬さもあんまり差はないんですけどねw

P2310968.jpg
サウンドウェーブ×4。
4体とも何かしら違いがありますな。
AM版とRID版は微妙な差ではありますがw

P2310971.jpg
基本は同じ型なので、当然ながら装備は互いに互換性ありです。
これだけいると、いろいろ入れ替えて遊んでみるのもまた一興ですねw

P2320008.jpgP2320013.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりハンターサウンドウェーブでした。
同じ形ではありますが、ビーストハンターズ版ともまた雰囲気が違ってていいですなw
こういうどっちもいいよね!状態になると、
一部コレクター(例:私)からするとつい両方集めたくなるのがちょっと怖い所ではありますなw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ケンザン
  • トランスフォーマーGo! ハンターオプティマスプライム
  • トランスフォーマーGo! ドラゴトロン
  • トランスフォーマーGo! ハンターショックウェーブ
  • トランスフォーマーGo! ハンターバンブルビー
  • トランスフォーマーGo! ハンターバルクヘッド
  • トランスフォーマーGo! ハンターホイルジャック
  • トランスフォーマーGo! ハンタースタースクリーム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  参乗合体  プライム  PRIME  BEASTHUNTERS  ディセプティコン  サウンドウェーブ  リデコ 


    Comments:5 

    さすりゅ~  

    No Title

    アニメ本編に出ないよ!って分かり切ったキャラやバリエーションは大幅に色変えて来ますよねー今回も

    AMの頃に出たゾリは4種類もバリエーションがあるので
    丁度今まで出たDXプライムサウンドウェーブに持たせられますね

    結局日本版でも海外版でもラヴィッジについて何一つ言及されなかったのが悲しい…

    2013/04/28 (Sun) 14:44 | EDIT |   

    生猫  

    No Title

    レビューお疲れ様です。

    フィギュア本体のデキは問題無いのですが、ブリスターが接着タイプに戻ってしまった・・・
    剥がして開けると汚く破けるし、カッターを使っても切り口がギザギザになるし・・・で以前のテープ止めのスライド式ブリスターに戻ってほしいです。

    商品自体は良い物なんですけどねw

    2013/04/28 (Sun) 14:47 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    結局、日本版ではビーストハンターズは展開しなさそうですね…
    Go!はOVA展開っぽいですが、どうなるんでしょうか

    日本版のハンター音波は、カラーリングがより音波らしくなりましたね
    武器の設定はただの拘束武器になってしまって弱体化しちゃってますがw
    まぁ、プライム音波は体術だけでも強キャラだったので、動きを止めて仕留めそうですが
    オールレンジ攻撃とか言われると機動戦士なアレの攻撃パターンを連想しますが、多分違いますよね

    Go!はドラゴトロン買おうかなと思っていたのですが、ジェネレーション枠のトリプルチェンジャーの方に完全に興味が移ってしまい、スペース&資金的にそちらを優先せざるを得ない状態に…
    某動画でアニメイテッド(原語版)見たらブリッツウィングのキャラ良すぎwww
    それにしても、今年は夏に買うもの多すぎ…

    失礼しました

    2013/04/28 (Sun) 22:03 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    おはようございます~ ハンターサウンドウェーブのレビューお疲れ様です!
    配色がかなりG1サウンドウェーブに近くなった「Go!」版サウンドウェーブの国庫良さが際立ってますな~
    海外版との塗装違いがハッキリしていて上手く差別化が図られていますしどっちかのサウンドウェーブををパワーアップの前後みたいな感じで遊んでもいいかも

    2013/04/29 (Mon) 10:11 | EDIT |   

    tagoal  

    狩音波れす

    >さすりゅ~さん
    そういえばゾリは4つありますなー…持たせればよかったw
    ラヴィッジは…なんでこんなに毎回忘れられているのか…(´;ω;`)ウッ…

    >生猫さん
    糊付けになったのもそうですが、デラックスクラスのものだけなんでだか
    針金固定に戻ってますよね…なんで急に取り出しにくい仕様にw
    んでブリスターの切り離しですが、私はデザインナイフを寝かしてすいーっと切り開いてます。
    慣れると結構綺麗に取れますよw

    >Aqunessさん
    Go!はもう実写におけるオフスクリーンシリーズみたいなもんだと認識しております。
    オールスパークパワーとかあのへんw
    もともと、プライム音波は剣闘士時代のメガトロンと唯一互角に戦えた…とか
    そんな設定もありますし、武器はそんなに強くなくても平気なんでしょうw
    オールレンジ攻撃に関してはガンダムのアレでいいと思いますよ。
    Sガンダムあたり、オールレンジ兵器が一個っきりだったりしますしw
    トリプルチェンジャーも手元に確保済みですが、さあいつ紹介しましょうか…w

    >Fネガさん
    一気にG1っぽい色になってますよねー。
    形がぜんぜん違うのでアレですがw
    パワーアップ時に色が濃くなるのは結構ありますし、そういう見立てもよさそうですねw

    2013/05/02 (Thu) 13:45 | EDIT |   

    Leave a comment