またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

22
ヤフブロの出張所の方でも書いたりTwitterの方でもふれたりしておりましたが、
ただいま撮影ブースをごっそり組み換え中です。
フォートレスみたいな大物にも対応できるように、主に高さをアップ。
あわせて照明を調節中なのですが…毎度のことながら、なかなか決まりませんな(;´∀`)ナカナカ…

そんなわけで、照明の調整度合確認も兼ねて今回のネタへ。
トランスフォーマージェネレーションズより、キックバックです。
P2310148.jpg
紫は調整が厄介ですが、こういう時の実験台には向いておるのです。
紫が綺麗に出れば大抵他の色もちゃんと出てますからね
…というだけの理由で今回引っ張り出して来ました(マテ

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2310154.jpgP2310157.jpg
ということで、今回はトランスフォーマージェネレーションズよりキックバック。
以前海外版を紹介しましたが、今回は国内版です。

P2310159.jpgP2310163.jpg
P2310166.jpgP2310169.jpg
ビークル…ではなくインセクトモードでぐるっとひと回り。
バッタとかイナゴっぽいメカ虫ですね。
紫色部分の成型色がメタリックになっているので、海外版よりさらにメカメカしい感じが。

P2310173.jpg
国内版で特徴的に変わったところといえば、頭ですね。
目に当たる部分は海外版でもモールドだけはあったのですが、国内版になって初めて塗装されました。
これによって、虫の顔立ちがだいぶわかりやすくなってますね。

P2310183.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
まず前準備として、翅のクリアパーツは外しておきます。
後肢先端のロボ足首を180度反転、さらに後ろ脚全体を押し縮めつつ太ももを180度回して脚部に。
その後、前肢・中肢パーツを上に持ち上げ、足パーツをまるごと頭側へ移動。
この際、ロボットの股関節部分を反転させて脚部が胴体の外向きにある状態にしておきます。
ある程度脚を広げたら、虫の腹を左右に割って腕にする準備を開始。

P2310186.jpg
ロボ腕は真横辺りまで一旦広げた状態でストップ。
その状態で、虫の頭から背中にかけてのパーツをぐるっと腕のあった位置へ回転させます。
ロボ腕パーツを付け根から反転させて肩アーマーがちゃんと真上をむくようにしつつ、
頭を前後に開き、あご部分は背中へ。残った部分は触覚を立て、反転させてロボ頭にします。

P2310189.jpg
ロボ脚部パーツを中央に寄せて、虫の背中部分だったパーツで固定。
虫背中パーツ上部のガワを左右に開き、胴体部分は完成です。
あとは腕パーツを下へ向け、前腕にくっついている装甲を肘よりにスライド。
背中のアームを適度にたたみ、各部を調節すれば出来上がりです。

P2310192.jpgP2310195.jpg
ロボットモード。
海外版から色々とカラーリングが変わり、だいぶ豪華な見た目に…w

P2310202.jpgP2310205.jpg
P2310208.jpgP2310211.jpg
ぐるっとひと回り。
このトゲトゲっぷりがステキです(゚∀゚)
しかし、相変わらず背中の虫前・中肢の位置がはっきり定まりません…(;´∀`)
胸の装甲はちゃんと左右に開くよう、説明書に記載が増えてたんですけどね。

P2310215.jpgP2310218.jpg
顔周り…ちょっと写真引きすぎましたね(;´∀`)
形状自体はもちろん海外版と同じですが、顔面部分の塗装部分とと成型色部分が逆転しています。
海外版では銀色部分が成型色でしたが、国内版は塗装になってますね。
また、目が赤く塗られたことで集光ギミックが機能しなくなっています。
…といっても、海外版もクリアパーツの色が濃すぎてほぼ死んでましたけどね、集光ギミック(;´∀`)


P2310221.jpg
腕周り。
肩の色が紫からガンメタルになり、腕の塗装が増えたあたりが海外版との違いですね。
黄色い部分も、海外版のゴールドからちょっとくすんだメタリックイエローに変更されています。

P2310224.jpg
胴回り。
上で少し触れましたが、胸の左右の装甲は国内版になって初めて
V字に開くよう指示が追加されました。…どう考えても最初からこうする物だったと思いますけどねw
また、ここも塗装パターンが変化。黄色い部分が広くなり、ピンク色も追加されています。
ちなみに、黄色がくすんで見えるのは撮影ミス等ではなく、ほんとにこんな色なんです(;´∀`)
最初下地が透けてるのかな~?とも思ったんですが、角も同じ色してますしね…w

P2310226.jpg
背中。
やはりこの二本のアームが特徴的ですね。
虫の時の前&中肢部分もここにあるわけですが、ガンメタル部分の
色が濃くなった関係で若干目立ちにくくなっているかも。

P2310231.jpg
脚部。
海外版から、太ももとひざ下に塗装が増えていますね。
それにしても、虫の後ろ肢からほんと綺麗にロボ足に化けるもんですなw

P2310234.jpg
変形時に取り外した翅のクリアパーツは、双剣として手に持たせることが可能。
…なんですが、ちょっと手がゆるめでいまいち安定感が…
海外版の翅をもたせると多少マシなので、手が緩いだけでなく武器の軸も若干細いんでしょうね。

P2310237.jpg
付属の武器その二、大型のディスクシューター。
銃身上部にある銀色部分を先端側に押し出すことで、収まっているディスクを発射可能です。
が、威力はちょっと弱め。10センチも飛びません(;´∀`)

P2310239.jpg
剣とディスクシューターは組み合わせてひとつの武器にすることが可能。
多分、この状態をさしてギアシュレッダー…と言うんだと思います(;´∀`)
すごくハッタリは効くんですが、さすがにちょっと取り回しがよろしくなくなってしまいますね。

P2310241.jpg
インセクトモードで武器装備。
剣は翅になっているのでつかえませんが、その翅の上部にあるフックへ
引っ掛けてあげる事で、翅の上にディスクシューターを固定できるようになっています。
これ、海外版でも同様にできるんですが…例によって一切記載がなかったというw
あとは、後ろ肢の付け根にも取り付け可能ですよ。

P2310243.jpg
可動に関して。
海外版同様、若干の引っ掛かりはあるものの
概ね良い感じに動いてくれる作りになっておりますよ。

P2310246.jpg
まず腕回り、肩はボールジョイントです。
前後方向への回転と若干のひねりが可能ですが、横方向は腕パーツと肩パーツが
ぶつかるため、水平より30度ばかり下くらいまでが腕の上がる限界ですね。

P2310249.jpg
ただし、肩関節は変形機構を使えば大きく上方向へスイングが可能。
頭と肩がぶつかるので完全に真上までは上げられませんが、
肩を前後に回すことなくバンザイが可能ですw

P2310253.jpg
腕を上げる際には背中のアームが邪魔になるので、都度避けて上げる必要はありますね。
このアームも付け根がボールジョイント、中程に90度強曲がる関節があるので
十分に動かしてあげることが可能です。
ハサミ部分も動いてくれるとなお良い感じだったんではないかと思いますが…
まーしょうがないですなw

P2310257.jpg
さて、腕の方に話を戻しまして。
上腕部分には定番のロール軸がないのですが、代わりに肘がボールジョイント。
ここで左右にひねれるので、ロール軸の代わりは十分に果たせておりますなw

P2310264.jpg
肘の曲げ伸ばしの方に関しては、だいたい90度強くらいの範囲で曲げ伸ばし可能です。
可動範囲的には十分いい動きぶりといっていいでしょうw

P2310270.jpg
ただ、前腕部分に大きな装甲(というか、虫状態の時の腹になるパーツ)があり、かつ
胴体の方にも肢やアームがあるので、ポージングの際は互いに干渉してしまいやすいですね。
幸い、どのパーツもある程度動くので都度避けてあげればいいだけですがw

P2310274.jpg
手首は横ロールが可能。
肩・肘と合わせて、かなり柔軟にポーズを付けることが可能ですね。
ただ、武器の所でもふれましたとおりちょっと持ち手としてはゆるめなのが気になるところ。
もっとも、このへんは個体差もあるので一概には言えませんが…

P2310278.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイントです。
前後方向はじゃまになるものがないので、踵落しできるくらい高くまで足が上がるんですが、
開脚方向に関しては腰のパーツが干渉するため45度~60度くらいまで開くのがせいいっぱいですね。

P2310282.jpg
太もも部分にはロール軸有り。
こちらは定番通り、と言った感じですねw
股関節のボールジョイントもある程度捻れるので、合わせて自然に足をハの字に出来ますよ。

P2310289.jpg
膝は90度強曲げることが可能です。
曲げる際、きちんと脚を握っていないとニョキッと虫状態に変形してしまうことがあります。
動かす際は要注意…というほどのことでもないですかねw

P2310292.jpg
足首はボールジョイント接続。
前後左右への曲げ伸ばしが可能なほか、
変形の都合かジョイントの基部自体が前後方向へ曲げ伸ばし可能です。

P2310295.jpg
とはいえ、基部の曲げ伸ばしに関してはかかと周りが干渉することもあり、
後方へは気持ち程度。
前方へは大きく曲がるんですが、あまり使い道はなかったりします(;´∀`)

P2310298.jpg
ともあれ、足首の可動範囲はかなり広く、かつ足首自体も大きめ、
かかともしっかり造形されているので接地性に関してはかなり優秀。
うえのほうで踵落としできるくらい脚が上がる、と書きましたが、
踵落とし状態のまま片足立ちも十分可能ですw

P2310301.jpg
首はボールジョイント接続。
…ではあるんですが、ジョイントの刺さっている部分が後頭部上側に寄っています。
そのため、若干動きに癖がありますね。

P2310304.jpg
具体的には、左右方向は一応横回転可能。
肩に引っかかるので、そこは顎を上げてやる必要がありますが…
とりあえず横を向くぶんには、さほど支障はないですね。

P2310306.jpg
上下方向に関しては、45度くらい上までは視線を向けられますね。
下方向に関しては、直ぐアゴとのどがぶつかるのでそれほどは動かせません。

P2310310.jpg
胴体には可動部分なし。
胴体を縦に割って反転させる変形ですし、
これで胴体に回転軸を入れろというのはさすがに厳しいですなw
例によって手足の動きでだいぶごまかしは効きますし、
それほど気にしなくてもいいかなーという程度ではありますねw

P2310319.jpg
と、微妙にクセのある部分もあることはありますが、概ねよく動いてくれると思います。
手がゆるめなのは気になりますが、勝手に武器がずり落ちる、というほどではありませんし…
最悪、接着剤でも塗って補強してあげればおkですw

P2310322.jpg
海外版と@インセクトモード。
紫部分がメタリックに変わっているのがパッと見での一番の違いですが、
その他の部分も結構色が違ってますね。

P2310324.jpg
ロボットモードで海外版と。
この状態で一番目立つ違いは、やはり肩の色と金色→黄色ですかね。
その他の部分も、シルバーのパーツは暗い色に、ガンメタルの部分は明るめに…と
全体的に色が違っていたりします。

P2310327.jpg
また、クリアパーツも色が若干違っていたり。
国内版のほうが幾分薄い紫になっています。
ぱっと見だとわかりづらいんですが、明かりに透かしてみたりすると一目瞭然。
…いちいち光に当ててみるのが面倒といえば面倒ですがw

P2310335.jpg
以上、トランスフォーマージェネレーションズよりキックバックでした。
メタリックパープルが割とデジカメ殺しですが、遊ぶ分にはそんなの関係ねえ!ということでw
海外版との差別化もかなりはっきりしてますし、これはいいものだと思いますよ(゚∀゚)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマージェネレーションズ ラットバット
  • トランスフォーマージェネレーションズ ブラスター&スチールジョー
  • トランスフォーマージェネレーションズ スカイワープ
  • トランスフォーマージェネレーションズ エアレイド
  • トランスフォーマージェネレーションズ スタースクリーム
  • トランスフォーマージェネレーションズ サウンドブラスター
  • トランスフォーマージェネレーションズ サウンドウェーブ
  • トランスフォーマージェネレーションズ サイドスワイプ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマージェネレーションズ

     タグ: トランスフォーマー  ジェネレーションズ  FallOfCYBERTRON  ディセプティコン  キックバック  リカラー 


    Comments:3 

    かーばた  

    No Title

    おひさしぶりです。

    ウチのヘボい写真と違って、実に綺麗に製品の色が
    再現できてるなぁと思います。
    まぁ私の場合、腕もカメラも撮影環境や照明もダメなので
    比較するのもおこがましい話ですがw

    それはさておき、一応FoCのゲームの中で言えば、
    剣が付いてない状態と同じ形状でギアシュレッダーという武器がありますが
    まぁ日本では発売されていないゲームの話ですので、どこまで設定が同じが
    よく分からないんですよねw

    スタスクのときは明らかにゲーム内の別の武器の名前を持ってきていましたしw
    ブルーティカスの面々のときはG1の武器名を持ってきたりしてましたし。
    カラーリングはゲームに忠実に、武器は良いとこどり、といった感じなのかもですね。

    キックバックは海外と国内両方買っておいて良かったと思うくらいに
    出来が良いと思いますねぇ。
    キックバック型のインセクティコンはゲームでワラワラと湧いてくるので
    ウチでは片方を雑魚として扱っていますw

    2013/04/23 (Tue) 01:46 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    おはようございます~ TFジェネレーションズ「キックバック」のレビューお疲れ様です!
    このキックバックは海外版と国内版を比べてのカラーリングの差別化がはっきりしていてさらにメタリック調の色彩が加わっていてカッコいいですなあ~
    私はこれを「キックバック」のオリジナル本体で海外版を「クローンアーミー」にして遊んでおりますw
    さらにビーハンサイババで「ハードシェル」を加わりますし他のメンバーも商品化を期待したいですね

    2013/04/23 (Tue) 11:57 | EDIT |   

    tagoal  

    蟲れす

    >かーばたさん
    いやー、うちもまだまだ思ったような絵にならずに四苦八苦することばっかりで…
    画像を見る環境によっても全然違ってきますし、理想的な絵までの道は遠いですなホント(;´∀`)
    ほうほう、ゲーム中だとディスクランチャー状態でギアシュレッダーなんですな…
    玩具独自設定状態ですし、もうなーんとなく…にしておくのが無難なのかもですねw
    かたほう雑魚扱い…つまりどっちかを複数買ってこ(マテ

    >Fネガさん
    おんなじように見えて、結構差別化してくれてますので海外版と両方買ってもお得感がありますねw
    そしてやっぱり片方をザコ設定w
    同型色違いは指揮官、ってーのは鉄板ではありますなw

    2013/05/02 (Thu) 12:22 | EDIT |   

    Leave a comment


    Trackbacks:1 

    Click to send a trackback(FC2 User)
    この記事へのトラックバック
    •  部屋中ひっくり返しております
    • 部屋の大掃除?も兼ねて、撮影ブースを組み立てなおし。 一応、フォートレスマキシマスの箱が収まる程度にはなりました。 …見た目だけはw 強引に作ったせいで一部宙に浮いちゃ
    • 2013.04.23 (Tue) 00:10 | またーりといくよ。Yahoo出張所