またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

15
なんか…なんか週末からFC2のサーバが重いとです…('A`)
それもブログの管理サーバだけ、なかなか繋がらない感じですね。
ブログ自体を表示するぶんにはあまり支障がないっぽいのがせめてもの救いですかね(;´Д`)

と、もっと頑張ってFC2…とぼやきつつ今回のネタへ。
トランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりドレッドウイングです。
P2300651.jpg
いやほんと、サーバーのほうで問題起こると厄介ですなぁ('A`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2300658.jpgP2300662.jpg
ということで、今回はトランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりドレッドウイング。
本編ではシーズン2の終わりにメガトロンによって粛清されたため、シーズン3である
ビーストハンターズ本編のほうには出ていないんですが…
玩具展開のほうでは何事もなかったかのように完全新規造形で
(デラックスクラスに縮んじゃいましたが…)登場です。
(;´∀`)<まぁ、実写系でも玩具展開ではジャズ復活したりしてますしな…

P2300664.jpgP2300668.jpg
P2300671.jpgP2300674.jpg
ビークルでぐるっと。
基本になっている戦闘機のデザインそのものは以前と変わっていないんですが、
後方にはみ出た足や機首に追加で装備された感じの装甲の形状により、
若干鳥っぽい感じになっていますね。
なお、機首から出ているランディングギアはきちんと収納可能ですよ。

P2300677.jpg
ところで、毎度おなじみの説明書のストーリーですが。
メガトロン行方不明の責任を被せられかけたスタースクリームの話の続きになっています。
ドレッドウイングは、長いこと彼の目から逃れていた臆病者、スタースクリームを発見。
その隠れ家に突入する際、激しい戦闘を予想していましたが、
武器を下ろして投降してきたスタースクリームを見て驚きます。
「聞いてくれ!」スタースクリームが言うには、「これまでメガトロンがいなくなった時、
自分が逃げ出したことがあったか?もしメガトロンが動けなくなっているのなら、
真っ先にディセプティコンの指揮権を奪うだろう。それが運命であるかのように!」
ドレッドウイングは直ぐにでもスタースクリームを撃ちたいところでしたが、今回は
彼が嘘をついていないと判断し、他のディセプティコンたちに指示します。
「メガトロンを捜索せよ。彼を見つけ、連れ戻すのだ」と。
スタスクが自分でメガトロン殺ったなら、間違いなくデ軍乗っ取ってるよ!→
それしなかったってことは、今回の件はスタスクの意志によるものじゃないんだよ!
ってことで納得されるスタスク…変な方向で信用されてますなw

P2300688.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
機体下部にある脚部をいったん機首側へ振り出し、腰から胴体にかけてのパーツを
一回引き起こし→脚部が尾翼側へ向くように反転。
その状態で機首側にスライドさせつつ、ちょうど機体の中央あたりで機体と再ジョイントします。

P2300692.jpg
機首側面のグレーのパーツを左右に開き、機首そのものは折りたたんで
胴体パーツにあるV字のへこみ部分へ。
あわせて、主翼にくっついている腕を外し、下方へ伸ばして可動できるようにしてやります。

P2300695.jpg
最後に主翼を左右それぞれ三分割し、上向きに持ち上げてあげます。
さらに主翼部分を少し後方に向けて、あとは各部分を調節してあげれば出来上がり。

P2300699.jpgP2300702.jpg
ロボットモード。
背中にぶわーっと広がった翼パーツが特徴的ですな~。
孔雀の尾羽というか、某ネオジャパン代表MFのハイパーモードというか(マテ

P2300705.jpgP2300708.jpg
P2300711.jpgP2300714.jpg
ぐるっと一回り。
背中の羽根以外はそんなに無印版からデザイン変わっていない…?と思いきや、
地味ーに各所に追加装備的なディテールが加わってますね。

P2300722.jpgP2300727.jpg
顔回り。
若干デザインが変わっているような気がしないでもないかなー?という感じですね。
何気に、無印版では塗られていなかった眉毛?部分が黄色くなっておりますよ。
なんか眉毛というより兜のくわがたみたいな感じになってますがw

P2300729.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミックも装備されています。
色が濃い目&パーツ自体が小さめなので、光りっぷりはちょっと控えめ。

P2300739.jpg
腕。
無印版より、肩アーマーが大型化してますね。
形状自体はおおむね無印版に準じている感じですが、塗装パターンも若干違っています。

P2300743.jpg
胴回り。
素の状態に、黄色い追加装甲が付いた感じですかね。
変形機構自体は大分変わっていますが、雰囲気自体は割と近い感じかも。

P2300745.jpg
背中。
主翼が分割、上方に広がっています。
背中側はグレーのマーブル成形で割と渋めなんですが、
腹側に関しては黄色で塗装されてなかなかに派手ですw

P2300750.jpg
脚部。
足首が鈎爪状に変化していますね。
この足やビークルの機首、背中の羽根等々から、ビーストハンターズ版の
ドレッドウイングは鳥のイメージが仕込まれているような感じを受けますね。

P2300752.jpg
付属武器の1、ドレッドアサルトキャノン。
古代から伝わる武器の一つで、放射線により装甲を通過して
回路に直接ダメージを与える…という武器だそうです。
紫色の部分がミサイルになっており、スプリングで発射できるようになっていますよ。


P2300754.jpg
そしてもうひとつの武器、斧。
投げつけることで、相手の装甲をズタズタに引き裂けるように設計された、
波打つ刃を持つ斧です。

P2300756.jpg
さらに斧と銃は合体可能。
正確には、この状態をドレッドアサルトキャノンと称する感じですね。
あんまりキャノンという感じではなくなってますがw


P2300758.jpg
そしてもちろん、武器はビークル状態でも装備が可能。
実はキャノン用のミサイルは2本ついてまして…
ビークル時に主翼に取り付けるときのみ、余剰無く使いきれるようになっています。

P2300760.jpg
ちなみに、ビークル時に装備する場合は斧をこんな感じで
機体下部の穴に差し込んで固定します。
かなり差し込みにくいので、折ったりしないように要注意ですな。

P2300768.jpg
可動に関して。
見た目(というか背中の羽根)が若干独特ではありますが、
手足の構造自体は割とオーソドックスだったりしますw

P2300771.jpg
まずは腕周り、肩はボールジョイント接続。
肩アーマーがあるため、前後方向は上方斜め上60度くらいが限界ですね。
横方向はほぼ水平まで腕が上がりますが、ちょっと肩アーマーが浮き上がります。
気にするほどのものではないですけどねw

P2300775.jpg
上腕部分…正確には肘の直上になりますが、ロール軸もしっかりあります。
肩のボールジョイントも結構大きくひねれるようになっているんですが、
やはりロール軸があった方がひねりは入れやすいですな。

P2300779.jpg
肘部分は90度曲げられます。
軽くですがクリックが入っていまして、だいたい25度程度の間隔でクリックが入りますね。
クリックの山が低いので、割と半端な所で止めたりもできますが…w
また、左右共通の部品になっているためか、両腕とも真後ろ方向にも90度曲がりますw

P2300783.jpg
手首は固定。
その代わり…にはなっていないですが、変形の都合で前腕部分(の中身)が体の内側に曲げられます。
ただし、曲がる部分が前腕の真ん中あたりなので、曲げすぎるとちょっと気持ち悪いですw

P2300790.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続になっています。
開脚方向はほぼ真横まで行けるんですが、前後方向は腰パーツと
お尻部分に残っているビークルの主翼パーツの一部に引っかかってしまいますね。

P2300793.jpg
具体的には、前方向は水平から30度くらい下、後方は45度くらいが限界です。
これでも立った状態でのポーズには支障ないんですが、膝の位置の関係もあって
立て膝はちょっと無理っぽいですね。

P2300796.jpg
脚部にもロール軸は完備されておりますが、いつもの(?)太ももではなく、
膝のすぐ上の部分が回るようになっています。
股関節のボールジョイントのひねれる範囲もかなり大きいので、実は膝部分は使わなくても
割と自然に足をハの字にできたり…w

P2300800.jpg
膝は90度曲げることが可能です。
上述のとおり膝関節のすぐ上で膝がひねれるため、
若干不思議な姿勢も取れたりしますねw

P2300803.jpg
足首はボールジョイント接続。
前後左右各方向への角度調節が可能です。
特に変形の都合から後方への曲げ伸ばしが得意で、脚と一直線になるまで伸ばすことができますよ。

P2300806.jpg
方向を問わずある程度の曲げ伸ばしができるため、ポージング時の接地性は抜群。
かなり強引な姿勢でも、きちんと足の裏を地面につけることができますよ。

P2300809.jpg
ただし、踵がそんなに大きいわけではないので、あまりふんぞり返らせすぎるとさすがにコケますw
やはり羽根の分(ほんの少しですが)後方上よりに重心よってますし、そこは気を付けないとですね。

P2300812.jpg
首は左右回転のみ。
うちのものは最初塗料でも癒着していたのか、まるっきり回ってくれませんでした(;´∀`)
頑張ってぐりぐりやってたらある程度はスムーズに回るようになりましたが…w

P2300816.jpg
また、頭の後ろのパーツに干渉するため、具体的には左右60度くらいまでを向くのが精いっぱい。
上下方向には完全に動かないので、ここがもうちょっと可動範囲広ければなおいい感じでしたね。

P2300819.jpg
胴体は可動部位なし。
変形パターン的に、どうやっても横捻りとかは入れられない構造ではありますが…
この手のタイプの常として、手足がよく動いてくれるため割と胴体部分のごまかしは利きますw

P2300822.jpg
と、おおむね標準的な可動範囲といっていい動きっぷりですね。
足首周りはかなり優秀ですし、変形機構を使った前腕曲げも使いようによっては
面白いポーズが取れたりしますよw

P2300830.jpg
動かす際に気を付けるべきポイントとしては、背中の羽根ですね。
ここ、変形の際にちょっとだけ後方に向けて斜めにするんですが、動かしているとすぐ手にあたって
真っすぐに戻ってしまいます。

P2300840.jpg
片一方だけ真っすぐ、といった状態になるとやはり微妙に変な感じになるので、
ポージングの際はやはり一応要注意ですね。
もういっそ開き直って、両方まっすぐにしちゃうという手もありますがw

P2300685.jpg
無印(AM)版のドレッドウイングと@ビークル。
ビーストハンターズ版はデラックスクラスに縮んでしまってますので、大きさは二回りほど小ぶりに。
さらに後方に手を足がはみ出ていますが、今回の場合は生物っぽさを出す意図で
わざと見えるようにはみ出させているような…?

P2300844.jpg
ロボットモードで素ドレッドウイングと。
上述のとおり一つ小さいクラスになってますから、体はだいぶ小さくなっています。
ただ、羽根があるので全高自体はむしろ高くなっていたりして。
また、(劇中に似ているかはおいておいて)本体部分のバランスもビーストハンターズ版の方が
よくなっているような気もしないではないですね。

P2300848.jpg
可動に関しては、そもそものつくりが変わっているので比較してもあまり意味はないんですが…
腕周りと首は素バージョン、下半身はビーストハンターズ版の方が扱いやすい感じですね。
とはいっても「強いてどっちかといえば…」レベルの話で、各々いい感じに動いてはくれますw

P2300854.jpg
以上、トランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりドレッドウイングでした。
小さくはなりましたが、なかなかいい感じの出来のブツですね。
TVではすでにご臨終済みで、まず出てきそうにないのが残念です(;´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ノックアウト(KNOCKOUT)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ アーシー(ARCEE)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ウルトラマグナス(ULTRA MAGNUS)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ グリムウイング(GRIMWING)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ラチェット(AUTOBOT RATCHET)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ スカイストーカー(SKYSTALKER)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ショックウェーブ(SHOCKWAVE)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ スモークスクリーン(SMOKESCREEN)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーPRIME/BEAST HUNTERS

     タグ: トランスフォーマー  プライム  PRIME  海外  BEASTHUNTERS  ディセプティコン  ドレッドウイング 


    Comments:5 

    さすりゅ~  

    No Title

    アニメではスタスクに弟をテラーコンにされた事を知ってからと言うものの殺意しかなかった感じでしたが
    ビーストハンターズ世界ではある程度話が通じる仲になってるのが不思議だ
    もしやこの世界ではドレッドウイングはおろかスカイクエイクも健在で
    後々このドレッドウイングのリカラーで出すつもりなんだろうか
    どうせ出すならRIDスカイクエイクを再販してくれた方が嬉しいけど

    デザインは違えど銃剣はRID/AMドレッドウイングに持たせても似合いそうですね
    合体用の斧は劇中とデザイン違っててもいいから剣がよかったなぁ

    2013/04/15 (Mon) 22:56 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ ビーストハンターズ ドレッドウイングのレビューお疲れ様です。
    AMドレッドウイングと比べて若干サイズダウンしたというもののこのビーハン版「ドレッドウイング」は可動と変形のバランスが絶妙な感じですごく良いですな!
    何といってもこの翼の可動がこのビーハンドレッドウイングの特徴と言ってもいいくらいの見た目のインパクトが大きいですし新武器のギミックもなかなか面白いです。

    2013/04/15 (Mon) 23:20 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    ビークル形態に鳥の意匠が加わったことで、何だか遊戯王に出てきた「幻獣機」ってシリーズのモンスターっぽくも見えます
    武器の斧は形状的にシザーストームの頭にも見えますね
    黄色一色なせいですごくチープに見えるのが残念ですけど
    それにしても斬りつけるんじゃなくて投げつけるのか…

    シーズン2でのドレッドウィングの死因、微妙に腑に落ちないんですよね
    メガ様に胸部を撃ち抜かれて死んでますが、あの時のメガ様は右腕をプライムに換装済み=フュージョンカノンなしです
    しかも、何か手持ち武器も持っていた様子もないし、ビーコンも引き連れてなかったし…
    これが作画ミスか(何か違

    失礼しました

    2013/04/21 (Sun) 11:43 | EDIT |   

    tagoal  

    死んだはずだよドレッドさんレス

    >さすりゅ~さん
    スカイクエイクの件はそれはそれとして処理できる様になったちょっと大人のドレッドウイングなのか、
    もしくは例のクローン技術で生まれた別ドレッドウイングなのか…w
    ともあれ、プライム本編の彼とはちょっと違ってますなw
    武器に関しては、下のまんまじゃさすがに本体に負けますからなぁ…派手にして正解じゃないかとw

    >Fネガさん
    そう、ちっちゃくはなりましたが全体のバランスは良くなってるのですよこの人!
    背中の羽は好き嫌い分かれそうな気もしますし、武器の合体は案外シンプルだったりしますが
    まー見栄えするのでいいのですw

    >Aqunessさん
    遊戯王はジャンプで連載してたぶんしか知らないんですが、ぐぐってみてなるほど納得w
    斧は説明上は投げつける、ってなってますが、
    多分普通に切りつけたりもできなくはないんじゃないかなぁ…と(;´∀`)
    シーズン2のドレッドウイングの腹の穴はアレですよ、えぐるようなコークスクリューパンチをですね…(マテ

    2013/04/21 (Sun) 16:13 | EDIT |   

    ALCaDEUS  

    No Title

    某ニンジャ戦士なロボットアニメの空担当に、
    どことなくシルエットが似ていますね。
    あっちは赤色でしたけど…。

    2013/04/30 (Tue) 19:00 | EDIT |   

    Leave a comment