またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

04
年度替わって、4月ですな~。
今年度は始まる前日から風邪ひいて熱と頭痛で朦朧としながら異動先の職場で
段ボール開封作業、という実にアレな幕開けでした('A`)<休もうにも新しい連絡先把握してなくて…
早いところ完治させたいところですが、私花粉症もちでもあるのでなんかもう治ったんだかなんなんだかw

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマージェネレーションズより、スタースクリームです。
P2290431.jpg
ジェネレーションズもちょっとずつ消化していかんとですなw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2290434.jpgP2290437.jpg
ということで、今回はトランスフォーマージェネレーションズよりスタースクリーム。
ゲーム「Fall Of Cybertron」版のデザインになりまして、
以前海外GENERATIONS版を紹介しておりますね。
日本では今のところゲームの発売予定はないので、実質的に玩具オリジナル状態。

P2290440.jpgP2290444.jpg
P2290447.jpgP2290450.jpg
ぐるっと一回り。
SFデザインの戦闘機ですね。
初代アニメに登場したジェットロンたちがセーバートロン星で変形していた
三角形の飛行機や、ギャラクシーフォース版スタースクリームのビークルモード
(これもG1の三角飛行機イメージしてますけどさw)の面影が感じられます。

P2290454.jpg
ただ、個人的にはこう…
一昔前、ドット絵全盛期のSTGのプレイヤー機的な印象が(;´∀`)
ほら、雷電とかあっち系のw

P2290461.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
エンジン部分と本体の間のジョイントを外し、コクピット下あたりを軸にぐるっと前方へ反転。
機首の先端をたたみ、機首と両エンジンにつながるパーツを密着させます。
その後エンジンノズルからつま先パーツを引き出し、脚部の変形は終わり。

P2290464.jpg
機体内部、エンジンの間にあるロボ腕を伸ばし、肩部分をボディーの外に出します。
この時、主翼はちょっと持ち上げてビークル時の上側に反るような感じに。
さらに、機体中央に見えているロボ頭を立ち上げます。

P2290467.jpg
頭を出したら、機体を折り曲げ。
首のそばにヒンジが3つあるんですが、まず機首側のヒンジを下側向きに90度、
頭の後ろのヒンジを上向きに90度折り曲げ。最後にビークル状態で一番後ろにあるヒンジを
尾翼部分とロボットのお尻部分がジョイントされるまで折り曲げます。
後は胸部にある赤いパーツを肩側に折り曲げ、各部を調節すれば出来上がり。

P2290471.jpgP2290475.jpg
ロボットモード。
割とストレートな感じの上半身と、個性的な下半身が
独特の味を出しておりますよw

P2290478.jpgP2290481.jpg
P2290484.jpgP2290488.jpg
ぐるっと一回り。
前述のとおり、上半身は割といつものスタスクなんですが、下半身がちょっと独特の形してますね。
独特というか、エンジンほぼそのまんまなわけですがw

P2290492.jpgP2290495.jpg
顔回り。
G1スタスクを意識したと思われる、なかなかのイケメンですなw
ちなみにヘルメット部分が青っぽいのはゲーム中の色に寄せてるからだとかなんとか。

P2290496.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミックあり。
真後ろより、少し上の方から照らした方が光らせやすい感じですねー。

P2290506.jpg
腕周り。
海外版と比べて塗装パターンには差はないですね。
色自体はかなり変わってますが…w

P2290510.jpg
胴体。
コクピット部分はクリアパーツで、胸の上の方に集光窓っぽい部分が一応存在します。
が、正面向いてるとその部分影になっちゃいますし、集光ギミックというわけではないみたいですなw

P2290513.jpg
背中。
海外版に比べて、ディセプティコンのエンブレムが増量してますなw
なお、尾翼は海外版同様に外すことができまして…

P2290515.jpg
その下にはやっぱり5ミリ穴が。
ここに武器をセットすることもできますよw

P2290518.jpg
脚部。
ビークル時のエンジン部分がそのまんま脚部になっております。
つま先はビークル時には完全にエンジンの中に曲げて入れてしまうんですが、
それだとジェット噴射口が塞がってしまうのでこの記事のビークルでは
適当に隙間を開けていたりします。

P2290524.jpg
付属の武器。
スクラップメーカー砲、という名前の二丁のがトリング砲っぽい武器です。
ゲーム版の武器からきた名前のようですね。
てっきり、ナルビームガトリングとかそんな感じにでっち上げてくるかと思ったら…w
がトリング部分は手動で回転でき、手に持たせたり、腕に直接据えつけたりが可能ですよ。

P2290527.jpg
スクラップメーカー砲は二丁を合体させることも可能。
下の取っ手で持つか、側面の取っ手を両手で持って構えることができますね。
この状態だと、銃身は左右が連動して回転するようになっています。
また、合体させるとてっぺんに5ミリ穴ができるので、アームズマイクロンやメックテックを
追加でにくっつけることも可能ですw

P2290529.jpg
もちろん、スクラップメーカー砲はビークルでも装備は可能。
基本はこんな感じで、主翼の下ですね。

P2290531.jpg
また、上述の尾翼の下のジョイントを使えば機体上部に載せることも可能。
左右合体させて載せるので、上部にできる5ミリ穴を使って尾翼をセットすれば
余剰パーツもなしですよw

P2290536.jpg
可動に関して。
海外版同様、癖も少なく遊びやすい奴になっておりますね。
ただ、海外版よりちょっと保持力弱め?

P2290539.jpg
まずは腕回り、肩は前後回転と横方向の二軸式の関節です。
前後方向おおむね制限なく回転させることが可能ですが、
主翼と干渉するためさすがに真後ろには腕は回らず。
横方向に関しては、水平ちょっと下くらいまで腕を広げることが可能です。

P2290542.jpg
肘は二重関節になっていまして、180度曲げられます。
上腕にはロール軸があり、しっかりひねることが可能です。
非常に可動範囲が広く、実に優秀ですねw

P2290548.jpg
手首にはロール軸。
曲げ伸ばしはできませんが、このロールは結構重宝します。
ほんと、腕周りにの可動に関しては言うことなしに近いですねこれはw

P2290551.jpg
続いて下半身。
股関節は前後回転と開脚方向の二軸式になっています。
前後方向は水平よりやや上まで脚を上げられます。
そして、開脚方向はほぼ制限なし。腕や胴体ににぶつかるまで脚を上げられますよ。

P2290558.jpg
太もも部分にはロール軸。
かなり大きくひねることができますが、やりすぎるとコケますので
そこだけ注意ですねw

P2290561.jpg
膝は90度曲がります。
海外版ほどではありませんが、やはり他の部分に比べて硬めですw
関節がある程度渋いのはすなわち保持力の高さにもつながるわけで、
そういう意味では好ましい傾向ではありますね。

P2290564.jpg
足首は爪先部分の曲げ伸ばしと、
若干ですが横方向への角度調整か可能になっています。
つま先はともかく、横方向の可動はパッと見では動くようには
見えづらいので、気づかない人もいる可能性が…w

P2290567.jpg
横方向への動きは20度くらいの傾きで、それほど大きく動くわけではないんですが
割としっかり効果が出ていまして。
見た目より、ずっと接地性は高いです。まさにもあざーんみーつじあーいずw

P2290573.jpg
首は左右回転のみ。
ただし、首関節の基部自体の構造上、視線を上に持って行く事は可能です。
真上近くまで持ち上げることが可能ですが、首の根っこごと上に持ちあがっていくので
やりすぎるとちょっと不自然です(;´∀`)

P2290578.jpg
胴体は可動軸なし。
変形機構の都合上、さすがに腰を回したりは無理ですねー。
軸を仕込む以前に、胴体は中空状態ですからねw
まぁ、手足がよく動いてくれるのでそちらでごまかすことは十分可能です。

P2290581.jpg
と、海外版譲りの動きぶりは健在。
かなり遊びやすい奴だと思いますよw

P2290585.jpg
海外版と@ビークル。
色の違いがよくわかるかと思います。
国内版の方が、全体的に渋めのカラーにしたうえでメタリック化、という感じですね。
特に赤色部分なんかが顕著です。ワインレッドっぽくなってますかね。

P2290587.jpg
ロボットモードで海外版と。
国内版は頭(のヘルメット)と腕・足の青い部分が同じ色になってますね。
代わりに?翼周りの模様が増えているので色が減った、ということはなかったりしますが。

P2290590.jpg
比べてみると、海外版の方がG1を意識している感じは強いかもしれませんね。
国内版はあくまでゲーム版に寄せている感じ。
どっちがいいか、はもう完全にお好み次第ですなw

P2290594.jpg
以上、トランスフォーマージェネレーションズ版のスタースクリームでした。
せいぜい下半身のデザインが少々独特なくらいで、特に大きな癖もなく素直な作りの奴ですね。
国内では今度色違いのスカイワープも出るわけなんですが、そうなってくると
どこかでサンダークラッカーも出ないかなーと期待してしまいますなw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマージェネレーションズ ブラスター&スチールジョー
  • トランスフォーマージェネレーションズ スカイワープ
  • トランスフォーマージェネレーションズ エアレイド
  • トランスフォーマージェネレーションズ キックバック
  • トランスフォーマージェネレーションズ サウンドブラスター
  • トランスフォーマージェネレーションズ サウンドウェーブ
  • トランスフォーマージェネレーションズ サイドスワイプ
  • トランスフォーマージェネレーションズ ウルトラマグナス


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマージェネレーションズ

     タグ: トランスフォーマー  ジェネレーションズ  FallOfCYBERTRON  ディセプティコン  スタースクリーム 


    Comments:3 

    Fネガ  

    No Title

    こんにちは~ TFジェネレーションズ「スタースクリーム」のレビュー
    お疲れ様です。
    国内版「スタースクリーム」はゲームの劇中のイメージにかなり近い仕様になってメタリックの質感がさらに加わってカッコいいですね!
    海外版のは「G1」カラーリングが意識されていてこれもカッコいいですし
    アニメ第一話「地球への道」のセイバートロン星デストロン基地での1シーン再現にはぜひ手に入れておきたいアイテムですなw
    今後リリースの「スカイワープ」だけといわずすべての「ジェットロン部隊」のリカラーも期待したいですね!

    2013/04/04 (Thu) 16:53 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    リアルの方では大変そうですね…
    この時期は色々大変でしょうが、体調にもお気を付けください

    ジェネレーションズスタスク、相変わらずいい出来してますね
    言われてみればビークルはシューティングっぽいですw
    実際、ゲームではビークルに変形すれば3Dシューティングに早変わりっぽい感じですし
    あ、元からTPSだからシューティングなのか

    スクラップメーカー、某動画サイトのコメントを読む限りではWFCにおいて凶悪な強さを誇る武器のようです
    動画で使っているところを見ると、連射可能・撃ち始めは連射が遅いものの加速度的に連射速度がアップ・高威力、といった感じみたいです
    スクラップ=TFの死体、と考えれば名前からしてやばい武器
    FOCではどうなのかはわかりませんが

    そういえば劇中、足からジェット噴射してホバーするシーンがありました
    エンジンが足になる変形の有効利用ですね
    ちなみにその直後はグリムロックに投げられて脱出の足がかりにされるわけですがwww

    失礼しました

    2013/04/04 (Thu) 19:13 | EDIT |   

    tagoal  

    stskれす

    >Fネガさん
    国内版も、たぶんG1全部探せばこんな感じの色になってることがきっと…(マテ
    とりあえず、サンダークラッカーだけでも色違いで出してほしいものですなw

    >Aqunessさん
    どうにかリアルの方も落ち着いてきたかなーという感じですね~…
    お気遣いありがとうございます(゚∀゚)
    シューティングっぽいのはほら、昔の2Dシューティングにこういうプレイヤー機がいたよなー的な…w
    スクラップメーカー、強武器なんですな…
    ゲームから持ってくるばあい、さりげな~く最強クラスの武器をさらっと持ってたりする割に
    格好は初期装備、みたいなのがよくあるから困りますなw
    まぁTFの場合格好はそう変わらないので問題ないですが(;´∀`)

    2013/04/21 (Sun) 15:35 | EDIT |   

    Leave a comment