またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

17
今日はテレビの地上波でトランスフォーマーリベンジが放送されますなー。
DVDその他もろもろでいくらでも見ることは可能とはいえ、
やっぱりテレビ放送で見るとまた違いますよねw

と、録画予約の準備をしつつ今回のネタへ。
トランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりリップクローです。
P2270479.jpg
ちょっと間があきましたが、ビーストハンターズDX第二弾組二体目ですw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2270485.jpgP2270489.jpg
ということで、今回はトランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりリップクロー。
デラックスクラス以上では3人め、そして初の女性人格もちのプレダコンになりますな。
…女性人格であることに意味があるのかは、いまいち疑問が無いでもないですが(;´∀`)

P2270492.jpgP2270495.jpg
P2270498.jpgP2270501.jpg
ビーストモードでぐるっと。
この人もビーストモードはドラゴンです。もうプレダコンは全員ドラゴンなんじゃね?という気もw
レーザーバックあたりと比べると、割とストレートな感じのドラゴンですね。
ちなみに、宣材写真とパッケージ・説明書で前脚の変形が異なるんですが、
今回は説明書準拠にしております。

P2270504.jpg
顔周り。
プレダキング同様に少々下あごがしゃくれてますが、
まぁまぁ一般的なドラゴンの顔してますなw

P2270507.jpg
ドラゴンの口は開閉可能。
ただ、首の関節の基部が下あごの方に付いているので
若干開閉ぶりに癖がありますが…
首そのものもボールジョイント接続になっていまして、
左右の回転及び捻り、そして45度くらいの幅で上下に視線を振ることが可能です。

P2270517.jpg
ドラゴン時の可動は、首は前述のとおり、
前脚は付け根と肘に相当する部分が動きます。
肩部分はボールジョイント、肘は90度程度の曲げ伸ばしと
肘直下のロール軸でのひねりが可能ですね。

P2270523.jpg
後ろ脚は付け根分と足首がボールジョイント、膝相当の部分が真っすぐから
90度強程度まで曲げ伸ばしが可能です。
また、翼の開閉や尻尾の前後なども可能になっていますよ。
尻尾に関してはちょっと作りが特殊なので、ロボットの時に改めて。

P2270526.jpg
さて、恒例の説明書のストーリーですが、こいつに収録されているのは
スタスクの続きで第8話。…といっても場面が変わって話のつながりはあまりないですがw
ハイパーエヴォリューション・チェンバーから出てふらふら状態から完全に脱する前に、
リップクローはサウンドウェーブに心やすまる、しかし奇妙な声で話しかけられます。
「プレダキングは生きているが、危険な状態にある。敵であるオートボットたちは、
プレダコンの王さえ傷付けることが可能な強力な武器を盗み出した」とのこと。
そこで彼女はみまなで言うな!とばかりに研究所、そして空に向かって咆哮。
その嗅覚で、盗まれた武器を探し始めます。
はたして、彼女はレーザーバックを発見。ま、彼もあの船いましたし匂いついてるでしょうなw
レーザーバックはずる賢く笑うと、リップクローにこう告げます。
「ディセプティコンがお前に話した事は全て嘘だ、友よ」
「プレダキングは長らく行方不明だ。しかし、それはオートボットを
-そして、奴らと同類のディセプティコンも-破壊してはいけない理由にはならない」
…レーザーバックのやってることが若干プライム序盤のスタスクと被る気がw
しかしなんだか結局、オートボット・ディセプティコン(+プレダコン?)・
プレダコン(のレーザーバック一派)あたりの三つ巴になりそうな流れになってますね。

P2270530.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
後脚を伸ばして、太もも部分にある装甲を脛部分に移動、ジョイント。
そのまま後方に伸ばして立たせます。

P2270533.jpg
胴体を覆っている緑の装甲を翼側に開き、中身を真っすぐ伸ばします。
前脚は下方向に向け、爪を肘側に折りたたんでロボ手首を露出。
ロール軸をひねって手首を正しい位置に向け、肩の軸も下方向に動かしておきます。

P2270536.jpg
ドラゴンの首を左右に開き、肩のところにおろして肩アーマーに。
ドラゴンの首を背中に畳んだら、あとは各部をを調節して
尻尾先端の武器を取ってしまえば完成です。

P2270542.jpgP2270545.jpg
ロボットモード。
これまでのプレダコンの中でも特にクリーチャー色の強いデザインですね。
ほんとなんでまたこの人を女性人格にしたのかw

P2270549.jpgP2270552.jpg
P2270555.jpgP2270558.jpg
ぐるっとひと回り。
翼はあるわ尻尾はあるわで、人型というよりなんかもう悪魔とかそんな感じのデザインですなw
ただ、そういう亜人型ンスタータイプのロボットとしては非常にそれらしさが出ていて良い感じ。

P2270561.jpgP2270563.jpg
顔周り。
非常にいかつい、トゲトゲした顔つきですな。
目はクリアパーツではありませんが、そのかわりがっつりと瞳のモールドが彫られています。
おかげでなおさらモンスター風味が増してますけどさw
なお、見ての通り顔が半分近く胴体(と言うか襟)に埋まっているデザインのため、
横方向の可動はほぼ死んでいたり。

P2270571.jpg
腕。
ドラゴンの前脚がほぼそのままですね。
実のところドラゴンの時もロボ手首はほぼむき出しなんですが、
ドラゴンの爪をかぶせることでうまいこと前足の爪の一部として見せていたり。

P2270574.jpg
肩アーマーの中はこんな感じに。
肩の軸がデフォルトでやや下向きなので、なで肩に見えなくもないですね。
実際は割とそうでもなかったりしますがw

P2270578.jpg
胴回り。
胸にはプレダコンのインシグニアが見えますな。
ごつい鎧でも着込んでいるかのようなデザインですので、
女性キャラっぽさは皆無w

P2270581.jpg
背中。
ドラゴンの頭がそのまんまありますw
翼もありますし、そんなに気にはなりませんけどね。

P2270584.jpg
しっぽ。
このリップクロー最大の特徴点ですな。
先端の武器の付け外し以外変形しても形状が変わらないので、
ロボでもドラゴンでも存在感バッチリです。

P2270588.jpg
尻尾は付け根部分で可動。
この写真くらいまで持ち上げることが可能です。
姿勢次第ではありますが、この状態でもきちんと自立できるのはさすがですね。

P2270591.jpg
そしてさらに、根本の金色部分とその先の緑の部分を分離。
こうすることで中身のゴムパーツが緩み、ある程度ですが尻尾の節部分を
フレキシブルに動かせるようになります。
ただこれ、逆に考えると普段は常時ゴムパーツにテンションが掛かってる状態なんですよねぇ…
今のうちは問題ないですが、経年劣化が非常に恐ろしいです(;´∀`)

P2270594.jpg
脚部。
装甲をかぶせることで、ドラゴンの時の鳥足をまっすぐに見せていますね。
このへんは芸が細かくて実にナイス。

P2270598.jpg
付属武器のサイフォンクロー。
コブラよりも早く動いて攻撃し、敵を破壊すると共に機械毒を注入、遠くへぶん投げる武器だそうです。
毒を注入されると、その相手は完全に機械部分が停止してしまうとか。
なかなかえぐい武器ですなw

P2270601.jpg
サイフォンクローの爪を開いた状態で真ん中のトンガリを押し込むと、
スプリングで爪が勢い良く締まります。
これ、ほぼ確実に指が挟まれてちょっと痛いです(;´∀`)

P2270605.jpg
サイフォンクローは尻尾の先にも装着可能。
というかドラゴンの時はもともとこうですし、こっちが基本形っぽくもありますなw

P2270610.jpg
可動に関して。
下半身はともかく、上半身はちょっと作りが独特なので
少し癖がありますね。

P2270613.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント。
肩と腕をつなぐ軸自体もちょっとだけ
上方向にスイングできるようになっていますよ。

P2270616.jpg
可動範囲としては前後方向への回転と、ほぼ真横まで腕が上がります。
ただし、肩アーマーが完全に覆いかぶさっているので都度避けて上げる必要がありますね。
また、軸が斜めっているのが基本形ですから、前後回転の際も若干腕に傾きが。
ボールジョイントで多少捻れますから、十分フォローはできますがw

P2270619.jpg
肘は90度程度曲がります。
また、肘の直下にロール軸があり、腕をひねることも可能。
ただし、肘の下なので腕全体をひねるというわけにもいきません。

P2270621.jpg
そのため、腕を体の前に持っていくといった動きはにがてですね。
実質的に、手首のひねり用のようなものですな。

P2270623.jpg
手首は90度程度の曲げ伸ばしが可能。
腕自体を大きくひねることができない分、
武器の向きの調整はここでやることになります。
やり過ぎると不自然になるので要注意ですが(;´∀`)

P2270625.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイント。
前後方向は特に障害物がないので翼や胴体にぶつかるまでほぼ無制限に脚が上がります。
その代わり、開脚方向は30度程度が限界。
ただし、内側にも同じくらい曲がるため、なにげに脚を揃えた姿勢が得意だったりしますw

P2270628.jpg
太ももにはロール軸あり。
このへんは最近のものでは恒例ですなw
ちょっと固めなので、ひねる際はボールジョイントが外れないように
少し注意がいるかもしれません。

P2270631.jpg
膝は90度程度曲がります。
変形の都合ではありますが、ちょうど膝のところが空洞で
向こうが見えるようになっているのがちょっと面白かったり。

P2270634.jpg
足首はボールジョイント。
各方向への角度調節が可能です。
接地性は高いですし、かかとがしっかりしているので安定感も良好。
さらに尻尾を下げておけば、三点で支えるのでもうド安定ですw

P2270637.jpg
首はボールジョイント接続。
…ではありますが、見ての通り襟パーツで顔の半分近くが覆われているため
左右方向はほんの気持ち程度しか動きません。
上下…というか上方向は45度くらいまでは視線を上げられますが、
そうすると後頭部が襟に当たるため左右可動は完全にできなくなったり。

P2270641.jpg
胴体は腰をひねることが可能。
さらに、変形機構を使えば上体をそらすような動きも可能です。
腹に大穴が空くのであまり使い道はないですが…w

P2270646.jpg
と、主に肩アーマー回りはちょっと癖がありますが、可動範囲としては
そこそこかな?と言った感じですね。
ブンドドして遊ぶ分には十分な可動域だと思いますよw

P2270648.jpg
プレダコン3体@ビースト。
三体ともドラゴンということになっていますが、それぞれかなり個性的ですw

P2270650.jpg
ロボットモードでプレダコン。
リーダーのプレダキングと部下連中の身長差がなかなかいい感じですな。
PVとか見てるとプレダキングはもっと馬鹿でかいっぽいですが、
遊ぶにはこのくらいが程よいですw

P2270652.jpg
ぼちぼちとネタバレ的な情報も流れ始めてきたビーストハンターズですが、
結局のところ国内展開はどうなるんでしょうねぇ…
とりあえず、玩具はトランスフォーマーGO!シリーズの一部として来月出るのは確定なわけですけども。
そのGO!がどういう位置づけになるのか、気になるところです。

P2270658.jpg
以上、トランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりリップクローでした。
女性キャラなんだかよくわからないステキデザインと、尻尾の存在感がなかなかツボですw
(;´∀`)<ただ、やっぱり尻尾のゴムが心配ですね…
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ スカイストーカー(SKYSTALKER)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ショックウェーブ(SHOCKWAVE)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ スモークスクリーン(SMOKESCREEN)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ バルクヘッド(BULKHEAD)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ツインストライク(TWINSTRIKE)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ スタースクリーム(STARSCREAM)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ プレダキング(PREDAKING)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ オプティマスプライム(OPTIMUS PRIME)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーPRIME/BEAST HUNTERS

     タグ: トランスフォーマー  プライム  PRIME  海外  BEASTHUNTERS  プレダコン  リップクロー 


    Comments:3 

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマープライム・ビーストハンターズ DXクラスリップクローのレビューお疲れ様です。
    プレダキングに続いてドラゴン型ビーストモードを持ちなお女性人格という「リップクロウ」が遂に登場ですね!
    ロボットモードとドラゴンモードともになかなか個性的なデザインで面白い一品になってると思います。
    手に取ってて尻尾がちょっと危うい感じがするんですが遊んでて楽しいです!

    2013/03/17 (Sun) 22:20 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんいちは

    何だか欧米デザインのドラゴンって顎がしゃくれてるパターン多いですよね
    プレダキングのはしゃくれてるというより牙が飛び出てるイメージですが、リップクローは完全に猪木です(ぇ
    変形は大したパーツ移動してないのに全然違う印象になるのがいいと思います
    首が肩アーマーになるのは効率もよさげですし
    尻尾の武器はどっちかと言うとオメガスプリームの手っぽく見えます
    WFCのオメガみたく吸引→握りつぶすって武器だったら凶悪そうです
    だいたいの世界でダイソン攻撃は凶悪
    女性設定なのは、アレですよ、日本人ユーザーに擬人化絵を描かせ(ry
    実際描きそうな人がいるから困る(いい意味で
    それにしてもプレダキング・レーザーバック・リップクローの並んだ画がメガ様・スタスク・音波と重なるのは何故だろう…

    失礼しました

    2013/03/23 (Sat) 13:11 | EDIT |   

    tagoal  

    リプクロれす

    >Fネガさん
    そう、尻尾がちょっと怖いんですよねー…(;´∀`)
    うにょうにょ動いて面白いことは面白いんですが、将来ゴムが劣化した時どうなるかw

    >Aqunessさん
    たぶん、リップクローもプレダキングと同じ意図…ではあるんでしょうねw
    変形はほんと、よく考えるとあんまりパーツ動いてない割にきちんと変わりますよねー。
    武器は吸って掴む、というよりは自分で突きこむ感じのようですw
    擬人化は…国内版出たら早々にだれか描くんでしょうねwww

    2013/04/04 (Thu) 17:05 | EDIT |   

    Leave a comment