またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

24
この週末はかねてからの宣言通りゾイドをまとめていきたいと思います。

TFも曇り窓なあのひとやダーなひと、アメリカーンな皆さんあたりがすでに手元にあったりするんですが、その辺はゾイド祭後のTF祭にて(マテ

というわけで、今回はゾイド。
ドスゴドスのe-Hobby限定版、オールドカラーバージョンです。
P1050545.jpg

パッケージ絵はマーシーラビット氏。この人、最近すっかりゾイド専属絵師と化した気が・・・
ゾイド大好きな人だそうなので非常に望ましいんですけどね。

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってみてください(;´∀`)


P1050610.jpg
ということで、今回はドスゴドスの限定カラー版。ノーマルカラーはこちら
オールドカラーバージョンということで、かつての旧ゴドスと同様のカラーリングになっています。

P1050614.jpg
左から。
このオールドカラーバージョン、色以外の仕様変更は無し。
設定もありますが、まとめると
「年寄りの整備兵が勝手に塗り替えたあげくに勝手に乗って出撃しちゃったよバージョン」
です。いや本当にw

P1050615.jpg
右から。
設定はふざけてますが(;´∀`)、色そのものは元祖ゴドスそっくりで非常に好みです。
正直、最初からこの色で出して欲しかった・・・

P1050619.jpg
前から。
色が変わっただけで、ゴドスらしさが数段アップしてます。
やっぱりゴドスはこの色ですよ。

P1050622.jpg
後ろから。
さすがに後ろから見ると、姿勢が全然ちがいますw

P1050626.jpg
上から。
元のゴドスと比べると、体型の変化にあわせて、胴体パーツが大型化。そのため、
若干白いパーツが目立つように。

P1050628.jpg
下から。
足の裏の穴は、可動モード時の足首関節です。

P1050629.jpg
顔のアップ。
ゴドスですw
色だけでここまでゴドスっぽさが増すとは・・・

では、実際歩かせてみましょう。
高画質版はこちら
ゼンマイが弱いので、あっという間に止まりかけています(´・ω・`)
聞くところによると、昔のような強力で小さいゼンマイを作る技術はもう現存していないのだとか。
寂しいものですね・・・
後継機のティガゴドスでは、バリゲーターTSで使われたTSユニットが
採用されたのもその辺が関係しているんでしょうね。

P1050631.jpg
ノーマルカラーでも触れましたが、このドスゴドスの売りは可動と歩行両方をこなせること。
関節をロックすることでゼンマイ歩行、ロックを外せばポージングが可能です。
まず脚。ロックがかかっているとこんな感じですが・・・

P1050633.jpg
ももの上のバーにかかっている部分を外し、足首を引き延ばすことで膝のロックが外れます。
さらに股関節を外側に広げることで、股関節がボールジョイント化します。
ここの切り替えがノーマルカラーよりスムーズかつしっかりと移行できるようになっていました。
微調整されたんでしょうかね。

P1050632.jpg
もう一カ所、尻尾の付け根のヒレを・・・

P1050634.jpg
分かりづらいですが後ろに下げることで、尻尾の上下動が可能に。

P1050636.jpg
というわけで可動モード。
細かいところはノーマル版で説明したので省きますが、コトブキヤのHMMには劣るものの
結構それっぽいポーズは取れますね。

P1050640.jpg
疾走するようなイメージで。
昔はゴドスに関節仕込んで可動化なんてやってみたものですが、素でここまで動く&
ゼンマイ歩行可能なんて、時代は変わるものですねぇ(´ω`)

P1050641.jpgP1050644.jpg
ターボ・アクセレイション・キック!
ということで、やたら名前の長くなった必殺技、キックですw
何気に片足立ちできるあたり、関節がしっかりしている証拠ですね。
さすがにハイキックは無理ですが、もともとゴドスキックはヤクザキックなのでさほど問題は無しw

P1050646.jpg
ノーマルカラーと。
なんというか、ノーマルは色が明るすぎる気がします。
旧末期ゾイドに近いカラーリングですね。

P1050649.jpg
元祖ゴドスと。
体型は全然違いますが、色はそっくりw
後継機っぽさが増しました。

P1050651.jpg
ゴドス系列勢揃い。
白いゴドスは新バトルストーリー版です。
新バトストはリヴァースセンチュリーより後の話になるわけですが、何故戻るw
その辺のつじつま合わせがどうなるか、今後のリヴァースセンチュリーの展開に期待です。

P1050667.jpg
以上、ドスゴドス オールドカラーバージョンでした。
本当、何でこの色で最初から出してくれなかったのか・・・orz
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS HRZ-012 キングライガー
  • ZOIDS GRZ-011 クリムゾンホーン
  • ZOIDS HRZ-010 ティガゴドス
  • ZOIDS GRZ-009 ヴァルガ 共和国仕様 (e-Hobby限定 Z-02)
  • ZOIDS HRZ-008 バリゲーターTS
  • ZOIDS GRZ-009 ヴァルガ
  • ZOIDS HRZ-006 エクスグランチュラ
  • ZOIDS GRZ-007 ジークドーベル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSリヴァースセンチュリー

     タグ: ゾイド  リヴァースセンチュリー 


    Comments:3 

    鉄人00  

    2ゴドス旧色

    このカラーだと確かにゴドスですね…!
    普通にこのカラーでいいじゃない!
    マーシーラビット氏は確かにゾイドばかりですね。
    ゾイド+美少女の図式が進行していく…

    2009/01/24 (Sat) 13:38 | EDIT |   

    tagoal  

    Re

    そうなんですよ。最初からこの色だったら「ゴドス・・・?」って感じにはならずに済んだのにw
    マーシーラビット氏に関しては、美少女はともかくメカもうまい人なのでこれはこれでありかなと。
    まさかHMMだけでなく本家の方でも絵を描くことにあるとは思いませんでしたけど。

    2009/01/24 (Sat) 21:52 | EDIT |   

    プックン  

    No Title

    ちなみにこの<span style="background-color:#FFFF00;">オールド</span>カラーVer、後に発売されたティガゴドスと同様にTSユニットのコードを通すための穴が設けられています。

    2013/04/28 (Sun) 20:44 | EDIT |   

    Leave a comment