またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

14
雪が!なんか雪が!
ということで首都圏は雪がいきなり積もってびっくりですw
今日はどうせ暇だし、ぶらっと出かけようかなー…とか思っていたんですが、
心折られるには十分な雪っぷりですな'`,、('∀`;) '`,、

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりサウンドウェーブです。
P2210636.jpg
いやほんと、雪国の人からすればたいしたことない積雪だとは思うんですが
普段降らない地域的にはけっこう影響でかいですぜこれ…w

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2210891.jpgP2210893.jpg
ということで、今回はトランスフォーマープライム・ビーストハンターズ版のサウンドウェーブ。
製品的にはRID/AM版のリデコ品になるわけなんですが、前回紹介したバンブルビー同様
かなりガッツリ変わっておりますよw

P2210898.jpgP2210900.jpg
P2210904.jpgP2210907.jpg
ぐるっとひと回り。
基本はもとのサウンドウェーブ同様の無人偵察機…ではあるんですが、
外装がバンブルビー同様のほぼ全とっかえなのでシルエットからだいぶ違ってますね。
若干ナマモノっぽい雰囲気になっておりますw

P2210916.jpg
説明書に記載のストーリーによると、サウンドウェーブの手にかかれば安全な通信など無い…
ということでバンブルビーとホイルジャックの通信はディセプティコン・プレダコン連合軍側へ筒抜けだった模様。
それはもうメガトロン&プレダキングに対して小惑星帯に漂う古代武器貯蔵庫への道筋を示しただけに等しかったようです。
サウンドウェーブは地球に残り、引き続きオートボットの通信をモニター、オートボットの援軍がないことを保証します。
これはバンブルビーたちを破壊するだけでなく、古代武器を確実に奪うことで残りのオートボットに
対する勝利を確実にできるチャンスがサウンドウェーブによって整えられたことを意味するのです!
…というところで3つ目のレーザーバックのお話へ続く、となっています。
音波さん、地球に居残りなのにまた派手にイメチェンしましたね…w

P2210928.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
主翼を根元から後方へ移動し、胴体部分とジョイント。
機首部分は中央から左右に分割、先端を展開して足首にします。

P2210933.jpg
足首が出来たら膝部分を折り曲げ、脚部を形成。
脚部が出来たら立たせて、主翼部分のジョイントを外して曲げられるようにしつつ、
裏側に収まっている前腕部分を伸ばして、腕にします。

P2210936.jpg
腕まで出来たら背中部分を開き、中に入っている頭を出します。
頭の入っていた部分にエンジンパーツを納めて背中を閉じ、
各部を調節すれば出来上がり。

P2210965.jpgP2210969.jpg
ロボットモード。
ボディカラーもガラッと変わりましたし、手足もトゲトゲしたものに。
腕にいたっては大型化もしてますなw

P2210981.jpgP2210984.jpg
P2210987.jpgP2210990.jpg
ぐるっとひと回り。
胸部から腰部にかけてと関節部分くらいしか元のパーツが残ってなかったりしますな…w
主翼の形状が変わった関係で、特に腕のイメージが大きく変わっている感じです。

P2210995.jpgP2210997.jpg
顔周り。
なにげに新造ですw
バンブルビーほどではないですが、全体的にトゲトゲしたディテールが増えてますね。
反面、おでこのガ○ダムっぽい角は若干小型化していたり。

P2220002.jpg
腕周り。
通常版だと主翼裏から伸びたパーツはそのまま前腕とツライチになっていたんですが、
今回は主翼が形状変更&長くなっているため主翼パーツの下から
腕が生えているような感じに変更されています。
トゲトゲも増えてますし、異形感がさらにアップ!ですなw

P2220006.jpg
背中。
あんまり変わらない…かとおもいきや、ビークルの時の尾翼が一枚増えてますので
そのおかげでやっぱりトゲトゲ度合いがアップしておりますねw

P2220008.jpg
脚部。
ここも大部分のパーツが入れ替わっており、かなりいかつい感じに。
それでもバンブルビーと同じく、可動範囲自体があんまり変わってないのは流石ですね。

P2220013.jpg
胴体。
胸部に収まっているサポートメカが、レーザービークからラヴィッジに変更されています。
そのため、胸周りもだいぶゴツめに。

P2220015.jpg
ラヴィッジなしの胴体。
胸部と腰くらいまでは従来のパーツが使われているのがわかりますね。
数少ない、元の面影がある部分ですw

P2220017.jpgP2220019.jpg
レーザービークに変わって胸に収まっている、サポートメカのラヴィッジ。
収納状態では、前足を背中側に回して胸に収まるようになっていますよ。

P2220021.jpgP2220023.jpg
P2220025.jpgP2220027.jpg
ラヴィッジ一回り。
横から見るとG1ジャガーっぽい感じが出ているんですが、正面から見ると
なんとなく実写版のラヴィッジっぽくも見える…ような気もしないでもないですw

P2220029.jpg
ラヴィッジなし状態の全身。
手足が派手になっている分、胴体からなんか抜け落ちた感が
通常のものより酷いかもしれませんw

P2220031.jpg
ビークル状態では、ラヴィッジはこんな感じに尾部に収まる形に。
ちょうど後部の着陸脚の役目も兼ねておりますなw

P2220035.jpg
レーザービークといっしょに。
ラヴィッジのほうがちょっと大きめだったりします。
変形はレーザービークのほうが若干凝っているんですけどね。

P2220037.jpg
胸部は共通の形状ということで、もちろんレーザービークを胸に納めることも可能です。
…なーんかこう、インパクトに欠ける気がしますw

P2220039.jpg
付属武器のタロングラップルキャノン。
目標を捕獲、動きを封じた上でデータを吸収、情報を得るという、
ワイヤーアンカーっぽい武器のようですね。
さらに、データを吸収した後にはそのまま相手を破壊(おそらく握りつぶす)するという
なかなかえぐい設定ですw
玩具としてはツメ部分をスプリングで発射可能(紐付きなのでなくす心配なしw)、
かつツメ部分は手動で開閉可能になっていますよ。

P2220041.jpg
ビークル状態でも、もちろんタロングラップルキャノンは装備可能です。
こんな感じに機体上部に装備することもできますし…

P2220043.jpg
ラヴィッジを取り外して、機体下部に取り付けることも可能。
この状態がパッケージ写真に採用されていますね。
着陸態勢が取れないのがアレですが、アインハンダーな感じで非常にステキですw

P2220048.jpg
可動に関して。
関節部分の作りは一応リデコ前のサウンドウェーブとおなじですから、
可動範囲もある程度は同じですね。

P2220051.jpg
まず腕回り、肩は前後回転が可能。
変形機構を使って、肩部分を前後にひねることもできます。
この動きを応用して、擬似的に腕を横に上げる感じになりますね。

P2220054.jpg
肘?部分は、肩パーツとのつなぎがボールジョイントで、
その下にロール軸、更に下に90度程度曲げ伸ばしができる軸関節、
という構造です。

P2220058.jpg
腕の形が特殊なので人間の腕とは若干感じが違ってきますが、割と可動範囲自体は広め。
ラヴィッジを腕に乗せたり(レーザービークのように穴に固定は無理ですが)、
かなり自由度は高いです。

P2220065.jpg
手首は固定…というか、デザイン状手首に相当する部分がないですねw
腕から直接指が生えている感じです。
一応手の甲あたりに相当する部分に5ミリ穴があるんですが、
主翼の形状変化のせいでほぼ死にジョイントに…
代わりに、主翼部分にも5ミリ穴があるんですけどねw

P2220068.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイント。
前方はほぼ水平まで、後方は水平やや下まで。
開脚方向は45度くらいまで脚が上げられますね。

P2220071.jpg
膝は逆関節になっています。
目一杯曲げた状態が基本で、ひざ上とひざ下でそれぞれ90度くらい曲がっています。
そこからまっすぐ伸ばした状態までのあいだで調節する感じになりますね。

P2220074.jpg
また、太ももにはロール軸あり。
ただ、ふくらはぎパーツが大きく後方に張り出している都合上
脚同士が干渉するので脚の捻りもちょっと気を使わないといけません。

P2220077.jpg
足首はつま先・踵それぞれの曲げ伸ばしが可能。
水平状態から脚と一直線くらいまでの曲げ伸ばしができるようになっています。

P2220080.jpg
足首を横に曲げたりひねったりは出来ないので、
接地性はそれほど良くはないかな?といったところですね。
ただ、股関節の可動範囲がそれほど広くないので、これでも立つぶんには十分だったりします(;´∀`)

P2220085.jpg
首はボールジョイント。
ただし軸が斜め後方から頭に刺さっている作りのため、
横を向くとどうしても頭が斜め方向を向いてしまいます。
まぁ、これは元のサウンドウェーブの時からなのでいまさら言っても…ではありますがw

P2220089.jpg
また、変形の仕組み上バネの力で前方へ押し出される力がかかっているため、
ラヴィッジがない状態だと顔が前に出過ぎるきらいも…
これもまーもとのサウンドウェーブの時からの問題ですから
リデコ品である以上どうしようもない所ではありますなw

P2220092.jpg
胴体は、腰が左右に回せます。
さらに、ほんのちょっとではありますが前方に体を曲げることもできますね。

P2220095.jpg
全体的には、下半身は若干動かしづらいんですが
その分?上半身が非常によく動く作りになっておりますね。
このへんは、リデコ前のサウンドウェーブと傾向は同じです。

P2220098.jpg
見た目にはガッツリ変わっているんですが、動かす際の感覚としては
元のサウンドウェーブとさほど変わらない感じなのがいいですね。
できれば、この際なので下半身の可動が拡大していればさらにナイスでしたけどもw

P2220105.jpg
ビフォーアフター@ビークル。
海外版同士ということでRIDを並べてみております。
ご覧のとおり、おもいっきり変わっております(;´∀`)
全体的にトゲトゲしてますし、主翼がだいぶ大きくなっているのがわかりますなw

P2220108.jpg
ロボットモードでビフォーアフター。
これまた変わりっぷりが…w
色味が大幅に増えて、かなり派手派手になっておりますなw

P2220111.jpg
見た目にはほんとものすごい変わっているんですが、前述のとおり
不思議と動かすときの感覚はあまり差がなかったりします。
そのへんはタカトミさすがの調整上手、といえるでしょうねw

P2220128.jpgP2220130.jpg
以上、トランスフォーマープライム・ビーストハンターズよりサウンドウェーブでした。
バンブルビー同様、こいつもかなりはっちゃけたリデコになっておりますw
しかしまぁこれはこれでけっこう…いやかなりアリだと個人的には思うのですよ(゚∀゚)<ステキ!
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ リップクロー(RIPCLAW)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ツインストライク(TWINSTRIKE)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ スタースクリーム(STARSCREAM)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ プレダキング(PREDAKING)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ オプティマスプライム(OPTIMUS PRIME)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ ホイルジャック(WHEELJACK)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ レーザーバック(LAZERBACK)
  • トランスフォーマープライム ビーストハンターズ バンブルビー(BUMBLEBEE)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーPRIME/BEAST HUNTERS

     タグ: トランスフォーマー  プライム  PRIME  海外  BEASTHUNTERS  ディセプティコン  サウンドウェーブ  リデコ 


    Comments:5 

    狂太  

    No Title

    サウンドウェーブかなりごちゃごちゃしてますね。ラヴィッジはなかなかいい感じですが、本編に出てくるのかコレ?まあ本編に出てきたとしても世界観が…。

    2013/01/14 (Mon) 16:14 | EDIT |   

    かーばた  

    No Title

    キャーオンパサーン!!

    なんだかトゲトゲして格好良くなった反面、少しだけ音波さんぽさが下がったような
    気もしないでもないですが、格好良いので問題なしですね!!

    胸にレーザービークをつけると、色のせいで
    より顔っぽく見えてしまう気が。
    ウチではビーストハンターズ音波さんにはラヴィッジ固定にしようかなと。

    2013/01/14 (Mon) 16:18 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんはー
    ビーストハンターズDXクラス「サウンドウェーブ」のレビューお疲れ様です。
    いやー・・・羨ましい!
    カッコいい音波さんじゃないですかー
    カラーリングも青が加わってよりサウンドウェーブらしさが増してるしサポートメカ「ラヴィッジ」が加わってカセットロン部隊のメンバーが増えるのはうれしいですね~
    このビークルモードのタロングラップルキャノン機体下部装備のアインハンダーみたいなのがまたシビレるカッコよさですw

    2013/01/14 (Mon) 18:19 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    説明書のストーリーを読んだところで何故地球に残っている筈の音波がパワーアップしたのか、
    何故パートナーがレーザービークからラヴィッジになったのかが全く書かれてない…
    そこら辺はいつも通りな気もしますがなーんか釈然としないんだよなぁ

    タロングラップルキャノンは音波が劇中で輸送用に使ってたアームがモチーフなんだろうか
    触手(ゾリ)とか音波用のオプションは何だかんだで充実してますね
    カセットロンだって気付けばバズソー以外の初期メンバーは揃いましたし

    2013/01/15 (Tue) 12:46 | EDIT |   

    tagoal  

    トゲトゲ音波れす

    >狂太さん
    この手のゴテゴテパワーアップ、個人的には割と好きですw
    世界観は…まーどうとでもなりますよ'`,、('∀`) '`,、

    >かーばたさん
    青くなった分で音波分は釣り合いが取れて…(ヾノ・∀・`)ナイナイ
    まーあれです、かっこよければいいのですw
    レーザービークはRIDから持ってきたので色の関係もあって
    ボディにはめるとちょっと浮きますね。
    素直にラヴィッジつけておいた方が正解だと思いますw

    >Fネガさん
    色的には音波っぽくなりつつも、トゲトゲ化で結局たいへんなことにw
    胸のサポート要員は、あとは人型のフレンジーorランブルとか
    くっついてくるバージョンが増えるとさらにおもしろそうではありますねw

    >さすりゅ~さん
    見た目のイメチェンはともかく、ラヴィッジはシーズン2でレーザービークがいろいろ仕込まれて酷い目にあったのでお休み中…とかw
    まー、説明がないのはよくあることですしw
    音波は本体と取り巻きというかオプションがいてなんぼなところはありますからねぇ。
    作る側もその辺は意識しているのかもですよw

    2013/01/16 (Wed) 18:12 | EDIT |   

    Leave a comment