またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

20
なんだかんだでもう11月も後半。
あと二週間もすれば12月ですなー…
ほんと、最近は気がついたらなんかえらい日数が!というパターンが増えた気がします。
歳ですかのうふぉっふぉっふぉ(爺

と、それはそれとしまして今回のネタへ。
トランスフォーマーユナイテッドEXより、コンバットマスターです。
P2140923.jpg
ようやくユナイテッドEXに手を付けられましたよ…w

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P2140925.jpgP2140929.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーユナイテッドEXより、コンバットマスター。
今更ながらのユナイテッドEX第一弾からですw
ものとしては、海外版のパワーコア・コンバイナーズのボムショック色違いになりますね。
本体だけでいえば、うちで以前紹介しましたスティールショットも同型になります。

P2140932.jpgP2140935.jpg
P2140938.jpgP2140941.jpg
ビークルモードをぐるっと。
濃いめのグリーンを基調に、ライムグリーンのパーツが要所に配されております。
ライムグリーンが水色の合体ジョイントと濃緑部分との間くらいの色なので、
ジョイントの悪目立ちを防ぐのが目的…ってのはさすがにないですね(ヾノ・∀・`)ナイナイ

P2140944.jpg
さてこのユナイテッドEX、箱の中身よりむしろ箱の外側に書かれている
ストーリー周りが面白いともっぱらの評判(マテ
時代設定が「合体大作戦」あたり、各登場キャラの「○○マスター」はコードネームで
いずれも過去作のキャラクター、かつ正体はボカされているとあっては
旧作からのファンはそりゃー正体当てに躍起になろうというものですw
ちなみにこのコンバットマスターはオンスロートらしい、とかなんとか。

P2140947.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
運転席部分とその横のライムグリーンのパーツを立ち上げ、
その裏側にある合体ジョイントも引き出し、左右の足首を形成。
車体側面のガワをたたんで車体を立てます。

P2140950.jpg
車体を立てたら、砲塔の砲身部分とロボットの腰の前垂れ部分を持ち上げ。
その状態で脚部分を180度回転後左右に分割し、脚部を完成させます。
脚部ができたら前垂れと砲身はもとの位置に。

P2140953.jpg
背中の砲台を180度回して上を向け、車体尾部を形成していた腕を
左右に分割して下に下げたら、あとは各部を調節して出来上がりです。

P2140967.jpgP2140970.jpg
ロボットモード。
ビークルからの変形手順そのものは簡単なんですが、
手順を厳守しないと変形不可(特に腰)というなかなかに厳しいお人だったりしますなw

P2140973.jpgP2140978.jpg
P2140981.jpgP2140985.jpg
ぐるっと一回り。
やはりライムグリーンのパーツのおかげで、水色のジョイントパーツがだいぶ目立たなくなっている感じですね。
そして、右かかとの役割をするジョイントパーツがどうやっても接地しないのも相変わらず(;´∀`)

P2140991.jpgP2140994.jpg
顔回り。
同型のスティールショットの記事でも書きましたが、かなり小顔さんですなw
目が塗装で集光ギミックがないのも海外版同様。
色は違いますけどねw

P2140998.jpg
腕。
合体ロボのコアで小さ目(スカウトクラスとデラックスクラスの間くらい?)
なのもあってか、ひじから先は一体成型。
手の下から出ているのは合体用のジョイントですね。

P2150002.jpg
胴体。
きっちりしっかり塗装されております。
最近プライムAM系でシール仕様に慣れてきちゃったのものあって、
逆にちょっと新鮮w

P2150008.jpg
背中。
ビークル時の砲塔がそのままくっついております。
砲身は上下に角度調節が可能ですね。

P2150011.jpg
脚部。
合体時のジョイントをかかとに使うことで、なかなかの安定感を…
出しているんですが、上でも触れました通り右かかとは構造上の都合で
接地しておりません(;´∀`)ここが接地すればもっと豪快なポーズも…

P2150014.jpg
可動に関して。
構造そのものは、どっちかというとスカウトクラスのそれに近い感じですかね。

P2150017.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント。
前後回転および、ほぼ水平まで腕を広げることが可能です。
背中の砲塔にちょっとだけ腕が当たりますが、気にするほどではありますまいw

P2150020.jpg
ひじもボールジョイント。
曲げ伸ばしは90度程度可能で、もちろんひねりを入れることも可能です。
手首は固定…というか一体成型なので、この部分の動きが結構キモになりますね。

P2150026.jpg
続いて下半身、股関節は前後と開脚方向へ動く多軸式関節。
後方は砲塔があるのであまり大きくは動かせませんが、
前方と開脚方向はほぼ水平まで脚が上がりますね。
ただし、前方は前垂れを持ち上げてあげないとですが…w

P2150029.jpg
ひざは90度以上、120度近くまで曲げられます。
太ももにはロール軸もありますから、自然に足をひねることもできますね。

P2150032.jpg
足首はつま先とかかとの曲げ伸ばしが可能。
ただし前述のとおり、右足首はかかとが十分に下方へ曲がらないため
右かかとだけほぼ死に体状態です(;´∀`)

P2150035.jpg
そのほかの可動部位としては、首と腰が左右に回転可能です。
腰に関しては腰アーマーを跳ね上げないといけないんですが、微妙ににあげただけでは
意味がないので結構思いっきり跳ね上げないとだめだったり…w

P2150045.jpgP2150047.jpg
さて、それではコンバットマスター本体からちょっと離れてお供のドローンたちへ。
まずは1体目、モーサードローン。
ミサイルキャリアー型のドローンで、腕担当のその1です。

P2150051.jpgP2150055.jpg
つづいて二体目、パンツァードローン。
名前の通り、戦車型ですね。
こいつがもう一方の腕担当になります。

P2150062.jpgP2150064.jpg
さらに三体目、カノニアードローン。
脚担当のAPC(装甲兵員輸送車)型ドローンです。
どうでもいいんですが「カノニアー」と聞くとどうもキャノニアーゴルドスが脳裏に…w

P2150068.jpgP2150071.jpg
ラストの四体目、スペイヤードローン。
装甲車型の脚担当ドローンです。

P2150075.jpg
コンバットマスターもあわせてビークルで勢揃いの図。
ドローンたちがカーキ色で揃えられているので、すごい統一感ありますな!

P2150078.jpg
それでは合体形態、プライムモードへユナイト…のまえにまずはコンバットマスターを変形。
まずはつま先をひっこめ、かかとのジョイントを真下に向けます。
そして背中の砲塔は180度回して砲身を下向きに。

P2150081.jpg
背中の砲塔をに収まっている合体時用の頭部を出したのち、
90度起こして頭部にかぶせます。
脚部は太もものロール軸から90度回して単体時のつま先パーツが真横を向いた状態へ。

P2150084.jpg
そのまま脚部をがに股に開き、腰パーツと太ももをジョイント。
腕パーツも胸部に添うように持ち上げ、砲塔の左右にジョイントして固定します。
あとは背中の砲身を前に向ければ出来上がり。

P2150086.jpgP2150089.jpg
コンバットマスタープライムモード…のコンバットマスター本人部分。
砲塔部分を胸に持ってくることで、単体の時からガラッと体型が変わりましたね。

P2150092.jpgP2150095.jpg
そして、手足に各ドローンを装着することでコンバットマスター・プライムモード完成。
この色の統一感、海外版PCCとはまた違った格好よさがありますね…!

P2150098.jpgP2150103.jpg
P2150106.jpgP2150109.jpg
プライムモードでぐるっと。
これまでパワーコア・コンバイナーズシリーズでも何度か書いてきましたが、この系統は
合体時に一気に異形化する人と割ときれいな人型のまんまの人がおります。
コンバットマスターは後者みたいですねw
ちなみに、手足は左右入れ替えも可能ですが、ディセプティコンのインシグニアが正面に来るように
合体させるとパッケージ通りの姿になりますよ。

P2150112.jpgP2150113.jpg
顔回り。
単体の時とは打って変わって、鉄仮面のような顔になりました。
この状態でも集光ギミックはなし…というか、こちらは構造上後頭部をクリアにするのはアレですしねw

P2150115.jpgP2150117.jpg
胴体。
先ほどの単体状態そのものなので特にいうことはないですが…w
そういえば、この人この状態だと本体部分に使えるマイクロンジョイントないんですね。
さすがに後頭部にくっつけるわけにもいきませんしw

P2150119.jpg
右腕、というかモーサードローンの合体状態。
一発変形でじゃきーん!とここまで伸びるのが小気味いいですねw

P2150124.jpg
左腕にはパンツァードローン。
見た目にはこちらの方が腕として素直な形状してますが、
変形としてはちょっと地味(;´∀`)。

P2150126.jpg
右脚のカノニアードローン。
こいつも一発でここまで変形します。
そういえば、PCC系のドローンって微妙に一発変形じゃないやつも混じってるるんですが
コンバットマスターのお供4体はみんなきれいに一発変形する奴らがそろってますなw

P2150128.jpg
左足のスペイヤードローン。
車系のメカがロボットの足になるときって天井側を正面に向けてる
ことが多いと思うんですが、こいつは横向き。
ちょっと珍しいかもですねw

P2150134.jpg
可動に関して。
合体したドローンたちは一発変形の関係もあってほぼ可動はしないので、
どうしてもコンバットマスター自身の可動とジョイント部分の動き頼りになりますね。

P2150139.jpg
まず腕回り、肩のジョイント部分は前後回転と水平よりやや上まで腕を広げることが可能。
背負いものがないので腕に干渉するものもなく、ジョイント部分の可動を存分に使うことができますね。
ただこのセットの場合、モーサー・パンツァー両ドローンとも手の爪に当たる部分に
展開状態でのロック機構がありません。
つまり、バンザイ状態にすると指が自動的に収まってしまうという…w
一発変形ですし、ある程度はしょうがないんですけどね。

P2150142.jpg
次に下半身、股関節は単体ロボの時に太もものロール軸だった部分を使用。
開脚方向の動きは、単体時に膝だったところを使います。
そのため、前後方向はほぼ無制限に回転可能、開脚方向は水平より少し下まで足が上がる…
と、単体の時よりむしろよく動いているかもしれませんw

P2150144.jpg
膝は90度の曲げ伸ばしが可能。
構造の都合で、逆側にも90度曲がりますw
また、ロールもするので足廻りに関しては単体と遜色ないかそれ以上によく動いてくれますね。

P2150148.jpg
その他の可動部位としては、首と腰が回転可能です。
腰は単体の時そのままですねw
首は変形の都合で後方だけ少し持ち上がるので、角度限定ですが
目線を下の方に持って行く事も可能ですよ。

P2150151.jpg
と、特に腕周りが単体時より動かなくなってしまいますが、
まぁ昔の合体兵士よりはずっと…w
このシリーズの場合一発変形・組み換えもありますし、まぁいいかなーとw。

P2150162.jpg
同型ということで、うちで以前紹介しましたスティールショットと@ビークル。
本当はここでボムショックを持って来るべきなんですが、未所持なので(;´∀`)
迷彩の入っているスティールショットも悪くないですが、コンバットマスターの色もこれはこれで。

P2150164.jpg
スティールショットと@ロボット。
塗り分けが大分違うのがわかりますな。
塗装の精度自体はそんなに違いはない感じです。

P2150166.jpg
同型なのでもちろん可動範囲も同じ。
若干コンバットマスターのほうが関節が固い気がしますが、
単純に買って遊んでいる期間の差なだけかも…w

P2150168.jpg
そして両者合体形態に。
スティールショットにはドローンはついていないので、別の人からコンバットドローンと同型のものを選んでつけています。
これで完全にカラーリングが違うだけの状態になって、雰囲気の違いがわかる…といいんですが(;´∀`)
とりあえず、コンバットマスターの手足の統一感はよく分かるかと。

P2150170.jpg
可動に関してはやっぱり一緒なので割愛するとしまして…
この手足、スペイヤードローンの脚形態が若干安定感に欠けるのが難点ですね。
つま先及び踵の連動変形部分に若干の遊びがあり、
その分爪先と踵で自重を支えられなくなっているのがちょっと残念なところです。
遊びのないところまで傾ければしっかり支えられるんですが、そこまで傾けると普通にひっくり返りますし(;´∀`)

P2150172.jpg
ところでこのシリーズ、ここまでちょこちょこ触れてきましたが
腕同士・脚同士なら組み換えが可能。
というわけで同型のドローンで左右対称にしてみましたw
まずは両手パンツァー(片方はプロテクトボッツのモビルアーティレリー)、
両足スペイヤー(片方はデストロンズのアサルトビークル)。

P2150174.jpg
続いて両手モーサー(片方はデストロンズのミサイルキャリアー)、
両足カノニアー(片方はプロテクトボッツのAPC)。
こちらのほうが肩ミサイルの分派手ですなw

P2150176.jpg
両手モーサーに両足スペイヤー。
両足スペイヤーは前述のつま先の遊びがあるので、
ちょっと立たせるのが手間ですね(;´∀`)

P2150178.jpg
最後に両手パンツァー両足カノニアー。
見た目は地味ですが安定感はスゴイですw

…と、色々組み換えができるのもこのシリーズの楽しいところですね。
揃えるほど楽しいことになっていきますよw

P2150180.jpgP2150182.jpg
以上、トランスフォーマーユナイテッドEXよりコンバットマスターでした。
単体で変形させるもよし、合体させるもよし、他のユナイテッドEX製品や
PCCと組み合わせるもよし、箱裏の解説を読み解いて考察するもよし(マテ と、
かなり遊べるシリーズだと思います。
若干お値段が張るのがアレですが…(;´∀`)
とか言いつつ、だいぶ安くなってるらしいので狙うなら今かもですねw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーユナイテッドEX タンクマスター&ホイゼル
  • トランスフォーマーユナイテッドEX ジェットマスター プライムモード


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーUNITED EX

     タグ: トランスフォーマー  ユナイテッド  EX  PowerCoreCombiners  ディセプティコン  コンバットマスター  プライムモード 


    Comments:3 

    Fネガ  

    No Title

    おはようございます。
    トランスフォーマーユナイテッドEXPowerCoreCombinersディセプティコンコンバットマスタープライムモードのレビューお疲れ様です。
    この商品はパワーコア・コンバイナーズのボムショックのリカラーの一つですけど配色がかなり「ブルーティカス」のイメージにグッと近づいてますね~
    合体機構が組み込まれててこの可動域はかなりいいんですけど合体するドローンが外れやすいのが気になる点ですね・・・
    スプリングが仕込まれてるから入り方が甘いとすぐ外れてしまうのが・・・
    少し自分なりに調整をする必要があるかもですね
    ではまた!

    2012/11/21 (Wed) 11:45 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    ボムショック系はロボットモード時の背中の砲塔が何かポケモンのカメックスっぽく見えますw
    背中からキャノンっていうスタイルは割と王道な気もしますが、ボムショック系の場合は背負い物が大きいせいでそう見えるんでしょうか?

    カノニアードローン→キャノニアーゴルドスっていう発想はなかったww
    そういえば色もちょっと似て(ry

    スペイヤードローンは色んなところで言われてますが、外れやすくありませんか?
    気がつくと斜めになってて、直してもすぐ戻っちゃったり…
    でも合体時に開く部分からバルカンが覗くのは芸が細かいですよね

    パンツァードローンの変形の地味さは異常ww
    コンバットドローンの変形をSEで表すなら
    モーサー「ジャキーン」
    スペイヤー「ガシャッ」
    カノニアー「ガバッ」
    パンツァー「ニョッ(´・ω・`)」
    ってなると思います
    形状は一番オーソドックスなのに

    失礼しました

    2012/11/22 (Thu) 15:15 | EDIT |   

    tagoal  

    コンバットれす

    >Fネガさん
    ばね仕込みの合体はばねの力で戻っちゃう可能性があるのが
    ちょっと厄介ですね。
    連動変形の動き自体はすごく楽しいんですがw

    >Aqunessさん
    カメックスww色も緑と青っぽい色なだけにww
    ゴルドス思い出したのはもう単純に音の響きですね。
    同じ単語ではありますしw
    うちのスペイヤーは巷で言われているほど抜けやすくはなかったですね。
    当たりを引いたのかもしれません(;´∀`)
    パンツァードローンのニョッwww
    でも確かに、やたら地味なんですよなーパンツァーだけ。

    2012/11/29 (Thu) 11:43 | EDIT |   

    Leave a comment