またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

06
今回は相互リンク先の移転のお知らせから。
「白赤なレビューブログ」さんが、「白赤な玩具&雑記ブログ」としてリニューアル&移転されました。
名前のとおり、今後は玩具写真と雑記などを載せていかれるそうです。
当面は不定期更新だそうで…( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ(マテ いや、うちは徹頭徹尾(?)不定期ですけどさw
なにはともあれ、今後とも宜しくお願いいたしますw

と、お知らせを終えたところで今回のネタへ。
トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズより、アームズマスターオプティマスです。
P2090881.jpg
9月末発売組その3、でございますw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P2090883.jpgP2090885.jpg
というわけで、今回はアームズマスターオプティマス。
トランスフォーマープライムの9月末発売組3つ目でございます。
海外版で言うところのウェポナイザーオプティマスの、仕様変更バージョンになりますね。

P2090887.jpgP2090890.jpg
P2090892.jpgP2090894.jpg
ビークルでぐるっと。
もはやおなじみ感すら漂うトレーラーキャブですなw
ギミックの関係もあって変形パターンがだいぶ違うため、他のオプティマスと比べると少々平べったい感じ。

P2090896.jpg
付属のシール。
今回のアームズマスターオプティマス、単体のサイズとしては
アームズマイクロンシリーズ最大のアイテムなんですがシールの枚数は割と少なめ。

P2090913.jpgP2090916.jpg
シール無しの状態。
ビークルだとフロントのオートボットマークとヘッドライト、側面の青い部分が一部なくなります。
そんなにシールが占める面積は大きくないですなw

P2090940.jpg
さてこのアームズマスターオプティマス。
大きさで言えば、過去製品で言うところのリーダークラスに相当するサイズです(厳密にはちょっと小さいけど)。
が、海外でもわざわざ「ウェポナイザークラス」的に別物扱いされていることからわかるように
かつてのリーダークラスとはコンセプトが別物でどちらかと言うとギミック重視の代物ですゆえ、
旧リーダークラスのような大きくて精密な作りを期待するとちょっと拍子抜けするかもしれません(;´∀`)
あくまでもガッチャガッチャと遊ぶの向きですね。

P2090947.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
側面のジョイントを外して、ルーフ部分を持ち上げ。
車体後方に収まっていた腕もジョイントを外しておきます。

P2090950.jpg
腕を左右に開いた後、肩の付け根部分を90度前に。
フロントグリルをボンネットの上にまわし、そこにルーフのパーツをジョイントします。
車体尾部にあるつま先パーツを立てたら、車体全体を起立。

P2090953.jpg
胴体内に埋まっている頭部を起こしたら、肩を胴体にジョイント。
肩から伸びている胸部パーツを閉じ、頭を支えます。
最後に肩アーマーを持ち上げて、各部を調節すれば出来上がり。

P2090956.jpgP2090959.jpg
ロボットモード。
肩アーマーを思いっきり持ち上げているので本編とシルエットが違いますが、これ変形間違いじゃなく
説明書にこうしろとはっきり指示がありまして…w
でも箱写真では劇中通り下げてあるんですけどねw

P2100178.jpg
ちなみに、肩アーマーを下ろすとこんな感じに。
正直こっちのほうが落ち着きます…が、説明書イズジャスティスということで
この記事ではあえて上げた状態で通します(;´∀`)

P2090967.jpgP2090970.jpg
P2090973.jpgP2090976.jpg
ぐるっとひと回り。
背中に背負っているものが大きいですが、これは後述のギミックのため。
それ以外はそれほどプロポーションも悪くない…というか良い感じだと思うのですw

P2090978.jpgP2090980.jpg
シール無しのロボットモード。
脛の銀と腹の黄色がなくなってます。
あとは実は持ち上げている肩アーマーの中にオートボットエンブレムを貼るんですが…
持ち上げちゃうとほとんど見えなくなるという(;´∀`)<なんで肩アーマー持ちあげるのか…w

P2090982.jpgP2090986.jpg
顔周り。
大サイズなぶんマスク回りの塗り分けなんかもきちっとされてますね。
やはり大きめサイズでないとこのマスクの塗り分けは大変なようで…(;´∀`)

P2090988.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミック有り。
写真だとそこまで強烈に光っているようには見えないんですが、
開口部分が大きい&パーツの色が明るいおかげか、割と常時光っている感じですね。

P2090991.jpg
腕周り。
前述のとおり、肩アーマーを持ち上げているのは説明書の指示ですw
下げてあげれば、割と劇中通りの腕に。

P2090994.jpg
胴回り。
後述のギミックのスイッチが配されております。
真ん中の穴はその関係。

P2090997.jpg
背中。
ギミックが仕込まれている関係もあって、ビークル時の運転席からボンネット部分が
ほぼ残っていたりw
一応、覆い隠そうという努力は見て取れますなw

P2100001.jpg
脚部。
ほとんどビークル時から変形していなかったりする部分ですw
正面や横から見るぶんには良い感じの造形ですが、
ふくらはぎ部分が大きくえぐれてしまっているのがちと残念なところですね。
大きいサイズなので蓋パーツも付けられないこともなかったんじゃないかなーと…

P2100006.jpg
さて、ここまでちょこちょこ触れてきましたギミックの話。
左腰の少し上に、黄色い四角があるのが見えるかと思います。
ここがギミック発動のスイッチになっておりまして、ここを横にスライドすると…

P2100008.jpg
通常のこの状態から、

P2100010.jpg
ガトリングが回転しつつ背中よりせり出してきます。
さらにこのとき、LEDにより胸の内部が赤く発光。
戻すときは胴体中央にある赤いレバーを下におろすんですが、
戻すときも発光ギミックが発動したりw

P2100012.jpg
さらにこのガトリングギミック、ビークルでも使用可能です。
この状態が通常の状態ですね。

P2100014.jpg
フロントグリル部分を手動でこんな感じに開けまして、
運転席左上にあるスイッチを押すと…

P2100016.jpg
ガトリングが前方へせり出します。
このビークル時のギミック発動スイッチはロボット時でも有効なので、
実は背中側からの操作でもガトリングを出せたり。

と、ここまでガトリングギミックを写真で見てきましたが。
言葉で説明するより実際に見たほうが早いよね、ということで
ギミックを動かしてみた動画はこちら。

高画質版はこちら
かなり小気味良くジャキーン!とガトリングが出てきてますね。
ビークルの時は一回手動で蓋を開けないといけないのがアレですがw

P2100018.jpgP2100020.jpg
さて、それでは本体から少し離れて付属品の方へ。
まずは不足品その1、英知の象徴・マトリクスです。
歴代の…というかプライム劇中のマトリクスはオプティマスの胸の中に収まるサイズですが、
今回のこれはかなりビッグサイズw

P2100022.jpgP2100023.jpg
シール無しのマトリクス。
クリアパーツが目立つので、これはこれでいいかもですなw

P2100028.jpgP2100030.jpg
マトリクスは本体に装着することも可能。
胸部を開いて取り付けるんですが…でかいですw
ちなみにこの状態でガトリングギミックを発動すると、ちょうどマトリクスの中心が赤く発光するように見えますよ。

P2100032.jpg
さらに、ビークルモードでも装着可能。
運転席後方にこんな感じで取り付けます。
良い感じに裏側の蓋になっているかもw

P2100035.jpgP2100038.jpg
つづいて付属品その二、アームズマイクロンのシャイニングアルエ。
シャイニング系アームズマイクロンとしては初めて、製品に標準で付属しています。
そしてクリア成型のアームズマイクロンでエネルゴンクリスタル以外の部分にシールを貼るのも初ですねw

P2100041.jpgP2100044.jpg
P2100047.jpgP2100050.jpg
ぐるっとひと回り。
刀身と脚、胸にシールを張っていますが、ラチェット付属のアルエとは別デザインになっております。
深いモールドの上に貼る形になっちゃうのがちょっと面倒ですな。
しかし、こいつといい今度発売されるオライオンパックス付属のゴールドメタルアルエといい
なんかアルエすっかりオプティマスに取られちゃってる感がw

P2100052.jpgP2100054.jpg
シール無しのシャイニングアルエ。
ブルークリアが綺麗ですなー。
そしてウェポンモードのシール無し撮影忘れてましたorz<不覚

P2100055.jpgP2100057.jpg
シャイニングアルエウェポンモード。
剣ですね。
エネルゴンクリスタルは水色・四角形の「HPピュア」なんですが、今回アルエ自身が同じ色になっちゃってますので
どこにあるのかすら判別しづらくなっております(;´∀`)<刀身の中ほどにあるんですが…

P2100059.jpg
オプティマスにもたせてみるとこんな感じに。
アームズマスターオプティマスはでかいので、相対的に
ショートソードっぽく見えますね。

P2100061.jpg
もちろん、ビークルモードでも装着は可能。
付ける場所はたくさんありますw
パッケージにはフルアームズアップオプティマスとして山盛り装備が掲載されていますが、
あれはさすがに再現するにはものすごいお金が…(;´∀`)<同じの4つづつとかついてますしw

P2100063.jpgP2100066.jpg
マトリクスのクリアパーツをひとまとめにして伸ばし、
裏の持ち手を伸ばした状態で先端にシャイニングアルエを装着するとマトリクスセイバーに。
マトリクスが大きいので、かなりのサイズの大剣になりますね。

P2100069.jpg
もたせてみるとこんな感じに。
重さも結構ある上にアームズマスターオプティマスは実はあんまり
手首の保持力強くないので、割と重さに負けまてへなっとなっちゃいます(;´Д`)

P2100072.jpg
シャイニングアルエをイベント等での配布、および一部店舗での購入特典になっていた
シャイニングビーツー・シャイニングオーピーと組み合わせるとシャイニングなスターセイバーに。
オールクリアで綺麗ですが、素のスターセイバーとはだいぶ色味が違った感じになってますな。

P2100075.jpg
スターセイバーを構成する3体とマトリクスを合わせる…というか
マトリクスセイバーにオーピー・ビーツーを組み合わせると、スーパースターセイバーに。
なんでもこちらがスターセイバーの真の姿だそうです。
写真ではせっかくなのでオーピー・ビーツーもシャイニングで揃えて
いわばシャイニングスーパースターセイバー状態にw

P2100078.jpg
可動に関して。
ここまで見てきました通りどちらかと言うとギミック重視なブツのため、
大きさの割にはかどうはそこそこ…といったところでしょうかね。

P2100086.jpg
まず腕回り、肩は前後方向の回転と横方向への開閉が可能な二軸の関節。
前後回転は特に制限なく、横方向もほぼ水平まで腕が上がりますね。
これでスイング機構もあればすごかったんですが、変形機構的に流石に無理ですなw

P2100089.jpg
肘は90度曲がります。
まぁまぁ標準的な曲がりっぷりといった感じですね。
また、上腕部分にはロール軸があるので、腕にひねりを入れることも可能です。

P2100092.jpg
手首は横回転のみ。
この回転軸の保持力があまり強くないのがちょっと困ったところですね。
腕のネジを閉めれば多少は改善するんですが…
大きな武器を持つことが多いので、そのままだと重さに負けちゃうことが多いです(;´∀`)

P2100095.jpg
続いて下半身、股関節は前後&開脚方向のニ軸関節。
背負い物があるので後方にはほとんど足が上がりませんが、
前方と開脚方向は水平近くまで上げられますね。

P2100098.jpg
ただ、開脚方向はちょっと太ももが干渉するのか
脚を開いていくたびに斜めに捻られていっちゃいますが…w
ちなみに開脚方向だけはクリック式になっておりますよ。

P2100101.jpg
膝はクリック式の関節で、90度曲がります。
クリック式といっても非常に細かく曲がるので、半端な角度にしかならない!とか
そういった問題は皆無。
ただ、デザイン上膝の位置が高いので、立て膝はちょっと厳しいですね。

P2100105.jpg
また、膝の直上にはロール軸があり足をひねることが可能。
なんですが…
ここも手首同様、保持力がちょっと弱いです。

P2100114.jpg
そのため、大股を開いたポーズにすると自重に負けて
女の子座り状態にあることがちょくちょくw
ここもネジ締めである程度改善はしますが、更に補強を入れたほうが吉かもです。

P2100120.jpg
足首はつま先の曲げ伸ばしのみ。
背負いものが大きい分かかともしっかり造形されているので安定感はあるんですが、
開脚状態ではどうしても足の裏が浮いてしまうことがありますね。

P2100125.jpg
首はボールジョイント接続。
ちょっと首が埋まったような造形かつ首回りのモールドと頭が干渉するため、
真横くらいまで向くのと気持ち程度上を向ける程度、になっています。
その横方向を向くにもひとつ大きな干渉部分を乗り越える必要が…
余り目立つ部分ではないので、いっそ干渉するところを削っちゃったほうがいいかもです。

P2100130.jpg
胴体は可動部位なし。
まぁ、ガトリング仕込まれてますしね…w
ここはしゃーなしといったところでしょうか。

P2100134.jpg
と、動かし具合としてはそこそこではあるんですが…
膝と手首のロール軸の保持力の弱さが気になるところですね。
どちらもだいぶ遊びやすさが違ってくるので、個人的には補強推奨ですw

P2100136.jpg
ヴォイジャークラスのオプティマスと@ビークル。
バトルシールド版なのはガイアユニクロンの時に使ったのをそのまま持ってきただけですw
大きさもさることながら、全体的なバランスもだいぶ違っておりますな。

P2100139.jpg
ロボットモードで大きさ比較。
だいたい1.5倍といったところでしょうか。
アームスマスターは大きい分、さすがに迫力がありますw

P2100140.jpg
ただまぁ、ヴォイジャークラス版のほうがポージングはやりやすいかもですね。
そのへんは製品のコンセプトの違いもありますから、お好みしだいで…ってところですねw

P2100148.jpgP2100150.jpgP2100153.jpg
以上、トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズよりアームズマスターオプティマスでした。
ちょっと大味なところも無くはないですが、ビッグサイズゆえの迫力とガトリングギミックの気持ちよさ、
付属装備の面白さもあって非常に楽しいステキアイテムだとおもいますよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ ホイルジャック
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ ドレッドウイング
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ オライオンパックス
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ サンダークラッカー
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ アイアンハイド
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ ガイアユニクロン
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロン vol.2 (ガチャ版)
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ エアラクニッド


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーPRIME/アームズマイクロンシリーズ

     タグ: トランスフォーマー  プライム  PRIME  アームズマイクロン  オートボット  オプティマスプライム  アルエ  マトリクス 


    Comments:3 

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2012/10/07 (Sun) 12:55 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは
    アームズマスター版でかいですね、そしてちょっと雑w
    でも、ガトリングがせり出すギミックは小気味良いですね
    位置が位置なので色もあってガンキャノンにも見えますがw

    原語版でもスターセイバー出ましたね
    だいぶAM版と違うのはいいとして、出てきたのはAM版展開に合わせてなんでしょうか、それとももともと出す予定でAM版が先取った感じ?
    そしてダーク♂スターセイバーwwww
    日本版ではダークマターカリバーに改名されるんでしょうね、きっと

    失礼しました

    2012/10/11 (Thu) 14:10 | EDIT |   

    tagoal  

    アームズれす

    >匿名さん
    俺パワーアップの余地がありすぎるほどにある、
    ある意味ブルジョワ向きのアイテムと言えないことも…ですな(マテ
    手首はほんと、もちっと頑張って重さに耐えて欲しいところではありますw

    …んで、後半ですが。
    状況をよく把握してませんし、当事者ではないのでとやかくいう事はしませんです。
    いずれ帰ってくることをお待ちしておりますよ( ´∀`)

    >Aquness さん
    本来あくまでも別カテゴリーな製品なので、精密感は求めたらあかんですなw
    ガトリングは出し入れがほんと癖になりそうですよ。
    そしてガンキャノン…確かにw
    本編のスターセイバーは…マイ伝オマージュしつつおもちゃの事もちょっと気にした、とかそんなとこでは。
    ダーク♂のほうはわかりませんよー、逆にダークなオーピー&アルエ&ビーツーをイベント限定とかでだしてくるかもしれませんw

    2012/10/13 (Sat) 05:28 | EDIT |   

    Leave a comment