またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

24
ガンダムAGE、終わりましたねー。
私個人としては、ツッコミどころや残念な部分もありましたがそれ以上に1年間楽しめたなーと。
ネット上ではいろいろ言われてますが、正直「そこまでひどかったか?」ってなもんで…
個人的には十分楽しめたのでよしとしますw
ていうか、レベルファイブの日野さんへの罵詈雑言はあれいくらなんでも…('A`)<人としてどうよ、なレベル

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマープライムのサイバーバースより、フォールバックです。
P2060453.jpg
色違いシリーズはここで一段落w

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P2080997.jpgP2090002.jpg
というわけで、今回はトランスフォーマープライムのフォールバック。
リージョンクラス(国内で言うところのEZコレクション版)ブレークダウンのリカラー品になりますね。
名前の元ネタはボットコン2005にてG1アウトバックの新たな姿として設定された
(製品はEnargonのストロングアーム、国内で言うところのスーパーリンク版ブラストアームのリカラー)
フォールバック…なんですが、カラーリング的には同じ元ネタのRTS版フォールバックを踏襲している感じですね。

P2090005.jpgP2090008.jpg
P2090011.jpgP2090014.jpg
ビークルでぐるっと。
ブレークダウンと同型ですから、装甲車ということになりますかね。
サイバーバース&EZコレクションのブレークダウンは劇中の大きさに反してリージョンクラスでの造形ということで
かなり大きさ比率的に不満が出ていましたが、フォールバックは元ネタがミニボットですから小さくても無問題w

P2090017.jpg
パッケージ裏によれば、フォールバックは戦争が始まる以前は新しい世界が見つかると
そこが植民に適した場所かどうかの判断のため調査をしていたそうで。
そして現在の任務は、世界の環境を評価し、その天然資源を利用するにあたってオートボット達が
それらを保護する方法を提案すること、だとか。
技術者という肩書きになっていますが、環境学者っぽい役回りのようですな。

P2090023.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
前半分をガバっと左右に180度開きます。

P2090026.jpg
次に後輪部分を元前輪があった側へ伸ばして脚部に。
脚部ができたら立たせます。

P2090029.jpg
車体の後ろ半分を90度回して頭部を露出させつつ、前輪部分を左右へ展開。
あとは各部を調節すれば出来上がりです。

P2090032.jpgP2090036.jpg
ロボットモード。
腕がちょっと強引感溢れてますがw、胴体あたりはきっちりブレークダウンですね…
って、これはフォールバックですけどさw

P2090039.jpgP2090043.jpg
P2090046.jpgP2090049.jpg
ロボットモードでぐるっと。
上でも書きましたが、ちょっと腕にしわ寄せが来ちゃってますね…w
大きさの都合上これ以上細かい変形とか入れると強度がアレなことになりますし、このへんが限界なんでしょうけどね。
でもまぁ、今回はブレークダウンじゃなくてフォールバックなので、「こういうデザインの人なんだ」で済みますが(マテ

P2090052.jpg
顔周り。
顔の造形自体は綺麗なんですが、目の塗料がおもいっきり流れちゃってます('A`)
ここはまぁ、個体差が大きく出るところだとはおもいますが…

P2090055.jpg
腕周り。
体に対してだいぶ長いので、ちょっと異形感が。
見立てが強引なのはもう3回目なのでやめておきますw
とはいっても、ガワを除くと割と普通の腕なんですけどね。
肩からの生えている位置が問題ですかな…w

P2090058.jpg
胴体。
割とスッキリシンプルにまとまっていていい感じです。
ブレークダウン型としては、他の部分に対してやや小さいかな?という気もしないではないですが。

P2090063.jpg
背中。
ほぼガワなんですが、ここは元々のデザインもこうですしね。
これはこれでおk、というかデザインの勝利ですなw

P2090066.jpg
脚部。
胴体&腕に対してかなりスマートになっております。
腕がやたらゴツく見える原因の一つかもですね…w
造形自体は良い感じです。

P2090069.jpg
手持ち武器の「Quagma Wave Blasuter」。
クァグマウェーブ・ブラスター…辞書引いてみたんですが意味わかりませんでした(;´∀`)
EZ版ブレークダウンの武器の色違いですね。
この手の色変えアイテムは武器だけ入れ替わっていることが多いんですが、こいつはそのまんま。

P2090020.jpg
他のサイバーバース(orEZコレクション)同様、武器はビークルモードでも装備可能。
天井部分に据え付ける形になりますね。

P2090073.jpg
可動に関して。
プライムのサイバーバースはサイズの割によく動くものが多いんですが、
このタイプは…そこそこ、といった感じですかね。

P2090076.jpg
まず、腕回りは肩の付根部分がボールジョイント。
前後回転と、かなり大きめに前後へのスイングが可能です。
軸受の形状の関係で、上下方向はあまり…ですけどね。

P2090079.jpg
肘はありませんが、変形機構を使って肩ブロックとと腕の境目で若干腕の開閉が可能。
そこをを使っても、斜め45度くらいまで開くのが限界ではありますが…
内側には大きく曲がるので、そこそこポージングには使えます。

P2090082.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイント。
腰回りはすっきりしてますから、かなり可動範囲は広いですね。
前後は太ももが胴体につくまで、開脚方向もほぼ水平まで広げられますよ。

P2090085.jpg
膝は変形の都合もあって、前方にしか曲がりません。
…が、無理すれば実はちょっとだけ後方にも曲がります。

P2090089.jpg
膝が曲がらないのは太ももパーツとひざ下パーツが
接続部分のそばで干渉するように作られているからなので、
その部分を削ってしまえば普通に曲がるように加工も可能でしょうね。
さすがにこのフォールバックで試すのは怖いのでやってはいませんが…w

P2090092.jpg
首は固定。
完全に胴体に埋まった造形になっているので、回せるように加工するには
ニコイチにする必要がありそうですね。

P2090095.jpg
胴体も可動部位はなし。
変形の都合で胸の部分がパカっと縦に開きやすいので、
ブンドドの際はそのあたり注意ですなw

P2090100.jpg
膝辺りは無理やり曲げたり加工したりで可動範囲を広げられないことも無いですし、
トータルではそれほど遊びにくい…ということはない感じでしょうか。
とはいっても、大きさなりに、というところではありますけども…w

P2090104.jpg
しかしこの人、なんでフォールバックなんでしょうな…
別にG1由来でアウトバックでいいじゃん、とか思ったんですが。
もしかしたら、フレームウォーと一緒にボットコン出身繋がりってことなのかもですね。
まぁそうなると、テイルゲートが仲間はずれになりますけどね…w

P2090106.jpg
以上、トランスフォーマープライム・サイバーバース版のフォールバックでした。
毎度おなじみ?の色変え別人タイプの一品なわけですが、大きさ的に考えると
ベースになっているブレークダウンより似合っている…と言ってもいいかもしれませんw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマープライム サイバーバース フレイムウォー(FLAMEWAR)
  • トランスフォーマープライム サイバーバース テイルゲート(AUTOBOT TAILGATE)
  • トランスフォーマープライム カンタンヘンケイ!EZコレクション アイアンハイド
  • トランスフォーマー ザ・ライド イヴァック(EVAC)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーPRIME/EZコレクション&CYBERVERSE

     タグ: トランスフォーマー  海外  プライム  PRIME  サイバーバース  オートボット  フォールバック  ブレークダウン 


    Comments:5 

    Fネガ  

    No Title

    おはようございます。(・ω・)ノ
    サイバーバース「フォールバック」のレビューお疲れ様です。
    まあ…サイバーバース「ウォーブレークダウン」のリカラーバリエーションですけどG1イメージに比較的近い印象になったように感じますね
    フォールバックもボットコンで「ブラストアーム」のリカラーで出たんですけどこうして通常商品のラインで出てくれるのは非常にありがたいですね~
    この調子で過去のTFのリメイクがどんどん世の中に出て行って欲しいです。
    ではまたコメントさせてもらいますね

    2012/09/24 (Mon) 11:28 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    過去キャラがモチーフでも大人の事情で改名されるのはTFではよくある事です。モーターブレスとか
    元ネタがミニボットなのでEZコレクションサイズがよく合っていますね
    恐らく設定上は同型のブレークダウンやスワーブと同サイズなんだろうけど…

    ところで昨今のシリーズではおなじみのバンブルビー、クリフのリカラーのテイルゲイト、日本限定のスワーブ、そしてこのフォールバックと
    TFアンコール09のバンブル&ミニボットの面子が殆ど揃ってるんですよね
    後は何かのリカラーでパイプスが出れば…

    2012/09/24 (Mon) 15:36 | EDIT |   

    RON  

    No Title

    クォグマは「クォークグルーオンプラズマ」の略らしいですよ。詳細はwikipediaで…って見ても自分はよくわかりませんでしたがw
    ムービーシリーズのロングアームも「クォグマキャノン」という武器を持っていたと思います

    アウトバックというとステーキハウスとか有名ですし、商標の都合で使えないのかも

    2012/09/24 (Mon) 21:35 | EDIT |   

    かーばた  

    No Title

    こんばんは。

    調べてみたら、Quagma というのは
    クォークグルーオンプラズマの頭文字をとった略語のようです。
    そのクォークグルーオンプラズマ自体がwikipediaみても私には何のこっちゃでしたが...w

    しかし、ブレークダウンと違って、胴体も塗装されている分、
    色にメリハリが出てていいですね、これは。
    大きさや腕も別人なら確かに納得できますしねw

    2012/09/24 (Mon) 21:45 | EDIT |   

    tagoal  

    フォルバれす

    >Fネガさん
    こいつの場合、ちっちゃいことも逆にいい結果を呼んでますよね…元ネタがミニボットなだけにw
    フレイムウォーといい、ボットコンネタがちょこっとながら出てき始めたのはなかなか面白い傾向だと思います。
    リメイクにしても幅が広がりますしねw

    >さすりゅ~さん
    大人の事情で改名はたしかに結構チャメシ・インシデントですな(何
    設定上の大きさはまぁ、大きさの概念捨てておきましょうw
    言われてみればあとはパイプスがいればプライム版ミニボットが揃う形になるんですな。
    こういう場合、ぎりぎりのところでスルーされるんですよね'`,、('∀`) '`,、

    >RONさん
    クォーク・グルーオン・プラズマの略でしたか、なるほど!
    また難しいネタを持ってきてるもんですな…w
    ステーキハウスのアウトバック、そういえばwwwwww

    >かーばたさん
    クォーク・グルーオン・プラズマなんてよく持ってきたもんですよね…
    向こうの親御さんはこれ説明大変そうですw
    正直リージョンクラスのブレークダウンはあんまり似てないと思ってるんですが、
    別キャラとして使えば逆にいい差別化になりますよねw

    2012/10/13 (Sat) 04:37 | EDIT |   

    Leave a comment