またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

19
100万ヒット記念キャンペーン、昨日より実施中です。
なんですが、みなさんアメリカンジョークや要望はあくまでもあったら、でいいですからねw
ジョークが思いつかん!ってことで尻込みされてる方がいたらアレなので…w
いや、良いネタあったら是非一発書き込んでくれると嬉しいですが(;´∀`)

まぁそれはともかくとして、今回のネタへ。
リボルテックヤマグチから、「輪廻のラグランジェ」のウォクス・アウラです。
P2050933.jpg
リボルテックは久々ですなw


※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P2050935.jpgP2050937.jpg
というわけで、今回はリボルテックヤマグチのウォクス・アウラ。
「輪廻のラグランジェ」の主役メカですね。
二期前半のエンディングがどうにも耳から離れないんですよね…じゃーじぶだまっしー♪

P2050939.jpg
箱の中身はこんな感じ。
アウラ本体(上半身・下半身・背中の羽・背中のカバーで分割)のほか、
替え手首が右2左1、亜空ソードプロムス展開時用の両腕パーツ、
ピアサー形態用の差し替えパーツ(腰・左右ひざ下)、リボコンテナと
写真には写っていませんがディスプレイ用のスタンドのセットになっています。

P2050942.jpgP2050944.jpg
P2050946.jpgP2050948.jpg
ぐるっとひと回り。
日産自動車のデザイナーさんの手によるデザインということで、足回りとか肩周りとか、
ロボットアニメの巨大ロボとしては相当に斬新な作りになってますね。

P2050950.jpgP2050952.jpg
頭部。
前後になが~いですw
劇中と比べると結構小顔になっている気が。
顔面は印刷で再現されているんですが、ちょっと横にずれちゃってますな…
このへん個体差が大きいのかも。

P2050968.jpg
腕。
形状もそうですが、肩のジョイントが機体後方向きに刺さっているという
リボルテックの作りとしても珍しい構造に。
劇中見る限りでは上腕(白い部分)の後方に当たる肩ブロックも可動するみたいなんですが、
リボルテック版は残念ながら固定です…といってもどうやって動かすのよこれ、って構造ではありますw

P2050974.jpg
胴回り。
曲線主体の綺麗な、しかし再現は大変そうな独特のボディですなw
ここも劇中よりやや小ぶりの造形になっている感じ。

P2050976.jpg
背面。
羽根状のパーツは変形時にゲッターロボ的な伸び縮み変形をかますんですが、
そこのところはジョイントをひとつ噛ませることで解決。

P2050982.jpg
下半身。
独特なデザインをしているウォクスのなかでも、特に特異な形状をしてますな。
大きな膝ブロックにつま先側から生えている足首と、実に独特です。
一応自立も可能ですが、やはり不安定なので長時間飾る場合はスタンド使ったほうがいいでしょうね。

P2050985.jpg
手首は右3種、左二種からの選択。
まずデフォルトの開き手に…

P2050988.jpg
握り手。
ここまでが左右共通です。

P2050991.jpg
そして右だけに、主人公・京乃まどかの口癖?である「まるっ!」を再現するための指差し手が。
ただ、劇中だとアウラで「まるっ!」やったのって左のほうが印象強いんですよな…(というか、右でやった覚えが…)
そんなわけで、どうせなら右か両手ともつけて欲しかった所。

P2050995.jpg
唯一の付属武器、亜空ソード・プロムス。
一期の終盤から使うようになった剣ですね。
前腕と一体になっているので、肘から先を丸ごと取り替える形で装備します。

P2050999.jpg
プロムス展開時には左腕も形が変わっているので、
左も肘から先を取り替えます。
このへんは細かい再現出来てて好感触ですなw

P2060013.jpg
さて、それではピアサー形態への変形へ。
まずは腹から下をすっぽり抜き取りまして、写真のような感じに分解します。
このうち、太ももから膝のパーツだけつかって変形時用の下半身パーツと組み合わせ。

P2060016.jpg
その結果、下半身はこんな感じにまとまります。
腹から腰のパーツは完全に形が変わっているので差し替えるほか無いですが、
ひざ下に関しては元のパーツでもなんとかならないこともない…かもw

P2060019.jpg
上半身は腕を後方に折り曲げ、羽を前方へ向けます。
背中のカバーを前方へ回しつつ、二重になっている外側の方を一旦外して先端の方に移動。
これと先ほどの下半身を連結すると…

P2060023.jpgP2060027.jpg
ピアサー形態の完成です。
差し替え変形なこともあって、かなりスマートで格好よく纏まってますな。
というか、この状態見る限りこちら前提で作られている気がしないでも…?

P2060033.jpgP2060036.jpg
P2060040.jpgP2060044.jpg
ピアサー形態でぐるっと。
変形自体はそれほど複雑なものではないんですが(と言っても一部ゲッター変形なのでアレですがw)、
いかにも飛びそうなスマートな姿になってますね。
あ、ちなみに人型形態はウォーリア形態と言いますw

P2060048.jpg
このピアサー形態、基本的にはきっちり変形できるんですが、
腕の部分だけは固定できないのでちょっとぐらつきますね。
そのすぐ下の足が固定パーツに入れ替わってますから、そこにうまいことはめ込めばいいだけではありますがw

P2060058.jpg
ちなみに、ひざ下パーツだけ変形後のものを使うことで
綺麗な正座をすることが可能です…
だからなんだ、ってな話ではありますがw

P2060108.jpg
まるっ!とやりつつ可動について。
割と独特になりがちなリボルテック&形状が独特なウォクスの合わせ技で、
かーなり独特な作りになっている部分がありますね。

P2060114.jpg
まず腕回り、肩ですが。
前述のとおり、胴体に対して後方向きにリボジョイントが刺さっている形になっています。
そのため前後方向の腕振りがやや苦手。
…といいつつ、横方向には大きく回りますから(ほぼ制限なし)腕は上には上がりますし、
こんな感じで真剣白刃取り(失敗)も再現可能ですw

P2060126.jpg
肘は小さいリボジョイント接続で、90度程度の曲げ伸ばしとロール軸を兼ねています。
肩と合わせれば、人体の構造とは違うのでちょっと慣れがいりますが、
しっかり相手の胴をホールドして(といっても巻きつけてるだけですが)1話のバックドロップも再現可能。
ちなみに、Wikipediaだとジャーマンスープレックスと記載されていますが間違いですな。
ちゃんと相手の脇の下に頭を入れてから投げているので、あれは正しくバックドロップですw
ジャーマンは真後ろから組み付いて後方に反り投げる感じ。

P2060131.jpg
手首は棒を差し込むだけの接続方式なので、ロールのみ可能。
まるっ!はできるのでいいんですが、出来れば電柱バットとかそのへん再現できるように
持ち手も欲しかったところですなw

P2060136.jpg
続いて下半身。
股関節はリボジョイント接続で、前後回転と開脚が可能です。
更に微妙な脚のひねりもジョイントの角度調整で再現。
構造上開脚はあまり出来ませんが、慣れ次第ではかなり複雑な角度を取ることができますね。
すごくややこしいですがw

P2060139.jpg
膝は腿と膝、脛でそれぞれリボジョイント接続。
それぞれ90度まで曲げられるので結果的に180度まがる二重関節のような状態に。
かつ、ひねりも入れられますね。

P2060145.jpg
足首は小さいリボジョイントで接続。
ここも曲げ伸ばしとひねりをかなりの自由度で入れられるんですが…
ウォーマシンあたりでもそうでしたが、小さいリボジョイントは足首に使うには保持力が弱くてですね。
ただでさえ独特な形状の足首で接地&バランス取りが難しいのに、角度によっては自重に耐え切れない、
となかなか自立させるのは手間がかかります(;´∀`)

P2060149.jpg
そうは言っても、角度さえ決まればピシっと立ってはくれますけどね。
ウォクスに限ったことではないですが、リボルテックはくせに慣れるのが大変な気がします(;´∀`)

P2060155.jpg
首は小さいリボジョイント接続。
こちらも腕と同じような形で、L字に曲げたジョイントを正面向きに首に突き刺す形になっています。
左右回転と上下・左右に首を傾けることが可能ですが、前後に長い頭の形状の都合で
さほど可動範囲は広くないですね。
いまさらな余談ですが、今回ヤラレ役にはReveal The Shield版オプティマスを起用。
いえ、なんか武器の形状が亜空ソードっぽくて大きさ&可動も程良かったので…w

P2060165.jpg
そぉい!っとぶん投げつつ胴体の可動の話。
胴体は胸と腹の境目のところでリボジョイント接続。
左右回転と前後45度程度の曲げ伸ばし、左右への傾けが可能です。
上の方の写真で出しましたとおり、バックドロップが決められる程度には背中をそらせますよw

P2060175.jpg
と、かなり癖のある可動ではありますが劇中の動きは結構再現できるんではないかと思います。
持ち手の少なさと、肩が動かないところが少し残念なところではありますね。
まぁ、持ち手はともかく肩は動かそうとするとその上の羽根に繋がる部分がどうなるか分けがわからなくなりそうですがw

P2060179.jpg
以上、リボルテックヤマグチ版のウォクス・アウラでした。
差し替えでながらも変形もきっちりこなしますし、なかなか良い感じの出来だと思いますよ。
ROBOT魂版も今度でますが、あちらはウォーリア形態オンリーで可動とプロポーション重視ということで、
住み分けしつつもいい対照になるんではないでしょうかw
そして、出来ればウォクス・リンファ&イグニスも…!
(´・ω・`)<ROBOT魂版はWeb限定確定しちゃいましたしね~…
amazon
    
関連記事一覧


管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

web拍手


 Category:リボルテックヤマグチ

 タグ: リボルテック  ヤマグチ  輪廻のラグランジェ  ウォクス  アウラ 


Comments:4 

Fネガ  

No Title

こんばんはー(・ω・)ノ
リボルテックヤマグチ版ウォクス・アウラのレビューお疲れ様です。
最近は可動が良好なロボット玩具も増えて色々面白い遊びが本当にできる時代になりましたね
って・・・・司令官がひどい目にぃ~!?
まあこんな夢の対決が可能ということで・・・・
輪廻のラグランジェのデザインは地球外のロボット的なデザインが好きですね!
とくにこの流線的なデザイン・・・・・さらに飛行形態
さらに正座までできるというこの可動性!
もう見たまま逸品ですね・・・・
ではまたコメントさせてもらいますね

2012/08/19 (Sun) 21:57 | EDIT |   

みーる  

No Title

レーザーコンボイに恨みでもあるんですかww
それはそれとしてきれいな線のメカですね。原作知らないけど買っちゃおうかな・・・

2012/08/20 (Mon) 22:57 | EDIT |   

ヌエベ  

No Title

あ~中の人がゆいかおりの香織の方でしたね。これ以降から頻繁に見ますが、私はゆい派だったり(待て)

日産のデザイナー担当だけに曲線状の多いとことかロボデュアリスですね。
亜空間設定はあれだ、バルディオス。丁度海のブルーですし・・・
レーザーコンボイは・・・あれか、肩幅広いからか。敵も肩幅広いし(ないな)

しかしこの作品ボンズが製作に関わってるわけでもないんですね。タイトルの付け方とかセブンなんたらみたいな輪廻解放とかほぼエウレカのまんまなんだけどな~。

2012/08/20 (Mon) 23:26 | EDIT |   

tagoal  

みどりレス

>Fネガさん
色々と具合が良かったんです、海外版司令官w
普段ロボットをデザインしない人のデザインということで、他にない独特の味があるので
オービッドのデザインは非常に気に入っておりますよw
正座はまぁ、ネタですが…w

>みーるさん
むしろレーザーコンボイが扱いやすいがゆえの…w
原作はロボットアニメ色はあんまり濃くなかったりしますが、デザイン買いってのもありですなw

>ヌエベさん
デュアリスのCMのあれに似てるのは確かにw
同じ会社ですしね、志向は似るのかもですね…w
亜空間云々は…ぶっちゃけ武器関係の名前くらいしか出てこないので(゚ε゚)キニシナイ!!でもいいかとw
エウレカ風味…はあまり私は感じてないですなぁ~。
確かにタイトルロゴのフォントはちょっと似てますがw

2012/08/25 (Sat) 21:47 | EDIT |   

Leave a comment