またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

10
暑くなってきましたね('A`)
季節柄暑いほうが自然、ではあるんですが、やはり暑いといろいろダレますな…(;´∀`)
うちの職場の(って言うか私の席の近くの)エアコンが先日故障して修理待ち状態なので、
直るまではほどほどの暑さにしておいてもらえると助かるんですg(マテ

と、いい感じに茹で上がりつつ今回のネタへ。(;´Д`)<夏生まれの割に暑いのニガテ
トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズからスタースクリームです。
P2000477.jpg
ようやく積んでたTFに手を付け始めました…(;´∀`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P2000479.jpgP2000481.jpg
というわけで、今回はトランスフォーマープライムのアームズマイクロンシリーズ6月末発売分よりスタースクリーム。
以前紹介したRID版の国内仕様ですな。
では、まずはビークルモードから。ジェット戦闘機ですね。

P2000483.jpg
付属のシール。
先日ブレークダウンの記事を書いた際にも確認しましたが、5月発売組と同じタイプのシールですね。
紙製のシールではありますが、粘着力や表面の質感もこれまでこのシリーズに付属したシールの中では一番しっかりしてますし
このタイプがベターだとタカトミの中の人も判断したんでしょうw
それでもまだ、はじっことか浮いてきたりもしますが…そんな時は瞬間接着剤を一滴流し込んでやればおk。
って、別にこのシール特有の対処と言うわけでもないですが(;´∀`)

P2000485.jpgP2000487.jpg
シールなしのビークルはこんな感じ。
主翼の銀色、主翼付け根と尾翼の赤い部分、背面の赤い縞々部分がシールでの再現になっています。
ビークルモードに限ればシール無しでもそれほど差は大きくない…といいたいところなんですが、
銀やらメタリックレッドやら目立つ色をシールで賄う分割と違いが目立つかもですな(;´∀`)

P2000489.jpgP2000491.jpg
P2000493.jpgP2000495.jpg
ビークルでぐるっと。
ざっと調べてみたところ、モチーフはF-16でいいみたいですね。
飛行機タイプのヴォイジャークラスなのにランディングギアのギミックがなかったりするあたりは少々残念ですが、
RID版からしてそうですからまぁしゃーなし、ということで。

P2000497.jpg
ところでこのスタスク、箱裏の説明によればかつてサイバトロン星最速の航空部隊の指揮官であった、とのこと。
おそらくこれは(一応)世界観を共有しているゲーム、TRANSFORMERS WAR FOR CYBERTORNの設定を匂わせてますね。
あちらの設定を丸々採用してしまうとプライム本編と矛盾が出ちゃうので、匂わせる程度にとどめているっぽいですが…w
あちらだと航空部隊指揮官から生産施設の管理者に格下げ?されていて、その辺の不満をメガトロンにつつかれてディセプティコン入りした…と言う風な流れだったはず。

P2000499.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
機首をぐいっと折り曲げて、主翼から機首側へ伸びているパーツのジョイントを外して後方へ回します。
尾部のブースター部分を真ん中から分割して…

P2000501.jpg
機体の側面部分を伸ばして、ブースター部分は足首に変形。
脚部を形成した後、機首あたりを軸に脚部を機首側へ向け、立たせます。
主翼はビークル上面(ロボ時の背中)中央に寄せるように持ち上げておきましょう。

P2000503.jpg
垂直尾翼部分を中央で分割し、伸ばして腕に。
かつ、付け根部分をロボットの胸部分に移動させてジョイントします。
あとは各部を調節すれば出来上がり。

P2000505.jpgP2000507.jpg
ロボットモード。
RID版の時も書きましたが、ほんとやたらに体形の再現度合いが高くて…w

P2000509.jpgP2000511.jpg
P2000513.jpgP2000515.jpg
ロボットモードでぐるっと。
RID版からアームズマイクロンシリーズ仕様になる場合、大抵はマイクロン用にジョイントが追加されています。
が、こいつの場合その辺の改修はないっぽいですな。
つまり純粋に塗装が減っただけという…もともと5ミリ穴はそこそこの数空いてますからアームズアップ遊びには問題ないと言えば問題ないんですけどねw

P2000520.jpg
シール無しのロボットモードはこんな感じ。
…すいません、背面の写真撮り忘れました('A`)
肩正面、胸部の赤いところ、腰の中央、ふくらはぎの翼状の部分、つま先がシールでの再現です。
曲面に貼るシールが少ないですし枚数も多くないので、シール貼り作業はかなり楽な部類になりますな。

P2000522.jpg
顔まわり。
塗装も含めてほぼRID版と同一ですかね。
実に劇中によく似ておりますw
んが、やっぱり角はグレーのまんま。ほんと、なんかこだわりでもあるんでしょうかw

P2000524.jpg
腕回り。
RID版のパワーライザーギミックの名残で前腕部分がクリア成型ですね。
これはこれで結構きれいなんですが、経年劣化がちょっと心配かも。
今から心配してもしょうがないですけどもw

P2000526.jpg
胴体。
RID版では胸の赤いところとわき腹部分が塗装だったんですが、
胸はシール、わき腹は成型色そのままに。ちょっと色数減っちゃってますね。
胸部中央のクリアパーツは、腕同様RID版のパワーライザーギミックの名残ですが
そのせいで胸のディセプティコンエンブレムがないので別キャラの余剰シールをもって来て貼ってあげると再現度上がっていいかもですな。
国内版だけだとパワーライザーギミックは死にギミックですし(;´∀`)
余談なんですが、プライム版スタスクの胴体って実写版スタスクの顔面がデザインのモチーフなんだとか。言われてみればそう見えないことも…w

P2000528.jpg
背中。
プライム版スタスクの特徴の一つでもある背中の4枚羽根はきっちり再現。
主翼に銀が足されている分、ちょっとだけRID版より派手かもですねw

P2000530.jpg
脚部。
水平尾翼回りのパーツが足首にくっついているので、劇中よりちょっとごちゃっとした印象に。
RID版の時にも書きましたが、たぶんこれG1版の玩具をリスペクトした構造なんではないかなと…

P2000540.jpgP2000542.jpg
ここで一旦スタスク本体から離れて、アームズマイクロン・グルの方へ。
イーグル型ということで、イー「グル」というのが名前の由来になりますねw

P2000544.jpgP2000546.jpg
P2000548.jpgP2000550.jpg
グルをぐるっと一回り…駄洒落みたいなことに(;´∀`)
脚は一応あるんですが、後ろのほうすぎてそれだけでは自立不可。
首の下にある凸ジョイントとあわせて三本脚で立っている状態ですね。
上からの絵が無いので見えづらいですが、翼にくっついているエネルゴンクリスタルはAP(六角形)ダーク。

P2000552.jpgP2000554.jpg
シール無しだとこんな感じに。
やっぱり地味にはなりますが、グルはモールドもしっかりしてますしこれはこれで悪くない感じですね。

P2000560.jpgP2000562.jpg
尾羽を畳んで翼を後方へまとめ、首を真上に折り曲げてウェポンモードに。
プラズマカノンに変形します。
胴体部分にロール軸があって銃身を捻ることが出来るため、ハンドガンっぽくもなりますし腕に直接マウントしても似合いますし、
さらには尾部にジョイントが突き出てくるのでここをもってハンドアックスもしくはショートソード風味に見立てることも可能、と何気に単体でも応用幅が広い感じですな。

P2000565.jpgP2000567.jpg
シール無しウェポンモードはこんな感じ。
シンプルな感じで、こちらも悪くないですな。
むしろ単体武器としてはこっちの方がまとまりよく見えるかもw

P2000625.jpg
ウェポンモードを実際に装備して見るとこんな感じに。
大きさ・デザインとも非常に使いやすいです。
ゾリといい、ダーク系アームズマイクロンは使いやすくていいですなw
なお、ビークル時には主翼の下やコクピットの後方に搭載することが可能になっていますよ。

P2000659.jpg
可動に関して。
といっても、RID版から形状の変更は(たぶん)無いので
あちら参照、おわり!でも正直支障はないかもしれませんw

P2000662.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイントです。
各方向への回転と水平やや上まで腕を上げることが可能です。
後方は翼が引っかかっちゃいますけどね(;´∀`)

P2000666.jpg
RID版では腕の動きと一緒に胸部パーツがパカっと開くことがありましたが、
国内版だとジョイントがきつめになっているのか今のところパカパカしたことはないですね。
やはりある程度は微調整が入っているかもしれません。

P2000670.jpg
肘は変形機構を兼ねている関係もあって、180度曲げられます。
上腕部分にはロール軸もありますし、肩のボールジョイントとあわせて
腕全体の可動範囲はかなり広いですね。

P2000676.jpg
手首は捻ることが可能。
指がほそーく造形されていますが、一応5ミリ系の物は持てるような作りになってますので
アームズマイクロンやメックテックウェポンの手持ち装備も可能です。
ちょっと保持力は弱いですけどね。

P2000681.jpg
続いて下半身、股関節は前後回転と開脚方向への多軸関節です。
前後方向は干渉もなくほぼ無制限に回りますが、開脚方向は太ももの側面が出っ張っているため
大きく開脚するには太もものロール軸で足をひねって出っ張りを避けてあげる必要がありますな。

P2000683.jpg
膝は90度曲げられます。
ひざ下がだいぶ長いので、立て膝なんかはちょっとムリ。
そして膝から出ているとんがりパーツ、これが結構知らず知らずのうちに何かに引っかかって下がっちゃうので
ブンドドする際は時々気にかけてあげましょうw

P2000685.jpg
足首は前後方向への曲げ伸ばしが可能。
正直足首だけだと余り安定しないんですが、側面にくっついている水平尾翼&ブースターパーツがいい感じに支えになるので
結果的にかなりの安定感を誇りますw

P2000687.jpg
首はボールジョイント。
また、胴体と首の接続部が前後にスイングするようになっています。
襟パーツがアゴに干渉するので、左右を向くのは少し苦手。上下方向の動きのほうが得意ですね。
とはいっても、一回アゴを上げてから首を回してあげれば大体OKだったりしますがw

P2000689.jpg
胴体は固定。
変形機構の都合上しょうがないところではありますね。
とはいえ、手足がよく動きますからそんなに不便はない感じ。

P2000691.jpg
気になる点としては、RID版と同様背中の翼が特に固定されないので遊ぶ際はずれないようちょっと気を使う、といったあたりでしょうか。
あとは、何気にビークル時の主翼につけるミサイルが削除されています。
確かにあれ、ロボット時には余剰気味になっちゃうんですが…ビークルの時はやっぱり欲しいんですよね、ミサイル(;´∀`)

P2000700.jpg
RID版と@ビークル。
国内版はブースターノズルが成型色そのままな代わり、シールで主翼に銀が追加されている形ですね。
シール仕様の是非は置いておいて、完成状態での見栄えに関してはもう好みの問題、と言ってしまっていいかと。

P2000702.jpg
RID版と@ロボット。
海外版の塗装部位はおおむねシールに置き換えられているんですが、わき腹のブルーと太もものシルバーがないのが目立つ違いですね。
とはいえ、腹のブルーは劇中CGにはないですし太ももの色分けパターンも違う(というか正面から見るとほぼ一色)なので、再現度が下がった!
と一概には言えないのかも。

P2000704.jpg
前述しましたが、アームズマイクロン仕様になるに当たって追加パーツ等は無いので可動に関してはほぼ同一。
国内版の方が各部ジョイントや関節がきつめになっているかな?と言う感じはありますね。

P2000705.jpg
そういえばこのスタスク、製品の番号的には7番目のアームズマイクロン製品なんですが。
えらく発売遅れましたよね…
RID版版から本体の仕様が大きく変わったわけでもないですし、一体何があったのやら。

P2000707.jpgP2000709.jpg
以上、トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズからスタースクリームでした。
よく動きますし、作りも結構カッチリしているので遊びやすいですね。
グルも良好な出来ですし、なんだかんだでよくまとまってるナイスな奴だと思いますよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロン オプティマスプライムブラスター(てれびくん2012年9月号付録)
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロン ウェポンシリーズ(シエルGR・バロG・ジダR)
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ メガトロン ダークネス
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ メディックノックアウト
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロン ウェポンシリーズ(ガブ・バル・ダイ)
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ ウォーブレークダウン
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロン (ガチャ版)
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ バルクヘッド


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーPRIME/アームズマイクロンシリーズ

     タグ: トランスフォーマー  プライム  PRIME  アームズマイクロン  ディセプティコン  スタースクリーム  グル 


    Comments:4 

    Fネガ  

    No Title

    こんにちは~
    AMスタスクのレビューですね!
    私は海外版だけ今のところ持っていますけど「グル」の存在はいいですな・・・・・
    アームズマイクロンもここまで数が増えるとアームズアップが楽しくなってきまして・・・・・(マテ
    ジョイントか5ミリ穴が増設されてあるかと思いきや使用は海外版と全く変わりなく(ミサイルは付いてませんけど・・・・・)
    こっちの発売待てばよかったかなと少し思ってたり・・・・・
    アームズマイクロンとの連携がとても良好な逸品です!
    ではまたコメントさせてもらいますね

    2012/07/10 (Tue) 12:18 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    プライムスタスクって今の所プラズマカノンよりミサイル使ってたイメージの方が強いから
    スタスクに限って海外版買おうかと迷ってるんですよね。と言うか作画で言えば常に腕にミサイル付けてたような
    他は何かしら改修が入ってた本体に塗装以外の差異が無いから尚更迷わせる…たかが2パーツの癖に何て罪作りなんだミサイル!

    ただコンボウェポンの素材によく使われてるからグルも捨てがたいし…
    グル(と言うかボイジャークラス付属のマイクロン)を単品売りしてくれたらなぁ

    2012/07/10 (Tue) 14:59 | EDIT |   

    tagoal  

    スタスクれす

    >Fネガさん
    グルはなかなかにいい出来ですし、、これだけのためにスタスク買う人もいるとか居ないとかw
    色そこまで極端に差はないですし、ほんとグル取るかパワーライザーとるかになってる気がしますw

    >さすりゅ~さん
    確かに、プライムスタスクは腕ミサイル使ってることが多いですな。
    一応海外版だと腕ミサイルは付きますが、場所若干違いますしね…w
    もうほんと、グル取るかどうかで決めちゃうしか無いですなw

    2012/07/17 (Tue) 00:33 | EDIT |   

    でぃあぼろ  

    イングシニアについて

    スタースクリームって胸がパワーライザーギミックが入ってるから、ディセプティコンのイングシニアが無いんだな、と思っていたんですけど、なんと左肩のシールにうっすらディセプティコンのイングシニアが印刷されてるじゃないですか
    光に反射させればよく見えます。
    たごーるさんはお気づきでしたか?

    2013/03/10 (Sun) 13:51 | EDIT |   

    Leave a comment