またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

26
珍しく、本日二回目の更新でございます。
最近はネタが渋滞しがちですし、この週末は割と暇だったりするので(マテ
まーたまには…w

と、いうことで今回のネタへ。
トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズのバルクヘッドです。
P1970460.jpg
しかし、これでもアームズマイクロンも10体ですか…結構増えましたなぁ(´ω`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1970462.jpgP1970464.jpg
というわけで、本日2つ目のネタはトランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズからバルクヘッド。
一つ前の記事のアーシーと同じく、本日発売の新製品ですな。
モノとしては以前紹介しましたROBOTS IN DISUGUISE版の仕様変更品になりますね。
それではまずはビークルモードから。
SUVです。ちょうど今週の放送で本人自ら説明してましたなw

P1970466.jpg
付属のシール…
なんですがすいません、写真撮るのを忘れてちょこっと使ってしまってます(;´∀`)
ちなみに使ったのは窓部分。
アーシーの時にも書きましたが、これまでの同シリーズに付属したものとはまた違うタイプのシールになっています。
紙シールながら、多分粘着力は歴代最強。でも紙ですから耐久力にちょっと不安が…

P1970472.jpgP1970479.jpg
で、シール無し状態のビークルはこちら。
超緑です(;´∀`)<ホイールに銀塗装があったり、部分的には塗り分けされてるんですが…
最初のビークル形態の写真で緑でなかった部分は殆どシールだったりします。
枚数で言えばラチェットにも迫りそうですし、モールドの上から貼る部分もライトやボンネットなどそこそこあるんですが…
シールの粘着力が高い&先月発売組のものと比べれば格段にモールドに沿わせやすい上、
アームズマイクロンシリーズとしては初めてシール貼りがビークルモードだけで完結してしまう…ということもあってか
貼るのに苦労した覚えがあまりなかったりします。っていうか今回のシールだとわりと楽しかったり…見た目も化けますしねw

P1970484.jpg
ところで。
今回のバルクヘッドの箱裏に書いてあるプロフィールなんですが。
乱暴者でトラブル大好きだけど気の良い奴で、硬くて強いぞ!(要約)はいいんですが、
「怪力の持ち主。パンチで相手の内蔵をえぐりだして破壊する」んだそうです。
なんかさりげにエグいですよこの人…w

P1970488.jpg
と、相手がロボじゃなきゃスプラッタだよね…と地味にガクブルしつつトランスフォームw
とは言ってもRID版と一緒ですけどね。
両側面の外装を開いて前輪部分を伸ばし、足首を形成して脚部に。
腰部分を回転させてボンネット部分をジョイント、胴体を固定します。
この時バンパーの下から股間ガードを出してかぶせておきます。

P1970490.jpg
脚部ができたら、フロントのドアを思い切り前へ引き出した後、
フロントが得明日前に添わせて胸部に。
その後リアの窓を前方へ移動、ひっくり返して肩アーマーにします。

P1970492.jpg
車体後部に収まっていた腕を肩アーマーの下に移動し、伸ばして手首を出します。
車体後方の外装を折り曲げて背中にし、頭部を出したらあとは各部を調節して出来上がり。

P1970495.jpgP1970497.jpg
ロボットモード。
シールを貼ったことで、RID版よりも情報量が増えました。
手足部分にシールが一切無いせいか、結構な枚数シール貼っている割にはシールまみれな感じは薄かったり。

P1970530.jpgP1970532.jpg

P1970534.jpgP1970536.jpg
ぐるっとひと回り。
見事なマッチョデブ系の体型はRID版譲り。
成型色がメタリックグリーンなので、明るいところで見るとなかなか綺麗です。
シールの光沢も成型色と結構あっていますしね。

P1970538.jpgP1970540.jpg
シール無し状態のロボットモードがこちら。
ビークルの時ほどではないですが、緑ですなー…w
ちょうど胴体の前面にシールを貼る部分が集中するため、シールを貼った時と貼らない時では
大分印象が変わると思います。

P1970543.jpg
顔周り。
成型色以外、形状はRID版から何ら変化はありませんが、よくよく見ると
RID版からとさかの中の塗装が省かれていたりします。
気にならない部分ではありますが、なんというか涙ぐましいコスト削減の努力の跡が見えますね…(;´∀`)

P1970545.jpgP1970547.jpg
頭部形状はRID版から変化なしということで、顎の可動も健在。
もごもごっと喋ってる風の動きが可能です。
が、思いっきり持ち上げると見た目が大変なことになるので要注意ですなw

P1970550.jpg
腕周り。
腕の窓は本来RID版のパワーライザーギミック用ですが、
肝心のパワーライザー武器が付属しないので国内版ではただのクリア窓に。
一応、RID版の武器を使えば同じようにパワーライザーギミックを楽しむことは可能ですよ。

P1970552.jpg
胴体。
ここの見た目が、RID版から一番変わったところでしょうね。
とは言っても、カラーリングだけですがw
どちらも劇中とはだいぶ違うので、好みの問題…な気はしないでも無いですけどね。

P1970554.jpg
背中。
背中上部にあるクリアパーツ製の5ミリジョイント、こちらはRID版では
立たせて光の取り込み口を作れるようになっていましたが…
パワーライザーギミックがなくなったため用なし、ということで説明書からもここが動かせることは削除されてますね。
ギミック自体は健在なので、ここでパワーライザーギミックを楽しむことももちろん可能ですよ。

P1970556.jpg
脚部。
今回RID版からのカラーリングの変化が一番少ない部分です。
…といっても、緑色の色味自体がぜんぜん違うため印象はガラッと変わってますけどねw

P1970559.jpgP1970562.jpg
ここで本体は一旦おいておいて、相方のアームズマイクロンへ。
この丸っこいのがバルクヘッドのアームズマイクロン、ベーハーです。
「B」ulk「H」ead→BH→ドイツ語っぽい読みで「ベー・ハー」、という流れからの命名ですな。

P1970565.jpgP1970567.jpg

P1970569.jpgP1970571.jpg
ぐるっとひと回り。
ウエポンモードがレッキングボールである都合上、実に丸っこいです。
色が緑なせいで、サボテンっぽくも見えますな…w

P1970573.jpgP1970575.jpg
シール無しベーハーのロボットモード。
緑一色でますますサボテンちっくな…w

P1970577.jpgP1970579.jpg
ウエポンモード。
腕をたたんでロボット部分を持ち上げ、ロボ頭部とレッキングボール部分をジョイントして完成します。
前述のとおりレッキングボールなんですが、砲門っぽいモールドがあるので何かのランチャーっぽくも見えますね。
ちなみに、こいつのエネルゴンクリスタルはオレンジ・四角形の「HPファスト」。
後述しますが、アーシーのアルク・クリフジャンパーのシエルと組み合わせることでスーパーコンボ武器を作成可能です。

P1970581.jpgP1970584.jpg
シール無しのウエポンモード。
なんというか、やっぱりサボテンっぽいというか…w

P1970613.jpg
ウエポンモードを装備させるとこんな感じ。
持ち方も銃器っぽいんですよねぇ…w

P1970615.jpg
ビークルモードでももちろん装備可能。…なんですが、
形状の問題でなかなか良い感じに装備ができません(;´∀`)

P1970617.jpg
ところでこのベーハー、背中のピンを引きぬくことで中からチェーンが出てきます。
ここをもって振り回せば非常にレッキングボールらしいんですが、マイクロンのボディが前面にある以上
ここ持って振り回していると虐待にしか…w

P1970619.jpg
そして、このチェーンの活用例がこちら。
箱裏や説明書で紹介されているコンボ武器、ネビュラサイズです。
アーシーのアルクとオプティマスのオーピー、そしてべーハーの組み合わせでできる大型の鎖鎌状武器
…ってことになってるんですが、得物が大きくなりすぎて鎖が申し訳程度に…w
しかも鎖部分以外持てる部分がないという、公式の割にはちょっと詰めの甘い組み合わせになってしまってますね。

P1970622.jpg
そして別の組み合わせ。
先述したアルク・シエル・べーハーの組み合わせでできるスーパーコンボウエポン、ギャラクシーランチャーです。
スターセイバーに続くアームズマイクロンシリーズ2つめのスーパーコンボ武器なんですが、
今週のアームズマイクロン劇場で初めて紹介されたという微妙に不憫な組み合わせです(;´∀`)<誰かの説明書に載せればいいのに

P1970627.jpg
可動に関して。
作り自体はRID版と一緒ですので、基本的に可動範囲は一緒ですね。
金型の改修が入ってますから、関節の硬さなんかは変わっていますけどね。

P1970632.jpg
まず腕周り、肩は胴体との境目で前後回転でき、そこからバーが伸びてまして
腕との継ぎ目で外側への開閉が可能…という多重構造の関節になっています。
前後回転はほぼ制限なしに可能、外側も水平よりやや上まで腕を広げることが出来ますね。

P1970637.jpg
肘は二重関節で、180度曲がります。
上腕部分と肘のすぐ下にはそれぞれロール軸がありますし、
前述の肩の可動範囲の広さも手伝って非常に腕の取り回しがやりやすいです。

P1970643.jpg
肩アーマーも独立してますから、肩アーマをそのままに腕だけ上に上げる、
なんて芸当も可能なのが嬉しいところ。
RID版でも書きましたが、これができるアクションフィギュアってあんまり無いですからねぇw

P1970652.jpg
手首は曲げ伸ばしだけ可能ですが、
前述の肘下のロール軸が手首の回転軸の代わりになりますね。
手の穴と手首走行の位置が近いので持ち手の短いアームズマイクロンが持ちにくい、
という残念ポイントはありますがそれを補えるだけの稼働範囲の広さだと思います。

P1970655.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイント。
前後方向は水平かやや上くらいまで、開脚方向はほぼ水平まで足が上がります。
割と大きく棒が横に張り出している構造で、そのまま見えていると不恰好なんですが
うまいことバンパーが隠してくれてますねw

P1970660.jpg
膝は大体90度くらい曲がります。
そんなに長い足ではないですし、とりあえずこのくらい曲がってくれれば最低限は…という感じですなw
また、太ももにはロール軸がありますから脚をひねることも可能ですよ。

P1970664.jpg
足首は固定。
ここがこのタイプのちょっと残念なところですね。
あまり接地性がよろしくないですし、安定感もちょっと不安がありますね。

P1970673.jpg
とはいえ、全く立てないというわけではないですので、
ポージングの際ちょっと気をつければ済む程度ではありますw

P1970681.jpg
首はボールジョイント。
左右回転と、多少の上下動が可能です。
上向きは苦手ですが、顎の可動のお陰で顎を引く方向には必要以上に動いてくれたりw

P1970689.jpg
胴体は固定。
変形機構的にやむなしではありますね。
手足がよく動くので、腰がひねれないぶんの穴埋めは可能ですし
特に不自由はないですな。

P1970697.jpg
と、立たせた際の安定感にちょっと不安がありますが、
他は非常に良く動くのでブンドドやって遊ぶ分には十分でしょうか。
関節の保持力もRID版以上にかっちりしてまして、肩辺りはちょっと固すぎるくらいですなw

P1970700.jpg

RID版と@ビークル。
シールをきちんと貼ると、国内版のほうが色分けは細かくなりますね。
ライトやフロントグリルなんかのモールドの上に貼る部分も、先の細い棒なんかで
地道に地道にモールドにシールを沿わせていけばなかなかいい感じに。

P1970702.jpg

RID版と@ロボット。
武装の違いはともかく、カラーリングがガラリと変わってますな。
国内版は緑色が明るく、かつメタリック調の成型色に変わっています。


P1970709.jpg
型自体は同型ですから、お互いの武器の入れ替えももちろん可能。
ギミック含め、全く問題なく使うことが可能です。
RID版も窓の塗装がなかったりするので、そこだけ国内版のシール貼ってみたり、とか
試してみたいですが…さすがにおさいふ事情的にキツいですなw

P1970711.jpgP1970713.jpg
以上、トランスフォーマープライム・アームズマイクロンシリーズのバルクヘッドでした。
海外版もいい仕事している一品でしたが、国内版もこれはこれで。
シール貼る前後での変わりぶりもなかなか楽しいですよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ スタースクリーム
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロン ウェポンシリーズ(ガブ・バル・ダイ)
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ ウォーブレークダウン
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロン (ガチャ版)
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ アーシー
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ テラーコンクリフジャンパー
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ サウンドウェーブ
  • トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ バンブルビー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーPRIME/アームズマイクロンシリーズ

     タグ: トランスフォーマー  プライム  PRIME  アームズマイクロン  オートボット  バルクヘッド  べーハー 


    Comments:3 

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは
    AMシリーズのバルクヘッドですか・・・・・
    海外版と比べてカラーリングはちょっと明るめのグリーンでドアの両側に5ミリジョイントが2つ備わってるんですね・・・・・
    これもまたシールを張ると化けますね
    アームズマイクロンの「ベーハー」も銃とハンマーの2つを兼ね備えてるとはなかなか・・・・・
    さらにコンボウェポンもカッコいい!
    でもお財布事情はお互い厳しい限りですね・・・・・(悲)
    私の場合はこれは少しお預けですかね・・・・・
    ではまたコメントさせてもらいますね

    2012/05/27 (Sun) 00:48 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    ベーハーに鎖が仕込まれているのは箱裏見て初めて知ったり
    アニメイテッドアイアンハイドのイメージでしょうか?(こちらのレッキングボールは紐(ワイヤーのイメージ?)で繋がっていましたが)
    ロボットモードで持たせにくい以外はいい付属品だと思います
    劇中の武器とは海外版と同じく正直あんま似てないけど
    カラーリングはシールで再現する都合上今までの物はどれも海外版と比べて足りない色がありましたが
    今月分はぱっと見それがなく海外版に無い色も補われていい感じです
    シールの素材も4月分に比べれば貼りやすく剥がれにくくて今後もこの感覚をキープして貰いたい
    しかし折角日本版と海外版を持っていることだし
    一方にフル装備させたりアームズマイクロンにパワーライザー武器付けたり
    単なる武器交換以外にもっと色々遊べばよかったのに

    2012/05/27 (Sun) 20:36 | EDIT |   

    tagoal  

    ボケれす

    >Fネガさん
    今回の追加ジョイントは割と目立たないですし、シールさえきちんと貼れればかなり良い感じなので
    レッキングボールのボリュームを除けば国内版のほうがいいかもですなw
    おサイフの事情は…うん、いかんともしがたいですね('A`)
    >さすりゅ~さん
    私も現物見て初めて鎖入りを知りましたよ…短いけどw
    アニメイテッドイメージでしょうねぇ。たしかアニメイテッド劇中では鎖だったような?
    現実の建機用のレッキングボールはワイヤーなので、紐でもそれはそれでよかったかもですね。
    シールは今回の分はわりといいですよね。あとは耐久性がどうかw
    武器ごちゃ混ぜはやりだすときりがないので、写真は入れ替えだけでやめておきました。
    実際には色々やっておりますよw

    2012/06/03 (Sun) 14:01 | EDIT |   

    Leave a comment


    Trackbacks:1 

    Click to send a trackback(FC2 User)
    この記事へのトラックバック