またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

25
とりあえず、先日の風邪から体調はほぼ回復。
とはいってもやること特になかったのでぐだぐだーっと引きこもっております(マテ
先月は何かとドタバタしてましたし、こうやってのんびりしておくのも鋭気を養う意味では重要…ということでw

と、思いっきりだらだらしつつ今回のネタへ。
ゾイドエヴォドライヴから、レッドホーンです。
P1900087.jpg
前回に引き続き、ちょっと前のブツを…w

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1900242.jpgP1900244.jpg
というわけで、今回はゾイドエヴォドライヴのレッドホーン。
2007年ころに、小型化及び動力ユニットの共通化を計った新機軸のゾイドとして発売されたシリーズの一つですね。
…まぁ、結果はアレでナニだったわけですが…(´・ω・`)

P1900246.jpgP1900249.jpg
左右から。
本家版のレッドホーンより気持ち程度スマートかな?という感じの体型です。
なお、全身のマーキングはシールではなくタンポ印刷されていたり。
非常に綺麗に印刷されているんですが、本体の大きさの割に大きめでちょっとうるさい感じがするかも。
なお、左後ろ足の武装が壊れちゃっているのは気にしない方向で…(;´∀`)<撮影終わってから気づきました

P1900256.jpgP1900259.jpg
前後から。
本家版よりも小顔…というか胴体の幅が広くなってまして、正面からでも両足がまるまる見えるようになっています。
また、しっぽは後述のギミックが追加されたことにより地面にはつかずちょっと持ち上げた感じに。

P1900262.jpgP1900268.jpg
上下から。
背中側から見ると、ちょっと幅が広くなってのっぺりしているかもですね。
腹側には、充電用のプラグとスイッチが設けられています。

P1900270.jpgP1900273.jpg
付属のスタンド。
土台部分に電池を入れた上で出っ張っているプラグを腹の差込口に差すことで、本体に充電できるようになっています。
要するに充電器も兼ねているわけなんですが、なんでわざわざ電池式にしたのかは謎です…
この仕様ならACアダプタでもつけたほうが良かったはずなんですが(;´∀`)

P1900281.jpg
実際スタンドに乗せてみるとこんな感じに。
この状態でも動かせるように、スタンド側にもスイッチが設けられています。
ちなみに、この状態のほうが電力的に余裕が出るせいか普通に歩かせる時よりも動きが格段にパワフルだったり…w

P1900287.jpg
頭部周り。
形状自体は本家版をほぼそのまま縮小した感じですね。
目が緑なので、新ゾイド版…って、箱にでかでかとガイロスの紋章書いてあるので一目瞭然ではありますがw

P1900289.jpg
コクピットオープン。
前述のとおりガイロス帝国バージョンのはずなんですが、乗っている人は銀兵士だったりします(;´∀`)
非常に小さいですが元から固定されていて外れないため、行方不明になる心配はなし。

P1900291.jpgP1900294.jpg
動力を動かすと、フリル部分の3Dレーダーを上下する動きと口を開閉する動きを交互に繰り返します。
一応LEDも仕込まれてまして口の中と目が光るよ!となっているんですが、
実際はご覧のとおり喉元が光るだけ状態という…(;´∀`)

P1900296.jpg
背中。
前方の80mm地対空2連装ビーム砲、後方の対ゾイド3連リニアキャノン&ミサイルポッドも
本家同様に装備されています。
サブコクピット兼ビークルは、キャノピーは開くんですが残念ながら分離はなし。

P1900300.jpg
背面武装は、動力と連動して動くようになっています。
常時動くわけでなく立ち止まった時だけ動くのと、80mm地対空2連装ビーム砲だけでなく
対ゾイド3連リニアキャノン&ミサイルポッドも動くようになっているのが本家との違い。
対ゾイド3連リニアキャノン&ミサイルポッドが歩行中は真横…というかちょっと下向いた状態で
とまるようにセットされているので、歩行中いまいち締まらないのがちょっと残念かもですね。

P1900309.jpg
しっぽ。
後述の連動ギミックの関係で地面につかないようになっており、先端がちょっと上向きに。
おかげで、尻尾の先の罰ゲーム席(マテが更にしんどそうな席になっております(;´∀`)

P1900317.jpg
しっぽは、歩行中に動力と連動して左右にふられるようになっています。
ここもエヴォドライヴ版の独自ギミックなわけですが…
常時斜めっている上に左右に振り回されるようになって、しっぽ先端パイロットの負担が大変ですw

P1900319.jpg
脚部。
形状はほぼ本家版のままで、構造もほぼ一緒。
このへんは本家の完成度が高かったですし、あえて改変しなくても…ですねw

P1900326.jpgP1900327.jpg
ここまでもちょくちょく触れてきましたが、このレッドホーンは電源を入れるとしばらく歩行→立ち止まって
背中の武器が稼働&口の開閉をする、というギミックになっています。
つまり鳴き声こそ無いですがキングゴジュラスとかムゲンライガーに近いしくみになっていたり。
大きさはムゲンライガーの半分もないわけで、玩具としては非常にいい感じに進化していたわけですね。

んで、実際に動かしてみるとこんな感じです。

高画質版はこちらから
前半はスタンドに載せたまま、後半は実際に歩かせています。
立ち止まった時の動きが若干ぎこちないですが、それでもちゃんと歩行→停止&武器稼働→歩行と
安定した動きを見せてくれていますね。

P1900331.jpg
動きもなかなかいいものを見せてくれるエヴォドライヴですが、ラインナップには
この電動ユニット搭載型とゼンマイユニット搭載型がありまして。
双方に互換性があるため、買い揃えることによって武器の載せ替えや動力の載せ替えが楽しめる!
という遊び方もあったりします。

P1900338.jpg
と、玩具としてはなかなかに完成度が高いエヴォドライヴなんですが。
お値段がベラボーに高くてですね…(;´Д`)<こいつ定価6500円
ただでさえ人気に陰りの出ていた時期なのに割高感がとんでもないことになっており、
あえなく4種類で打ち切りに(´・ω・`)
いやほんと、すごく遊べるやつなんですよ?
でも、6500円と言われてしまうとよっぽどの酔狂な人しか…ここに一人いますけどw

P1900340.jpg
本家のレッドホーン…はちょっと引っ張り出すのが面倒だったので、同型のダークホーンと。
かなり小さいのが分かるかと思います。
このサイズで上述のギミックを仕込んだ、というのは本当にすごいんですが、
このサイズであのお値段、というのもまたきっついなーと…w

P1900341.jpg
以上、ゾイドエヴォドライヴのレッドホーンでした。
繰り返しになりますが、玩具として出来はいいんですよ出来は(;´∀`)<とにかくお値段が…
しかし、今となっては中古店なんかでかーなり安くなってますので、見つけたら一つつまんでみるのも一興かと…w

amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS バトルアクションフィギュア ライガーゼロホロテック
  • ZOIDS スペシャルカラーバージョンクリアイエロー セイバータイガーホロテック
  • ZOIDS 可動王 KZ-02 バーサークフューラー
  • ZOIDS ゾイドデフォルメフィギュアストラップ
  • ZOIDS ANIME 10th EDITION-02 アイアンコング カール・L・シュバルツ仕様
  • ZOIDS ANIME 10th EDITION-01 シールドライガー バン仕様


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSゾイドその他

     タグ: ゾイド 


    Comments:3 

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは
    ゾイドのレッドホーンがまた小さくなりましたね・・・・
    でもとても精巧にできてますね
    でもこれ当時かなりいい値段だった気が・・・・
    レッドホーンはこっちではあまり見かけないですね・・・・・
    通常のゾイドはホビーオフのプラモコーナーでよく見ますけど・・・・
    地元では貴重な商品かもですね
    ではまた!

    2012/03/25 (Sun) 22:44 | EDIT |   

    tagoal  

    赤角(小)れす

    >Fネガさん
    小さくなって出来はほんとにいいんですが、値段が大型ゾイド一個ちょっとしますからねぇ…
    これで値段さえ…!
    あるところには結構ありますし、あればおひとつw

    2012/03/27 (Tue) 22:35 | EDIT |   

    ab  

    No Title

    はじめまして。
    このブログの記事と動画がきっかけで久しぶりにゾイドを集めだしてしまいました。
    このエヴォドライブは小さい割には、結構格好良いんですよね。
    自分の田舎のおもちゃ屋では2012年になったというのに、FZ版バスターフューラー・ゴルヘックス、グラビティウルフ、デッドリーコング、バイオメカラプトル等と共に、レッドホーンを含むエヴォドライブシリーズも数種類が売れ残っていました…

    2012/04/04 (Wed) 22:49 | EDIT |   

    Leave a comment


    Trackbacks:2 

    Click to send a trackback(FC2 User)
    この記事へのトラックバック
    •  まとめteみた.【ZOIDS EVODRIVE ZED-03 レッドホーン】
    • とりあえず、先日の風邪から体調はほぼ回復。とはいってもやること特になかったのでぐだぐだーっと引きこもっております(マテ先月は何かとドタバタしてましたし、こうやってのんびりしておくのも鋭気を養う意味では重要…ということでwと、思いっきりだらだらしつつ今回?...
    • 2012.03.29 (Thu) 02:17 | まとめwoネタ速suru
    この記事へのトラックバック
    •  まとめteみた.【ZOIDS EVODRIVE ZED-03 レッドホーン】
    • とりあえず、先日の風邪から体調はほぼ回復。とはいってもやること特になかったのでぐだぐだーっと引きこもっております(マテ先月は何かとドタバタしてましたし、こうやってのんびりしておくのも鋭気を養う意味では重要…ということでwと、思いっきりだらだらしつつ今回?...
    • 2012.03.29 (Thu) 02:17 | まとめwoネタ速suru