またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

05
ブログのPC版テンプレートに少々手を加え、プチリニューアルしてみました。
フォントおよび一部のカラーリング変更と、レイアウトの微妙~な修正を行なっています。
土日使ってバッサリと違うデザインにしようかなー…とも思ったんですが、
いじり回しているうちに結局元に近い状態に…(;´∀`)<色が変わったので多少は雰囲気変わってますがw
あ、そうそう、スマートフォン版もデザインを変えています。こちらはがらっと変わってますよw

と、業務連絡しつつ今回のネタへ。
S.H.MonsterArtsより、ゴジラです。
P1820692.jpg
第二弾のメカゴジラが出たタイミングで第一弾というズレっぷりですが、まぁ(゚ε゚)キニシナイ!!

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1820702.jpgP1820706.jpg
というわけで、今回はS.H.モンスターアーツのゴジラ。
フィギュアーツ系列(といっていいのやらどうやら、ではありますがw)の怪獣枠、モンスターアーツの一発目です。
怪獣枠といってもウルトラアクトの方でウルトラ怪獣は出てますので、東宝怪獣枠、が正しいのかもしれませんが(;´∀`)

P1820709.jpg
まずはパッケージの中身から。
…といっても、本体と放射熱線エフェクトパーツのみというシンプルな構成です。

P1820711.jpgP1820714.jpg

P1820719.jpgP1820722.jpg
ぐるっと一回り。
このゴジラ、デザインとしては1994年の「ゴジラvsスペースゴジラ」版、通称モゲゴジがベースになっております。
vsスペースゴジラなのになんで通称がモゲゴジかといいますと、モゲラとの共闘バージョン、ということで…w
スペゴジ、とかだと当のスペースゴジラと区別がつかなくなりますからね(;´∀`)

P1820725.jpg
顔周り。
ネット上での評判を見るかぎり、このゴジラは目のプリントが良くないという評価が多数のようです。
個体によって、特に右目の視線があさっての方を向いているのが多いとか…
うちのものは、まぁマシな方でしょうかね…やっぱりちょっと斜視ぎみですが。

P1820733.jpg
正面から見ると若干厳しいところもありますが、斜めとか横から見ると
なかなかに良い面構えしていると思います。
ほんのちょっとだけ劇中より丸っこいかなー、という気もしないでも無いですが多分気のせい(マテ

P1820738.jpg
口は手動で開閉可能。
口の中の舌が妙にリアルですw
うちのものはちょっと奥のほう塗装がはげちゃってますけどね(´・ω・`)

P1820741.jpg
腕。
可動フィギュアである以上関節の境目はどうしても出てきてしまうものですが、
このゴジラは割と上手いこと隠せている方ではないかなーと。

P1820747.jpg
脚部。
こちらも割と上手いこと分割線を隠せている感じです。
といっても見ればすぐわかっちゃいますがw

P1820751.jpg
尻尾。
平成vsシリーズ以降のゴジラの特徴とも言っていいでしょう身長より長い尻尾ですが、
根元から先端ちょっと手前までにかけて、節ごとに可動できるようになっています。
ちなみに造形されている尻尾の節の数は劇中とぴったり同じ、さすがのこだわりですw

P1820754.jpg
初回特典として付属する熱線エフェクト。
初回特典とは言いますが、説明書にはこれのことしかないですし
ブリスターも完全にこのパーツありきの作りですし、もしかして二次出荷とか元から考えてない…?

P1820757.jpg
実際に使ってみるとこんな感じ。
先端を口に咥えさせるだけで、特に固定する仕組みはないようですね。

P1820760.jpg
首と尻尾を伸ばすことで、水中を泳ぐ時の状態を再現することも可能です。
ただ、この状態で体を支えるスタンドとかスタンド用の穴とかが一切無いので、
この状態で飾るのはちょっと難しい気が…(;´∀`)

P1820761.jpg
可動に関して。
フル可動を謳ってはいますが、ぶっちゃけますと
それほどグリグリアクションできる!というわけでもありません(;´∀`)

P1820764.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント接続。
前後の回転と、ちょっとだけ腕を広げることが可能です。
vsシリーズのゴジラはそんなに腕振り回しませんし、まぁこのくらいでも十分雰囲気は出ますかねw

P1820766.jpg
肘は二重関節なんですが、大体90度強くらい曲げるのが限界です。
まぁここも、ゴジラのアクション再現という意味では十分な範囲ではありますね。

P1820770.jpg
上腕部分にはロール軸。
これが意外と表情つけに有効だったりします。
また、手首はボールジョイント。
回転と多少の角度調節が可能ですね。

P1820777.jpg
続いて脚部、股関節は二重ボールジョイント。
なんですが、形状優先の作りになっているのでしょう、あまり動きません。
具体的には直立状態から前方に30度くらい足が出せるかな?くらいですね。

P1820778.jpg
膝は二重関節。
ですが、こちらも可動範囲はさほど…
目一杯曲げて45度、といったところでしょうか。

P1820780.jpg
足首は回転と前後左右への角度調節が可能。
こちらもそれほど大きく動くわけではないんですが、
股関節から膝の動き具合からすれば必要十分といったところ。

P1820783.jpg
尻尾は根元から節ごとに17カ所でボールジョイント接続されています。
これによりかなりうねうねと動かすことが可能…なんですが、
欲を言えば先端が体の前に回るくらいまで動かせればなおよかったですね。

P1820785.jpg
首は付け根と頭との境それぞれで二重ボールジョイント接続。
左右回転はそつなくこなしますし、前述の水泳状態再現のため真上まで向けるようになっているため
上を向いた雄叫びポーズなんかはお手の物ですね。

P1820789.jpg
反面、下を向くのはさほど得意ではありません。
熱線エフェクトを地面に向けて撃ちづらいのはちと残念なところ。
といっても、これは熱線エフェクトの仕様上それほど急角度が付けられないというのもあるんですがw

P1820792.jpg
胴体は胸と腹の境目で回転が可能。
背びれが干渉するのでちょっとだけですが、胴体をひねることが可能ですよ。

P1820795.jpg
と、アクションフィギュアとしては正直そんなに動きません、が
ゴジラの着ぐるみの動きを再現するには大体OKな感じではあります。
ライダーみたいに飛んだり跳ねたりするわけではないですしねw

P1820797.jpg
ただやはり、目線がおかしい個体が多い、というのは非常に残念なポイントです。
出来ればちょっとだけでも下の方とか上の方とか視線を向けている交換ヘッドとかあればいいなー
と思うものではあるんですが、まず正面向きの品質が不安ですからね…(´・ω・`)

P1820809.jpg
もっとも、眼の部分は頭部内側のパーツと一体らしいので
うまく分解すれば修正できないことはないのかもですね。
うちのはそれほど極端にひどくはない(と思う)ので、このままにしておきますが…w

P1820815.jpg
まぁなにはともあれ、体の造形は非常に良い感じなので、
このレベルの造形で動くゴジラが出た!というこの一点においても
私としては狂喜乱舞なことではあるのです(゚∀゚)<オタ趣味の原点がゴジラシリーズなもので

P1820822.jpg
ところで、今回は通称モゲゴジベースのゴジラだったわけなんですが。
別タイプのゴジラも出して欲しい所ではありますw
とりあえず、殆ど差のないラドゴジ(ゴジラvsキングギドラ版)を魂web限定とかでいいのd(マテ

P1820827.jpg
個人的にはビオゴジ(ゴジラvsビオランテ版)が一番好きなので、そちらを何とか…(シツコイ
っと、妄想はさておき先週末には第二弾のメカゴジラが、来年には第三弾のスペースゴジラ。
さらにはキングギドラまでは決まってるんでしたっけ?
なんというかもう、ゴジラスキーとしてはwktkが止まらない状態なのですよw

P1820877.jpg
以上、S.H.MonsterArtsのゴジラでした。
目のところは残念ではありますが、動く平成ゴジラというだけでもう…もう…!(゜∀。)ウッヒョーイ
第二弾のメカゴジラはもう出ていますし、早いところ絡めて遊びたいところですw
や、実は諸事情ありましてメカゴジラがうちにくるの今週の木曜でして…orz
amazon
    
関連記事一覧
  • S.H.MonsterArts メカゴジラ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:S.H.MonsterArtsゴジラ

     タグ: S.H.MonsterArts  ゴジラシリーズ 


    Comments:5 

    Fネガ  

    ゴジラがデタ―――――――!!(笑)

    こんにちは またコメントさせてもらいます。
    これはいいもの手に入れましたね!
    特撮リボルテックとの相性抜群じゃないですか・・・・
    私は80年代のゴジラを見に劇場に足を運びましたけどスーパーXが好きですたね!
    UFOみたいな外見の自衛隊の秘密兵器!!
    最後の火山に消えていくゴジラは今でも忘れられません・・・・
    映画は新作は今のところ皆無ですけどまた何かで復活できたらなあと願う次第です。
    では、また!

    2011/12/05 (Mon) 16:40 | EDIT |   

    ズッツトン  

    No Title

    そういやゴジラって映画毎にスタイルとか違ってたっけ。
    全部混ぜて誰もが納得いく平均ゴジラって出されても好きな方々の怒りかっちゃうんだろうなー。
    特撮リボと絡めても結局なんちゃって再現になってしまうのね。残念。
    でも動かせる怪獣は単品でも嬉しい商品ですね。

    2011/12/06 (Tue) 18:28 | EDIT |   

    涼村朔也  

    No Title

    皮膚とかよくできてますね。
    熱線エフェクト使った画像は思わず保存しちゃいましたw
    メカゴジラの記事も楽しみです。
    ちなみに、ゴジラシリーズはビオランテ~デストロイアだけ見たことあります。
    メカキングキドラやデストロイアが好きですね。
    この二体がモンスターアーツ化したら買うつもりですw

    2011/12/07 (Wed) 00:36 | EDIT |   

    とことこ  

    No Title

    ありゃ、上腕部にロール軸あったんですね。。
    魂NATIONのプレビューイベントの時、
    上腕部にロール軸がないってツイートしちゃってましたね。。
    すみませんです(汗
    (って覚えてらっしゃらないかな?^o^;)
    プレビューイベントの時のデモ品しか触ってないですけど、
    これ、かなり手触りというか皮膚の質感がかなりいい感じですよね。
    重量感もあるし、かなりいい出来ですよねー。
    引き続き、メカゴジラとスペースゴジラのレビューも楽しみにしてます!(^o^/

    2011/12/07 (Wed) 20:08 | EDIT |   

    tagoal  

    ゴジれす

    >Fネガさん
    実は特撮リボルテックとは大きさが微妙~に…まぁ、細かいことは気にしない!でいいんですけどもw
    スーパーXということは84年版ですな!
    3(ピー代だとあのへんが初ゴジラって人も多いですよね。
    私も劇場で見たのはアレが最初でした…
    新作に関しては、ハリウッドのほうであるとかないとか聞きますがどうなるやらw
    >ズッツトンさん
    ほぼ毎回着ぐるみ作り直してますから、各タイプごとにファンが付いていたりしていろいろ大変ですよw
    全部の平均値は、個々の差がとんでもなく大きいのでファンが怒る以前に
    まともな造形物にならない気がします…(;´∀`)
    >涼村朔夜さん
    皮膚の質感はほんとよく再現できてますよね。
    メカゴジラも入手済みですので、近々やりたいと思いますw
    メカギドラやデストロイアはちょっと大きいのがアレですが、
    キングギドラは出るのが決まっているようなのでメカギドラのほうは行けそうですな…!
    web限な気もしますがw
    >とことこさん
    上腕部分の継ぎ目は割と見えづらいですし、うちのものも癒着気味だったので
    気づかないのもやむなしかもしれません(;´∀`)
    この質感と重量感、ほんと触ってるうちにニヤニヤしてきてしまいますよ(マテ

    2011/12/14 (Wed) 12:47 | EDIT |   

    Leave a comment