またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

01
11月ですねー。
なーんか今年は気候が妙なせいで、もうすぐ冬だという実感がいまいち…(;´∀`)
冬なら冬らしくちゃんと寒くなってくれた方が良いんですけどねぇ~。

と、お天気を気にしつつ今回のネタへ。
ROBOT魂から、ヒーローマンです。
P1790527.jpg
先日出たばかりの新製品ですが、フィギュアーツバーナビーやらリニューアル版ユニコーンやらの陰に隠れがちな気が…(;´∀`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)


P1790530.jpgP1790532.jpg
というわけで、今回はROBOT魂からヒーローマン。
HEROMANは個人的に気にいっていた作品なので製品化されただけでも万々歳…ではあるんですが。
ROBOT魂扱いなんだ…というところに何とも不思議な感慨があったりw
確かに玩具のロボットが変化したキャラなのでロボットといえばロボットなんですが…(;´∀`)
まぁ、ドラえもんがROBOT魂枠ですしメカベースなキャラクターはROBOT魂枠での発売、ってことなんでしょうなw

P1790534.jpg
箱の中身。
本体に換え手首が左右各二種類、取り替え用頭部パーツが1つに顔面が2つ、
専用台座にジョーイフィギュアというセットになっています。

P1790550.jpgP1790552.jpg

P1790554.jpgP1790557.jpg
ぐるっと一回り。
体型的には非常に劇中に近いマッチョな体型を再現できてますね。
劇中だともうちょっともこもこっとした柔らかそうな感じな気もしますが、あれはまぁ作画のタッチの関係でしょうしw


P1790563.jpgP1790566.jpg
背中部分には穴があり、ここに専用のジョイントパーツを差し込むことで、魂ステージを接続することが可能になります。
なお、この背中の穴自体は劇中デザインにもちゃんとあったりしますよw


P1790570.jpgP1790573.jpgP1790577.jpg
顔周り。
表情パーツはデフォルトの無表情、叫び顔、歯を食いしばった顔の3つが付属。
頭部パーツも眉がつり上がった物とそうでない物の2種類が付属します。
都合6種類の表情が作れる計算になりますが、あまり大きな差は…w

P1790581.jpgP1790584.jpgP1790586.jpg
手首は三種類から選択。
デフォルトの握り拳に、表情の付いた開き手が2種あります。
ヒーローマンの劇中の動きを思い起こしてみるに、確かにこれだけあればだいたいOKかもしれませんw

P1790590.jpgP1790592.jpg
肩アーマーは中央部分がスライド、エフェクトパーツはここに装着するようになっています。
普段は閉じておけば穴が目立たないという芸コマな部分ですな。

P1790598.jpg
この肩の穴と、後頭部にエフェクトパーツを取り付けることでフルパワー状態を再現。
後頭部はともかく、肩のエフェクトはもうちょっと大きくても良かったかなーとも思いますね。
造形自体は非常に綺麗です。

P1790601.jpg
専用の魂ステージ。
台座部分がヒーローマンのトレードマーク、赤丸ですね。
その他は魂STAGE Act4に準じた仕様のようです。

P1790607.jpg
使ってみるとこんな感じに。
ヒーローマンは足の形状が形状なので非常~~~~~~~~~に立たせるのが大変なため、
ちゃんと飾る場合は必須のアイテムですね。

P1790610.jpgP1790612.jpg
付属のジョーイフィギュア。
コントローラーを前に掲げた決めポーズでの立体化です。
大きさ的にはガシャポンフィギュアくらいのもので大きくはないですが、
そこそこ顔も似せられているんではないかと思います。ほら、いつぞやの某カミナギさんにくr(ry
なお、転倒防止に足の後方に補助パーツをくっつけるんですが、
見ての通り重心は前よりなのであまり意味はないような(;´∀`)

P1790615.jpg
ヒーローマンとジョーイを並べてみるとこんな感じに。
おおむね劇中と同じくらいのサイズ比で、実に良い感じです。

P1790617.jpg
可動に関して。
その祖物デザインからして独特なヒーローマンですので、
デザインと可動を両立すべくこれまた独特な構造になっている部分が多いですね。

P1790619.jpg
まずは腕周り。
肩は休憩の軸可動するパーツから二本のボールジョイントが突き出た形状のパーツによって胴体と腕が繋がっています。
これにより前後左右への大きなスイングと肩回転、水平よりかなり上のと頃まで腕を広げることが可能ですね。

P1790623.jpg
肩アーマーが大きいので腕の可動の邪魔になりそうにも見えますが、
このアーマーも細長いバーで肩部分とボールジョイント接続されています。
このため肩アーマー自体の可動範囲も非常に広く、腕の動きの邪魔にはなりません。

P1790627.jpg
肘は軸関節なんですが、ここもなかなか特殊な構造。
素の状態では60度程度しか曲がりませんが、上腕・下腕それぞれその接続部分が
引き出し式になっており、ここを引き出した状態なら100度程度曲がります。
必要に応じて伸び縮みさせることで見た目と可動を両立した実にナイスな機構ですね。

P1790630.jpg
さらに、肘の接続部分でロールする上、前腕の中程でちょっとだけ曲がるようにもなっています。
これらのおかげで、可動範囲はすばらしく広いですね。
手首もボールジョイントで回転と角度調節が出来るため、自由度は非常に高いです。

P1790637.jpg
続いて下半身。
股関節は多重構造の軸関節ですね。
脚の前後・開脚・ひねりをここで一手にになっています。
また、太股部分は伸縮可能になっており、可動の助けになるようになっていますよ。

P1790640.jpg
お尻パーツが引っかかるので後方は30度程度ですが、前方と開脚方向はほぼ水平まで脚が上がります。
ただ、あくまで軸関節ですのである程度脚を上げた状態で別方向に脚を動かす場合、一旦真っ直ぐ状態まで戻さないと
動かしづらいのは若干慣れが必要ですね。

P1790643.jpg
膝は二重関節っぽい独特の構造。
劇中だと膝は分割しないで外装が伸び縮みしますがさすがにその再現は無理ですなw
引き込み式の外装を使用して、脚を伸ばした状態では極力関節が見えないようになっているあたり
こだわりがうかがい知れて良いですねw

P1790647.jpg
足首はありません。
もう見たまんまですwそのため、接地性は極めて悪いですね。
一応つま先の一部が取り外し可能になってはいるんですが…アクション時の見た目重視用のようで、かえって立てなくなりますw
ここまでの写真でも分かるとおり、自立もできなくはないんですが…面倒なので魂ステージ推奨です、はいw

P1790652.jpg
首は付け根と頭部の境目でそれぞれボールジョイント接続。
頭部側は軸が折れ曲がるので、上下方向への可動もバッチリです。
例によって、頭部の関節の曲がり方向が明後日を向いている場合があるので
一回引っこ抜いて(といってもこいつは表情取り替えがあるので頻繁に抜き差ししますがw)確認した方が良いかも。

P1790656.jpg
胴体は胸部で左右回転と前屈・後屈が可能になっています。
胴体を軟質素材で覆うことで、自然に胴体が捻れるようになっているところはナイスですね~。
前屈及び後屈方向は30度程度の可動ですが、この軟質素材で関節本体が
見えないこともあってか、クリック式になっています。

P1790663.jpg
体型も良く劇中の雰囲気出てますし、可動もかなり良好。
ジョーイも割とにているということで、かなり完成度は高いと思います。
とにかく立たせづらい、その1点を除いて……w
まぁ、元のデザインがデザインですからどうしようもないんですけどもw

P1790691.jpg
以上、ROBOT魂のヒーローマンでした。
ヒーローマン好きな人にはぜひおすすめしたいですね、この出来の良さは(゚∀゚)
でも、絡ませる相手がいないのが寂しいところです…スクラッグとかウィルとかMR-1とか、出ないですよねぇ(´・ω・`)
サッカーボールでも黒く塗って、タマだと言い張って遊びますかね(マテ

amazon
    
関連記事一覧


管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

web拍手


 Category:ROBOT魂SIDE HERO

 タグ: ROBOT魂  SIDE_HERO 


Comments:2 

アルフェス  

No Title

関節の凝っている部分などは、ぜひ弄りたいですねぇ=w=
ヒーローマンはアニメを見損ねていたのですが、スタンリーの関わっているアニメとしては興味があるので、何らかの機会に見たくもあります。
予算ができたらぜひ遊んでみたい。

2011/11/06 (Sun) 23:16 | EDIT |   

tagoal  

Re:

>アルフェスさん
ROBOT魂でもこれほど見た目と可動の両立が高いレベルで成り立っているものはそうないよね!
といえてしまえるほど出来いいですよ、こいつ。
アニメ自体も王道なストーリーで個人的には非常に好きなので、ROBOT魂ともどもお勧めしたいところです。
というか、私自身見返したくなってきておりますw

2011/11/07 (Mon) 11:06 | EDIT |   

Leave a comment