またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

09
三連休ですねー。
当方先月は異常に忙しく、じっくり休めてなかったので非常に助かります(;´∀`)
やはりカレンダー通りに休めると心も安まりますな……w

と、休みを満喫(といっていいのかどうか)しながら今回のネタへ。
本日開始の機動戦士ガンダムAGEより、HGのガフランです。
P1770823.jpg
実はこの記事、16時から書き出しております…超ギリギリw
※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1770829.jpgP1770832.jpg
というわけで、今回は機動戦士ガンダムAGEよりガフラン。
珍しく、連続でガンプラですw
正体不明の敵・UEのMS型兵器…ということで、AGE世界におけるザクポジションになるであろうキャラですね。
…その割りに、やたらと強いようですがw

P1770838.jpgP1770840.jpg

P1770842.jpgP1770847.jpg
ぐるっと一回り。
なんというか、これまでにない独特なフォルムですな……結構人外風味。
腰回りの大きな装甲と背中のビームライフルが目を引きますね。

P1770849.jpgP1770854.jpg
顔周り。
これまた独特の形状ですね……
顎のところの合わせ目がちょっと目立つので、ここは合わせ目消しをやった方が良いかもですね。
目?の部分はシールで再現ですが、うちでは例によって塗装で済ませています。

P1770857.jpg
胴回り。
ガンダムAGE-1もそうでしたが、巧みなパーツ分けによりほぼ完璧に色分けを再現しています。
ほんと今回はバンダイ頑張ってますよ…w
ちなみに、腹中央部のグリーンのパーツはクリアパーツです。

P1770860.jpg
下半身。
大きな腰アーマーと細い足が特徴的です。
脚の大きさの割には、案外立たせ易かったのはちょっと意外。
といってもやはり少しバランス取りが難しいですけどねw

P1770862.jpg
腰アーマーを展開すると、中身はこんな感じです。
割とすらっとしたスマートなボディをしております。
なーんとなく、ダブルオーのガ系の名残もあるようなないような……

P1770864.jpg
背中。
いろいろと大きく張り出しており、かなりボリュームがありますね。
特に尻尾状のビームライフルが目立っています。

P1770867.jpg
ビームライフルは写真のように前方へ回すことが可能。
発射時の再現もバッチリですねw
一応この写真では右肩側に出していますが、もちろん左肩側にも出せますよ。

P1770875.jpg
手首は二種類の付け替え式。
一つは平手です。多分こちらがデフォルトですなw
手のひらから出ているビームバルカンは、ボールジョイント接続で
少しだけですが角度調整が可能です。

P1770878.jpg
もう一つは握り拳。
今のところ出回っている画像を見る限り、あんまり出番はないかも……w
ちなみに、ガフランの手は左右対称なので左右どちらに付けても違和感は無しです。

P1770881.jpg
では、飛行形態へ変形。
腕を肩ごと思い切り前方へ移動させ、腰アーマーを展開して翼にします。
頭部もヘルメット部を展開して上方へ上げ、脚は膝部分を逆関節状に変形。
尻尾パーツを伸ばして四つんばいにすれば完成です。

P1770884.jpgP1770887.jpg
飛行形態。
手足の小変形と外装の移動だけなんですが、大幅にシルエットが変わって
ドラゴン系の異形の姿になりました。

P1770894.jpgP1770898.jpg

P1770900.jpgP1770906.jpg
飛行形態で一回り。
かなり禍々しい姿になってますな……
なお、翼と尻尾を伸ばしたことで、かなり専有面積が大きくなっておりますw

P1770910.jpg
上半身。
ヘルメットを展開したことで顔の印象も大分変わります。
こっちの顔も結構人型向きな気がしないではないですが……w

P1770914.jpg
下半身。
膝部分を変形することで、逆関節に変化しています。
つま先部分も爪状のパーツが展開、より獣チックに。

P1770917.jpg
背面。
腰アーマーを大きく広げて翼に、ビームライフルが尻尾になりました。
この角度から見ると特にドラゴンっぽいですなw

P1770919.jpg
可動に関して。
デザインの関係もあり、ガンダムほどは動きませんが
それでもなかなか良い感じに動いてくれますね。

P1770925.jpg
まず腕、肩はボールジョイント接続。
加えて、胸部ブロックが大きく前方へ傾きます。
さらに腕はほぼ真横まで広げられるため、肩周りの可動範囲は相当なものですね。

P1770929.jpg
肘は二重関節ですが、一方はそれほど曲がらないため
だいたい150度程度曲がる、といった具合です。
特に不自由はありませんし、必要十分、といった感じかも。

P1770934.jpg
手首はボールジョイント。
回転及び多少の角度調整が可能ですね。
平手と握り拳がありますし、平手はビームバルカンまで動くので表情付けには困りません。

P1770936.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイントで、さらにその基部自体が前後にスイングできるようになっています。
腰のアーマーを広げると関節部分が結構剥き出しなデザインな為か、うまいこと腰ブロックのなかに
股関節パーツが収まっているのはさすがですねw

P1770941.jpg
前述の通り股関節そのものは割と剥き出しなので、腰アーマー無しであれば
前後方向にはほぼ無制限、開脚方向も60度くらいまでは開くことが可能です。
腰アーマーがあると干渉しまくりであまり動かない…んですが、せっかく大きく動くので
都度開いて避けてしまえば問題なしw

P1770944.jpg
膝は二重関節。
通常形態でも180度近く曲がるんですが、変形の為もあって
逆方向にも90度ほど曲げられるようになっていますw

P1770947.jpg
足首は前後及び左右に軸可動が可能。
それほど大きく動くわけではないんですが、左右方向の角度調節は結構効果が高いです。

P1770950.jpg
首はボールジョイント接続……なんですが、
通常形態だと胴体に対して斜めにジョイントが刺さっており、
さらにはこのヘルメット状の頭が干渉するためあまり左右方向へは動きません。
45度くらい斜め方向には向けるんですけどね。

P1770953.jpg
ただし飛行形態になると話は別。
ジョイントの向きが真っ直ぐになり、さらにヘルメット部分も開いてしまうので
普通に横を向けるようになります。
さらに背中パーツの可動も加わるので、上下動の幅もアップです。
この辺見ると、やはり飛行形態優先の作りになっているような気もしないでもないですなぁ。

P1770956.jpg
胴体はボールジョイント接続で、回転及び前屈・後屈共に可能。
背中の得物があるのであまりダイナミックに反らすと後ろにひっくり返るので注意です(マテ

P1770958.jpg
なお、今回もシールは使わずに塗装で賄っているわけですが。
塗装したのは、目の部分とのど元(というか胸上部)、手のひら、頬のグレー部分くらいですね。
ガンダムに比べると若干合わせ目の目立つ部分は多いですが、色の再現具合は勝るとも劣らず、といった感じです。

P1770970.jpgP1770973.jpg
以上、HGガフランでした。
若干後ろにひっくり返りやすいくらいで、特段不満点もない良キットだと思いますよ。
さて、あとは劇中での活躍に期待ですねw
amazon
    
関連記事一覧
  • HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-1タイタス
  • HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-1ノーマル(ガンプラEXPO限定フルカラーメッキver)
  • HG GUNDAM AGE ジェノアスカスタム
  • HG GUNDAM AGE ジェノアス
  • HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-1ノーマル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ガンプラHG GUNDAM AGE

     タグ: ガンプラ  HG  AGE 


    Comments:0 


    Leave a comment