またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

08
ヴィヴィさんの「とある玩具のジコマン道」が移転して「とある玩具のジコマン道Ⅱ」に。
それに伴い、リンクとヘッドラインを修正しました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

と、リンク先変更のお知らせをしつつ今回のネタへ。
日曜日から開始の「機動戦士ガンダムAGE」から、ガンダムAGE-1ノーマルです。
P1770623.jpg
ギリギリ放送前に組み立てられましたw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1770628.jpgP1770632.jpg
というわけで、今回は機動戦士ガンダムAGEのプラモシリーズよりHGガンダムAGE-1ノーマル。
序盤の主役機の基本形態、ということですね。
若干今更な時期の紹介ではありますが、せっかく作りましたので……w

P1770635.jpgP1770637.jpg

P1770639.jpgP1770640.jpg
ぐるっと一回り。
デザイン発表時には賛否両論あったのを記憶していますが、こうやって立体化したものを見ると
非常に綺麗にまとまった格好いいガンダムですよこれ。
個人的には極めて好みですw

P1770652.jpg
顔周り。
V字アンテナが側頭部から出ているのが独特ですな。
このAGE-1は全体的に非常に塗装がやりやすい作りになっているんですが、
額のAマークだけがちょっと塗るのに難儀しますね……(;´∀`)<ぶっちゃけシール使った方が楽です

P1770656.jpg
胸部周り。
胸のAマーク、黒い部分とAの字部分が別バーツ(Aは胸のダクトと一体化しているので黄色ですけど)なので
塗装派には極めて優しい構造になっておりますなw
胸のダクト部分もちゃんと穴が開いていたり、今回はほんと芸が細かいです。

P1770659.jpg
腰回り。
ファーストガンダムとダブルオー系の間のような雰囲気ですねー。
デザイナーがダブルオーと同じ方なので自然な流れではありますw
なお、左右の腰アーマーは組み立て時に切り離すことで独立可動可能になるのもお約束。

P1770661.jpgP1770664.jpg
前腕部分の装甲にはシールド取り付け用の穴があるんですが、これは
一旦手首と装甲を取り外し、付け替えることで穴の位置を移動することが出来ます。
これにより、盾の装着位置を変化させることが可能に。
上手いこと考えますよねー。

P1770668.jpg
脚部。
膝頭がダークグレーになっているのがチャームポイントですね(?)。
本来はシールで再現ですが、この際なので塗装で済ませております。

P1770670.jpg
背面。
バックパックの形がまた独特ですねー。
車のリアスポイラーのような形のウイングが目を引きます。
しかしこのサイズだとさすがに揚力は出ないでしょうから、姿勢安定用とかそんな感じの設定でしょうかね。

P1770673.jpg
手持ち武器のドッズライフル。
組み替えにより、3種の形態を取ることが可能です。
まず、銃身を外したショートバレルタイプっぽい形態。
威力より小回り重視のピストルみたいな使い方なんでしょうかね。

P1770676.jpg
銃身を取り付けた状態。
箱絵でもこの状態ですし、これが基本形態ってことでしょうね。

P1770680.jpg
銃身を90度回転させた状態。
短銃身状態と通常状態それぞれの照準機が連結、さらにフォアグリップも出てきますので、
おそらく狙撃形態とかそんな感じなんでしょう。

P1770684.jpg
ビームサーベル。
柄部分は腰アーマーにマウントします。
これがかなり緩いのので何かの表紙に落っこちそうで…(;´Д`)
ビーム刃はダブルオー系の物と差し込み口が一緒なので、そちらに流用するのもありですな。

P1770687.jpg
ビームサーベルの刃を短いものに取り替えて、ビームダガーに。
ダガーっていうにはちょっと長すぎない?と個人的には……w
ダガーとサーベルはおのおの二本ずつ刃が付いてくるので、どちらの形態でも二刀流が可能です。

P1770698.jpg
盾。
ひっくり返せばAの字になってますねw
前述の前腕の穴に取り付けます。

P1770701.jpg
左手のみ、換え手首として表情付きの平手が付属。
ポージングに表情が付けやすくなるので良いんですが、せっかくなので右手分もあれば良かったなーと。
あとはあれですね、武器穴のない握り拳も……って贅沢ですがw

P1770709.jpg
可動に関して。
既に各所で紹介されているとおり、そんじょそこらのアクションフィギュアでは
勝負にならないほどに良く動きまくりますw

P1770714.jpg
まず腕、肩は回転及び前後左右のスイング、さらにほぼ真横まで腕を上げることが可能です。
肩のスイング機構は今回初採用の構造のようですね。
ノーマル形態で干渉する物もほぼ無いため、縦横無尽に動いてくれますw

P1770720.jpg
肘は二重関節でほぼ180度曲げることが可能です。
上腕部分にはロールもありますし、手首はボールジョイント接続なので
かなり実際の人体に近い動きが可能、といってしまって良いのではないでしょうかw

P1770725.jpg
次に下半身、股関節は回転とほぼ真横まで開脚が可能な二軸関節。
さらに、股関節自体が回転及び左右スイングします。
動きすぎて定位置がよく分からなくなる、ということも若干ありますが…w

P1770728.jpg
脚を上げるのは腰アーマーがあるので前後・左右ともほぼ水平より少し上までが限界ですが、
そこまで上がるガンプラ…というかガンダム系フィギュアもそんなにありませんしね。
十分すぎるほどの動きではありますw

P1770732.jpg
膝は二重関節で180度近く曲げることが可能。
太股の上部にはロール軸もあり、自然に脚を捻ることが可能ですね。

P1770737.jpg
足首は軸可動とボールジョイントの二重構造。
足首そのものには可動部分はないんですが、この接続部の可動範囲が非常~~~に広いため
全く気になりませんw

P1770740.jpg
また、足首にあるアンクルアーマーは
足首の側面にボールジョイント接続されているというちょっと珍しい方式。
ちょっと動きに癖がありますが、従来の物に比べて非常に広い可動範囲をもっていますね。

P1770743.jpg
この足首の可動のおかげで、接地性は異常なまでに高いです。
ここまで立たせ易いガンプラもそうそう無いかとw

P1770749.jpg
胴体は腰のところでボールジョイント接続。
デザイン上前屈み方向にはほんのちょっとだけですが、
体を反らす方向にはかなり大きく動かすことが可能です。

P1770751.jpg
首は根元と頭部との境目それぞれでボールジョイント接続。
割と襟が高いので横を向くと顎が干渉しがちですが、適宜首を引いてあげることで
避けてあげることは十分可能です。

P1770755.jpg
と、全体的に見てもほんと良く動きます。
パーツの合わせ目も頭部と前腕、ふくらはぎくらいしか見えない作りになってますし
さすがはバンダイ驚異のメカニズムというべきでしょうw

P1770758.jpg
やたらとうごくので、ついグリグリと弄り回してしまいますね。
今回どう見てもガンダムの動きじゃないだろ(;´∀`)なポーズが混じっているのはその辺の関係です(マテ

P1770761.jpg
色分けもほぼ完璧ですし、これは本当に良好な出来ですよねー。
塗装するにしても非常にやりやすいパーツ分割ですし。
それこそ、面倒なのは額位ではないでしょうか。

P1770764.jpg
と、正直なところ本体部分には不満はほぼ無いですw
一応、お尻側の腰アーマーを左右別に可動するように改造してはあるんですが
あまり意味はなかったですしね……(;´∀`)<そもそも尻アーマーが動くガンプラ自体が非常に珍しいですし
あとは角の先端を尖らせた位でしょうか。

P1770768.jpg
あえて要望をいうなら、手首の種類がもっとあると嬉しかったなーくらいでしょうか。
まぁそれこそ、市販の手首パーツを買ってくれば十分まかなえる気はしますがw

P1770772.jpg
ちなみに、今回も私のプラモ作りのパターンに乗っ取ってシールは使っておりません。
が、シールは額と目、胸のAと膝くらいなものです。
ので、買って作って墨入れすればほぼ写真通りになりますw
シールのないところは、マスクの側面を明るいグレー、腰アーマー裏側の一部をダークグレーで塗った位ですね。
ほとんど何もしなくても再現度が高い、というのはお手軽仕上げ派にとって非常にありがたいです、はいw

P1770793.jpg
以上、HGガンダムAGE-1ノーマルでした。
さすがの新作、出来の良さは折り紙付きですね。
本編は明日からですが、これ片手に期待して待ちたいと思いますw
amazon
    
関連記事一覧
  • HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-1タイタス
  • HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-1ノーマル(ガンプラEXPO限定フルカラーメッキver)
  • HG GUNDAM AGE ジェノアスカスタム
  • HG GUNDAM AGE ジェノアス
  • HG GUNDAM AGE ガフラン


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ガンプラHG GUNDAM AGE

     タグ: ガンプラ  HG  AGE 


    Comments:2 

    アングラー  

    No Title

     ここのページでガンプラ紹介って珍しいですね。MGでノーマルが出るまで待とうと思ったけどレビュー見たら欲しくなってしまった・・・。
     可動っぷりが傑作キットのHGダブルオーより凄いことになってる気が・・・。さすが「バンダイ脅威のメカニズム」ですね

    2011/10/08 (Sat) 16:23 | EDIT |   

    tagoal  

    Re

    >アングラーさん
    たま~にガンプラも出てきますw
    私はむしろHG派なので、ここまで出来がいい物が来て万々歳ですw
    可動に関しては、ダブルオーより確実に上を行っております…まさに脅威の(ry

    2011/10/08 (Sat) 20:38 | EDIT |   

    Leave a comment