またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

03
若干……というかかなり今更ですが、当ブログ60万ヒットを超えておりましたね。
いつもご愛顧ありがとうございますm(__)m
以前と比べてたくさん来ていただいている関係上10万ヒット単位で何かイベント!というわけにも行きませんが、
また100万ヒット位には何かやりたいなーと思っておりますのでどうぞよろしくお願いしますw

と、若干先の長いことをいいつつ今回のネタへ。
うちでは久々登場の特撮リボルテックから、ウォーマシーンです。
P1770073.jpg
個人的には、「ウォーマシーン」より「ウォーマシン」表記の方がしっくり……(;´∀`)<カプコンの格ゲー世代なもので

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1770076.jpgP1770079.jpg
というわけで、 今回は特撮リボルテックのウォーマシーン。
実写版「アイアンマン2」にて、大人の事情やら体調不良やらでもうぐだぐだ状態のアイアンマンこと
トニーを見かねた友人、ジム・ローズがトニーのラボからアイアンマン・マーク2を奪取。
それをベースにハマー社の武器で改造・武装したものですね。
原作コミックだとローズが体調を崩したトニーの代役を託された際、アイアンマンの重装型スーツを纏ったのが始まりでした。
その後トニーの死に際し「ウォーマシーン」を名乗って後を継ぐことを決心したのですが……
実はトニーの死は偽装で、ぶち切れたローズは当分の間袂を分かって独り立ちしちゃうんですけどねw
さらに最近では重傷を負った結果サイボーグ(っていうかもうロボ)になっちゃったり、いろいろ大変です。

P1770097.jpg
箱を開け……というか蓋を開くとこんな感じ。
本体と換え手首が左右各二つ、背中に取り付けるガトリングガンと弾帯、
エフェクトパーツにネームプレート、リボコンテナ(見えてないですがw)というセットになっています。
蓋の方には特撮リボルテック恒例の作品説明が。

P1770102.jpgP1770107.jpg

P1770110.jpgP1770113.jpg
ぐるっと一回り。
設定上はアイアンマンのスーツをベースに改造を施したものですが、
製品としてはほぼ全部(完全に全部?)新規パーツで構成されていますね。
まぁ、前に出たアイアンマンはマーク6と4、こいつは2がベースなので元から結構いろいろと違うわけですがw

P1770116.jpg
顔周り。
ベースがアイアンマンマーク2なので、顔のデザインもにてはいますが別物。
よって新規造形品となっています。
白目に赤の縁取りで発光状態を再現していますが、ハズレを引いたらしく
ご覧の通り塗装の精度があんまり良くありませんorz<通販で買うとこれが怖いですね……

P1770124.jpg
胴体。
思いっきり装甲が追加されたデザインなので、アイアンマンに比べるとかなりごっついです。
そのため中央のアーク・リアクターも奥まった感じになっておりますね。
ここ、塗装だけなのでクリアパーツでも填めてくれていればまた違ったかも知れません。

P1770127.jpg
腹から腰。
腹部分の蛇腹(といっていいものか)状になっている部分のうち、一番下の分は独立したパーツになっています。
これによって胴体の曲げ伸ばしがスムーズに出来るようになっていますが、固定されていないので
まれにずれちゃうのがちょっと残念なところ。いや、直せば良いだけなんですがw

P1770132.jpgP1770135.jpg
脚部。
ここもアイアンマンから比べるとかなりごつくなっていますね。
太股部分は可動の邪魔にならないようにか、開閉するようになっています。
また、後述しますが構造的にもアイアンマンとは別物に。

P1770141.jpg
肩のガトリング。
背中から伸びるアームで接続されているわけですが、このアームは2つのリボ球のおかげでかなりフレキシブルに可動。
劇中での基本位置だった右肩上にセットしていますが、左肩に回すことも可能です。

P1770145.jpg
背面から見るとこんな感じに。
ガトリングから伸びた弾帯が背中に接続されています。
また、背中自体もかなりボリュームがアップしてますね。

P1770148.jpg
両腕にはアサルトライフルが。
両手とも取り外し可能ですが、グリップがないので他のキャラの手持ち武器に……
だとかにはちょっと使いづらいですかね。

P1770159.jpgP1770162.jpgP1770170.jpg
手首は三種類。
デフォルトの握り拳に、平手、そして表情付きの開き手の3種類です。
開き手はリパルサー・レイ発射時のイメージのようですが、アイアンマンのエフェクトパーツは挿せません。
というか、あれは手首から固定のまた別パーツですなw

P1770173.jpg
エフェクトパーツ。
腕のアサルトライフルと肩のガトリングガン用に、マズルフラッシュを再現したパーツが取り付けられます。
こう言うのがあると遊び甲斐があって良いですなw
もちろん、差し込み口の径が合えば他の物に流用するのもアリでしょう。

P1770175.jpg
足の裏にはアイアンマンと同様の穴が設けられているので、
アイアンマンに付属するジェット噴射エフェクトは使用可能です。
ただ、ウォーマシンはアイアンマンに比べると格段に重たくなっているのでちょっとバランスに注意ですね。

P1770177.jpg
劇中でのウォーマシンお披露目の時のごとくどーんと立たせつつ、可動について。
同系列、ということでアイアンマンの構造を踏襲してくるかな…と思いきや、
完全に別の作りになっておりましたw

P1770180.jpg
まず、肩は1センチ径のリボジョイント。
これにより、前後回転とほぼ真横まで腕を広げることが可能です。
肩アーマーは上腕に下から支える形で小さいリボジョイントにより装着されているため、
アイアンマンと比べると腕を動かしたときの違和感が減っている感じですね。

P1770189.jpg
肘もリボジョイント。
150度程度は曲げることが可能ですね。
特別にロール軸は設けられていないので、腕のひねりはジョイントごと回転させることで賄います。

P1770193.jpg
手首は小さいリボジョイントで接続。
ここの接続の硬さがなかなか絶妙で、簡単には抜けないですが交換の際には
スムーズに取り外せる程度の硬さになっています。
……個体差もあるところだとは思いますがw

P1770198.jpg
続いて足回り、股関節は前後方向への可動のみ。
では開脚はどうするかといいますと、太股の上部にリボジョイントが仕込まれていまして、ここから曲げます。
これによってアイアンマンよりしっかりした保持力を実現できてはいるんですが、
開脚できる位置がちょっと下になるので、角度によっては違和感が出てしまうのがちょっと残念ポイント。

P1770203.jpg
また、足のひねりもここで行うんですが、開脚時に股間の不自然さを隠すための
パーツが内股に入っているため、あまり捻ることが出来なかったりします。
直立時に足をハの字に開きづらいので、削るなりいっそ取っ払っちゃってしますのもありですね。

P1770209.jpg
膝は二重構造のリボジョイントによる二重関節。
ほぼ180度曲げることが可能になっています。
ここは素直にまがりますし、非常に扱いやすいですw

P1770212.jpg
足首は小さめのリボジョイントで接続。
角度調節やひねりを入れることが可能ですが……このジョイントの保持力が弱くてですね。
個体差もあるかと思いますが、うちのものは右脚のジョイントの保持力が皆無で、購入状態では自立不可能でしたorz
一度分解して接着剤等で補強するなり、市販のジョイントに置き換えるなりした方が良いかもしれませんね。

P1770215.jpg
胴体は、お腹の中に大きめのリボジョイントが2つ。
これによって前屈や体の反らし、ひねりを行います。
前述の腹パーツのズレに気をつける必要はありますが、可動範囲自体は結構な物ですよ。

P1770224.jpg
首は付け根(の思いっきり前方)と、頭との境でそれぞれリボジョイント接続。
この構造のおかげで、下方向を向くのがもの凄く得意ですw
上方にも十分よく動きますけどね。
回転方向は肩パーツが干渉しがちですが、頭のリボ球を上手いこと差し替えることで
かなり自然な動きを挿せることが出来ますよ。

P1770227.jpg
と、リボジョイント自体の独特の癖はともかくとして、
全体的にはアイアンマンより大分動かし易い印象を受けました。
ただし、上体がアイアンマンより遙かに重くなっていることと、足首の保持力が弱いために
立たせづらくなってしまっているので、購入後何らかの方法で足首の強化をやった方が良いように思います。

P1770241.jpg

アイアンマン・マーク6と。
似ているようで完全に別物ですなw
格段にゴツくなっているのが一目瞭然ですね。

P1770245.jpg
共闘な感じで。
劇中でもしっかり対決→共闘と燃える展開で非常にナイスでしたねー。
そういえば、今度映画化される「アヴェンジャーズ」ではローズはでてくるんですかね~。
ウォーマシンってアヴェンジャーズの一員というイメージは若干薄いような気もしますが(;´∀`)<参加経験はあり

P1770276.jpg
以上、特撮リボルテックのウォーマシーンでした。
重量が増している分足(特に足首)に不安があります、が…
そこさえ何とかすれば造形面では実にナイスな一品だと思いますよw
amazon
    
関連記事一覧
  • 特撮リボルテック SERIES NO.036 アイアンマン マークⅢ(IRONMAN [MARK Ⅲ])
  • 特撮リボルテック SERIES NO.035 アイアンマン マークⅡ(IRONMAN [MARK Ⅱ])
  • 特撮リボルテック SERIES NO.024 アイアンマン[MARK Ⅵ]


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:リボルテック特撮リボルテック/アイアンマン

     タグ: 特撮  リボルテック  MARVEL  アイアンマン 


    Comments:3 

    ズッツトン  

    No Title

    わーすれーてたー!そっか、もう発売してたんですね。本気でスコーンと忘れてました。
    アレですね、マーク2つくってまーす♪とか言っててどーみても違うやつジャンってやつですね。
    砲撃エフェクトは使い方によっては着弾ボッカーンにも使えそう。使えるエフェクトは大歓迎ですよ。
    ところでマーク2にはリデコなんてできますかね。マーク6の時のマーク4みたいに限定で出るかと思ってたんですが予想以上に無理な感じがします。ムリだろな。

    2011/10/03 (Mon) 20:45 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    少しお久しぶりになるかもしれませんが、60万ヒットおめでとうございます。
    こうゆう重装備になるとまた一段とかっこよくなりますね。
    追加された部分をキャストオフしてブラックアイアンマンなってくれてもいいと思いましたが、それはリボがやる事じゃない。
    個人的にアッセンブルボーグのバレルスピーダーやアサルトギアと絡めても良さそうですが、二次元と三次元じゃだめなんだろうな。

    2011/10/03 (Mon) 21:47 | EDIT |   

    tagoal  

    戦争機械れす

    >ズッツトンさん
    忘れるとはいけない!さぁお店へダッシュなのでs(マテ
    一応、コアになってるのはマーク2そのまんまなんですが……実写版は外付け武装を
    特盛りで盛ってますからもうシルエットは別物ですなw
    リデコに関しては、リデコする対象がないですからねぇ……3作目以降でウォーマシンのバージョンアップがあればそれに使える位でしょうか。
    原作の方は結構レパートリーあるんですけどねw
    >ヌエベさん
    ありがとうございます~m(__)m
    黒というある意味反則カラーなのも大きいですなw
    キャストオフは、もう外装部分は外付けというより作り替えですからねぇ…
    元の設定からしてやれないだろうなと。
    後付けパーツ外しちゃったらあの不安定なマーク2ですから危ないですしw

    2011/10/05 (Wed) 22:21 | EDIT |   

    Leave a comment