またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

11
うちのブログの右やや下方にある「アクセスランキング」。
これ、FC2ブログの標準機能みたいな物なんですが…
一段目の「趣味・実用」はともかく2つめの「模型・プラモデル」への登録がふさわしいのかどうか、たまに考えております。
トランスフォーマーは模型でもプラモデルでもないですし、ゾイドもトミー版は模型ではない、と言うスタンスですからねうち…
ぶっちゃけ、ガンプラ系とHMMゾイドくらいしか当てはまってなくね?とw
普通に「おもちゃ」ってカテゴリがあれば素直にそっちにするんですが、投票式のランキングの方にはあるのに
アクセスランキングの方にはないんですよね、これが。

と、割とどうでもいいことを書きつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーダークサイド・ムーンから、ホワール&スパークプラグ少佐です。
P1750432.jpg
今回のこれ、写真撮ったのは先週末だったりします(;´∀`)寝かしすぎ

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1750436.jpgP1750441.jpg
というわけで、今回はトランスフォーマーダークサイド・ムーンより、
ヒューマンアライアンスベーシックのホワール&スパークプラグ少佐。
周りをよく観察し、得た情報から戦略を構築するホワールと、その方針に賛同し、
敵中への潜入を得意としているスパークプラグ少佐のコンビですね。
では、まずはホワールのビークルモードから。
小型の戦闘ヘリですね。

P1750444.jpgP1750447.jpg
そして、こちらがスパークプラグ少佐。
名前はG1アニメの登場人物、スパイクのお父さんがもとネタですなw
若干目がロンパり気味ではありますが、なかなか良好な造形です。


P1750452.jpg
少佐をホワールに乗せるとこんな感じに。
背中部分にピンを刺すことで固定するんですが、このピンが案外固くて
載せるのにやや難儀しました(;´∀`)

P1750456.jpg
一回載せてしまえば、さすがに専用の設計なだけあって収まりは良いですね。
正面部分が完全に装甲板になっていて、これ前どうやってみるんだよ…というのはとりあえず気にしない方向でw
そうそう、尾部に取り付けられていたガトリングポッドはCジョイント接続のため、側面の翼部分にも取り付けることが出来ますよ。


P1750459.jpg
一旦少佐を降ろし、コクピット部分を折りたたみ。
ランディングギア部分を4分の3回転ほどして、ローターを中央にまとめます。
尾部のガトリングを90度回転させ、尾部を下にして立てれば…

P1750463.jpgP1750466.jpg
ウエポンモードの完成です。
大型のレールガン、とかそんな感じですね。
この状態だと上部に少佐が座れますが、ビークルの時よりは若干収まりが悪くなっていますかね。

P1750473.jpg
実際に持たせてみるとこんな感じに。
ス「ちょっと待て俺めっちゃ狙われそうなんだけど」
グリップ部分は180度回転して移動させられるようになっているため、持つ人の手に合わせて
位置あわせをするといい感じかも知れません。

P1750476.jpg
そして、さらにトランスフォーム。
コクピット部分を折りたたみ、完全に胴体にくっつけてしまいます。
ランディングギア部分は折りたたまれている部分を伸ばし、脚部に変形。

P1750479.jpg
畳んだ座席部分の上から装甲板を被せ、ジョイントして胸部に。
尾部は中央から分離させ、左右に広げて碗部にします。
ガトリングは手先の方に回しておきましょう。

P1750482.jpg
脚部の付け根を胸部の下へ来るようにぐりっと回転。
腕は肩から先を下方へ降ろし、元通りに広げます。
ローターを背面へ移動させて広げ、残った頭部を回して顔を正面に向けたら各部を調整してできあがり。

P1750485.jpgP1750489.jpg
ロボットモード。
うん、これは良い……!
足がスキーっぽくなっているため、スーパーリンクに出てきたスノーストームっぽくもありますね。
ヨロレイヒーなw

P1750492.jpgP1750495.jpg

P1750500.jpgP1750502.jpg
ぐるっと一回り。
背中のローターといい、なんとも正当派なヘリコプターロボでございますw
座席を折り込んでいる分、若干胸板が厚すぎるかなーという感じはありますけどね。

P1750506.jpg
顔周り。
ゴーグル&マスクのシンプルな…というかアニメよりなお顔です。
よーく見ると瞳っぽい丸いモールドも彫られているんですが…外側寄りすぎるので
どちらかというとゴーグルの留め具のような気も。

P1750508.jpg
後頭部はまるまるクリアパーツですので、集光ギミックもあり。
光らせてみるとこんな感じです。

P1750516.jpg
ビークル時は尾部にあったガトリングは腕に。
Cジョイントでの接続なので対応する各部分に付け替えが可能です。
ロボットモードだと肩にも付きますし、このガトリング自体の側面にも対応部分があるため
両手分連結なんかもいけますねw

P1750518.jpg
可動に関して。
大きさとしてはこれまでのスカウトクラスよりちょっと大きいくらいなんですが、
全体的に非常に良く動いてくれますね。

P1750522.jpg
まず腕、肩は前後回転とほぼ水平まで腕を広げることが可能です。
回転軸と開閉軸はちょっとずれたところになりますが、逆にそれが自然な動きを実現している感じ。

P1750525.jpg
肘は90度曲がり、肘の直上にロール軸もありますね。
手首は固定ですが、武器の取り付け位置と取り付け仕様の関係で
さほど気にはなりません。

P1750528.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
構造上周りに干渉する物がないため大きく動かせます
…が、軸がかなり深いところまで刺さっているため、足を捻る方向の動きはちょっと苦手。

P1750531.jpg
膝は変形機構の関係もあり、二重構造で180度曲げることが可能です。
膝のすぐ上にはロール軸もあるため、股関節だけでは弱い足のひねり方向の動きも
こちらでカバー。

P1750534.jpg
足首はボールジョイント接続。
さらに、変形機構によって前後への角度調節も可能です。
足がスキー状で非常に大きいこともあり、安定感は超抜群ですなw

P1750538.jpg
頭部もボールジョイント接続。
ではあるんですが、実際にはほぼ回転のみでほんのちょっとだけ顎が引ける程度です。
大きさが小さいので、それでも十分ではあるんですけどね…
少しでも上の方向ければなおよろしだったかも。

P1750542.jpg
胴体は固定。
ビークル時の操縦席をまるまる畳み込んでいるのでまぁしょうがないですが…w
ウエポン時のグリップになる股間部分が無駄に回転するのが哀愁を誘います(マテ

P1750546.jpg
と、スカウト相当のTFはよく動くという伝統(あるのかそんなの)に従い、全体的によく動いてくれますね。
背面のローターがロボ時に固定されずくるくる回ってしまうのと、これはホワールに限ったことではないですが
ロボモードになると少佐の居場所がなくなってしまうのがちょっと気になってしまうところではあります。
特にロボモードで少佐が暇になるのは何か解決策が欲しかったところですね。

P1750557.jpg
以上、ホワール&スパークプラグ少佐でした。
他のヒューマンアライアンスベーシック同様(といってもうちではこれで2つめの紹介ですが)、
いろいろと遊び甲斐のある奴ですね。
単体で遊ぶも良し、他の大きめの奴と絡めるも良し、ですよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン テイルパイプ&ピンポインターwithノーブル軍曹(Sergent Noble TAILPIPE&PINPOINTER)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーダークサイド・ムーン/HAベーシック

     タグ: トランスフォーマー  実写版  ダークサイド・ムーン  海外  HAベーシック 


    Comments:0 


    Leave a comment