またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

11
昨日から、どうも我が家のネット環境が不調です。
ADSLモデムがちょくちょく止まるんですよねー……もう数年使っているものではありますし、寿命が近いのかもしれません。
今後ブログ更新・ツイッターでのつぶやきが長期間途切れるようなことがあれば、「あー、モデム逝ったか…」と思っていただければ…w

と、さっさと修理出せよなことを書きつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーダークサイド・ムーンから、サイドスワイプ(海外版)です。

ここのところ、スワイプ→ビーの繰り返しになっていますが(゚ε゚)キニシナイ!!

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1730615.jpgP1730618.jpg
というわけで、今回はTFダークサイド・ムーンからサイドスワイプ。
リベンジからの登場のバトル要員では一番扱いがよかった……っていうかオートボットではこいつとウィーリーくらいしか続投していないというかw
今回購入したのは海外版ですが、国内仕様とはメックテックカードの有無くらいしか違いがないですね。
まずはビークルモードですが、コルベット・スティングレイのオープンカータイプです。
オープンタイプなので丸見えになっているシートやハンドルがきっちり再現されて好印象……

P1730621.jpg
かと思いきや、床がないんですよねこのビークルモードw
これは乗ったら足が疲れそうです(;´∀`)

P1730627.jpg
メックテックウェポンを装備するとこんな感じに。
ぱっと見は非常に格好良いんですが、この状態で人を乗せるのはかなりデンジャーな気がしますw

P1730633.jpg
メックテックウェポン用の取り付け穴は車体側面にも一つづつあります。
全部につければかなりの重装備に。

P1730635.jpg
車体側面からロボット腕を引っ張り出して、フロントバンパー下のジョイントに引っ掛ければバトルビークルモードに。
国内版・海外版ともマニュアルには記載がないですが、わざわざジョイントがあったりこの状態でもちゃんと転がし走行できたりと
隠しモードもしくは直前でボツったか何かで機構だけそのまま残ったのではないかな、と思われるモードです。

P1730637.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
上のビークルバトルモードのように前輪部分からロボ腕を引き出します。
ドア部分のジョイントを外してやや上方へ上げつつ左右へ広げ、ボンネットも持ち上げて運転席側へ移動させます。

P1730640.jpg
車体を立てて、ボンネット内部から腹パーツを引き出し、ライト部分ともども90度折り曲げて腰のところにジョイント。
車体後部は中央部分を折りたたんで背中側へ移動します。
ドアパーツは背中の中央側へまとめて立てておく感じに。

P1730643.jpg
車体後部で残っている後輪周辺のパーツを展開し、関節を曲げて脚部を形成。
ボンネット部分は背中の方へ折り込み、その上に車体後部の中央パーツが一部覆いかぶさる感じに畳みます。
後は手足の位置を調節すれば出来上がり。

P1730647.jpgP1730650.jpg
ロボットモード。
後ほどほかのバージョンと並べてみますが、かなりすらっとした体形に変わっていますね。
ところで、うちの固体は購入時点でなぜか左胸が盛大に白化しておりまして……orz
目に付くときもあるかと思いますが、そこはスルーでお願いいたします。

P1730653.jpgP1730657.jpg

P1730661.jpgP1730663.jpg
ぐるっと一回り。
全体的にかなりスマートになり、劇中の雰囲気に近づいているんではないでしょうか。
足首もサードアーム・サイドスワイプタイプほどがっちり安定するわけでもないんですが、
タイヤ足っぽさを残しつつちゃんと自立できるように進化しておりますね。

P1730672.jpg
顔周り。
劇中CGよりは若干とげとげしさがなくなっていますが、相変わらずのヒーローロボット顔。
メックテックシリーズは塗装が簡略化されているのが残念では有りますが、造形自体はよく出来てますね。

P1730679.jpg
集光ギミックももちろんアリ。
光具合はなかなか良好ですね。
というか、うちのブログのTFでここまできれいに目が光ってるのは少々久しぶりかもw

P1730687.jpg
メックテックウェポンのサイバトニウムソード。
N.E.S.T.がスワイプのブレードをショットガンと組み合わせた装備……っと国内版の説明にはあるようですが、
我が家のものは海外版ですのでその辺説明一切なしですw
通常の状態だとショットガンですが……

P1730690.jpg
後部のレバーを押し込むことでショットガンの先端からブレードが登場。
パッケージ裏によればスワイプはオートボットの剣術師範のような立ち位置になっており、剣装備にはこだわりがあるようですw
そうそう、例によってこの状態では固定できないので、今回は輪ゴムで無理やり固定をしています。
つくづく、固定できないのがもったいないですよねぇ。

P1730692.jpg
腕部の装甲は、反転させてブレードにも。
リベンジ版ののように二枚刃がはさみのように連動してくる形ではなく、
一枚の刃をくるっと回す形に変わっています。

P1730698.jpg
可動に関して。
さすがに最新作の新規設計、歴代のサイドスワイプの中では
一番よく動いてくれますね。

P1730709.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント接続。
変形機構の都合で、肩関節自体を上下にスイングさせることも可能です。
ながーい軸で首のすぐ下くらいからつながっているので、強度的にはちょっと心配なところがあるかもしれません。
個体差だとは思いますがうちのものは肩関節がやたら固く、そのままだと
腕を上げたいのに軸ごとねじれてましたから(;´∀`)シリコンスプレー吹いて対応済み

P1730712.jpg
肘は90度ほど曲がりますが、60度くらい曲がったところで一回引っ掛かりがあるので一段だけクリックがある感じですね。
肘のすぐ上にロール軸があって可動範囲も広いんですが、腕のブレードが上腕や背中のガワに少し干渉してしまいます。
ガワもブレードも動かせますから、都度避けてしまえば良いんですけどね。

P1730730.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイントで、特に干渉もなく前後・開脚とも大きく動かすことが可能です。
これまでのタイプで股間にあった軟質パイプがなくなったので、劇的に可動範囲がアップしておりますw

P1730733.jpg
膝?は逆関節になっておりまして、目一杯曲げた状態がデフォルト。
ですが、かなり関節(特に下のほう、足首側)の曲がる範囲は大きいので
自由に足を曲げることが可能です。

P1730735.jpg
また、太ももにロール軸があるため、自然に足をハの字に開けますね。
足首自体は固定ですが、つま先とかかと部分はかなり自由に角度調節が可能。
足の中央部分がタイヤなので、やはり普通の足よりは不安定なんですが自立自体はしっかり可能です。

P1730740.jpg
首はボールジョイント接続。
顔の形状的にアゴはほぼ引けませんが、横回転と上方向を向くのは特に問題なく可能です。
まぁ、最近のTF頭部によくある可動といえばそうなんですがw

P1730744.jpg
胴体は特に可動するところはなし。
胴体の上からパーツをかぶせるタイプの変形なのでやむなしではあるんですが、
これで腰が捻れればなおすばらしいんですけどね~。

P1730746.jpg
と、おおむねよく動くんですが、気になるのもやっぱりよく動くという点。
背中に背負っているガワパーツ、よく動いて干渉を避けられるのは良いんですが固定する定位置的なものがないんですよね……
動かなくて良いときに手が当たって変な方向向いちゃったりすることも多々(;´∀`)
まぁ、この辺は好みの問題ではあろうと思いますw

P1730748.jpg
あとはやはり、色が銀塗装から成型色のグレーになっちゃったところでしょうか。
このせいでどうしても地味というか、質感が安っぽく……
分解して自前で塗ってしまうのもアリかもですね。

P1730750.jpg
ダークサイド・ムーン…というかダーク・オブ・ザ・ムーン名義ででたスワイプの皆さん@ビークル。
一応全部同じ車種のはずなんですが、皆印象が大幅に変わっておりますね。

P1730756.jpg
スワイプ軍団@ロボット。
ロボット時もそれぞれプロポーションがぜんぜん違ってますね~。
リベンジ版ベースのスキャン版と比べると、特にDOTM版がスマートになっているのが分かりますな。

P1730759.jpg
スワイプ軍団でポーズ。
動かしやすさに関しては、DOTM版がやはり一つ頭抜けてますね。
ただ、仁王立ちで飾っておく分にはサイドアームベースであるラリー版が一番安定する感じです。
リベンジ版も格好いいんですが、いかんせん自立させるのに結構な慣れが……w

P1730765.jpg
以上、トランスフォーマーダークサイド・ムーン版のサイドスワイプでした。
ビークルの床とか色とかちょっと残念な部分もあるにはありますが、前作からの進化を感じられる一品ではありますよ。
9月末にはリデコのダークスチールも出ますし、並べてみるのも楽しそうですねw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン サウンドウェーブ
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン レッドフット
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン オプティマスプライム<デラックスクラス>(OPTIMUS PRIME)
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン カノンセンチネルプライム
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン レーザービーク
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン バリケード
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン ショックウェーブ
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン オプティマスプライム メックテックトレーラー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーダークサイド・ムーン

     タグ: トランスフォーマー  ダークサイド・ムーン  実写版 


    Comments:3 

    ズッツトン  

    No Title

    シートがないのか、以前見たトニーたけざきの透明自動車思い出した。道路を運転中のシーンですが自動車が書いてなくて運転手は地上何cm上を時速何キロで移動しているというネタでした。
    この玩具もっと銀色の素材使っても良かったのでは。銀とか金の成形色だと強度ないかな?

    2011/08/12 (Fri) 02:29 | EDIT |   

    tagoal  

    No Title

    >ズッツトンさん
    運転者はまだアクセルとブレーキに足おいておけばいいでしょうけど、
    助手席の人がなかなかの苦行ですよねこの床無し車w
    銀の成形色はたしかにそうですねー。やっぱりコストの関係もあるかと…

    2011/08/14 (Sun) 23:34 | EDIT |   

    ぐんぬ  

    No Title

    このレビューを見て私も先日サイドスワイプ購入しました!
    個体差なのかビークルモード時にブレード部とドア部分の噛み合いがとてつもなく悪いです…
    でもロボットモードのプロポーションは流石ですね!
    HAもかなりのプロポーションでしたが私は断然こっちを選びますね!

    2011/08/20 (Sat) 11:53 | EDIT |   

    Leave a comment