またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

06
TFフィーバーもあって、今週は更新がんばり気味です(マテ
一週間休み無しで更新なんてどれだけぶりでしょうか……(;´∀`)
実際問題毎日更新はネタの量と時間的な問題で厳しいんですが、
やっぱり続けていると興も乗りやすいというかなんというかw

さて、せっかくなのでモチベーションを落とさないように今回のネタへ。
本日発売のS.I.C.極魂版仮面ライダーアギト・トリニティフォームです。
P1720851.jpg
ほんの気持ち程度、早めに紹介です(;´∀`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1720853.jpgP1720856.jpg
というわけで、今回はS.I.C.極魂の仮面ライダーアギト・トリニティフォーム。
劇中では津上翔一が一時的に記憶を取り戻した際に変身可能となった、
基本三形態の力を併せ持つ三位一体の形態ですね。

P1720859.jpg
パッケージの中身はこんな感じ。
本体にストームハルバード、フレイムセイバー、そして交換用手首が左右2種づつ、
というセットになっています。

P1720861.jpgP1720863.jpg

P1720865.jpgP1720867.jpg
ぐるっと一回り。
製品としては以前紹介したグランドフォームの一部リデコ品。
そのため、両腕以外はグランドフォームと同じ物ですねw

P1720870.jpg
顔周り。
後述のクロスホーン展開ギミックの関係で角がだいぶ大きいですが、
まぁこれはこれで格好いい顔ではないかなーと。

P1720872.jpg

グランドフォーム同様、クロスホーンは手動で開放状態の再現が可能。
これのせいで頭部の形状がだいぶ影響を受けていますが、まー格好いいので良しw

P1720874.jpgP1720876.jpgP1720878.jpg
胸部、ベルト、足回りはグランドフォームと同じ物。
設定上もそうですし、ボディ真ん中部分に関してはあらためて説明は不要な感じですなw

P1720880.jpgP1720884.jpg
トリニティフォームになっての変更点は、左右の肩から腕にかけてのモデルチェンジ。
左腕はストームフォーム、右腕はフレイムフォームとなっています。
この腕、左側はともかく右の肩アーマーがかなり大型化したため若干可動に影響が出ちゃってますね。

P1720889.jpgP1720891.jpg
手首は左右各三種類から選択。
デフォルトの握り拳に……

P1720893.jpgP1720895.jpg
平手。

P1720897.jpgP1720900.jpg
そして、武器持ち手です。
トリニティフォームといえば二刀?流ですから、この持ち手がある意味一番の重要ポイントですなw
ちなみに、私が購入した店でいくつか見比べてみたところ、手首の塗装は
かなり品質にばらつきがあるように見えました。
購入の際は、手首はチェックした方がよいかも知れませんねw

P1720912.jpg
武器その1、フレイムセイバー。
本来はフレイムフォーム時に使用する片刃の剣ですね。

P1720914.jpg
このフレイムセイバー、鍔部分の角状のパーツを展開して必殺技発動状態にすることも可能です。
この小ささで差し替え無しの再現が可能とは、流石に恐れ入りましたよw

P1720916.jpg
武器その2、ストームハルバード。
ストームフォーム時に使用するナギナタ状の武器です。
通常状態だと、なぎなたというか普通の棍っぽい感じもありますな。

P1720918.jpg
そしてこちらも、刃の開閉ギミックを装備。
大きさの割に、本当に細かいところが良くできてますw

P1720940.jpg
可動に関して。
基本構造はグランドフォームと一緒ですが、やはり細かいtころに違いが出ていますね。

P1720945.jpg
では、先に下半身から。
股関節はボールジョイント接続で、その軸受け部分にロール軸が設けられています。
前方向には水平よりやや上、後方へはほとんど動かず開脚方向は60度程度が限界ですね。

P1720952.jpg
膝は二重関節で、太股とふくらはぎがくっつくくらいまでは曲げることが可能です。
つま先もかなり大きく角度調節可能なので、立たせる際の安定感はある方ですなw

P1720962.jpg
続いて腕周り。
肩は回転及び、水平やや上まで腕を広げることが可能になっています。
なんですが、左はともかく右肩が大型化しているため、肩アーマーが顔に引っかかってしまって
若干動かし辛いときがありますね。


P1720965.jpg
肘は二重関節で、150度程度曲げることが可能。
まぁここは、グランドフォームと形状的には一緒ですしねw

P1720969.jpg
手首はボールジョイント接続で、回転及び多少の曲げ伸ばしが可能。
ここも、グランドフォームから大差はない感じです。

P1720974.jpg
首は付け根と頭との境目の二カ所でボールジョイント接続。
首の形状もあって、上方向にはある程度動くんですが
顎はほとんど引けないですね……このあたりもグランドフォームから変わっていないようです。

P1720977.jpg
胴体は胸と腹の境目でボールジョイント接続。
捻ったりある程度前後左右へ曲げることが可能ですが、
捻る方はともかく曲がり方はもうちょっと曲がって欲しかったところ。

P1720979.jpg
と、可動範囲的にはおおむねグランドフォームに準拠しつつ、
肩アーマーの形状変更による影響を受けている、という感じでしょうか。

P1720984.jpg
肩アーマーは上下にのみ可動するので、腕の動きによってはちょっと
不自然に見えてしまうのも多少気になりますかね。
特に右肩は大型化した分目立つ気がします。
顔にも当たっちゃいますしね。

P1720987.jpg
あとは、武器持ち手が若干緩めなのも気になるところ。
フレイムセイバーはそうでもないんですが、ストームハルバードのほうが
ちょっとスカスカですね。

P1720993.jpg
セイバーとハルバード、持ち手部分の太さが全然違うのでしょうがないと言えばしょうがないんですが……w
対策として、左手の方だけ一度暖めて少しきつく握れるようにしています。
持てないわけではないんですが、ちょっとくるくる回っちゃったりして気になりますからねw

P1730003.jpg
あとは、全体的に少し関節の保持力が弱めかなーと。
個体差かも知れませんが、股関節と膝が若干ゆるいような印象を受けました。

P1730006.jpg
そして一番の疑問が、そもそも何でまたトリニティフォーム……?ということですねw
この形態って結局一時的な特別バージョン的なものですし、登場頻度的にも
web限定販売のフレイムフォーム・ストームフォームとは扱いが逆になるんじゃないか?と……w
まぁ、格好いいので良し!ということで納得はしておりますが(マテ

P1730013.jpg
以上、S.I.C.極魂の仮面ライダーアギト・トリニティフォームでした。
リデコ品とはいえ、武器の細かい可動などいろいろと良い仕事している一品だと思います。
アギトはフレイムフォーム・ストームフォームまでは(web限定とはいえ)発売が決まっていますが、
この調子で是非バーニングフォーム・シャイニングフォームも出して欲しいですねw
amazon
    
関連記事一覧
  • S.I.C.極魂 Vol.17 仮面ライダーアギト グランドフォーム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:極魂S.I.C.極魂/仮面ライダーアギト

     タグ: S.I.C.  極魂  仮面ライダー  アギト  トリニティ 


    Comments:0 


    Leave a comment