またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

17
日曜日の夜でございます。
いつもなら「ああ、明日からまた仕事かー」な状況ですが、明日は祝日ですのでまぁまぁ気楽ですねw
火曜以降のことは……(゚ε゚)キニシナイ!!

さて、それでは今回のネタへ。
昨日今日と開催されていました魂フェスティバル2011の会場限定品、ROBOT魂のG-3ガンダムです。
P1700246.jpg
夕方前には記事書くつもりで遊んでいたところ、気づいたらすっかり夜に……w

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1700259.jpgP1700265.jpg
というわけで、今回はROBOT魂のG-3ガンダム。
魂フェスティバル2011の会場限定販売品です。
後日web状でも販売の予定はあるようですが、前回のタマシーコンボと違ってこちらは抽選販売の模様。
タマシーほどは数が出ない、という予想でしょうね……

P1700268.jpg
パッケージの中身。
本体にビームライフル、シールド、ハイパーバズーカ二つに
ビームサーベル二本、エフェクト付きのサーベル、長めのサーベルグリップ、
ビームジャベリンにシールド用の別ジョイント、軟質素材製のV字アンテナ、
換え手首が左右4種類ずつ、っというセットになっています。
以前うちで紹介した通常版ガンダムのツインウェポンパックセットと比べると少なくなりましたが、
それでも十分すぎるほど豊富な付属品ですね。

P1700270.jpgP1700273.jpg

P1700275.jpgP1700278.jpg
ぐるっと一回り。
本体の仕様としては、通常版ガンダムのハードポイント追加仕様をベースにした色変えですね。
メタリックコート仕様ということで、全体的につやつやテカテカしておりますw


P1700285.jpg
顔周り。
限定品だけあって、通常版ガンダムよりもさらに塗装がきっちりしてますな。
とはいっても個体差は多少ありましょうけれどもw

P1700290.jpgP1700297.jpg
額のV字アンテナは、プラ製と軟質素材製を選んで付け替えることが可能。
左側の写真がデフォルトのプラ製、右が軟質素材製の物を着けた状態です。
正直、ぱっと見では区別が付かないレベルですね。
通常版(の初回版)では、このV字アンテナの取り付けがかなりゆるゆるでしたが、
今回はある程度しっかり取り付けられるようになっています。

P1700303.jpg
胴回り。
通常のガンダムから特に形状の変化はないですが、
腹のメタリックパープルと腰のガンメタルがなかなか良い感じに綺麗です。

P1700307.jpg
腕周り。
やはり形状的な変更はありませんが、ハードポイント追加仕様
ベースなので肩の上にもハードポイントが。
また、全塗装されているためかなり質感が異なって見えますね。
実にツヤテカ。

P1700311.jpg
背面。
この辺は完全に色違いなだけですね。

P1700314.jpg
足回り。
ここも色が変わったのみ。
プロトタイプガンダムと違って、設定上も色以外はアムロのガンダムと
違いはないので当たり前ではありますが……w

P1700318.jpg
手首は、全5種類からの選択式。
デフォルトはこちらの握り拳になります。

P1700321.jpgP1700326.jpg

P1700332.jpgP1700337.jpg
交換用手首として、サーベル系武器用の持ち手、銃器系武器用の持ち手、
平手、長物系武器用の持ち手が付属。
手首はハードポイント追加仕様になった際に作り直されてるんですよね、たしか。

P1700345.jpg
手持ち武器のその1、ビームライフル。
通常のガンダムの物と形状は同じ……というか以降の全ての装備が形状は同じなんですがw、
ビームライフルに関してはちょっとラメの入った材質に変更されているようです。
パールクリアが吹いてあるのか、実はいまいち判断が付いてなかったりしますが(;´∀`)<削るわけにもいきませんし

P1700352.jpg
手持ち武器その2、ハイパー・バズーカ。
こちらもライフルと同じ成形色をベースに、本体と同じライトグレーで塗装されています。
ライフルは1つだけですが、このバズーカは2つついてきます。ちょっとお得感がw

P1700361.jpg
手持ち武器その3、ビームサーベル。
柄と刃部分は別パーツで、柄の方はバックパックにマウント可能です。
2本しかないので、特に柄部分はなくさないように注意ですね。

P1700365.jpg
手持ち武器その4(?)、エフェクト付きのビームサーベル。
基本的に、柄の長い方の柄に着ける前提のようですな。
重いので、真っ直ぐ構えさせるのがちょっと大変だったり。

P1700370.jpg
手持ち武器その5、ビームジャベリン。
柄の部分はバズーカ同様のライトグレーで塗装されています。
ツインウェポンパック版から手首が変わったせいか、結構持たせやすくなった感じ。

P1700374.jpgP1700377.jpg
手持ち武器ラスト、シールド。
メタリック塗装の恩恵を一番受けているパーツかも知れませんね。
メタリックパープル部分が本当に綺麗です。
装備方法は腕に持たせるか、ジョイントを取り替えて背中に背負うかの2パターンを選択可能です。

P1700381.jpg
銃器系を持てるだけ持った状態。
アムロのガンダムの最終決戦仕様とほぼ同じ装備になりますね。

P1700384.jpg
ハードポイントを活用して、さらに持てるだけ持たせた状態。
ガンキャノンが要らない子状態に……w
流石にツインウェポンパック付きほどのカオス装備は出来ませんが、それでも結構な重装備ですw

P1700390.jpg
可動に関して。
形状が変わったわけではないので、基本的には通常のガンダムと同じですね。
やたらと良く動いてくれますw

P1700396.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイントと回転軸の複合関節。
前後回転とある程度のスイング、さらにほぼ水平まで腕を広げることが可能です。
引き出し関節ではないのでスイングに関してはある程度、といったところではありますが
それでもかなり表情付けには重宝しますね。

P1700399.jpg
肘は二重関節で、180度曲げることが可能です。
さらに、上腕と下腕それぞれにロール軸が設けられています。
塗装のせいかロール軸がちょっと固いですが、可動範囲の広さには関係なしw

P1700402.jpg
手首はフィギュアーツなんかでお馴染みの、軸部分が曲げられるボールジョイント。
手首自体に角度が付いているため多少動きに制限があるんですが、
その辺は2つもある腕のロールとあわせることでむしろ表情付けにはプラスに働いていたり。

P1700410.jpg
下半身は股関節がボールジョイント。
回転に加え、ほぼ真横まで脚を広げられます。
ボールジョイントの受け部分にはロール軸もあり、自然に脚を広げることが可能ですね。

P1700413.jpg
膝は180度曲がり、太股に踵が楽々着けられます。
足首はボールジョイントと回転軸の複合で、前後左右へ角度を変えることが可能。
さらにつま先が独立可動するようになっているため、接地性はバッチリですね。

P1700418.jpg
首は軸が折れ曲がるタイプの二重ボールジョイント。
なんですが、その軸自体にもちょっと角度が付いています。
そのため、首の可動には微妙~に癖がある感じですね。
可動範囲自体は広いので、慣れてしまえば問題ないとは思いますがw

P1700424.jpg
胴体は、腹部の中頃、丁度コアブロックの段になっている部分と
腰のところでそれぞれボールジョイント接続。
回転と、前後左右へ傾がせることが可能です。
前方に限っては、コクピットがあるのでちょっとだけお辞儀しづらいですが……w

P1700428.jpg
他には、腰アーマーが前後とも、左右で独立して動くようになっています。
このため、太股の動きに干渉する物が無くなって非常に動かし易いですね。

P1700435.jpg
と、全身これでもかと言うくらいに良く動いてくれます。
変態可動で有名なプライズ品のSCMシリーズに比べれば多少負けますが、
ガンダムの可動フィギュアとしては相変わらずトップクラスの動きっぷりだと思いますw

P1700439.jpg
動きまくるおかげで、どこが最初の定位置だったか分からなくなることもあったりしますが……
まぁ、そこは頑張って覚えておきましょう(マテ

P1700444.jpg
気になる点としては、通常のガンダムと同じく首周りですかね。
可動としては良く動くんですが、首のパーツが軸に被せてあるだけなので、
動かし方によってはずれて変な形になってしまいます。
小さい分指が入りづらいので、ここがずれると直すのにちょっとイラッと来ることも(;´∀`)

P1700449.jpg
気になるのは上記の首くらいで、あとはまぁスタイルが個々人の好みに合うかどうか、
くらいではないでしょうかw
良く動くしハードポイントだらけでカオスな装備も出来るし、プレイバリューは高いですね。
ハードポイントをフルに使うには付属の武装じゃ全然足りない、ってのはありますが……w

P1700461.jpg
通常のガンダム(ツインウェポンパック付属版)と。
カラーリングと、メタリックコートによる質感の差が分かりますでしょうか。
G-3は結構つやつやテカテカですw

P1700463.jpg
武装状態で。
G-3にはガンダムハンマーが付いてこないんですよねー。
そうそう、色が若干違いますが、通常ガンダムの装備をG-3にごてごてっと
着けちゃうのもカオスで面白いですよw

P1700467.jpg
以上、ROBOT魂のG-3ガンダムでした。
メタリックカラーも綺麗ですし、非常に遊び甲斐もあるナイスな一品ですねw
web限定のプロトタイプガンダムはスルーしてしまったんですが、
改めて遊ぶとやはり買っておくべきだったなーと後悔していたりします、はい(´・ω・`)

amazon
    
関連記事一覧
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP RX-78-1 プロトタイプガンダム
  • ROBOT魂 R-NUMBER 078 RX-78-2 ガンダム
  • ROBOT魂 R-Number SP ターンX 月光蝶ver.
  • ROBOT魂 TAMASHII NATION 2009 ダブルオーガンダムトランザムクリアーver. (+α)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ROBOT魂SIDE MS

     タグ: ROBOT魂  SIDE_MS 


    Comments:0 


    Leave a comment