またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

01
7月になりましたー。
そして果てしなくどうでもいいことですが、明日は当方誕生日だったりします。
ああ、また中年に一歩近づいていく……orz<まだだ、まだ青年で通るはず……!

さて、ある程度年喰うと誕生日って微妙な気持ちになるよね!と思いつつ今回のネタへ。
ROBOT魂の魂web限定品、アンチゼーガ・コアトリクエです。
P1680850.jpg
6月分の製品ですが、届いたのは30日。ギリギリすぎ。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1680861.jpgP1680865.jpg
というわけで、今回はROBOT魂のアンチゼーガ・コアトリクエ。
ゼーガペイン・アルティールから奪った光装甲のデータを基に、ガルズオルムが開発した対ゼーガペイン用量子兵器
……という設定ですね(マテ
本編では初登場からオケアノスのゼーガペイン達を圧倒、甚大な被害(特にリョーコに……)を与えておりました。

P1680867.jpg
では、まずはパッケージの中身から。
コアトリクエ本体に換え手首が一対。
腕部分の装甲及びブレード部分は別パーツとして収まっています。
あともう一つ、換え頭部があるんですが、このブリスターの蓋の方に固定されていたので撮影を忘れました(;´∀`)

P1680871.jpgP1680874.jpg
前後から。
ゼーガペイン達に似た胴体のシルエットを持ちつつ、独特の手足によって人外な雰囲気が出ておりますな。
このいかにも悪役です!といったシルエットが非常に良い感じですw

P1680878.jpgP1680881.jpg
左右から。
足首の形状がもの凄いですが、これでもちゃんと自立できるのが凄いところ。
しかもこの足首の爪、一本一本前部可動するというすさまじさです。

P1680900.jpgP1680903.jpg
頭部周り。
劇中再現度高ですなぁ(*´Д`)<ステキ!
角部分が非常にシャープなので、折ってしまわないようちょっと気を使います。
まぁ、ゼーガペイン系は全部そうなんですけどもw

P1680906.jpgP1680910.jpg
頭部パーツはもう一つ、ビーム砲発射時の展開状態も付属します。
細かいところまで良く再現されているんですが……
妙に取り付け部分が硬い&角が細い上クリアパーツとあって、付け替える際はドキドキものですw

P1680890.jpg
手首は二種類が付属。
デフォルトの握り拳と……

P1680894.jpg
開き手です。
コアトリクエには特に手に持つ物はないですし、まぁ二種類でも十分といえば十分。

P1680913.jpg
碗部装甲。
全体がクリア成形になっており、透明度が非常に高いですね。
ぶっちゃけ劇中よりクリアです……というか、ROBOT魂のゼーガペイン系が
全体的に劇中より薄めの色合いなんですけどね。

P1680915.jpg
先端部のブレードは差し替えにより再現。
光子翼状になっている部分の開閉は流石にムリだったようで、固定になっています。

P1680918.jpg
碗部装甲を外すとこんな感じに。
腕、かなり長いです。

P1680922.jpg
可動に関して。
シルエットは似ていても流用パーツはほぼ無い(下手したらゼロ?)なので、
ゼーガペインとは似て異なる感じの可動域になっています。

P1680925.jpg
まず上半身、肩はボールジョイント接続。
腕からボールジョイントが伸びていて、胴側が受けになっています。
ここはゼーガペイン系と同じ作りですね。
ただ、肩関節の棒がやたら細いのでちょっと怖いですなw

P1680931.jpg
肘は二重関節で、ほぼ180度曲がります。
上腕にはロール軸があり、手首も接続部で回転できますので、
肩の動きと合わせて非常に広い範囲で動かすことが可能になっていますね。

P1680927.jpg
股関節はボールジョイント接続。
ゼーガペイン系と違って、股関節自体が可動するようにはなっていません。

P1680935.jpg
膝は二重関節なんですが、曲げられるのは90度程度。
脚部の形状が非常に独特なこともあって、このくらいでも十分ではあります。

P1680937.jpg
足首は前述の通り、爪状になっているパーツ一つ一つが全部独立可動。
足の爪に物をつかむ、なんてまさに猛禽類のようなことも可能だったりしますw

P1680943.jpg
首は付け根と頭との境目部分の二重ボールジョイント。
ゼーガペイン達の場合一段引き伸ばすことが可能でしたが、こちらは
そういったギミックはなくなっています。

P1680948.jpg
胴体は腰部分がボールジョイント接続。
回転と、前後左右へ傾けることが可能です。
ゼーガペインと比べると、多少可動範囲が控えめかも。

P1680951.jpg
と、ところどころゼーガペインと構造が違う部分が見受けられますが、
やっぱり良く動くことには変わり無しだったり。
動きすぎて定位置がどこだかよく分からない、というのも相変わらずですw

P1680953.jpg
気になる部分としては、全体的にボールジョイント部分が保持力弱めなところでしょうか。
特に股関節、大股を開くと自重に負けることが……
こいつの場合、足の爪が上手いこと地面に食い込んで持ちこたえてくれたりもするんですがw

P1680955.jpg
あとは、上でもちょっと触れましたが、クリアパーツの色が劇中より薄い印象が。
劇中ではクリアというか発光していたので、その辺の差もあるでしょうが……w
まぁ、気にするほどのことでもないですかね。
綺麗なことには変わりないですしw

P1680958.jpg
と、気になる点を上げてはみたものの正直贅沢を言えば……レベルの話ではありますw
アンチゼーガのここまで出来の良い立体物を手に出来ると言うだけでもう感無量ってなもんですよほんとw

P1680968.jpg
アルティールと。
二回りくらいコアトリクエの方が大きいです。
劇中でも大きめでしたし、良い感じの対比になってますな。

P1680971.jpg
対決風に。
両者とも良く動くので、絡めて遊ぶのが非常に楽しいですねw
ただ、どっちもパーツが細かいので破損がおっかなかったりもしますが……(;´∀`)

P1680978.jpg
以上、ROBOT魂のアンチゼーガ・コアトリクエでした。
ゼーガペイン系ROBOT魂の例に漏れず、実にナイスな出来だと思います。
9月発送分のアンチゼーガ・マインディエにも期待がふくらむところですね……!
ここまで来たら、ゼーガタンクも出してくれませんかバンダイさん(゚∀゚)オネガイ!

amazon
    
関連記事一覧
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP アンチゼーガ マインディエ
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP ゼーガペイン ガルダ(ブルーカラーver.)
  • ROBOT魂 R-NUMBER 082 ゼーガペイン フリスベルグ
  • ROBOT魂 R-NUMBER 080 ゼーガペイン ガルダ
  • ROBOT魂 R-NUMBER 070 ゼーガペイン アルティール


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ROBOT魂SIDE HL

     タグ: ROBOT魂  ゼーガペイン  SIDE_HL 


    Comments:2 

    よーきー  

    No Title

    こんばんは。コアトリクエかっちょいいですね。クリアパーツが秀逸です。ゼーガペインシリーズはこんなに出るとは思ってなかったので正直、驚いています。マインディエも出るみたいなので今から楽しみです。

    2011/07/01 (Fri) 21:21 | EDIT |   

    tagoal  

    コアトリれす

    >よーきーさん
    ゼーガペイン系はクリアパーツがほんとにキレイで非常にお気に入りですw
    これまでの流れから行っても、マインディエにも期待大ですよね~。
    あとはゼーガタンクが出ればばっちr(マテ

    2011/07/02 (Sat) 17:45 | EDIT |   

    Leave a comment