またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

26
c⌒っ。A。)っ
いやー、今朝の通勤中に乗っている原付がいきなり故障しまして。
朝は大幅に遅刻しつつ通り道のお店の駐車場に置かせて貰い、
帰りにえっちらおっちらと押して帰って参りましたのですよ……(;´Д`)
普段は快適な通勤ライフでしたが、こうなると一気に悪夢と化しますなぁ、ほんとorz

と、それはそれとして今回のネタへ。
珍しくフィギュアーツ続きで、S.H.Figuartsの仮面ライダーオーズ・サゴーゾコンボです。
P1660078.jpg
とりあえずこれで、タジャドル発売前にここまでのフィギュアーツのオーズを一通り出すことが出来ましたw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1660085.jpgP1660087.jpg
ということで、今回はS.H.Figuartsの仮面ライダーオーズ・サゴーゾコンボ。
サイ・ゴリラ・ゾウの3枚のコアメダルで変身する形態ですね。
これまた最近ご無沙汰……かと思いきや、フクロウヤミー戦で恐竜メダルをはじき飛ばして
オーズドライバーに収まるという大殊勲?を経て登場してくれましたねw

P1660089.jpg
パッケージの中身。
本体にオースキャナー、換え手首が左右各3つずつ。
そして、毎度お馴染みのメダジャリバーというセットになっております。

P1660091.jpgP1660093.jpg
前後から。
タトバと共通の手足パーツがないので、これまでとはちょっと違った雰囲気。
個人的にはガタキリバやラトラーターより好きなデザインだったりします。

P1660096.jpgP1660101.jpg
左右から。
ゴリラアームがかなりごっついので、上半身の存在感がかなりのものですなw

P1660107.jpg
顔周り。
サイヘッドですね。
亜種形態だと使い道なくね?と登場時言われていた気もしますが、最近は微妙に活躍が増えてますなw
製品としては、ちょっと白の塗装の縁が荒れている気もしますがまーまー及第点ではないかと。
形状は非常にそっくりですw

P1660110.jpg
胸回り。
オーラングサークルは上からサイ・ゴリラ・ゾウとなっています。
象の鼻のモールドがそのまま腹まで伸びていたりするのが地味に芸コマ。

P1660116.jpg
腰回り。
当然ながら、オーズドライバーは他の形態と共通の形状ですね。
メダルの色が色なので、ぱっと見メダル入ってないように見えないことも……w

P1660121.jpgP1660124.jpg
サイドにはオースキャナーとメダルホルダー。
ここはもう毎度お馴染み、といっていいのではないでしょうか。

P1660127.jpg
手首は4種類。
デフォルトの握り拳に……

P1660130.jpg
開き手。

P1660133.jpg
持ち手その1。
主にジャリバー用ですねw

P1660137.jpg
持ち手その2。
こちらはオースキャナーがメインの持ち物になるでしょうか。
全て両手分有りますし真っ黒で装飾もないため、他の黒っぽい体色のライダーに流用も出来るかも?ですね。

P1660140.jpg
ゴリラアーム。
劇中ではロケットパンチにもなる手甲・ゴリバゴーンが特徴的ですね。
このごつさが個人的に大好きですw

P1660143.jpg
ゴリバゴーンは分解して取り外しが可能。
外してしまうと実にシンプルなものです。

P1660147.jpg
そして、毎度お馴染みメダジャリバー。
バンダイも何で毎度毎度……と前回と同じ流れになりますが、web拍手いただいた人から
「ベルトなんかと同じ共通パーツが同じ金型で、どうやっても出来ちゃうからせっかくなのでつけてるのでは?」
と言う推理が。
いわれてみれば、それが一番考えられますねぇ……共通パーツは一緒の金型にしておくのが自然でしょうしw

P1660150.jpg
可動に関して。
例によって、他の形態と基本構造は同じなのでだいたいは同じ、ですw

P1660153.jpg
まず、肩は回転と水平やや上まで腕を上げることが出来、肩自体は上下左右へのスイングが可能。
ここはもう完全に他のタイプと一緒ですw

P1660159.jpg
肘は二重関節で180度曲がる……んですが、ゴリバゴーンをつけたままだと干渉するので90度くらいが限界に。
もちろん、外してしまえばめいっぱい曲がりますよ。

P1660168.jpg
手首は毎度お馴染み曲がるボールジョイント。
ここも、ゴリバゴーンつけてるとほとんど動かす余地は……w
ちなみに、手首を取り替えるときはゴリバゴーンは非常に邪魔なので、手首交換の際はは取り外すが吉ですねw

P1660173.jpg
股関節は、他の形態と同じく引き出し式のボールジョイント。
膝は二重関節で180度曲げることが可能です。
脛周りのプロテクターがごついですが、ふくらはぎ部分は必殺技時に脚が合体するのを考慮してか
プロテクターが無く素のままなので、特に可動に影響はないですね。

P1660177.jpg
足首は、最近のフィギュアーツが共通で抱える残念ポイントである一軸ボールジョイント。
とはいえ、これまでのオーズよりは多少接地性は良くなっているようなそうでもないような。

P1660181.jpg
首はこれまたオーズ系共通な、首の付け根・首と頭の境目でそれぞれボールジョイント接続されているタイプ。
例によって首と頭の接続部のボールジョイントが変な方向を向いている場合があるため、
一度引っこ抜いて確認した方が良いかもしれませんよ。

P1660184.jpg
そして胴体も、毎度お馴染みの胸と胴でボールジョイント接続されているタイプです。
オーラングサークルのおかげであまり前屈できないのも一緒w

P1660186.jpg

OCCシリーズ版サゴーゾと。
他の形態と比べると、ぱっと見の印象にあまり差がない感じですね。

P1660192.jpg
まぁそうはいっても、目のところやゴリバゴーンの大きさなんかは結構違います。
てか、何だか大きさの差が一番顕著にわかりますね、こいつ……w

P1660197.jpg
以上、S.H.Figuartsの仮面ライダーオーズ・サゴーゾコンボでした。
例によって(何回目だ)、良くも悪くもいつものアーツ版オーズという感じです。
ただ、関節が緩めだった部分が気持ち治っている(ような気がする)ので、ある程度の調整は入っているのかもですねw

amazon
    
関連記事一覧
  • S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ タマシー コンボ
  • S.H.Figuarts 仮面ライダーバース
  • S.H.Fifuarts 仮面ライダーオーズ ラトラーター コンボ
  • S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ ガタキリバ コンボ
  • S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ タトバ コンボ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:S.H.Figuarts仮面ライダーOOO/オーズ

     タグ: S.H.Figuarts  仮面ライダー  OOO  オーズ  サゴーゾ  コンボ 


    Comments:2 

    raiger  

    No Title

    こんばんはraigerです。
    出来は箱の収め方が全体見えるせいにしている成果、劇中よりもこじんまりしていて、敬遠しがちだと思いました。
    「亜種形態だと使い道なくね」重力制御用ではなく、頭突きようです。
    これだと、チーターレッグで猛スピードによるぶちかましやバッタレッグによる、敵を空中に投げて、落下するそいつをヘッドで何度も高く上げていき、最期は空中で手足の関節を決めて、残った頭を地面に激突させる技なんかが出来そうです。
    「共通パーツは一緒の金型」それがいいはずなんでしょうけども、ジャリバーの件見てくると、ほんとに余計なものがついてくるとしか思えなくなってきますね。限定とか入れるともう何本目ですかと!ラインナップ見て金型つくろうよ。
    「ある程度の調整」
    これはサゴーゾは他のやつよりもごついですから、その分、関節とか強化しないとそのフォルムゆえにすぐに崩れてしまうから、安定のための調節の必要があるんですよ。この点から、重量感と言う再限度を高める上でもダイキャスト足首があったほうがいいですけども...ねぇ、もうちょっと今後のラインナップとか考えて、予算配分・開発設計しようね。

    2011/05/28 (Sat) 02:31 | EDIT |   

    tagoal  

    サゴーゾレス

    >raigerさん
    小さく見えるのはまぁ、フィギュアーツ体型ですからね~……
    サイヘッドは、頭突き用だからこそ出番なくね?といわれてたようなw
    せめて重力制御が頭担当だったらねぇ……という論調で。
    まぁ、実際頭突き用として有効活用されましたけどねw
    金型は、ラインナップ見た結果やむ無しで作ったんだと思いますよ。
    これでジャリバーだけ別、とかだと無駄にお金かかりますし……
    おそらく余計に付ける方が安上がりだったんでしょうw
    関節の調整は、あれ個体差で済むくらいの微妙ーな違いだったりします(;´∀`)
    単純に、金型の整備の結果かなーともw

    2011/06/05 (Sun) 15:19 | EDIT |   

    Leave a comment