またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

18
最近、周りで風邪が流行り気味。
私自身、ちょっと前にダウンしかけまして……
季節の変わり目、というにはちょっと違う気もしますが、とにかく気をつけたい物ですねぇ。

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマーダークサイド・ムーンから、スタースクリームです。
P1640332.jpg
実は実写スタスク買ったのは一作目以来だったり。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1640891.jpgP1640894.jpg
というわけで、今回はトランスフォーマーダークサイド・ムーンからスタースクリーム。
お馴染みのディセプティコンナンバー2ですね。
では、まずはビークルモードから。
これまた毎度おなじみ、F-22ラプターです。
多少ディテールは簡略化されてますが、ロボット時のパーツの隠れ方は歴代随一かも?

P1640897.jpg
メックテックウェポンをつけて見るとこんな感じに。
ちょっとごつめの機銃というか、そんな感じでしょうか。

P1640899.jpg
2つの武器を合体せるとこんな感じに。
うーん、これはロボットモード専用な雰囲気……w

P1640903.jpg
今回のスタスクさん、小さくなってデラックスクラスでの登場。
劇中の大きさ比率から考えると小さいなー、となってしまいますが……
個人的にはこのくらいの大きさが一番好きなので大歓迎ですw

P1640906.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム!
主翼を下から持ち上げ、機体下部から腕を引き出します。
出した腕は基部ごと展開して側面へ。

P1640909.jpg
持ち上げた主翼の裏にあるパネルを持ち上げ、主翼全体を前方へぐるっと回転。
尾翼部分を前方へ折りたたみ、主翼とジョイントします。

P1640912.jpg
機体を立てて、機体前方と後方にそれぞれあるカバーをオープン。
そのまま機首を胴体側へ折りたたみ、後方のカバーを閉じて機首部分を押さえます。
エンジン部分を延ばして脚を形成し、股関節を左右に開いたら各部を調節して出来上がり。

P1640915.jpgP1640919.jpg
ロボットモード。
これまで発売された玩具とはまた変形パターンがちがうわけですが、
なかなかどうしてシルエットの再現度合いは高いんではないでしょうか?

P1640922.jpgP1640924.jpg
前後から。
今回、新規で発売された組が案外普通にロボットちっくな体型な奴が多い(ような気がする)ので、
一作目以来のクリーチャー体型なスタスクさんはちょっと浮いてるかも?w

P1640927.jpgP1640933.jpg
左右から。
なかなかに薄いですなー。
小型化したのにラプター状態からあまり厚みを変えずにきっちりロボット化、かつシルエットも
劇中デザインから大きく外していない、と何気にいい仕事ですよね今回のスタスク。

P1640936.jpg
顔周り。
塗装はやや簡略化されていますが、造形自体は結構似てるんではないでしょうか。
今回のシリーズは造形の割に塗装が簡単になってますから、腕に自信のある人が自前塗装したり
後になんかの拍子で重塗装版なんて出たりしたら大化けするんじゃないかな~と思っていたり。

P1640940.jpg
付属のメックテックウェポン・ツインナルレイブレード。
珍しく二分割方式のメックテックウェポンですね。
ロボットモードでは両腕と背中に取り付けが可能です。

P1640942.jpg
二本を連結して、長ーいブレードに。
変形する方は単体でも延ばすことは可能ですが、連結することで延びたまま固定が可能です。
……が、うちのはどうも連結時のロックが弱く、元に戻ろうとするバネの力のほうが
勝っちゃってるんですが……(;´Д`)<置いておくと抜けます……
結局、つっかえ棒のお世話にorz

P1640944.jpg
メックテックカード。
さすがのナンバー2、かなり強めに設定されていますね。
そして武器は右手用。
我が家のメックテックカードではようやく二枚目……w

P1640946.jpg
重ねるとこんな感じです。
このカード、元々の持ち主同士だときれいに収まりますが
組み合わせ次第ではたまに武器のくっつき方が妙になっちゃうのが残念なところ。
いやまぁ、しょうがないんですけどねw

P1640950.jpg
可動に関して。
体型が体型なのもありますが、微妙に癖のある印象ですね。

P1640952.jpg
まず腕回り、肩はボールジョイント接続。
変形機構の関係で、肩関節自体が上下スイングします。
特に干渉するような部位もないので、肩の可動範囲は本当に広いですね~。

P1640954.jpg
肘……というか腕は、変形機構を兼ねた関節が肩直下と肘直上、
一般的な肘の位置にボールジョイントという複合関節じみた構造に。
さらに手首は内側に折れるので、肩に手で触れるくらいは余裕です。

P1640964.jpg
ただ、メックテックの装着位置的に、手首にもロールがあればなおよかったな~と。
ぜいたくを言えば……レベルの話ではありますがw

P1640968.jpg
下半身は、股関節がボールジョイント。
これまたあまり干渉する部分がないので、かなり自在に動かせますね。
太もも周りにロール軸がないのがちょっと気になるくらいでしょうか。

P1640970.jpg
ややこしいのが膝から下。
ご存知の通り、実写版スタスクの脚は逆関節の鳥脚なわけですが、
今回のスタスクの脚はデザインこそ逆関節に見えるものの構造的には逆関節?ともなんか
言いにくい構造になっております。

P1640972.jpg
可動するのは膝部分と、そこから後方にのびた後足首へ伸びていく部分の境目。
というか、ここが足首でいいんですかねw

P1640986.jpg
膝部分は、太ももと一直線~90度位の間で動かすことが可能。
長さがないので、逆関節っぽさがあまりだせないのがちょっと残念なところでしょうか。

P1650039.jpg
足首?部分は、膝下部分と密着~90度位までの範囲で動きます。
さらに、関節の直下でロールさせることも可能。
ビークル時のランディングギアがそのまま踵になっており、何気に安定感はばっちりだったりw

P1640980.jpg
と、形状的に癖はあるものの、部分部分の可動範囲は非常に広いです。
脚の逆関節部分はもうちょっと部位ごとの長さを取って(特にひざ下)、太ももにロールでも
入れてくれればもっと動かし甲斐があったかな~、と気はしますけどもね。

P1650010.jpg
以上、トランスフォーマーダークサイド・ムーン版スタースクリームでした。
小さくはなりましたが、これはこれで十分にナイスなやつだと思いますよ!

amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン レーザービーク
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン バリケード
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン ショックウェーブ
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン オプティマスプライム メックテックトレーラー
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン メガトロン
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン クランクケース
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン オートボットトップスピン
  • トランスフォーマー ダークサイド・ムーン ロードバスター


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーダークサイド・ムーン

     タグ: トランスフォーマー  ダークサイド・ムーン  実写版 


    Comments:2 

    あらやまつみ  

    No Title

    今回のスタスクは再現度高いですよね!
    武器ですが、小さい方の挿し込み棒(銃口がない、刃が付いてる方)をちょっと瞬着とかでちょっと太らせるとバッチリ固定されましたよ

    2011/05/18 (Wed) 20:46 | EDIT |   

    tagoal  

    スタスクれす

    >あらやまつみさん
    ほんと、今回は小さくなった割りに再現度は上がってますよね~。
    武器の連結、そちらも補強が必要でしたか~。
    てことはもう、この緩めなのは仕様なんですな(´・ω・`)

    2011/05/21 (Sat) 19:41 | EDIT |   

    Leave a comment