またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

05
前回に引き続き、相互リンク追加のお知らせですw
Twitter繋がりで、結城(ゆーき)さんの「Y放送部へようこそ!」と相互リンクさせていただきました。
今日の日付変更直後に開設された、超できたてブログですw
今後の発展に期待しつつ、どうぞ今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

と、お知らせをしつつ今回のネタへ。
今回は超々久しぶりのゾイド、旧ゾイド版のヘルキャットです。
P1630357.jpg
復刻版でなく、マジもんの旧ゾイドですよ(*´Д`)ステキ!

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1630384.jpgP1630387.jpg
というわけで、今回は旧ゾイド版のヘルキャットです。
先日……というか昨日、某秋葉原にて妙に格安で販売されていたのを確保。
非常に状態がよかったのも相まって、久々にゾイド好きの血が目を覚ました感じですw

P1630397.jpgP1630400.jpg
左右から。
以前同型の記事でもかきましたが、こいつ名前こそヘル「キャット」ですが、モチーフはヒョウ。
同じ猫科だから良いよね!ということで気にしないことにしましょうw

P1630391.jpgP1630394.jpg
前後から。
ゾイドとしてはかなり初期、共和国対帝国というバックストーリーが出来て
比較的すぐの頃の物ですので、形状はとてもシンプル。
ですがそのシンプルさが良いのですよw

P1630404.jpgP1630407.jpg
上下から。
後ほど詳しく紹介しますが、武装は背中と胸の2つのみ。
最低限の武装で機動性重視、というコンセプトなわけですが、
何気にこのヘルキャットがこの手の高機動型ゾイドの元祖だったりします。

P1630409.jpg
顔周り。
お馴染みの帝国初期型共通コクピットに、ヘルメット状の装甲を被せることで
猫ちっく(ヒョウですけどねw)な頭部を実現しております。
この共通コクピット、ホントに応用範囲が広いですw
ちなみに、共通コクピットは頭部だけ独立して飛行可能という設定も健在です。

P1630412.jpg
キャノピーオープン。
旧ゼネバス帝国ゾイドなので、クリアパーツは赤。
パイロットは銀メッキ兵士です。
余談ですがこのメッキ、国内設定だとゾイド人の特殊能力(表皮強化)、
マーベルコミックス版だと本当にこういう服(ちゃんと全身銀・金のパイロットが出てきますw)
ということになっております。

P1630416.jpg
胸元には、2連加速ビーム砲。
加速ビームってなんじゃらホイ?という感じですが、多分加粒子砲とかそんなイメージじゃないかなーとw
最終的には「荷電粒子砲」にいきつくんだと思います(設定上ではなくて、ネーミングの流れ的に)。

P1630420.jpg
背中には2連高速キャノン砲。
こいつは他の帝国ゾイドにもよく流用されている共通デザインですね。
でも、ランナー見る限り金型使い回しというわけではないのがこだわってるというか同じ形にしてる意味が薄いというかw

P1630423.jpg
しっぽ。
旧版では特に設定的なものはありません。
完全に飾りですね。
とはいえ、無いと絶対変ですがw

P1630425.jpg
足回り。
小型ゾイドでもありますし、関節は固定。
新版だと爪部分がセンサーということになっていますが、その辺も特に記載は無し。
ま、基本昔はおおらかですから(マテ

P1630431.jpg
さてこのヘルキャット、箱裏の解説によれば
「脚部の特殊な機構により草原・ジャングルにおいて音もなく攻撃することが出来る。
ボディ排気口はブラックホール化され、赤外線に感知されにくくなっていて、まさに森の忍者のようだ」
とされています。
ブラックホール化ってなにさ?とつっこみたいところはありますが、おおむね新版引き継がれている感じですね。

P1630432.jpg
そうそう、ヘルキャットはよくサーベルタイガー・セイバータイガーに随伴しているイメージがあるので
タイガーのダウンサイジング版と思われる向きが多いように思いますが、実際はサーベルタイガーの方が
ヘルキャットのコンセプトを元に開発されたという設定だったりします。
ある意味、新ゾイド以降での四足獣型ゾイド隆盛の大元ですねw

P1630439.jpg
ヘルキャッツ。
写真右から旧版・海外新ゾイド版のAtak Kat、ノワール、ゾイドグラフィックス版となっています。
写真撮り終わってから、国内新ゾイド版を忘れていたことに気づいたのは内緒(マテ

P1630446.jpg
上の4つから、旧版とゾイドグラフィックス版。
ゾイドグラフィックス版は旧版の復刻ですから、区別がつかなくなるかなーと心配していたのですが……
パーツ単位ならともかく、組み上がった状態なら明確に区別できる部分がありました。

P1630449.jpg
それは右前脚付け根部分の胴体。
旧版だと、ここに製造国の刻印が入っています。
シンガポール製ですねw

P1630451.jpg
ゾイドグラフィックス版だと、同じ部分がつるつる。
確認したところ、新ゾイド版のヘルキャット以降はこのようにつるつるになっているようです。
つまり、復刻版は新版と同じ金型と言うことに。
まぁ、新版と旧版で金型が別って訳ではなく、新版生産の際に金型の整備をしているでしょうから
その際に変更になったんでしょうねw

P1630453.jpg
そして、違う部分がもう一つ。
コクピットの底面です。
生産国の刻印が、ゾイドグラフィックス版は丸で囲まれたような形状をしています。
また、その上のスリット状のモールドの形状も微妙に違うみたいですね。
と、区別できる部分があったので取り違えの心配も解消ですw

では最後に、恒例の歩行動画です。

高画質版はこちらから。
初期の小型ゾイドですし、ギミックとしては歩行するのみ。
ただ、最近のものと比べるとゼンマイの音が心なしか静かで、動きも滑らかな気がします。
小型ゼンマイの技術は現在継承する人がいなくなってロストテクノロジーとなりつつある、
という話を聞いたことがありますが、その辺の関係ですかね……(´・ω・`)

P1630484.jpg
以上、旧ゾイド版ヘルキャットでした。
シンプルな作りですが、それがまたいいのですよ……!



おまけ・ヘルキャットの箱
唐突におまけですw
今回のヘルキャットなんですが、当時品のくせに異様に箱が綺麗でして。
せっかくなので、箱の方も記録に残しておこう!
と、そういう趣旨でございますw
P1630357.jpgP1630362.jpg
箱正面と裏。
正面は記事のトップで使ったものと同じ物ですね。
そして裏側、ヘルキャットの活躍想像図と仕様バリエーションのイラスト、
そして解説が記載されています。
機体解説はともかく、初期はこのイラストが実に良い味出してて好きなんですよね~(*´Д`)=3


P1630368.jpgP1630372.jpg
箱の上下。
開けるときはこのいずれかからになります。
新品でしたので蓋のところはテープで封印されていたわけですが、
1986年のものの割りには妙に劣化が無くてですね……
一体どういう環境で保管されていたのかなーと。
もしかしたら、テープが貼られたの自体は結構最近かもしれませんが(;´∀`)

P1630375.jpgP1630378.jpg
箱左右。
正面と同じ写真とロゴが横向きにあしらわれております。
流石にここはあまり説明することがありませんねw


……と、以上、ヘルキャットの箱でした。
ここまで綺麗に保管されてると無闇に嬉しくなっちゃいますw
あとは、自分がいかにこの状態を保てるか……!
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS RMZ-10 フロレシオス(ヘリックメモリアルⅡ版)
  • ZOIDS RMZ-09 スパイカー(ヘリックメモリアルⅡ版)
  • ZOIDS RMZ-08 ペガサロス(ヘリックメモリアルⅡ版)
  • ZOIDS RMZ-07 ハイドッカー(ヘリックメモリアルⅡ版)
  • ZOIDS RMZ-06 ゴルゴドス(ヘリックメモリアルⅡ版)
  • ZOIDS RMZ-05 アクアドン(ヘリックメモリアル版)
  • ZOIDS RMZ-04 グランチュラ(ヘリックメモリアル版)
  • ZOIDS RMZ-03 エレファンタス(ヘリックメモリアル版)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDS旧ゾイド

     タグ: ゾイド    ゼネバス帝国 


    Comments:3 

    rearki  

    No Title

    アニメ当時の新版をもってました。前足の動力を後ろに連動させる部品が内部にしまわれている事に、「おおっ!」と感動した物です。
    僕は、よく行ける近場に「まんだらけ」があるのですが、プレミアが付いてるものもありますが、安い奴は結構安くて(アニメ当時と同じかちょっと高い位)感動です。
    もっとも、なんかもったいなくて『これを手にするのにもっとふさわしい人が居る筈だ』と買うのをためらってしまってますが(汗) 特に旧版

    2011/05/06 (Fri) 16:28 | EDIT |   

    tagoal  

    ヘル猫れす

    >rearki さん
    帝国型は動く部分を中に隠して、それが共和国系といい対照になってましたよね~。
    私は秋葉原のまんだらけでよく中古ゾイド探してますが、だらけは結構
    掘り出し物有りますよねw
    ゾイドはナマモノなところがあるので、買えるものなら即買いするようにしちゃってます。
    買える=縁があるってことでw

    2011/05/14 (Sat) 04:43 | EDIT |   

    goro  

    No Title

    ゾイド、やっぱりカッコイイですねぇ。
    なんとなーく「ゾイドってまだあるんかいな?」と懐かしく思い出して検索してたらここへ流れ着きました。
    私がハマっていたのは小~中学校時代。高校の時も少し買ったかな?
    まだゴドスやゴルゴドスが発売された頃なので本当にゾイド時代の始まりでした。
    大小様々、30体以上買ったと思います。
    レッドホーン、ゴルドス、ディメトロドン、ゴジュラスマーク2、デスザウラー、ブラキオス、ブラックライモス、ヘルディガンナー、etc…。
    社会人になる時に全部捨ててしまいましたが、今思うとなんて勿体無いことをしたんだと思います(^^;)
    ゾイド収集、頑張ってください。
    お邪魔しましたm(_ _)m

    2011/09/16 (Fri) 01:03 | EDIT |   

    Leave a comment