またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

25
ツイッターでもちょっとばかしつぶやきましたが、この記事を書く直前、ついさっきのこと。
ブログ用に写真撮り終えて、データをパソコンへ移すべくSDカードをカードリーダーへ挿したんですが。
めしゃっ、とか変な音がしてカードが割れました(;´Д`)
そのせいで端子部が歪んだらしく、中身のデータがもうどうにも読み込めない状態に……
自宅でカメラとリーダーの往復しかしていないというのに何故割れるorz
当面はもう一枚のカード(二枚でローテーションしてるのです)で凌ぐしかなさそうです(´・ω・`)

と、予期せぬ備品破損を嘆きつつ今回のネタへ。
TFユナイテッドから、パーセプターです。
P1620297.jpg
ストック用のネタから前倒しでございます。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1620306.jpgP1620310.jpg
ということで、今回はTFユナイテッドからパーセプター。
2月末発売組ですね。約二ヶ月おいてようやく登場w
まずはビークルモードから。
パーセプターといえば顕微鏡……なわけですが、今回は後輪がクローラーになっている
ハーフトラックっぽいビークルになっております。
一応G1パーセプターにも自走砲モードがありますし、後輪のクローラーはその辺からの連想ですかね~。

P1620313.jpg
では早速、トランスフォーム!
車体下部から腕を出し、腕の基部を回転させつつ前輪を裏表反転。
腕を外側に出します。
その後ボンネットのジョイントを外し、フロントガラスを前に。

P1620322.jpg
車体後部を引き延ばし、後部ハッチを180°開いて脛に。
ハッチの開いた部分からつま先を引き出し、クローラーを脚の内側へ折り込んでスライドさせ、
ふくらはぎ~踵を形成します。
ドアを脚の中に収めたら、残った中央部分から顔を出しつつボンネット部分を90度傾けてジョイント。

P1620328.jpg
腰部分のジョイントを連結すれば、ほぼ本体は完成。
後は、肩のライトキャノンを展開し、各部分を調節すればできあがりです。

P1620385.jpgP1620389.jpg
ロボットモード。
確かにこれはパーセプター……!
G1の玩具よりは、アニメの格好に近いですね。
というか、アニメにだいぶん似てますなw

P1620396.jpgP1620399.jpg
前後から。
ふくらはぎあたりの作りがやや独特ですが、ごつすぎず細すぎず良い感じにパーセプターしておりますw

P1620401.jpgP1620408.jpg
左右から。
腕の円盤状のパーツは、最近恒例のCジョイントに対応している部分ですね。
ただ、自前のCジョイント対応パーツが1つもないのが寂しいところではありますが(´・ω・`)

P1620412.jpg
武装は肩のライトキャノンのみ。
変形の時、この砲身を伸ばし忘れるのもよくあることです(;´∀`)<ていうか、実際やらかしましたw

P1620415.jpg
顔周り。
ちょっとぬぼ~っとしてますが、アニメ版の雰囲気は結構出てるんではないかと。

P1620419.jpg
恒例の発光ギミックも装備。
そこそこよく光るんですが、そもそも目が小さいのでいまいち目立ってないような……w

P1620423.jpgP1620426.jpg
胸部のクリアパーツは手動で開閉が可能。
ここはG1及びミクロマンの顕微鏡ロボ時代のオマージュですね。

P1620443.jpg
可動に関して。
比較的最近の新規造形品ということもあり、おおむねよく動いてくれる方ですね。

P1620448.jpg
まず腕からですが、肩がボールジョイント接続。
回転と、ほぼ真横まで腕を広げることが可能です。
左腕は干渉するものもないのですが、右手はライトキャノンがほんのちょっとだけ干渉しますね。
気にするほどのものではないですがw

P1620457.jpg
肘は90度曲げることが出来、上腕と手首にロール軸があります。
この辺は、ここ最近のTFの定番な感じではありますね。
動かし易いので非常によろしいですw

P1620461.jpg
下半身は、股関節がボールジョイント。
前方及び開脚方向にはほぼ水平まで脚が上がりますが、後方に関しては
ふくらはぎと背中が干渉するので60°程度といった感じ。
結構大きく後ろに張り出してますからねぇ、この人のふくらはぎ。

P1620464.jpg
膝は70度ほど曲がります。
前述のふくらはぎの太さもあって、立て膝は少々厳しめ。
また、膝から下、脛に繋がるパーツが思いの外細い&変形部分でもあるので接続が緩いため、
膝を曲げる際にはやや注意が必要ですね。
適当に足の先握って曲げようとしたら思いっきりしなって焦りました(;´∀`)

P1620468.jpg
下半身でその他の可動部分としては、太股部分にロール軸。
ここは最近のものではよく設定されている可動軸ですね。
あとはつま先がボールジョイント接続で、多少ではありますが角度調節が可能です。
立たせたときの安定感は結構ある方ですねw

P1620472.jpg
後は、首が回転のみ可能。
首周りの出っ張りに干渉するので、左右45°くらいしか回らないですけどね……w

P1620475.jpg
とまぁ、トータルではまぁまぁ悪くないんじゃないかなー、というくらいの可動範囲ですね。
ただ気になるのが、全身のジョイント部分の接続があまり強くないこと。
ちょっと弄るとすぐ外れてしまうので、あまりガシガシ遊ぶのには向いていないかもしれません。

P1620480.jpg
さてこのパーセプター、設定上はG1と同じく科学者ですね。
サビ問題を発明で解決した、というG1のエピソードに触れられているあたりがナイスですw
そういえば、絶叫要員という記述g(ソンナ モノハ モトカラ ナイ

P1620499.jpg
以上、TFユナイテッド版のパーセプターでした。
このロボットモードのフォルムは実に良いですね~。
接続部の強度的に不安があるのは科学者キャラだからしょうがないということで(マテ
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーユナイテッド メガトロン
  • トランスフォーマーユナイテッド ダークサイドオプティマスプライム&ダークサイドメガトロンセット その2(ダークサイドメガトロン サイバトロンモード)
  • トランスフォーマーユナイテッド ダークサイドオプティマスプライム&ダークサイドメガトロンセット その1(ダークサイドオプティマスプライム サイバトロンモード)
  • トランスフォーマーユナイテッド メガトロン サイバトロンモード
  • トランスフォーマーユナイテッド レックガー
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション オートボットセット その3(スクラップヒープ)
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション オートボットセット その2(カップ)
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション ディセプティコンセット その3(サイクロナス)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーUNITED

     タグ: トランスフォーマー  UNITED  オートボット  パーセプター 


    Comments:0 


    Leave a comment