またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

14
「大丈夫だ、問題ない」で有名?な、今月末発売のゲーム・エルシャダイ。
今日、体験版がダウンロード可能になっていますね。
先にダウンロードできるようになっていたPS3版の方を早速遊んでみました。
で、その感想。
ネタ抜きで良い感じじゃないんですかね?
アクションゲームとしての操作性は軽快でよかったですし、
あの独特な絵柄に抵抗がなければ十分に楽しめそうな予感です。

と、それはそれとして今回のネタへ。
2日間が開きましたがTFユナイテッドの2010エディション・オートボットセットより、カップのダメージverです。
P1610728.jpg
e-hobbyセット5体めー。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを……(;´∀`)

P1610733.jpgP1610737.jpg
ということで、今回はTFユナイテッドのe-hobby限定2010エディション・オートボットセットから、カップのダメージverです。
……いい加減このセット名称長くて撃つのが面倒くさく……(マテ
ものとしましては、通常版カップの成形色及び塗装変更品ですね。
まずはビークルモードから。
ダメージ版ということで、そこかしこにいわゆる剥げチョロ塗装が施されています。
……買ったときから物理的な擦り傷も結構あったのはこの際気にしますまい。

P1610743.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
まずは前輪を外側へ広げつつ、ルーフ部分のジョイントを外し、ボンネットごと上に持ち上げ。
このとき、連動してライト部分が変形します。
スプリングによるギミックですが、結構バネが強いのでビークルへの変更の時ちょっぴり面倒です(;´∀`)

P1610746.jpg
荷台部分を回転させ、足首を形成。
その後、荷台前方を空いたスペースへ畳み込み、真ん中から分割して脚にします。
さらに、ドア部分のジョイントを外して腕も露出。

P1610749.jpg
立たせたら、ドア部分を半回転させつつ、ボンネットとルーフを背面側へぐるっと回転。
胸部と頭部を出したら、手足の位置を調節してできあがりです。

P1610761.jpgP1610764.jpg
ロボットモード。
リカラー品ですから通常版カップと形状が何ら変わるわけではありませんが、
青緑になったことでG1チャー風味がぐっと増してますね。

P1610774.jpgP1610778.jpg
前後から。
全身のダメージ塗装は<<探求者>>からの攻撃により体の時間を進められた結果、
全身が劣化、錆びてしまったという設定。
見た感じはサビと言うより、単なるバトルダメージっぽくなってますけどねw

P1610780.jpgP1610783.jpg
左右から。
後ほど比較しますが、通常版カップと違いこちらは基本成形色のまま。
ま、それが逆にG1っぽくていい感じではあるんですがw

P1610791.jpg
顔周り。
通常版カップとは、成形色と額部分の配色がちょっと違いますね。

P1610798.jpg
もちろん、通常版カップ同様に集光ギミックもあり。
光り具合も大差無しです。

P1610802.jpg
武器のマスケットガン。
成形色が変わっている以外は通常版カップとまるっきり同じ物ですね。
元々古い武器なので、時間が進んでもやっぱり旧型。

P1610805.jpg
マスケットガンはグリップそばにあるCジョイントを使って、体の各部にマウント可能。
説明書では、腰の後ろのジョイントにセットしています。
ただここ、背中パーツがちょっと邪魔。

P1610810.jpg
ビークルモード時は、マスケットガンはこんな感じに車体底面にセット。
排気管の一方を銃身で再現しています。

P1610816.jpg
可動に関して。
色違いですから、通常版カップと一緒ですw
最近の物だけあって、動きぶりは実にナイス。

P1610819.jpg
まず腕周り。
肩は回転と、水平以上に腕を開くことが可能です。
変形の都合で肩自体上下しますし、一見干渉しそうな肩のタイヤも動きますので、見ため以上によく動く印象。

P1610821.jpg
肘は多軸関節で、通常の肘の曲がり方で180度近く度曲がる軸と、それに垂直に90度曲がる軸が組み合わさった形。
さらに上腕と手首にロール軸があり、胴体前面に腕を持ってくることが出来るようになっています。
銃身に手を添えて持つことが出来るってのは実に嬉しいところですw

P1610823.jpg
下半身は、股関節が多軸関節。
太股部分にはロール軸がありますね。
前後・開脚方向とも、水平近くまで脚を上げることが出来るようになっています。

P1610825.jpg
膝はだいたい90度程度まで曲がります。
通常版カップでも触れましたとおり、特別動かないというわけでもないんですが
他の部位がよく動くので気になるかもしれません。

P1610829.jpg
青して足首は前後および左右に非常に大きく角度調節が可能。
足首自体のサイズも大きいので、安定感抜群ですね。

P1610835.jpg
と、通常版カップ譲りの実に優秀な可動範囲を誇ります。
最近のものだからか、微妙な材質の違いによる関節の硬さの違いなんてのもあんまりなし。

P1610839.jpg
ところでこのカップ、上でも触れましたとおり(あんまりそれっぽくは見えませんが)
<<探求者>>によってダメージを受けた姿。
設定上は半死半生の状態で、バイク形態になったスクラップヒープに乗ってどうにか脱出するのがやっとの状態です。
このブログでは何だか元気溌剌にポージングさせちゃいましたが、ぐったりさせてもアレなので……(;´∀`)アシカラズ

P1610844.jpg

通常版カップと@ビークル。
今回のバージョンはほぼ成形色剥き出しなので、通常版と比べると
やや玩具っぽさが強いかもしれませんね。
とはいえ色合いとしては今回のものの方が元祖であるG1チャーには近いわけで、これはこれでステキです。

P1610847.jpg

通常版カップと@ロボット。
メタリックな分通常版カップが派手……かとおもいきや、
ロボ時に露出する部分は結構渋めの色なので極端に派手ということもなかったり。
対して、ダメージ版はビークルからあまり色のイメージは変わりませんですなw

P1610861.jpg
これはもう、両者ともお好み次第、な感じでしょうか。
基本からして出来が良いですしねw

P1610865.jpg
以上、e-hobby限定2010エディションオートボットよりカップダメージverでした。
元々良作のカップですので、もう当然ながらナイスな出来の一品ですよ。
さて、残るイホビセットは唯一のリデコ品である彼のみっ!

……そういや、レックガー開けてないなー(マテ
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーユナイテッド メガトロン サイバトロンモード
  • トランスフォーマーユナイテッド オートボットパーセプター
  • トランスフォーマーユナイテッド レックガー
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション オートボットセット その3(スクラップヒープ)
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション ディセプティコンセット その3(サイクロナス)
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション オートボットセット その1(ホットロッド)
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション ディセプティコンセット その2(スカージ)
  • トランスフォーマーユナイテッド e-hobby限定2010エディション ディセプティコンセット その1(ガルバトロン)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーUNITED

     タグ: トランスフォーマー  UNITED 


    Comments:0 


    Leave a comment