またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

21
Twitterでちょろっと書いてましたが、昨日メインのPCが壊れました(;´∀`)
具体的にはシステムの入っているHDDが飛んだんですけどね。
慌てて購入→取り換え で復活はしましたが、財布に結構なダメージが……
壊れるなら壊れるで、給料日直後くらいにしてほしいものです(マテ

と、果てしなくどうでもいいことを書きつつ今回のネタへ。
figmaの仮面ライダートルクです。
P1560734.jpg
写真自体は休みのうちに撮っていたんですが、上記のPC故障のごたごたで延び延びに……(;´Д`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1560737.jpgP1560739.jpg
というわけで。
今回はfigmaの仮面ライダードラゴンナイトシリーズから、仮面ライダートルクです。
仮面ライダー龍騎でいうところのゾルダですね。
龍騎ではメイン級のライダーでしたが、ドラゴンナイトではあくまで敵の一人に。

P1560743.jpg
ではまず、箱の中身から。
本体に交換アンテナ、アドベントカードに銃型召喚機、
大砲(二分割)に換え手首s、スタンドと小物入れ用の袋、となっております。
また、箱の中身のシートは切り離すことによってDi:stage用の台紙に。

P1560751.jpgP1560753.jpg
前後から。
これまでのドラゴンナイトウイングナイト同様、腹から股関節を軟質素材で覆うことで
実際のスーツさながらの質感を出していますね。

P1560755.jpgP1560757.jpg
左右から。
龍騎ライダーの特色として、手足に関しては共通のデザインになってます。
胴体やプロテクターできっちり個性は出ていますし、この辺はうまくやってるなー、とw

P1560764.jpg
顔周り。
造詣自体は非常に良好ですね。
ただ、うちのものは目の部分の塗装が大分はみ出しておりました(;´Д`)
はみ出ていた分はすぐ取れましたし、個体差だとはおもいますが……w

P1560765.jpg
頭部のアンテナは、軟質素材のものと硬質素材のものを選択してつけることが可能。
デフォルトではこちらの軟質アンテナが付いています。

P1560770.jpg
硬いほうのアンテナをつけるとこんな感じに。
こちらの方が造りはシャープですが、やっぱり細い分破損が怖いですね。
……実のところ、取り換える瞬間が一番怖いんですがw

P1560772.jpg
ベルト周り。
デザインはドラゴンナイトウイングナイトと共通ですね。
ただ、緑色なので結構目立ちますw
カードデッキの紋章に関しては、印刷により再現されています。

P1560773.jpg
腰の横(というか、全身にありますが)のジペットスレッド。
各種装備の接続用ジョイントと言いつつfigmaでは出番がありませんでしたが、
今回は出番ありですw

P1560774.jpg
手首は左手四種、右手六種から選択可能。
まず、デフォルトの握り拳に……

P1560777.jpg
平手。

P1560782.jpg
開き手。

P1560786.jpg
武器持ち手。
ここまでは左右ともに付属しています。

P1560789.jpg
銃持ち手。
こちらは右手のみ。

P1560792.jpg
カード持ち手。
これも右手のみなんですが……
カードを挿入する召喚機も右手持ちなわけですから、
カード持ち手は左手にしてほしかったところです(´・ω・`)

P1560795.jpg
アドベントカード。
絵柄は毎度のごとくファイナルベントになっています。
今回、上記の持ち手の関係でちょっと使いにくいのが残念なところ……

P1560798.jpg
機召銃マグナバイザー……じゃなくて銃型召喚機。
龍騎では普通に実弾を発射していましたが、ドラゴンナイトではアメリカの銃規制の影響でビーム銃になっています。
塗装もしっかりしてますし、雰囲気はよく出てますね。
カードスロットは開きませんが、さすがにこのサイズでそこまで要求するのは酷というものw

P1560801.jpg
銃型召喚機は、腰のジペットスレッドにマウント可能。
……実はたまたまうまくはまるだけ、だったりしますが……(;´∀`)
ともかく、ジペッドスレッドが初めて機能したということで良しとしたいと思います(マテ

P1560809.jpg
大砲。
龍騎でいうところのギガランチャーですね。
さすがに大きいので、真ん中から二分割でおさめられておりました。
実は先端側のほうはさらに二つに分解できますが、あんまり意味は……w

P1560811.jpg

P1560814.jpg
大砲の後方、ハサミ状になっている部分は手動で開閉可能。
ただここ、もともとはマグナg……召喚モンスターの手首だから開閉するわけで、
この大砲状態で開閉されても……という気もちょっとだけ。

P1560819.jpg
可動について。
基本的にはドラゴンナイトウイングナイトと同じ構造なので
そちら参照、でもだいたいOKなんですが……w
プロテクターの形状がだいぶ違うので、若干差が出ていたり。

P1560822.jpg
まず、腕は肩が回転+外側に開けます。
肩のプロテクターが上腕にある程度かかっているため、開けるのは水平より少し下くらいまでになっており、
ここはドラゴンナイトウイングナイトのほうがよく動く形に。

P1560825.jpg
肩関節自体は胴体のプロテクターの中で動くようになっており、ある程度上下左右にスイング可能。
これのおかげでかなり自然に腕を体の前に出すことが可能です。
胸部プロテクターが前に張り出し気味なこともあって、銃を体の正面で両手持ち……とかは無理ですけどね。

P1560837.jpg
肘は、だいたい150度強程度曲げられます。
上腕および肘の関節パーツとの接続部分で、ロールさせることも可能。
手首は接続軸での回転と、手のひら側・甲側にそれぞれ曲げられるようになっています。

P1560839.jpg
脚は股関節が前後に可動。
関節自体を引き出したり回転させることで、開脚も(ある程度)可能です。
また、膝はふくらはぎが太股につくくらいまでは曲げられます。
足首もつま先こそ可動しないものの、前後に可働するほか左右にも大きく曲げられます。
このへんはドラゴンナイトウイングナイトと一緒ですね。

P1560840.jpg
首は回転+上下動が可能。
間接パーツが首の中であさっての方向を向いている場合があるので、
一度引っこ抜いて確認した方がいいかもしれませんね。
向きがあっていないだけで首の可動範囲はまるっきり違ってきてしまいます。
胴体は前後左右に曲げることが可能。
あまりやりすぎると抜けてしまいますが、90度近い角度までお辞儀可能です。

P1560845.jpg
と、これまでの二体同様全体的にとてもよく動いてくれます。
あとはこれで、国内でいうところのギガアーマーこと盾と、
国内(ryギガキャノンことキャノン砲もついてくればなおナイスでしたが……
お値段が大変なことになりそうですね(;´∀`)

P1560855.jpg
ところで、龍騎→ドラゴンナイトとリメイクされるにあたって、ライダーたちの名前もリメイクされたわけですが。
なんだってまたゾルダ(兵士)→トルク……
メカメカしいから、ってのと初登場時に頭部の歯車上の部分を強調した演出があったから、
というのはわかるんですが、他の連中と比べると説得力が弱くないかなーと。
まー、インサイザー(門歯)よりはましですかn(マテ

※インサイザーは「挟み込むもの」的な意味もありますw

P1560866.jpg
以上、figmaの仮面ライダートルクでした。
劇中の割に武器が少ないなー、という点はありますが、相変わらずのナイスな出来栄えですよ!

amazon
    
関連記事一覧
  • figma 仮面ライダーブランクナイト
  • figma 仮面ライダーウイングナイト
  • figma 仮面ライダードラゴンナイト


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:figma仮面ライダードラゴンナイト

     タグ: figma  仮面ライダー龍騎  仮面ライダードラゴンナイト 


    Comments:0 


    Leave a comment