またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

16
とことこさんの「とこぶろ」を相互リンクに追加しました。
S.I.C.シリーズを紹介されているブログですね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

さて、それでは今回のネタへ……
今回は海外TFのリヴィール・ザ・シールドから、フォールバックです。
P1530701.jpg
年末年始で買いすぎたTF軍団も、多少消化できてきましたね……w

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1530709.jpgP1530713.jpg
というわけで、今回は海外TFのREVEALtheSHIELDより、フォールバックです。
物としては、TFリベンジのN.E.S.T.シリーズで発売されたブローンのリカラー商品になりますね。
当時ブローンを買いそびれてしまったため、リベンジの意味も込めてゲットです(;´∀`)
では、まずはビークルモードから。
4WDトラックですね。全体的にクリーム色一色なカラーリングになっております。

P1530715.jpgP1530717.jpg
天井には機関銃が。
クリック式ですが、手動で上下に可動させることが出来るようになっています。

P1530725.jpg
ボンネットには、このシリーズ「REVEALtheSHIELD(紋章を曝け)」の売りであるシークレットエンブレムが。
暖めてみると、ご覧の通りオートボットのインシグニアが現れます。
……ただですね、こいつパッケージの裏の名前の横にでかでかと
オートボットのインシグニアが書いてあるんですよね(;´∀`)<隠す気無いだろ
しかもその下に、シークレットエンブレムを指して
「(指で)押さえてオートボットかディセプティコンかの所属を明らかにするんだ!」
という説明がw答え見えてますw

P1530730.jpg
それでは、ロボットもモードへトランスフォーム!
まずは度は部分を外側へ展開。
ついで、車体後部側面も開きます。
そのあと、荷台からルーフにかけてをぐるっと後方へ180度回転。

P1530734.jpg
フロント部分を真ん中から分割し、フロントライトを左右それぞれ90度回転。
さらにフロント部分を展開して足首を出し、脚にします。
最初に開いたドア部分をボディ中央に寄せつつ、腰部分を180度反転させ、立たせます。

P1530737.jpg
伸ばしっぱなしだった荷台~ルーフ部分を左右に分割。
折りたたんで腕にし、肩部分を開いて下に下げます。
最後に各部の位置を微調整すればできあがり。

P1530741.jpgP1530745.jpg
ロボットモード。
この無骨なスタイルが実にステキです(*´Д`)

P1530749.jpgP1530753.jpg
前後から。
ややゴリラ体型じみた逆三角形、いいですねぇ……
後ろから見ると特によく分かりますが、もの凄いガワ変形だったりします。
ガワの配置も上手いこと格好良く並んでいますし、うん、まー要するにアレです、超好みですw

P1530755.jpgP1530764.jpg
左右から。
ガワのせいもあってか、横から見てもかなりのごつさ。
踵もちゃんとあるので、あまり後ろにひっくり返る心配はしなくて良いのが助かります。

P1530766.jpg
顔周り。
元のブローンと比べると、口元とヘルメット部分がはっきり塗り分けられたため、
ガスマスクの類を装着している感が強調されている感じですね。

P1530770.jpg
目はクリアパーツで、集光ギミック搭載です。
無色クリアなのでさぞかし良く光るだろう、と思ったんですが……
頭パーツ自体の色が明るいせいか、思ったほどは目立ってなかったり。

P1530773.jpg
手持ち武器は二丁拳銃。
変形時も手に持ったままです。

P1530775.jpg
とはいっても、手首と一体成形というわけではなく、ちゃんと取り外しは可能になっています。

P1530778.jpg
取り外した拳銃は、グリップや銃身に設けられたスリットを使って機体各所にマウント可能。
マニュアルには一切記述はありませんので、若干無理やりですがw
個人的には、背中のガワのこの部分に引っかけておくのが収まりが良いかな~とか思っております。

P1530780.jpg
ビークル時の機関銃は肩に。
アームで背中と繋がっている構造になっています。
各所で可動するため、角度調整や頭の左右への配置も結構自由自在。
邪魔な場合は背中の砲に畳んでおくことも可能です。

P1530785.jpg
可動に関して。
微妙に癖のある部分がありますが、全体的には非常に良く動いてくれますね。

P1530788.jpg
腕は肩がボールジョイントで、回転+ほぼ真横まで腕を広げられます。
さらに、肩の直下にロール軸もあり。
肩周りの自由度は相当な物です。

P1530792.jpg
肘は二重関節で、手首が肩につくくらいまで曲げることが可能。
手首はロール可能になっています。

P1530795.jpg
脚は股関節がボールジョイント。
腰回りに干渉する物もないため、かなり自由に動きます。
さらに、太股部分にはロール軸もあり。

P1530802.jpg
膝は変形機構も兼ねているためか、180度近く曲げることが可能。
足首も、変形機構を使って角度の調整が可能です。
上半身に対して足が小さいので不安定そうですが、見た目に反してなかなかの安定感。

P1530809.jpg
他には、首はボールジョイント接続で回転+上下動が可能。
襟部分に引っかかるので、ちょっと制限されますけどね。
また、腰も変形機構の関係で回せます。
全体的に良く動く奴なので、腰が回ってくれるのはほんとに嬉しいですね。

P1530818.jpg
背中のガワも上手いこと可動するのでポージングの際は逃がしておけますし、
非常にブンドドして遊ぶのに向いている奴なのではないでしょうか。

P1530820.jpg
ただ、二丁拳銃と来ればもうガン=カタやらせろ、というのが半ば常識(マテ なわけですが、
上腕のロール軸が上過ぎて、腕を胴体の前に持って行きづらいのですよ。

P1530822.jpg
肩関節に前後スイングでもついていればより自然なガン=カタが出来たと思うんですが……
まぁ、個人的な好みの問題ですね(;´∀`)<TFとしては非常に良く動く部類です

P1530824.jpg
(陣営不明が売りのはずなのにでかでかと書いてある)パッケージ裏の解説によりますと、
フォールバックはこれまで、ルールに従うと言うことに興味を持っていなかったそうで。

P1530827.jpg
2地点間の結ぶ最短のルートは結局直線である、ということで
行く手にある物全てをぶっ壊したりひっくり返したりして目的地へ直進するんだそうです。
……どこの男塾名物直進行軍ですか。
ていうかこのひとほんとにオートボットなんでしょうかw

P1530835.jpg
以上、REVEALtheSHIELDのフォールバックでした。
元が良作ですから、色違いのこいつもやっぱりナイスですね。
ただ、HASBROはもうちょっとシリーズのコンセプトを大事にした方が良いと思います……(;´∀`)
この前のストレイフといい、結局陣営バレバレじゃないですかw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー REVEAL THE SHIELD マインドセット(MINDSET)
  • トランスフォーマー REVEAL THE SHIELD メガトロン(MEGATRON)
  • トランスフォーマー REVEAL THE SHIELD オプティマスプライム(OPTIMUS PRIME)
  • トランスフォーマー REVEAL THE SHIELD ゴールド・バンブルビー(GOLD BUMBLEBEE)
  • トランスフォーマー REVEAL THE SHIELD ストレイフ(STRAFE)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーREVEAL the SHIELD

     タグ: トランスフォーマー  海外  RevealTheShield 


    Comments:2 

    ヌエベ  

    No Title

    物はよくできてますし、色も見事にTF版ゴジュラスに踏みつぶされたミニボットしてますね・・・顔の違いを除けば
    それに元の事を考えなくてもブローン砂漠戦仕様としても通用しますし。
    このシリーズのコンセプトはシークレットエンブレムの懐かしさに酔いしれてくださいと言う事でいいでしょうね。

    2011/01/16 (Sun) 19:54 | EDIT |   

    tagoal  

    Re

    >ヌエベさん
    名前こそちょっと違いますが、アウトバックそのものですよねw
    シークレットエンブレムは懐かしいんですが、隠してるのが売りだよ!といいつつ丸見えなところが
    難とも面白いところですね(マテ

    2011/01/22 (Sat) 14:07 | EDIT |   

    Leave a comment