またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

19
昨日から始まっている映画「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE」。
この土日は何だかんだで見に行くことが出来ませなんだ(´・ω・`)
個人的に、初日を逃すとそのまんまずるずると見に行かない……というパターンが多いので……
23日あたりに見に行けたら行きたい物です、ほんと。

と、それはそれとしまして今回のネタへ。
今回はこの週末新発売のブツその2、牙狼<GARO>極魂の銀牙騎士 絶狼(ぎんがきし ゼロ)です。
P1510672.jpg
ウルトラマンゼロもトロン:レガシーも見に行きたいんですが、なかなか時間がorz

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1510680.jpgP1510682.jpg
ということで、今回は牙狼<GARO>極魂の第二弾、銀牙騎士 絶狼。
見た目と名前の通り、牙狼のライバル的存在ですね。
全身金ピカの牙狼に対し、こちらは全身銀ピカですw

P1510685.jpg
まずは箱の中身から。
本体に武器の銀狼剣、それぞれの柄に、連結用の繋がった柄。
そして換え手首が左右各二種類ずつ、となっています。

P1510690.jpgP1510693.jpg
前後から。
造形の細かさは流石の極魂系列。
肘関節の黒いパーツが露出しすぎかな、というところはありますが……

P1510697.jpgP1510700.jpg
左右から。
牙狼のようなマントは付属しません。
そもそも、マントとしたことないですがw

P1510703.jpg
顔周り。
目や額の部分もきっちりと塗装してあります。
毎度毎度のことながら、良い仕事してますよね……w

P1510707.jpg
顔周りをちょっと横側から。
牙狼と違って、首の長さは丁度いい感じですね。
というか、なんで牙狼はあんなに妙に長かったんでしょうかね(;´Д`)

P1510710.jpg
胴回り。
腹には大きく絶狼の紋章が。
実はこれがちょっと曲者でして、腹部分を覆ってしまっているために
胴体を前方へ屈めることが出来なくなってしまっています。
元々のデザインがこうなので、しょうがないといえばしょうがないんですがw

P1510713.jpg
手首は左右各3種類。
デフォルトの握り拳に……

P1510716.jpg
表情のついた手首。
開き気味手というか、上手い呼称が思いつきません(;´∀`)

P1510719.jpg
そして、武器持ち手。
保持力的にはそこそこ、といったところでした。

P1510723.jpg
武器は魔戒剣・銀狼剣が二本付属。
劇中よりやや大きめ?
柄部分を取り外して持ち手を通す形式なんですが、これが結構取れやすくて……
なくさないように要注意です。

P1510726.jpg
二本が連結された柄を使用することで、二本の銀狼剣が合体した形態である銀牙銀狼剣も再現可能。
ちなみにこの柄と剣、地味ーに挿す方向が決まっていたりします。
よーく見ないと分からないので、上手くはまらずに焦ることもw

P1510729.jpg
可動について。
牙狼は若干改修を加えないと上手いこと動きませんでしたが、
こちらはそんなこともなく、なかなか良く動きます。

P1510738.jpg
まず下半身、股関節はボールジョイント接続ですね。
膝は二重関節でほぼ180度曲げることが出来ます。
太股部分にはロール軸あり。
塗料で固まっていたので、グリグリ回して癒着を取る必要がありましたが……(;´∀`)

P1510748.jpg
足首はボールジョイント接続で、ある程度角度調整が可能になっています。
デザイン上牙狼ほどは動かないですけどね。
立たせる分には十分な可動範囲です。

P1510759.jpg
腕周りは、肩がボールジョイントで接続。
ただし、前後方向の回転は音大ないんですが、肩の形状の都合上横に開くことはほとんど出来ません。
肘は90度ほど曲がり、上腕部分と、肘から下腕部の接続部分でそれぞれロールが可能です。
手首はボールジョイントでの接続で、多少角度変更が可能。

P1510763.jpg

牙狼から比べると、もう雲泥の差といって良いほどに腕の可動範囲には違いが見られます。
ただ、分解してみると分かるんですが、パーツの構成自体は牙狼と一緒なんですよね。
牙狼では接着されていたところを接着しないようにしているだけ、と言ってしまっても良いかもしれません。

P1510767.jpg
その結果、どうなったかと言いますと……
鬼のようにポロリ多発。
特に上腕部分はロールさせていると言うよりも、一回引っこ抜いて向きを変えて付け替えている、
と言った方が近いくらいですね。
幸い、触らない限りは抜けない程度にはきっちりはまっているのが救いでしょうか。

P1510770.jpg
他に気になるのが、左右の肩。
スイングできる範囲に差があった(右肩がほとんどスイングしない)ので両肩とも引っこ抜いてみたところ、
右肩と左肩で軸の差し込み穴の深さが数ミリ単位で違っていました。
これが個体差なのか全個体がそうなのか、は分かりませんが……
よーく見ると、正面から見た場合で左右の肩と胴体の隙間が違うので分かってしまいますね。

P1510777.jpg
胴回りは、腰ボールジョイント接続で回転+角度調整が可能。
……ですが、前述の通り腹の紋章のせいで前に屈むのだけは無理です(;´Д`)
首は回転+上下動。
顎を引くのは少しだけしかできませんが、上方向には大きく動かすことが可能です。

P1510782.jpgP1510786.jpg

牙狼と。
牙狼の方はややくすんだ金色になっていますが、絶狼のほうはより劇中に近い銀になっているんではないかなーと。

P1510788.jpg
「どうする、あと90秒遊べるぜ……」な感じで対決風に。
この2人といえば、7話のビルから落ちながらの戦いがやはり一番印象が強いんですが……
数分落ちながら戦ってましたが、あのビルは一体何メートルあるんでしょうか(;´∀`)<時間的に数キロないと……w

P1510799.jpg
以上、極魂版の銀牙騎士 絶狼でした。
気になる点(主にポロリ)もありますが、正直なところ
牙狼はどうしてああなった(主に首)……(´A`)」
といいたくなる出来ですw
次の白夜騎士・打無(ダン)にはさらなる改良を期待したいところですね。
amazon
    
関連記事一覧
  • 牙狼<GARO>極魂 LIMITED 黄金騎士 牙狼(大河ver.)+牙狼斬馬剣
  • 牙狼<GARO>極魂 Vol.4 暗黒騎士 キバ
  • 牙狼<GARO>極魂 Vol.3 白夜騎士 ダン
  • 牙狼<GARO>極魂 Vol.1 黄金騎士 牙狼


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:極魂牙狼<GARO>極魂

     タグ: 極魂  牙狼  <GARO> 


    Comments:3 

    ズッツトン  

    No Title

    可動人形というのは実に難しいですね。ガロは改造しないで紹介した人いるんだろうか?って位に思えて、今回はそこら辺がクリアしたと思ったら、ポロリですか。ガロの再出荷分は改修されての出荷かなー、と夢想しましたが、改修されても厳しい構造かな。
    シリーズ化してくれただけありがたいのでしょうね。

    2010/12/19 (Sun) 22:49 | EDIT |   

    とことこ  

    No Title

    お~、かっちょええっすなぁ~~(^^
    銀狼剣もでかくてエエ感じ。
    欲しくなっちゃいますけど、
    ガロ・ゼロ・ダンを揃えたくなるんで、
    年末年始はお金が。。。。(泣
    お財布に余裕のある時に再販される事を祈っとりますw

    2010/12/20 (Mon) 05:58 | EDIT |   

    tagoal  

    絶狼れす

    >ズッツトンさん
    なんというか、牙狼ががっちがちに接着されてたのは
    このポロリのせいなんじゃないか、と邪推したくなるくらいのポロリぶりです(;´∀`)
    再出荷分は首を絶狼の物と取り替えてくれれば、あるいは……w
    でもまぁ、触らない限りは外れない程度にははまっているので、飾っておく分には問題ないですよ、絶狼w
    >とことこさん
    ポロリさえ気にならなければ、造形そのものは非常にかっこよくていいですよ~。
    一つ一つはそこまで高くはないので、一気にではなく順番に買っていけば……!
    というか、いまでも牙狼見ますし、慌てなくても案外買えるかもしれませんw

    2010/12/20 (Mon) 22:03 | EDIT |   

    Leave a comment