またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

18
ふと気がつくと、もう12月も半ばを過ぎておりますな……
年末年始は帰省する予定なのですが、もうすぐですね(;´∀`)
早いところ準備しないとギリギリで泣くハメになりそうですw

と、どーでも良いことをつぶやきつつ今回のネタへ。
今回はROBOT魂の新作、ゼーガペイン・フリスベルグです。
P1510532.jpg
いつものごとく(?)ちょっとだけはやめに入手できたのでちょっとだけ早めにご紹介。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1510534.jpgP1510536.jpg
というわけで、今回はROBOT魂・SIDE HLから、ゼーガペイン・フリスベルグです。
7話にてオケアノスに合流した、本編中3体目のゼーガペインですね(ゼーガタンクとかガルダゼロとかあの辺はおいといてw)。
以前紹介したアルティールやガルダと基本部分は同型ですが、他の二種と比べると違いが最も大きいタイプになります。

P1510538.jpg
まずは箱の中身から。
本体にホロニックウイング、換え手首が左右各二種類ずつ、ホロニックライフル二丁に
ホロニックブレード4本という構成になっております。
……ヘヴィシールドがない(´・ω・`)

P1510548.jpgP1510552.jpg
前後から。
胸部中央や腕あたりを見ると他の二種と共通する部分が見て取れますが、
それ以外はだいぶ形状が異なっていますね。
もちろん、全身のホロニックアーマーはクリアパーツで再現。
こいつは黄色なので、だいぶ明るい印象になっていますね。

P1510555.jpgP1510559.jpg
左右から。
他のタイプとの大きな違いはやはり肩でしょうか。
ホロニックウイングがここにつくため、ちょっとがっちりした感じになっています。
肩に限らず、全体的にがっちりした感じではありますがw

P1510561.jpg
顔周り。
他二タイプと異なり、ゴーグルタイプの目をしています。
なお、私の買ってきた物はどうもハズレ気味で、マスク部分中央やや左部分に塗料の剥げ、
頭部の各所に塗料のはねがありましたorz<もっとよく見てくるべきだった

P1510567.jpg
頭周りを横から。
塗料剥げのない方からですw
角部分はクリアパーツ製な上、かなりシャープな作り。
アルティールのアンテナほどではないですが、少し扱いには注意した方が良いかも。

P1510571.jpg
手首は左右各3種類が付属。
デフォルトの握り拳に……

P1510573.jpg
平手。

P1510580.jpg
そして開き手(説明書まま)です……
平手とほとんど差がねぇーΣ( ̄□ ̄;)!!
もうちょっと別の表情ついた手にしてくれればいいのに、と思います(;´∀`)

P1510586.jpg
肩の周りにはホロニックウイングを装着可能。
光子翼、でなくホロニックウイングですのでご注意を(何
他二体と違って陸戦向き、かつ高出力な機体ということで、だいぶ趣の違う装備となっていますね。

P1510589.jpg
腕にはホロニックライフルを装着可能。
ご覧の通り、綺麗なクリアパープルです。
両手分あるのは劇中で多く取っていた装備形態を再現できるので嬉しいところですが、
やっぱりヘヴィシールドも欲しかったなーと……
フリスベルグはホロボルト系の武器無いですしね。

P1510594.jpg
ホロニックライフルの一部パーツを差し替えることで、ホロニックブレードに。
実はこのライフルの砲身、引っこ抜いて挿し直すことで銃身を回転させることが可能です。
これによってブレードの刀身もいろいろな方向に向けることが可能……
なんですが、結局のところデフォルトの向きが一番様になりますw

P1510599.jpg
可動について。
前述の通り、基本的な作りはアルティールやガルダと同じ。
ただ、だいぶ形状が変わっていることもあって、その影響も少なからず出ていますね。

P1510601.jpg
先に、他のタイプとあまり差はない下半身から。
脚は股関節がボールジョイント+股関節自体が上下スイングします。
アルティール達同様、膝は胸につくくらいまで上げることが可能です。
膝は引き出し式っぽい感じの二重関節になっており、180度近く曲がります。

P1510603.jpg
足首は引き出し式のボールジョイントになっており、見た目を大きく超えて可動させることが可能。
ここはほんと良くできてるな~と、アルティール以来触る度に思いますねw

P1510608.jpg
腕周りも、基本の作りはこれまでのゼーガペインと同じ。
肩の基部はボールジョイントでその基部自体が前後にスイング。
肩の中にも回転軸があり、ボールジョイントと組み合わせて腕を水平以上に広げることが可能です。
肘は二重関節で180度近くまで曲がり、上腕にはロール軸が。
肘下もちょっと無理やりですがロールさせることが可能です。

P1510614.jpg
と、基本はアルティール&ガルダといっしょなんですが……
ホロニックウイングとホロニックライフルを装備すると、その装着位置の関係上どうしても干渉します。
その影響で、少し可動範囲にも影響が。

P1510617.jpg
とはいえ、ホロニックウイングはボールジョイント接続である程度動きますので、
干渉を避ける方向にに向きを変えておくことも十分可能だったりしますw

P1510621.jpg
ただ、気になるのはホロニックウイングとボールジョイントとの接続部。
特にウイングの付け外しの時、接続部分がかなりきつめなので、パーツに結構な負荷がかかるんですよね……
うちではウイングの一枚の基部が少し白化してしまいました(;´Д`)

P1510627.jpg
幸い、ボールジョイント部分は簡単に取り外せるようになっているので、
一度ジョイント部分だけ取り外して取り付け、そこにウイングを改めてはめ込む、
とした方が精神衛生上よろしいかもしれませんw

P1510636.jpg
あとは、劇中に比べてやや全身の色が明るいかな?というのがちょっと気になるところかも。
フリスベルグに限ったことではないんですが、武器の色ももうちょっと濃い方が良かったかな~、
という気もしています。

P1510645.jpgP1510648.jpg
ゼーガペイン3体そろい踏み。
改めて並べてみると、フリスベルグが特にがっちりしている印象を受けますね。
黄色のホロニックアーマーのせいで、色的にふくらんで見えるのもある程度影響しているかもしれませんが……w

P1510657.jpg
3体でポーズ。
やはり、この3体はセットで揃ってなんぼですね。
この先、出来ればゼーガタンクやアンチゼーガも並べられるようになるとなおステキですw

P1510661.jpg
以上、ROBOT魂のゼーガペイン・フリスベルグでした。
基本になっているアルティールの出来が非常によろしかったこともあってか、
今のところ安定したいい出来の作品が続いている印象です、SIDE HL。
この先シリーズが続くかはここまでの3機の売れ行き次第ということらしいので、
ゼーガ好きな方は是非どうぞw

amazon
    
関連記事一覧
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP アンチゼーガ マインディエ
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP アンチゼーガ コアトリクエ
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP ゼーガペイン ガルダ(ブルーカラーver.)
  • ROBOT魂 R-NUMBER 080 ゼーガペイン ガルダ
  • ROBOT魂 R-NUMBER 070 ゼーガペイン アルティール


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ROBOT魂SIDE HL

     タグ: ROBOT魂  ゼーガペイン  SIDE_HL 


    Comments:0 


    Leave a comment