またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

15
土日は見事に仕事で潰れましたHAHAHAorz
ま、たまにはこういうこともあるさーと……(´・ω・`)<たまにじゃないと困りますが
で、上とは無関係ですが、ちょっとブログのカテゴリを整理。
ガンダムカテゴリをロボット系全般に改めました。
ついでに中身も少々細分化。
うち、そんなにガンダムには特化してませんからねぇ(;´∀`)<管理人本人はそれなりにガノタなんですが

と、脈絡のない前置きはさておき。
今回のネタに行きましょうw
今回はROBOT魂から、ゼーガペイン ガルダです。
P1490520.jpg
早速の細分化したカテゴリ活用。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1490522.jpgP1490524.jpg
というわけで、今回はROBOT魂のゼーガペイン・ガルダ。
アルティールに続いて、ホロニックローダー第二弾となりますね。
ホロニックアーマーの色から考えて、7話以降に登場の強化型の方になりますね。
ちなみに初期型は魂web限定になっております。

P1490527.jpg
パッケージの中身。
本体に、換え手首が左右各二種。
ホロニックランサーに、ランサー用の刃が二種類、ホロニックシールド、
ホロボルトブレイカー、光子翼というセットになっています。

P1490537.jpgP1490540.jpg
前後から。
アルティール同様、クリアパーツが実にキレイです。
色が濃いめなので、アルティールと比べると少しキラキラ具合は負けるかも。

P1490543.jpgP1490546.jpg
左右から。
ぱっと見、アルティールと形状的な違いはあまりないんですが、
色と細かい部分でのパーツ変更のおかげで印象はだいぶ違う感じに。

P1490548.jpgP1490551.jpg
顔周り。
ホロニックローダーは正面からだと顔がわかりにくいので、横方向からも撮っています。
なんというか、アルティールよりよっぽど主役ロボっぽいイケメンな気が……w

P1490556.jpg
手首は左右各三種類付属。
デフォルトの握り拳と……

P1490560.jpg
平手。

P1490564.jpg
そして開き手です。
平手と開き手に余り差がありません……(;´∀`)

P1490567.jpg
背中には、ある意味ゼーガペインのトレードマークとも言って良いでしょう、光子翼を装着可能。
アルティールと同じ物ですね。

P1490570.jpg
左腕にはホロニックシールドを装備可能。
アルティールとちがい、ガルダの武装はクリアイエローになっています。
本編だともうちょっとオレンジに近い色だったような気も……綺麗なのでまーいいんですけど(マテ

P1490573.jpg
右腕にはホロニックランサー。
設定上はランサーとブレードの機能を両方備えた万能武装です。
細身なので取り回しも楽々。

P1490576.jpg
ホロニックランサーは刃部分の付け替えが可能。
前方後方に装着して、双刃状態にしたり……

P1490579.jpg
鞭上の刃に取り替えることも可能になっています。
せっかく鞭状のものもつけるなら、ベンダブル仕様の刃もつけてくれたらな~、
とか贅沢言ってみたり。

P1490580.jpg
上では一応右・左の武装が決まっているように書きましたが、
実はランサー・シールドとも腕の取り付け部分は取り外し、互いに入れ替えできるようになっています。
つまり、写真のように左右逆に装備することも可能に。
アルティールから地味ーに改良入ってますねw

P1490583.jpg
そして、手首ごと付け替える形でホロボルト・ブレイカーも装備可能。
アルティールのホロボルト・プレッシャーに比べてよりドリル感溢れる造形となっていますねw

P1490586.jpg
可動に関して。
構造自体はアルティールと一緒ですので、ほぼアルティールと同様です。

P1490589.jpg
まず腕ですが、肩の基部はボールジョイントでその基部自体が前後にスイング。
肩の中にも回転軸があり、ボールジョイントと合わせることで腕は水平以上に上げることが可能です。
肘は二重関節で180度近くまで曲がり、上腕にはロール軸が。
ちょっと引っかかりますが、肘下もロールさせることが可能です。

P1490591.jpg
脚は股関節がボールジョイント+基部が少しロールします。
デザイン上干渉する物がほとんど無い上に股関節自体が上下スイングするので、
膝は胸につくくらいまで上げることが可能です。
膝は引き出し式っぽい感じの二重関節になっており、180度近く曲がります。

P1490595.jpg
足首はアンクレット状のパーツと足首の二段構造。
それぞれボールジョイント接続されている上、足首は大きく前方へ伸ばすことが可能。
接地性は抜群です。

P1490598.jpg
胴体も腰のくびれ部分がボールジョイントになってまして、回転及び前後左右への可動が可能。
さらに首もボールジョイントで上下左右に可動、光子翼は上下動+開閉が可能……と、動く箇所がやたら多いですw
その割りに関節の保持力はしっかりしているのでポージングも安心。

P1490606.jpg
オープニングのサビで、ガルダが分身するところ再現な感じで。
本編と同じポーズがバッチリ再現できるのが非常に嬉しいですね。
画像加工して7分身再現、も考えたんですが……
見返してみたら、あの分身一体一体ホロニックアーマーの色が違うことに気がついて断念(;´Д`)<グラデーションになってますね

P1490607.jpg
塗装の精度も非常に高く、アルティールにSIDE HLにハズレ無しな感じですね。
って、まだ2つめですがw
ただ、うちのは胸部に組み立てのおばちゃん(推定)の指紋がでかでかと……(;´∀`)<拭き取りましたけどね

P1490612.jpg
と、褒めてばっかりですが、やはり気になる点も少々。
可動範囲は前述の通り非常に広いんですが、やはりデザインの関係上肩が多少周りと干渉します。
その干渉する部分自体が動くので問題ないと言えば無いんですが、やはりたまにイラッと来ることが。

P1490617.jpg
要は、アルティールと形状が近い、というかパーツ流用もそれなりにされている分、
良くも悪くもアルティールと一緒の部分が多い、といったところです。
武装なんかの新造部分は改良されてるところが多いんですけどね。

P1490620.jpg
とはいえ、その元になったアルティール自体かなりの良作ですしね。
2体合わせて、ROBOT魂内では屈指のナイスアイテムと言ってしまって良いと思います。
ゼーガペイン好きならオススメ、というか必携?w

P1490633.jpg

アルティールと。
細かい形状の違いなんかが分かるかと思います。
やっぱり、形状だけ見たらガルダも十分主役機っぽいなぁ……ピンクですけど。

P1490635.jpg

アルティールと・その2。
やっぱり絡める相手がいると楽しいですねぇ(゚∀゚)
ゼーガペインは特に見栄えがするので、飾っていて楽しいですw

P1490646.jpg
以上、ROBOT魂のゼーガペイン ガルダでした。
来月にはフリスベルグもでて主人公側3機が揃いますね。
この調子でアンチゼーガとかゼーガタンクとかもでてくれると最高なんですが……!

amazon
    
関連記事一覧
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP アンチゼーガ マインディエ
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP アンチゼーガ コアトリクエ
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP ゼーガペイン ガルダ(ブルーカラーver.)
  • ROBOT魂 R-NUMBER 082 ゼーガペイン フリスベルグ
  • ROBOT魂 R-NUMBER 070 ゼーガペイン アルティール


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ROBOT魂SIDE HL

     タグ: ROBOT魂  ゼーガペイン  SIDE_HL 


    Comments:0 


    Leave a comment