またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

03
昨日、魂NATIONを見に行ってきました。
写真撮影は禁止だったので、記録には残せてないのが残念ですが(´・ω・`)
既に各所で話題になっているとおり、いろいろと期待のアイテムがひしめいておりましたよ。
とりあえず、仮面ライダーオーズのフィギュアーツは一体どれだけのフォームを作る気なのか
今からちょっとドキドキです(;´∀`)<試作が山ほどありました……

さて、そんなこんなで今回は魂NATIONの会場限定販売アイテムから。
S.I.C.極魂のモモタロスイマジン(未契約ver.)です。
P1470478.jpg
今回は箱が妙に豪華でした(;´∀`)<銀の箔押し

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1470483.jpgP1470485.jpg
ということで、今回は魂NATIONの会場限定品から、S.I.C.極魂版モモタロスの未契約バージョンです。
劇中でもたまに出てきた、灰の塊みたいな状態ですね。
ちなみに、今回購入してきた会場限定品はこれだけ(;´∀`)<懐的な事情で

P1470487.jpg
まずは箱の中身から。
といっても、この未契約verは通常版モモタロスから成形色・塗装を変更しただけのもの。
付属品も同じく、本体に表情違いの顔面、換え手首が左右各二種類ずつ、モモタロスォードという構成です。

P1470502.jpgP1470505.jpg
前後から。
未契約状態のイマジンといえば、前述しましたが灰の塊みたいなイメージ。
ですので灰色ベースになるのかな~、と思いきや。
白ベースに透明なクリアパーツという組み合わせでした。
なんというか、単純にホワイトバージョンと言ってしまっても良いくらいですね。

P1470508.jpgP1470512.jpg
左右から。
通常版モモタロスは手足の装甲状の部分はメタリック塗装されていましたが、こちらは全てクリア成形に。
手足の装甲は別パーツになっていたわけではないので、下腕・脚はクリア成形に白で塗装という
通常版とは真逆の作りに変わっています。
ついでに、手首もなぜかクリア素材に白塗りという謎仕様に。

P1470517.jpg
顔周り。
形状・塗装共に通常版モモタロスと基本は一緒。
ただ、成形色が透明になったせいで目の部分が影にならず、だいぶ違う顔に見えます。
黒目部分わざわざグラデーション塗装してあるんですが、
これなら簡単に真っ黒く塗りつぶした方がそれっぽかったかも。

P1470519.jpg
取り替え用の顔面パーツ。
居眠り顔なわけですが、色の関係でむしろこっちの方がぱっちり目を開けているように見えることも
あったり無かったりw

P1470521.jpg
腰回り。
ベルトのバックル部分こそシルバーで塗装されていますが、装甲部分と同じ色だったベルト本体は白いまま。
まぁ、ここを腕なんかと同じ方法でクリアにしようすると、胴体全部クリアパーツにしないといけないですから
この辺はやむ無しですかねw

P1470523.jpg
手首は通常版モモタロスと同じく3種類。
握り拳に……

P1470525.jpg
武器持ち手。

P1470527.jpg
平手となっております。
今回のこれら手首s、前述の通り、クリア素材に材質が変わっているせいか、
手首を整形している樹脂自体がだいぶ柔らかめ。
おかげで武器の保持に問題が……

P1470529.jpg
モモタロスォード。
通常版モモタロスではきっちり塗装されていて非常に好感触でしたが、
こちらのバージョンでは無色クリアに黒で文様を塗っただけ。
しかも、これ片面しか塗装されてません(;´Д`)
剣自体が透明なので両面塗装されているように見えなくもないのが救いですが、
ネガ電王といいブレイドキングフォームといい、塗装を簡略化しすぎです(;´Д`)

P1470532.jpg
可動について。
といっても、ここまでにも書いたとおり、こいつは通常版モモタロスの単純な色違い。
可動範囲もだいたい通常版に準じます。

P1470538.jpg
ですので、詳細はこちらの通常版を参照、ということでw
腕をあまり広げられないのが残念ですが、おおむねよく動きますよ。

P1470539.jpg
ただ、やはり材質変更の影響かはたまた若干改修されたのか、微妙なところでは差がありますね。
単なる個体差の範囲、で済むことかもしれませんが(;´∀`)

P1470544.jpg
とりあえず気がついたのは、首の可動範囲が若干広くなっている感じ。
通常版よりも顎が引ける感じです。
ただ、これって首の軸の微妙な差の問題なので、やっぱり個体差かもしれません(マテ

P1470545.jpg
また、手首のボールジョイント部分の噛み合わせがきつめに。
通常版ほど手首の動きに自由が利きません。

P1470547.jpg
そして、手首の樹脂がだいぶ柔らかい物になっている感じ。
これのせいでモモタロスォードの保持力ががた落ちになっています。
ここが個人的に最大の残念ポイント。通常版が特にがっちり握れるタイプだっただけに……

P1470549.jpg
そしてモモタロスォードの塗装簡略化も大きな残念ポイントですね。
手足の塗装パターンがややこしくなってコストが上がったのは分からないでもないですが、
限定商品でこの簡略化はきついです……

P1470551.jpg
と、主に塗装周りで不満点はありますが。
限定品なのにこいつのお値段は1000円。通常版(定価1260円)より安いんですよね。

P1470553.jpg
通常版よりも安い価格をを考えればコストダウンもやむなし……じゃないですね、
安くしないで良いからせめて通常版と同等に……(´・ω・`)って感じです。
せっかく基本の出来は良いんですから……

P1470556.jpg
あとは贅沢な話ですが、イマジンの未契約状態といえば、
地面から上半身、その頭上に下半身が浮いているスタイルが劇中印象的でした。
それが再現できるように上半身と下半身が分割できたら面白かっただろうなー、と思いますw
モモタロスの場合、胸で分割されているので上手いこと上下に分けられないのです……w

P1470559.jpg

通常版モモタロスと・その1。
色と塗装パターンの違いが見て取れるかと思います。
クリア部分が増えているので、未契約verの方が妙に透明感がある感じ。

P1470561.jpg

通常版モモタロスと・その2。
後ろからです。
色が変わったおかげで全身の「MOMO」がかなりはっきり見えるようになってますね。
後はベルトが塗られてないので胴体がやたら白いですw

P1470568.jpg
以上、S.I.C.極魂モモタロスイマジン(未契約Ver)でした。
残念部分も目立ちますが、基本はモモタロスなので基本はいい出来です。
例によって魂webでも後日販売されるらしいので、今日秋葉へ突撃orネット販売を狙ってみるのも悪くないかも。
何しろ安いですしね(マテ

amazon
    
関連記事一覧
  • S.I.C.極魂 Vol.13 モモタロスイマジン
  • S.I.C.極魂 LIMITED 仮面ライダーネガ電王
  • S.I.C.極魂 Vol.12 仮面ライダー電王ソードフォーム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:極魂S.I.C.極魂/仮面ライダー電王

     タグ: 極魂  S.I.C.  仮面ライダー  電王  モモタロス  未契約 


    Comments:2 

    raiger   

    No Title

    こんばんわraiger です。
    この塗装技術を応用すればオルフェノクなんか出せそうですね。
    魂NATIONはいくらなんでも秘密主義過ぎないかと思いました。あんたらは正解の秘密主義のひどさから何も学んでいないのかと。
    ムック関係で名前がわかっている人の名が伏せられているのには驚きました(あのN氏の名前はなかったぜ)
    個人的には価額とか決めてる担当とか一番知りたいんだけど。

    2010/10/05 (Tue) 23:14 | EDIT |   

    tagoal  

    Re

    >raigerさん
    せっかくファイズもいますし、オルフェノクも出て欲しいとこですね。
    担当者の名前が伏せられているのは、まぁイベントで直接たくさんの目に触れますしね。
    余計な騒動を防ぐ意味もあるのかなーと。

    2010/10/22 (Fri) 00:14 | EDIT |   

    Leave a comment