またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

16
恒点観測員342号さんの、特撮フィギュア特捜隊と相互リンクさせていただきました。
名前の通り、特撮系のフィギュアを紹介されているブログです。
FC2ブログにブロとも機能というのがあるのですが、そちらから始めて連絡いただいた記念すべき(?)ブログですw
それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

さて、それでは今回のネタです。
今回はゾイドで。
昨日発売の、リボルテック版ジェノブレイカーを紹介します。
P1460052.jpg
特撮リボルテックのサイトで紹介して貰ったので、リボルテック繋がり……というわけでもないんですけどねw
だったら積んでる特リボやれよt(ry

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1460086.jpgP1460091.jpg
ということで、今回はリボルテック版ジェノブレイカー。
昨日発売、出たてのほやほやです。
実は今月発売だと思っておらず、慌てて買いに行ったのは秘密。(;´Д`)<コンゲツノ TFダイ ガ……

P1460055.jpg
まずはパッケージの中身です。
本体(右腕・右脚・フリーラウンドシールドは外して収められています)に、
ワイヤーアンカー用の再現パーツ。そしてリボコンテナとリボプライヤー、リボチップが20ポイント分、
という構成になっています。
ブレードライガーとちがって、リボチップは10ポイントの物が二枚とスッキリ。
ブレードライガーも2ポイント×10なんてしないで10ポイント一枚でよかったのに……(;´∀`)

P1460094.jpgP1460099.jpg
左右から。
体型はトミー版準拠、というわけでもなく、独自のアレンジが施された感じ。
細身になっていますが、、HMMともまたちょっと違ったアプローチです。

P1460109.jpgP1460112.jpg
前後から。
ジェノブレイカーのトレードマーク、ウイングスラスター&フリーラウンドシールドが
本家デザインよりコンパクトにまとまっているのが見て取れますね。

P1460114.jpgP1460116.jpg
上下から。
ディテールに関しては本家以上HMM未満といったところでしょうか。
カラーリングはどちらかというとアニメ版寄りですかね。

P1460118.jpg
顔周り。
本家デザインよりスマートになっています。
流石に目の部分のクリアパーツは再現無しですね。
なお、頭頂部のレーザーチャージングブレードは可動しません。
ここはちょっと残念かも。

P1460120.jpg
口オープン。
口はちょっと開きすぎじゃね?というくらいまでがばっと開きます。
接続方式の問題で、あまり大きく開くと顎が外れたように見えてしまうのが玉に瑕。

P1460122.jpg
上の写真では見えていませんが、口中の荷電粒子砲の発射口もちゃんとあります。
普段は上顎の中に隠しておけるようになってます。
ただ、そのせいで見えるように出した際の軸あわせがちょっと難しくなってたり。

P1460126.jpg
腕。
肩・肘にリボルバージョイントが仕込まれており、さらに手首も可動。
手の爪もそれぞれ開閉可能と、今まで立体化されたジェノブレイカーの中では随一の可動範囲を誇ります。

P1460128.jpg
さらに、肘部分から取り外し、リボルバージョイントの代わりに再現パーツをつけることで、
腕のワイヤーアンカー射出を再現可能。
再現パーツが普通の棒なので、真っ直ぐしか射出できないのがちょっと残念ポイントですかね。
針金なんかで代用するのも面白いかもしれません。

P1460130.jpg
脚。
股関節・膝・足首には大きめのリボルバージョイントが。
クリック式関節でしっかりした保持力です。

P1460132.jpg
さらに、ふくらはぎのブースター、踵のアンカーもしっかり可動。
この辺は外せませんねw

P1460134.jpg
脚にはウエポンバインダー。
この製品で数少ない特にギミックのないパーツだから……かは分かりませんが、
トミー版やHMM版と比べて小さめの割合で作られている感じ。

P1460136.jpg
背中のウイングスラスター&フリーラウンドシールド。
こちらも、体に対してやや小さめの比率になってる模様です。
あとで出てきますが、HMM版と同じくらいの比率でしょうか。

P1460138.jpg
なお、ウイングスラスターは1つずつが上下動が可能。
フリーラウンドシールドはアームで接続されており、かなりダイナミックに広げることが出来ます。
もちろん、仕込まれた鋏・エクスシザースも展開可能。パーツの鋭さも結構な物です。

P1460140.jpg
尻尾。
節々にリボルバージョイントが仕込まれており、うねうねと動かすことが可能です。
そしてさらに……

P1460142.jpg
節ごとにフィンを展開、荷電粒子砲発射状態を再現可能。

P1460144.jpg
胴体も真っ直ぐに伸ばせるので、発射態勢も再現できるようになっています。
無改造で体を真っ直ぐに出来るのはジェノ系としては初ですね。
ただ、首のフィンが固定で展開できなかったりします。
大きさ的に、ちょっと厳しいところではありますけどね。

P1460146.jpg
可動に関して。
箱には、全身56カ所可動・40カ所にリボルバージョイント搭載となっています。
流石に何処と何処、と数えるのは面倒なのでやめておきましたw

P1460147.jpg
まぁ数えるまでもなく、全身のあらゆる関節にリボルバージョイントが仕込まれているのは見て取れますね。
もう半ばリボジョイントの塊と言っても良いくらいw

P1460148.jpg
全身の関節の保持力が非常に高く、かっちりしていてバランスも良好なため、
かなり可動範囲は広いですね。
この写真のように、頭を腰より下げた状態でもバッチリ安定。
この姿勢、維持できるフィギュアってほとんど無いですよ。
そもそも恐竜体型の可動フィギュアがほとんど存在しn(ry

P1460151.jpg
ただし、リボルバージョイントというジョイントーパーツ自体、可動パーツとしては若干癖の強い部品でありまして。
その塊ともいえるジェノブレイカー、可動させるのには結構慣れがいりますね。
この辺はブレードライガー同様といっていいでしょう。

P1460154.jpg
まぁ、慣れてしまえばどうと言うこともありませんし、残念ポイントというほどの物でもないですね。
むしろこの保持力の高さはナイスポイントでしょう。

P1460155.jpg
ただ、個人的にちょっと気になるのが頭周り。
口を閉じているときは良いんですが、大きく口を開けたり首を伸ばしたりすると、
頭と首の接続に用いられているジョイントが露わになります。

P1460156.jpg
このジョイントの位置が直感的な関節の位置と少しずれているので、動かし方によっては違和感が。
例によって、慣れ次第で解消は出来ると思いますけどねw

P1460158.jpg
また、フリーラウンドシールドを畳んだときの形状が、
胴体に対して斜めに沿わせるという独自の解釈になっています。
このおかげでボディがかなりコンパクトにまとまって見えるんですが、
本家やアニメ版とはシルエットが変わってくるので好き嫌いが出てくるかもしれませんね。

P1460161.jpg
同じリボルテックゾイドのブレードライガーと。
トミー版・HMM版と比べると、ライガーに対して若干大きめの比率になってますね。
アニメ版の比率に近いかもしれません。

P1460168.jpg
対決!な感じで。
両者ともよく動くので、絡ませると実に楽しいですw
元々ライバル機ですしね、実に映えますよ。

P1460179.jpg
本家・トミー版のジェノブレイカーと。
リボルテックの中ではかなりのビッグサイズなリボルテック版ジェノブレイカーですが、
流石に本家と比べると小さいですねw
並べてみると、かなりスマート体型にアレンジされているのがよく分かります。

P1460183.jpg
HMM版と。
流石にディテールの精密感ではHMMがぶっちぎりですが、体型は若干似通ったところが。
特に背中のウイングスラスター&フリーラウンドシールドと体の比率はだいたい同じ感じです。

P1460185.jpg
最後に3種類セットで。
トータルでは、トミー版とHMM版の間くらいの造形、といった感じですね。
それぞれ赤の色味が違うのもなかなか興味深いかも。

P1460211.jpg
以上、リボルテック版ジェノブレイカーでした。
弄っていて非常に面白い一品です。
ゾイド好きなら是非オススメ!といいたいところですが、若干お値段が張るので購入の際は気合いを入れましょうw
amazon
    
関連記事一覧
  • リボルテックヤマグチ Series No.093 ブレードライガー/レオン仕様 電撃ホビーマガジン限定ver.
  • リボルテックヤマグチ Series No.093 ブレードライガー ミラージュカラーver.
  • リボルテックヤマグチ Series No.093 ブレードライガー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSリボルテックヤマグチ

     タグ: ゾイド  リボルテック 


    Comments:5 

    爆薬攻撃参謀  

    No Title

    なんかゾイドには興味ないんですがかっこいいですね。
    あとブログはじめたので相互リンクよろしくお願いします。

    2010/09/17 (Fri) 20:57 | EDIT |   

    れっど あらあと  

    No Title

    リボルテック版のジェノブレイカーは、異様に細い印象があったのですが、こうしてみると、異様って程でもあにですね。
    トミー版よりもスマートにはなってますけど。
    本家よりも小さいこの大きさで、荷電粒子砲発射時の尾のフィンまで展開できるのは凄いですね。
    買うかどうか迷っているところなんですが、動いてるところを見ると欲しくなるなあ。

    2010/09/18 (Sat) 20:31 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    リボゾイドって箱大きさ見たらトライストライカーと同じですね。
    トミー版はゴツイのにこっちの方はスマートですね。
    しかしバリバリカチカチ動くゾイドと言うのは良いですね。
    ブロックだとバキバキ動いて怖い。
    私も最近ブログを始めました、もしよろしければ相互リンクをお願いできますでしょうか?

    2010/09/19 (Sun) 03:28 | EDIT |   

    tagoal  

    ジェノブれす

    >爆薬攻撃参謀さん
    格好いいと感じたならば興味が芽生えてきている証拠なのですよ……( ̄ー ̄)ニヤリ
    さて、相互リンクの件なのですが。
    実は貴方がリンク依頼されているサイトのいくつかは私も巡回しております。
    うちの分はともかく、他のところでの依頼を見て、礼を欠いているな、という印象を受けました。
    寛大な方も多いようで特に咎めを受けてはいないようですが、不快感を感じても
    やむなしと言ってしまって良いかとおもいます。
    正直現状ではトラブルを招きかねないという懸念が感じられましたので、
    申し訳ありませんが保留、とさせていただきたく思います。
    他サイト様への礼を欠いた依頼についての対応がなされた暁には、喜んで相互リンクに応じさせていただきます。
    非常に上から目線で恐縮ですが、今後の一助になればと。

    2010/09/19 (Sun) 20:42 | EDIT |   

    tagoal  

    ジェノブれす2

    >れっど あらあとさん
    試作の写真なんかだとかなり細い感じでしたが、実際は小さいHMM、
    くらいのバランスですよ。元とはだいぶ違ってますがこれはこれでw
    是非購入をお勧め!といいたいところですが、お値段が結構きっついので
    懐具合とご相談の上……(;´∀`)
    >ヌエベさん
    この箱のでかさ、置き場に困りますほんとw
    体型のバランスは、ある程度HMMよりではありますね。
    上でも書きましたがこれはこれでいいですよw
    可動もほどよくかっちりですしね~。
    相互リンクの件は承知いたしました。
    早速対応させていただいておりますw

    2010/09/19 (Sun) 20:45 | EDIT |   

    Leave a comment