またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

30
トップページにヘッドラインを付けてみました。リンクしているブログの更新情報を表示します。
ほとんど個人的な更新確認ツールの様相を呈してはいますが・・・w

さて、今回は11月発売組第2弾。ジークドーベルをレビューしたいと思います。

ジークドーベル箱

イマイチ話題に上がらないですよねこの子・・・

※画像をクリックすると大きな画像が見られますよ。

ジークドーベル1
今月のリヴァースセンチュリー旧末期復帰枠、ジークドーベルです。
ストーリー上ではクリムゾンホーンの護衛として無人機が登場、やられ役として退場と
非常に扱いが悪いです・・・

ジークドーベル左
左から。
色についてなんだかんだと言われることが多い旧末期ゾイドですが、ジークドーベルに関して言えば
それほど奇抜ではないかと。
むしろ普通のガイロスカラーですよね。

ジークドーベル右
右から。
背中のヘルブレイザー以外は、普通のメカ犬ですね。
モチーフのドーベルマンにも結構似ています。

ジークドーベル正面
正面から。
胸の黄色はパワーエンブレム。旧末期ゾイドの特徴の一つですね。
読み方忘れちゃいましたけど・・・

ジークドーベル後
後から。
尻尾のパルスガンは上下に可動します。
基本的にシンプルですね。
後にいろいろ追加パーツがついてアイス・ブレーザーになるわけですが、
さすがにリヴァースセンチュリーではでないかな。

ジークドーベル上
上から。
背中に大きく伸びるヘルブレイザーが目につきます。

ジークドーベル下
下から。
復刻版ゾイドの定番、電池ボックスのねじ止め化以外は基本的に昔のまま。
何でも昔、子供が持ち上げて遊んでいたところ蓋が外れて落ちてきた電池で子供が怪我した
事例があるんだとか。

ジークドーベル武器展開
さてこのジークドーベル、歩行以外に目立ったギミックはありません。
一応、背中のヘルブレイザーが手動で展開。フォトン粒子砲も手動で前後に動かせます。
ヘルブレイザーを展開するとなんだか飛べそうw

ジークドーベルコクピット
この時期のゾイド共通の仕組みとして、コクピットは別パーツ。
グレードアップパーツのアイフラッシャーに置き換えが可能です
・・・が、アイフラッシャーは未復刻。入手は困難です(;´Д`)

ジークドーベル締め
以上、ジークドーベルでした。
ソイドとして出来はいいんですが、ドスゴドス&エクスグランチュラのプレイバリュー、
オルディオスの話題性に掻っ攫われてイマイチ地味な印象がぬぐえませんね・・・
バトストでの扱いといい、ちょっと不憫です。
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS HRZ-005 ドスゴドス オールドカラーバージョン(e-Hobby限定 Z-01)
  • ZOIDS HRZ-008 バリゲーターTS
  • ZOIDS GRZ-009 ヴァルガ
  • ZOIDS HRZ-006 エクスグランチュラ
  • ZOIDS HRZ-005 ドスゴドス
  • ZOIDS GRZ-003 ヘルディガンナー
  • ZOIDS GRZ-004 ダークネシオス
  • ZOIDS HRZ-001 キングゴジュラス


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSリヴァースセンチュリー

     タグ: ゾイド  リヴァースセンチュリー 


    Comments:0 


    Leave a comment