またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

03
すとれーとさんの「玩具弄いじりの隠れ家」、
NUDAさんの「NUDAT魂」&「NUDAの星」と相互リンクさせていただきました。
お二方とも、Twitter繋がりでリンクさせていただく流れに。
Twitterの方共々、今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

と、久しぶりにリンク追加の報告をしつつ今回のネタです。
今回は、うちではすっかりレアケースと化してしまった(マテ アメコミフィギュア。
トイビズのスパイダーマン・クラシックスから、BATTLE RAVAGED SPIDER-MANです。
P1420533.jpg
近所のリサイクルショップにて200円(!)でゲット。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1420540.jpgP1420542.jpg
ということで、今回はトイビズのBATTLE RAVAGED SPIDER-MAN。
実写版公開後に同じ名前の商品が出ていますが、こちらはそれより昔。2001年版の方です。
BATTLE RAVAGEDとは、直訳すれば「戦いで荒らされた」とかそんな感じ。
要は戦闘後のダメージバージョン、ということですね。名前の通りズタボロですw

P1420546.jpg
パッケージにはおまけでこんなミニポスターが付属。
やっぱりズタボロ。

P1420547.jpgP1420550.jpg
前後から。
見事にボロッボロですw
スパイダーマンの場合コスチュームはただの全身タイツですから破れやすいですし、
実写版でも毎度破れていたので破れタイツもお馴染みといえばお馴染み?

P1420552.jpgP1420556.jpg
左右から。
やっぱりボロボr(ry
頭なんて髪の毛もはみ出てますね(;´∀`)

P1420558.jpg
顔周り。
マスクが半分破れて口が露出している上に、なんかマスク全体がずれてますw
かろうじて素顔が隠せている、といった状態ですね。

P1420562.jpgP1420564.jpg

P1420567.jpgP1420569.jpg
全身の至る所にはダメージのあとが。
脚なんて血が滲んで痛々しいですね……
しかし、むしろ万年金欠のピーター・パーカーにはスーツの修繕費用の方が痛そうですw

P1420571.jpg
可動に関して。
見た目がボロボロでも流石に天下のトイビズ、可動範囲はたいしたものです。
……タイツの破れ具合は関係ないかw

P1420574.jpg
腕は肩が回転+真横まで開き、肘は二重関節でほぼ180度曲がります。
肘の下にロール軸があるので手首の向きは変えられるんですが、上腕に軸がないので
肘の向きが変えられないのが残念ポイントでしょうか。
なお、手首はウェブ発射時の指の構えで固定になっています。

P1420577.jpg
下半身は股関節が前後+外側への可動。
膝はこれまた二重関節で、踵が太股につくくらいまでは曲がりますね。
太股とブーツ部分がそれぞれロールし、足首はつま先が可動+足首自体も上下動可動で
可動範囲はかなりのもの。

P1420580.jpg
胴体は腰と胸のところで可動。
腰は回転だけですが、胸のところで大きく体を屈めることが出来ます。
これのおかげでスパイダーマンらしい感じが出しやすくなってますね。

P1420582.jpg
上腕にロール軸がない以外は、流石トイビズ!といいたくなる納得の可動範囲。
ただやはり、唯一の残念ポイントの上腕のおかげで手首の向きが制限されるのは痛いですね。

P1420584.jpg
さて、ここで一旦本体から離れてオプション品の方へ。
オプションとして、壁面を再現した台座がついてきます。
壁に貼り付けられているのはリザードですね。

P1420586.jpg
台座の裏側。
壁面をイメージしているだけ有って、壁の釘などにぶら下げて飾れるようになっています。

P1420588.jpg
リザードの顔。
造形も細かく、塗装もなかなか良い感じ。
しかもこの顔、首が回る上に口が開閉可能です。

P1420593.jpg
リザードの腕。
こちらも付け根から可動可能。
上の頭の可動共々、気づいたのは一通り写真撮り終わってからだったので
ほとんど動かした写真はありませんorz

P1420596.jpg
スパイダーマンと組み合わせて使ってみるとこんな感じ。
激闘の末、鉄骨で壁面に拘束することに成功!といった感じでしょうか。

P1420599.jpg
ちなみにこのリザード、スパイダーマンのヴィランとしてはかなりの古参。
古参というか、スパイダーマンが最初に戦ったスーパーヴィランかも?
科学者が失った片腕を復元させようとして、自分の体にトカゲの抽出物を注射
した結果、トカゲ人間になってしまった、というキャラクターです。

P1420602.jpg
で、件の科学者というのがカート・コナーズ博士。
実写版でピーターの先生として出てきたコナーズ教授ですw
おかげで、原作を知っている人はいつコナーズがリザードになるかドキドキしていたのですが……w

P1420632.jpg
台座を壁にぶら下げてみるとこんな感じ。
スパイダーマン自体は、台座にある出っ張りを踵の穴に差し込むことで固定しています。

P1420629.jpg
スパイダーマンといえば壁に張り付くのがおきまりですから、この飾り方は実に雰囲気が出てナイスかも。
ただ、上述の固定に使っているピンがそこまでがっちり固定しているわけでもないので、
気がついたらぽとり、なんてことも十分ありそうです(;´∀`)

P1420611.jpg
台座にはさらに、スパイダーマンを保持するアーム状のパーツも付属。
これを使えば完全に壁から離れた状態にすることも可能です。
むしろこっちの方が安定しますねw

P1420620.jpg
以上、BATTLE RAVAGED SPIDER-MANでした。
スパイダーマン本体はよく動きますし、台座も完成度高め、とさすがのトイビズクオリティです。
こういうものが食玩以下のお値段で置いてあったりするからリサイクルショップは侮れませんねw

amazon
    
関連記事一覧
  • TOYBIZ MARVEL COLLECTOR EDITIONS  THE ORIGINAL X-MEN
  • TOYBIZ SPIDER-MAN WEB FORCE TANK ATTACK DAREDEVIL
  • TOYBIZ TWIST‘N SLAM HULK


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:MARVELTOYBIZ

     タグ: TOYBIZ  MARVEL  スパイダーマン 


    Comments:0 


    Leave a comment