またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

30
早いもので、もう7月も終盤。
私は実は明日からえらい早めの盆休みですw
とは言っても、土日+1日、なんですけどね(;´Д`)<スクネー!
流石に3日じゃ帰省するのも……なので家で積み玩具の消化でもするくらいしかなさそうですw

と、個人的な日程を暴露しつつ、今回のネタです。
今回はROBOT魂の新製品、ゼーガペインアルティールを紹介します。
P1420307.jpg
発売日は31日?らしいですが、たまたま早めに手に入ったので少し早めに。

※7/31追記
リョーコフィギュアの魂フィーチャーズでの試作画像が見つかったので、比較を追加。……(´・ω・`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1420318.jpgP1420321.jpg
ということで、今回はROBOT魂のゼーガペインアルティール。
「ゼーガペイン」の主人公、キョウの乗機ですね。
SIDE HLの第一弾として登場です。

P1420323.jpg
まずはパッケージの中身から。
アルティール本体に光子翼、ホロニックランチャーにホロニックブレードの刃、ホロニックシールド、
ホロボルトプレッシャー、光波紋エフェクトパーツ、接続ワイヤー、交換用の手首が左右各2種という構成。
なかなかにボリュームがあります。

P1420325.jpgP1420328.jpg
HL=ホロニックローダーの特徴である光装甲(ホロニックアーマー)は、クリアパーツで再現。
その下の銀色に塗装されたパーツと相まって、明るいところで見ると非常に綺麗です(*´Д`)

P1420330.jpgP1420332.jpg
左右から。
クリアパーツの綺麗さもさることながら、塗装部分の精度もかなり高め。
ほんと、明るいところで見ると映えますw

P1420334.jpgP1420337.jpg
顔周り。
形状的に正面からだと分かりづらいものがあるので、横からの写真も載せておきます。
これまたクリアパーツが(ry
耳部分のアンテナの先端がかなり細いので、遊ぶときに折れたりしないかちょっとドキドキ。

P1420340.jpg
手首は左右とも3種類が付属。
デフォルトの握り拳と……

P1420341.jpg
平手。

P1420345.jpg
そして開き手。
……平手と開き手はどっちかでよかったような気がします(;´∀`)
仕様上武器持ち手が必要ないので、こんな構成になったんだとは思いますが……あまりに差がなさ過ぎてw

P1420349.jpg
背中には光子翼を装着可能。
というか、ゼーガペインといえばこの翼が付いている状態を思い浮かべる人がほとんどかと思いますw
設定上はこの先端からホーミングレーザー的な武器・ホロブレットスパロウを発射可能。
また、この翼自体近接武器として使用可能です。
玩具ではもちろんその辺はオミットですが、薄いクリアピンクでかなり綺麗ですw

P1420352.jpg
左腕にはホロニックシールドを装着。
ゼーガペインの守備兵器で、光子による盾という設定です。
こちらはクリアパープルで成形。ご覧の通り、陰になっている腕が普通に透けて見えるくらいの透明度です。

P1420354.jpg
右腕にはホロニックランチャー。
名前の示すとおりの攻撃用武装ですね。
こちらの成形色はシールドと同じクリアパープル。
何層かに重なった構造なので、シールドよりは色が濃いめに見えます。

P1420357.jpg
ホロニックランチャーの一部パーツを換装することで、ホロニックブレードに。
近接戦闘用の光子による剣です。
刃は結構長めになってまして、ランチャー時の倍位の長さに。

P1420359.jpg
手首を取り外して、代わりにホロボルトプレッシャーを装備。
QL(要するにホロニックローダーのエネルギーですね)を両手に集中させたドリル状の武器です。
劇中では一撃必殺の大技として使用されました。
ご覧の通りの大型サイズですが、保持には全く問題なし。いい保持力ですw
なお、ドリル部分は抜けるので、ドリルをミサイル状に撃ち出したかのような感じで飾ることも可能です。

P1420361.jpg
接続ワイヤーを使用した状態。
左腕専用となっていますが、形状は一緒なので右腕にも一応使用可能。
ただ、これは最終回でキョウが見せた裏技「舞浜シャイニングオーシャンパンチ」の再現用なので、
やはり左腕に使うのが作法というものでしょうねw

P1420363.jpg
手首には光波紋エフェクトパーツが装着可能。
ゼーガペインらしいエフェクトパーツですw

P1420365.jpgP1420367.jpg
そして、初回特典として付属しているヒロイン、カミナギ・リョーコのフィギュア。なのですが……
なんというかこう、非常にナニでアレな出来になっております。
流石に邪神モッ○スとかその次元には達してはいませんが……
魂フィーチャーズで見た試作はもっとマシな出来だったと記憶しているんですけどね(;´Д`)
※追記
魂フィーチャーズ当時のリョーコフィギュア(試作)の写真がありましたので比較。こんな感じです。
P1420433.jpg
画面左が試作、右が今回。
塗装の精度とか突っ込みどころは多いですが、根本的に形状違ってませんか(;´ω`)


P1420369.jpg
リョーコフィギュアをアルティール本体と。
ノンスケールフィギュアなので、並べるとかなり大きいですw
といってもリョーコフィギュアは10㎝ないサイズですが。

P1420370.jpg
可動について。
形状的に、腕はともかく脚があまり動かなそうです(アルティールのプラモデルも以前持っていたんですが、
そちらは見た目通りあまり脚が動きませんでした)が、見た目に反してもの凄くよく動きます。

P1420372.jpg
まず先に腕からですが、肩・肘共に多重関節。
肩の基部はボールジョイントでその基部自体が前後左右にスイング、さらにその先も前後と外側に回転機構が。
上腕にはさらにロール軸を設けつつ、肘は二重関節で180度近くまで曲がる、ともう関節だらけですw

P1420376.jpg
脚は股関節がボールジョイント+基部が少しロールします。
膝は引き出し式っぽい感じの二重関節。この形状で、180度近く曲がります。

P1420378.jpg
足首はアンクレット状のパーツと足首の二段構造に。
それぞれボールジョイントで角度調整が出来るため、接地性も抜群です。
光子翼があるので重心が後ろによってそうですが、全く問題なし。

P1420381.jpg
胴体も腰のくびれ部分がボールジョイントになってまして、回転及び前後左右への可動が可能。
動く箇所が多いので、デフォルトの位置を忘れかねない状態ですw

P1420383.jpg
接地性が極めて良好とはいえ、ゼーガペインといえば空中戦がメイン。
飛ばせたくなるのは人情というものw
その辺も抜かりなく、背中に魂STAGEACT.5対応の穴が開いていまして、容易に飛行姿勢で飾ることが可能です。
穴の位置も背中の出っ張りの下と目立たないので、スタンドを使わないときも安心。

P1420385_20100730224337.jpg
上記以外にも肩アーマーが大きく開閉できたり、腰アーマーが固定っぽく見えて実は開閉可能だったりと
干渉を裂けるようにいろいろな工夫が施されています。まさに芸コマ。

P1420387.jpg
しかしながら、形状が形状なのでどうしてもある程度は干渉してしまいますね。
特に腕周り、これはもうデザイン上の問題なのでどうにもなりませんがちょっと残念ポイントと言っても良いかも。

P1420390.jpg
もう一点怖いのは、頭部の話で出しましたアンテナ。
鋭利な形状で非常に格好いいのですが、それだけに折れそうで怖いです(;´Д`)
昔アルティールのプラモを作って持っていたのですが、それも頭部のアンテナが真っ先に……
まぁ、壊れた直接の原因は地震で上から落ちてきたものに潰されたんですが(マテ

P1420393.jpg
気になる点と言えばそんなところでしょうか。
個人的にゼーガペイン好きなので、ひいき目も多分には入っているとは思いますがw

P1420400.jpg
ひいき目を抜きにしても、これはなかなかに出来のよろしい方だと言ってしまって差し支えないかと思います。
クリア+メタリックで見た目にも映えますしね。

P1420418.jpg
以上、ROBOT魂のゼーガペインアルティールでした。
SIDE HLがこれだけに終わらず、他のゼーガペインも出てくれると良いんですけどねぇ……
プレミアムバンダイ限定ばっかりとかだとしんどいなぁ。

amazon
    
関連記事一覧
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP アンチゼーガ マインディエ
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP アンチゼーガ コアトリクエ
  • ROBOT魂 R-NUMBER SP ゼーガペイン ガルダ(ブルーカラーver.)
  • ROBOT魂 R-NUMBER 082 ゼーガペイン フリスベルグ
  • ROBOT魂 R-NUMBER 080 ゼーガペイン ガルダ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ROBOT魂SIDE HL

     タグ: ROBOT魂  ゼーガペイン  SIDE_HL 


    Comments:5 

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2010/07/31 (Sat) 03:17 | EDIT |   

    raiger  

    No Title

    こんばんわraigerです。
    クリアパーツ使用のおかげで、豪雨か仕様になっていますね。でも、リョーコフィギュアはいらなくなってますね。お値段高くして、せいどよくしてもよかったんじゃあ...
    ゼーガペインはACEやスパロボに参戦するときの扱いがどうなるか気になりますけど、一応バーチャロン見たいなゲームロボだから、いっそのこと、サイバスターと一緒にゲーム世界から物語の舞台に呼び出される形にしたほうがおもしろくなる  

    2010/08/01 (Sun) 01:53 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    クリアーパーツとメタリックな塗装が綺麗ですね。
    なんかビーストマシーンズやスパリンみたいです。
    微妙なデキのくせしてやたらと高いのが結構ありますけどすぐ投げ売り対象になりやすい様ですね?

    2010/08/01 (Sun) 20:07 | EDIT |   

    アングラー  

    No Title

     邪神モッコスって何の事かと思って検索したけどこれは www あれって予約段階で特典の参考写真公表されなかったんですかね?してたら買ってないか w
     しかしロボット魂、色んな作品に触手伸ばしてますね。プラモでは安全パイの作品の登場メカしかプラキット化したがらないバンダイだけど開発部署によってスタンスが全然違うんですね。

    2010/08/02 (Mon) 19:36 | EDIT |   

    tagoal  

    アルティーれす

    >匿名さん
    リョーコは……ドライダメージが大きすぎたんですよ(何
    本体部分はほんと、惚れ惚れする出来だと思います。
    プラモよりはるかに小さいサイズでこの出来はもう大満足ですよw
    結構流通量も豊富っぽいので、多少遅れて買ってもきっとリョーコも一緒に……w
    >raigerさん
    リョーコはほんと、試作から何がどうしてこうなった……な感じです。
    ま、どうせおまけなので出来悪くても笑い話で済むと言えば済むんですがw
    >ヌエベさん
    このクリアの煌めきぶりがもうたまらんのです(*´Д`)ハァハァ
    シリーズの他の物の善し悪しに関しては……まぁ、いっぱい出てますから当たり外れもあるさ!ってことでw
    >アングラーさん
    モッコス様はたしか、試作の写真はかーなりマシだったような記憶が……
    実際出たのはご覧の有様だよ!でしたがw
    まぁ、あそこまで行けば逆にネタになって……w
    バンダイのコレクターズ事業部は妙にアグレッシブですよねほんと。
    買う側としては嬉しい悲鳴ですがw

    2010/08/12 (Thu) 23:55 | EDIT |   

    Leave a comment