またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

28
最近、と言ってもけっこう長いですが、コメントへの返答がしこたま遅れておりますね。
非常に申し訳ないですorz
ちゃんと読ませていただいてますし、遅くなっても必ず返答しますので気長に見ていただけると幸いです。
しかし、最近はリンク先にもコメント残せてないですし、この辺何とかしたいなぁ(´・ω・`)<巡回はしているのですが…

と、言い訳しつつ今回のネタへ。
今回はまたまたトランスフォーマー。
デヴァイスレーベルから、延期に延期を重ねてようやく発売されたブロードブラストです。
P1420195.jpg
初デヴァイスレーベルでございますw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1420197.jpgP1420201.jpg
さて、今回はデヴァイスレーベルのブロードブラスト。
「Robots in Disguise(ロボット達は身の回りに潜んでいる)」を体現するものとして作られた
「実際に使える」トランスフォーマーですね。
このブロードブラストはノートパソコン型のUSBハブに変形します。
手なわけでまずはハブモードから。
上面の蓋を閉じた状態ですが、この状態だと普通のUSBハブと言った方が近いシルエットですね。
天板のTOSHIBAの文字がそれっぽくてナイス。

P1420203.jpg
側面から。
USBのMini-B端子が1つ配置されています。こちらが元になる側。

P1420205.jpg
正面からだとこんな感じ。4つのUSB端子を備えています。
パッケージや説明書に特に記載が見受けられなかったんですが、多分USB2.0対応。

P1420208.jpg
上面を開けるとこんな感じに。
中身はちゃんとノートPCっぽい造形になっています。
ノートパソコンにしては分厚いかな?という形状ですが、一昔前は分離式のベースがあって
合体させるとこんな感じになるノートPCって結構ありましたよねぇw

P1420211.jpg
我が家のB5サイズノートPCと。
いえ、丁度同じ東芝製だったものでw
PCとの比較でだいたいのサイズは分かっていただけるかな~と思います。
4口のUSBハブとしてはちょっと大きめですね。

P1420214.jpg
開いてみた感じ。
ブロードブラストは一丁前に、最近流行りのワイド液晶を採用しているようですw
なお、ノートPCの画面は思いっきり個人情報が出ちゃってたのでモザイクかけました(;´∀`)

P1420216.jpg
付属のケーブルで実際に繋いでみた感じ。
一応PCとの接続用ケーブルが付属しているわけですが、あまりに太くて短いので実用性は薄いです。
ケーブルは自前のを使った方が良さそうですね。
ちなみに、PCに接続すると汎用USBハブとして認識されます。

P1420218.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム!
まずは天板を開いた状態から、キーボード部分を真ん中から割って延ばし、90度回転させた上で
つま先をだして脚にします。

P1420221.jpg
脚を変形させて立たせたら、残ったパーツを分割線に沿って3つに分離。
側面パーツを伸ばし、手首のカバーを開いて腕にします。

P1420223.jpg
最後に胸カバーを開いて頭を出せば、ロボットモード完成です。

P1420226.jpgP1420229.jpg
ロボットモード。
ハブモードからは打って変わって、G1ブロードキャストそっくりな赤・黄の
カラーリングが良い感じですね。

P1420232.jpgP1420236.jpg
前後から。
背面や脛部分にノートPC及びUSBハブの意匠が見て取れますが、それ以外はまさにブロードキャストですね。
大人の都合でブロードブラストに改名されちゃいましたが……

P1420239.jpgP1420242.jpg
左右から。
ハブの時から厚みは変わっていないんですが、ロボになると今度は逆にもうちょっと厚みが欲しくなりますね。
背中と肩の板はノートPCの液晶なので開閉可能ですが、パッケージを見る限り少し開いておくのがお作法の模様。

P1420248.jpgP1420246.jpg
顔周り。
うん、ブロードキャスト以外の何者でもないですねw
色分けは塗装ですが精度は良好。
集光ギミックも装備されてまして、目の色が明るいので光加減はかなりのものです。
もう爛々と輝いておりますw

P1420252.jpg
胸の中にはカセットロンを収納可能。
ただし、ロボットモード時のみです。ハブの時はこのスペースに頭入ってますからね。
試してみようと思ったんですが、我が家にはカセットロンが居なかったという(;´Д`)
以前紹介したパチモノは巨大化してるから入らないですし……w

P1420254.jpg
パッケージには、「ブロードブラスト形態ではパソコン用USBハブとしては使えません」と注意書きがあります。
んが、実際のところはブロードブラストの状態でもUSBハブとして使用は可能です。
実際この記事の写真はロボット状態のブロードブラストを経由して取り込んでおりますw
写真のように、左膝とPCを繋ぐ形になりますね。
ただし、見た目に結構シュールですw

P1420258.jpg
可動に関して。
これがまたなかなかによく動いてくれますw

P1420260.jpg
腕は肩と胴体がアーム(両端はボールジョイント)で接続されています。
そのため、回転や肩自体の上下、開閉などかなり自由自在。
肘も二重関節(一方がボールジョイント)なので、手首が肩に付くくらいまでは曲がりますしロールも可能。
手首もボールジョイント接続である程度角度調整可能です。

P1420265.jpg
脚は近年のTFによくある、股関節が前後90度+外側90度に動くタイプ。
変形機構の関係もあって膝は180度近くまで曲がります。
足首は固定ですが、膝下にUSBハブとしてのパーツが集中していて重いため、安定感は高いですね。

P1420268.jpg
首が左右回転のみなのと腰が回らない以外は、可動箇所は十分に配置されていると言っていいでしょう。
関節の保持力もしっかりしたものです。

P1420271.jpg
気になる点と言えば、背中に背負ったガワが若干動きに干渉するのと、後に重さがかかってしまいやすこと。
そして手持ち武器がないことくらいでしょうね。
背中のガワは翼のように見立てることも出来るので、扱い次第という感じではあります。

P1420273.jpg
手持ち武器がないのは勿体ないかも。
手に5ミリ系の穴があるので他の奴の武器を拝借する、という手は使用可能ですが……。
胸の中に入れるとか端子のキャップにするとか、余剰にしないで付属させることも十分出来そうなので
是非武器をつけていただきたかったところです。

P1420277.jpg
遊び方としてはサウンドレーベルのサウンドウェーブと絡めるのが一番わかりやすいですかね。
残念ながら私はブラスターブラックしか持っていないので、サウンドブラスター対ブロードキャストという
ちょっと微妙な絵面になるので今回はスルー。
しかし、きっとこいつも青いツインキャストバージョンが出るんでしょうねぇ。

P1420280.jpg
以上、ブロードブラストでした。
現代版ブロードキャストととして実にいいできだと思いますよ。
正直、ネックはUSBハブ機能分お値段が張ることくらいではないでしょうかw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ミュージックレーベル サウンドウェーブ(ブラスターブラックバージョン)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーMusicLabel&DeviceLabel

     タグ: トランスフォーマー  デヴァイスレーベル 


    Comments:2 

    TF馬鹿一代。  

    No Title

    ごきげんようでござる!
    ブロードブラスト入手おめでとう。
    拙者は南米で予約していたのでござるが、PC故障中にキャンセルメールが来ていたらしく後手後手にまわって入手し損ねたでござる。
    2次出荷に期待したいでござるな。

    2010/07/29 (Thu) 01:14 | EDIT |   

    tagoal  

    ぶろぶられす

    >TF馬鹿一代。さん
    ありがとうございます!
    実は私、ぶら~っと出かけて適当に見つけて買ってきたのですが……
    実は品薄?
    故障中にメール来ちゃうとどうしようもないですねぇ(;´∀`)
    次は入手できることをお祈りしておりますよ!

    2010/07/31 (Sat) 00:53 | EDIT |   

    Leave a comment