またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

01
昨日から、いろいろ記念企画と称してプレゼントの応募を受け付けております。
今回、引っ張りに引っ張ったこともあってか応募が早い&多くてびっくりです(;´∀`)
しかし、当選者は毎度のごとくくじ引きですので応募の早い遅いは無関係。
頼るは己の運のみっ……!とざわざわしながら(何、まだまだ間に合うというか1日しか経ってませんので
応募お待ちしておりますw

さて、それでは今回のネタですね。
今回はSDガンダムです。
SD三国伝 BraveBattleWarriorsから、昨日発売の真・龍装劉備ガンダムです。
P1400581.jpg
久しぶりの速攻レビューw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1400584.jpgP1400586.jpg
ということで、今回はSD三国伝から真・龍装劉備ガンダム。
劉備ガンダムのアニメ版オリジナルのパワーアップ形態です。
ほんの昨日、6/30に出たばかりのぴっかぴかw
たまには……!と一念発起して速攻で作成してみました。

P1400592.jpgP1400595.jpg
前後から。
劉備ガンダムですから、演者はもちろんRX-78-2ガンダム。
……なんですが、パワーアップに伴ってフルアーマーガンダムの意匠が取り入れられた感じです。
大きめのバックパックとマント状のウイングが付いたので、背面も幾分派手に。
背中のウイングや腰鎧など、後の翔烈帝への繋がりを感じる部分もそこかしこにありますね。

P1400598.jpgP1400601.jpg
左右から。
この龍装劉備、発売前からリデコではない新規キットという情報は聞いていました。
とはいえ、一部くらい流用するだろうかつてのホンタイさん的に考えて……と予測していたのですが。
箱を開けてみてびっくり、全てのパーツが完全新規です(;´∀`)<スゲー
何気にちょんまげの形状も違ってたりします。

P1400604.jpg
顔周り。
ノーマル劉備をベースに、翔烈帝劉備ガンダムとの中間といった感じのデザインです。
あ、ちなみに今回は金色のパーツには墨入れしかしていません。
真シリーズの金色パーツは良い色合いしているので、塗らなくてもそれなりに良い感じなのは嬉しいところですね。

P1400607.jpg
目のシールは通常の目笑い目の2つからの選択式。
せっかく目が付いても自由に付け替えができないのがもどかしいところですね。

P1400609.jpgP1400611.jpg
鎧を外して、軽装モードに。
上半身のデザインは似ていますが、やっぱり別物ですね。
ちなみに今回、肩鎧が上から被せるだけで良いタイプに変わっているので、鎧の脱ぎ着せが
従来に比べて格段に簡単になりました。
これまでのは分解しないといけませんでしたから破損が怖くて……(;´∀`)

P1400612.jpg
武器その一、真爪龍刀(しんそうりゅうとう)。
龍の爪のごとき鋭さを持ち、どんな物でも切り裂く刀、だそうです。
通常時に持っていた爪龍刀のパワーアップ形態ですね。
そして、本来対であったはずの赤い刀、牙龍刀は今回とうとう影も形もなくなりました(´・ω・`)

P1400617.jpg
武器その二、龍帝剣(りゅうていけん)。
こちらはお馴染み、龍帝の魂を宿すと言われる剣ですね。
これまでと形状は変わらないですが、ランナー構成見る限り一応新規造形の模様。

P1400620.jpg
真爪龍刀と龍帝剣は、専用のパーツを背中につけることで背負うことが可能。
格好いいんですがギチギチに固定されるので塗装が、コーティングが剥がれる……(;´Д`)

P1400622.jpg
そして武器その三、真龍帝剣。
龍帝剣が覚醒した姿ですね。。これもノーマル真・劉備から引き続きの使用です。

P1400625.jpg
ちなみにこの真龍帝剣、先ほどの武器マウント用パーツにくっつけて背負うことが可能。
必殺技発動状態で背負って運ぶのは流石に……w

P1400628.jpg
ちなみに、他の二本の剣の収納とは干渉しないので、やろうと思えばこのように3本全部マウントも可能です。
カオスな光景になりますけどねw

P1400629.jpg
可動範囲に関して。
可動に関しては新規造形といえども流石のホンタイさん(?)、
三国伝キットとしては標準的な可動範囲です。

P1400630.jpg
腕は肩、肩と上腕の境目、手首がそれぞれボールジョイント接続。
三国伝キットの通常サイズ伝統の構成ですね。
肩鎧が下に垂れ下がっているデザインなので、腕が若干干渉して動かし辛い感じではあります。

P1400632.jpg
脚は股関節と足首がボールジョイント。
これまた三国伝としては標準的ですね。
ただ、スカート内のクリアランスがかなり広く、可動範囲は三国伝キットの中でも広いほうかと。

P1400634.jpg
首もボールジョイントで構造的には前の劉備と同じ。
ただ、ジョイント部分の構造が見直されたのでしょう、だいぶ保持力が向上しています。
今のところ、チョンマゲの重さに負けて上向きになる、といった状態にはなっていませんw

P1400638.jpg
個々の構造を見ると、肩と腕の連結部分は明らかに形状が変わっているんですが、
それ以外はお馴染みの構造。といっても、首と同様各部に細かい調整が入ったようで、
前の劉備と比べてポーズがかっちり決まります。

P1400646.jpg
そうそう、例によって、今回も個人的趣味により目以外ははシール使わずに塗装で仕上げています。
ただし、スピード重視ということでガンダムマーカーのみでぱぱっと。
塗ったのは肩・胴体・脚の金色、腰と肩の青、胸鎧の金・銀・赤、
とさかの赤、腕鎧の銀、角飾りのメタリックグリーンに、爪龍刀の金とガンメタル。
ただ、今回塗ったところって、爪龍刀以外全てシールがあるんですよね……w
シールだけでもかなりこれに近い状態になるはずです。

P1400647.jpg
ところでこの龍装劉備、天玉鎧の目覚めに呼応し、龍帝剣の導きを受けて劉備の鎧が進化した形態、という設定。
いわゆる中間パワーアップ形態ですね。仮面ライダーブレイドで言うところのジャックフォーム的な……
って例えがピンポイントですいません(;´∀`)

P1400652.jpg
つまり、最終的には翔烈帝劉備ガンダムへパワーアップするはず、なわけですが……
玩具的には若干退化しちゃいそうな気がw
こっちの方が後に作られたぶん、単体の完成度は上な感じですし。
残念ポイントではないですが、その辺ちょっと気になりますw

P1400667.jpg
ところで、劉備ガンダムはこのプラモデルの他に今度ビッグサイズな豪華版、さらには
つい昨日発表されましたがSDX版も発売、とやたらとプッシュされていますね。
バンダイ、三国伝売りたい&売れてるんだろうなぁ……という感じがひしひしとw

P1400677.jpg
以上、真・龍装劉備ガンダムでした。
まさに三国伝の新スタンダードという感じで、きっちりした作りです。
アニメ的な都合もあるのか色分けも比較的簡単なので、塗装にチャレンジするのも良いかもしれませんよw
amazon
    
関連記事一覧
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・袁術ズサ
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・鬼牙装関羽ガンダム
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・雷装張飛ガンダム
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors創世記 真・劉備ガンダム 雪山装備
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・呂布トールギス 赤兎馬・天玉鎧 真武
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・董卓ザク
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・公孫瓚イージーエイト + 真・白銀流星馬
  • SD三国伝 英雄激突編 張遼ゲルググ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:SDガンダムSD三国伝

     タグ: SDガンダム  SD三国伝  BraveBattleWarriors 


    Comments:0 


    Leave a comment