またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

21
5月も後半、またいろいろと新製品ラッシュですね。
とりあえず、極魂ワイルドカリス(19日と聞いていたのでさっさと会社抜け出して買いに行ったら発売が22日に……orz)
と、HMMグレートサーベルは確保の予定です。それより先に溜めてる2体を先につk(ry
TF勢は余裕があればブラックアウトを……といったところ。
全部買う金銭的余裕は……なのが悲しいとこですが(´・ω・)<景気よくないですしね~

さて、現実の厳しさをかみしめつつ今回のネタです。
今回はゾイド。
ゾイドフューザーズから、グラビティーサイクスです。
P1380438.jpg
前々回のグラビティーウルフからのグラビティー繋がり、そして前回のスラップダッシュからのオレンジ繋がり……
ということにしておきますw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを・・・(;´∀`)

P1380440.jpgP1380444.jpg
ということで、今回はグラビティーサイクス。
前々回のグラビティーウルフと同じく、アニメ3作目のフューザーズに登場。
サクイの国のゾイド乗り3人組の一人、ツルギの操るゾイドです。

P1380447.jpgP1380450.jpg
左右から。
「サイクス」の名が示すとおり、モチーフはチーター。
グラビティーユニットのおかげでちょっと胴体がふくれてますが、そこを除けば非常にチーターらしいシルエットです。
ライトニングサイクスは格好いいんですが「チーターだ!」というには???な感じでしたからねぇw

P1380454.jpgP1380456.jpg
前後から。
グラビティーゾイド全般に言えることなんですが、武装がもの凄くシンプルです。
グラビティーユニットに馬力がないので、重たい武装乗せちゃうと歩けなくなるってのが実際のところのような気はしますが(;´∀`)

P1380463.jpgP1380465.jpg
上下から。
背中と腹に見えている黒い部分がグラビティーユニット。
仕組み上どうしても丸い部分が出てきてしまいます。
この丸い部分、胸に持ってこられればかなりよかった気もしますが……そうすると今度は遊びにくいですかねw

P1380467.jpg
顔周り。
かなり良い感じのチーター顔です。
丸っこいのでいまいちすごみはないですがw
が、独特の模様がないのでぱっと見チーターっぽくない、と感じる人もいるかも。

P1380469.jpg
ハッチオープン。
サクイ人ということで、グラビティーウルフと同じく赤パイロットが。

P1380474.jpg
頭はちょっとだけ上下に可動。
口も開閉します。
この口の開閉はこいつにとって何気に重要。

P1380475.jpgP1380477.jpg
尻尾。
こちらも手動で上下させることが可能です。
武器等は付きませんが、すらっと長くてモチーフのイメージには合ってますね。

P1380479.jpg
胸元には2連装ショットガン。
劇中では使った覚えがあまり……
もっとハッタリの効いた武器持ってますからね、こいつはw

P1380481.jpg
そして、こちらがサイクスのメイン武器、グラビティーソード。
大きな剣です。
ブレードライガーみたいな「装具の一部としてのブレード」ではなく、
文字通りの「剣」を持ったのはこのグラビティーサイクスではないでしょうか。

P1380483.jpg
この剣、刀身がスプリングで射出可能になっています。
刀身がでかくて重たいのでそんなに飛んでいきませんがw

P1380485.jpg
さらに劇中と同じく、柄部分を咥えて保持することも可能です。
なかなかがっちり咥えてくれますw
今回写真撮りませんでしたが、射出状態の刀身のみを咥えるということも可能だったり。

P1380489.jpg
改めてみてみると、こいつは意外と造形は良いんですよね。
ただやっぱり、動力にグラビティユニット選んだのは失敗だったような……
グラビティーユニットを仕込むと、どうしても胴体がふくらんでしまいます。
チーターなんて胴体細くてなんぼでしょうし、相性悪い組み合わせな気がします(;´∀`)

では、恒例の歩行動画です。

高画質版はこちら。
歩行ギミック的にはただ歩くだけなので、今回はホイールを回すところから入れてみました。
歩行の仕組み的にはコマンドウルフあたりと同じ作りですね。動力の違いが最大の差となっています。

P1380497.jpg
以上、グラビティーサイクスでした。
実のところ、世間の評判の割りに結構悪くないんじゃないか?という気もする一品ですね。
ただ、アニメでも実際の商品としても影が薄かっt(ry
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS FZ-019 グラビティーウルフ
  • ZOIDS SPECIALEDITION ブレードライガー ブラックインパクト
  • ZOIDS FZ-002 ケーニッヒウルフMK2
  • ZOIDS FZ-011 キラースパイナー その2(キラードーム&キラースパイナー)
  • ZOIDS FZ-011 キラースパイナー その1(ダークスパイナー)
  • ZOIDS FZ-015 エナジーライガー
  • ZOIDS ストームソーダージェット


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSフューザーズ

     タグ: ゾイド  フューザーズ 


    Comments:2 

    なまなま  

    No Title

    この子も結構バッシングされてるんですよねぇ…ライトニングよりだいぶチーターに似ていますし、首のラインなんか大好きですw
    ディテールもよく見てあげると良い仕事してると思います。
    ただ、オレンジ色が安っぽかったので2体目は塗装しましたが…こいつはなかなか化けてくれますよw
    無茶武器にももう慣れましたww

    2010/05/22 (Sat) 15:40 | EDIT |   

    tagoal  

    Re:

    >なまなまさん
    正直言うと私も当時は「なんだこりゃ?」と思っていた口ですが、改めてみると
    そんなに悪くなくねと言う気がしています。
    やっぱ色でもだいぶ損してますよねw
    これでも、オレンジ一色だった海外版よりはましになってはいるんですが(;´∀`)

    2010/05/22 (Sat) 16:58 | EDIT |   

    Leave a comment