またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

29
疾風の雪兎さんの「風の向くままに」と相互リンクする予定となりました。
申し入れの返事をする前にここに書いているので予定、ですがw
BB戦士を主に扱われる、できたてほやほやのブログです。
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

世間一般的には今日からゴールデンウィーク。
今日から当分連休、という方も多いかと思います。
私は明日仕事ですけどね(´・ω・`)

さて、今回のネタです。
今回はSD三国伝BraveBattleWarriorsの新作から。
真・公孫瓚(コウソンサン。「瓚(サン)」の字が機種依存なので化けるかも……)イージーエイトと、
ついでに買ってきた(マテ 真・白銀流星馬をまとめて紹介します。
P1370157.jpgP1370158.jpg
公孫サンは既にイツキさんの所でも紹介されてます
素のままで紹介されてますので併せてみるとよりナイスかも。
あ、そうそう。
ここ数日のブツの仕入れ状況の関係で、GWはTF分が思いっきり薄くなる予定ですので悪しからず。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください・・・(;´∀`)

P1370160.jpgP1370163.jpg
というわけで、今回は公孫瓚イージーエイト。
劉備と同じく盧植の弟子で、劉備の兄弟子に当たる人ですね。
アニメの方では最近出番はないですが、また後々出てきます。

P1370166.jpgP1370169.jpg
前後から。
演者はガンダムEz-8。
そういえば、演者がガンダム系で名前が「ガンダム」以外に設定されている人ってめずらしいですね。
他には孫尚香ガーベラとか陸遜ゼータプラスくらいしかいないような。
孫策は何か強引に「サイサリスガンダム」にされてますし……w

P1370171.jpgP1370173.jpg
左右から。
元の雰囲気を残しつつ、上手いこと三国志風にアレンジされてますね。
ちなみに、今回も各所を塗装でまかなっております。
公孫瓚は墨入れ以外に兜の銀と赤、肩・腕・胸鎧全体と腰の銀部分に腹回りを塗装しています。

P1370175.jpg
顔周り。
ガンダムEz-8といえば角のない額と独特の口元ですが、そのいずれもきっちり再現。
口元は赤い部分だけ、素顔のパーツが露出しているというなかなか面白い構造です。
頬当て兼チンガード、みたいな解釈なわけですね。

P1370177.jpgP1370180.jpg
鎧を脱いで軽装モードに。
ちょっぴり陸戦ガンダム風味が出てきている感じがします。

P1370187.jpg
手持ち武器(?)その1、麝香尾(じゃこうび)。
武器というか、指揮用の采配ですね。

P1370192.jpg
武器の2、白麟剣(はくりんけん)。
父から受け継いだ剣、ということです。
腰にマウントすることも可能ですが、抜き身のまま腰からぶら下げるのは危なくないですか……w

P1370196.jpg
背中のマント。
3カ所稼働するようになってまして、ポージングの際かなり良い感じに動きが出せます。
ジョイント形状は共通の物が多いので、他の三国伝キャラの背中にくっつけるのも良いかもしれません。

P1370198.jpg
ちなみにマントの下はこうなってます。

P1370208.jpgP1370201.jpg
さて、一旦公孫瓚はおいておいて、今回のもう一つのネタ、白銀流星馬です。
要するに馬ですねw

P1370203.jpgP1370206.jpg
白銀流星馬、左右から。
アニメ版仕様になってカラーリングはちょっと変わってますが、
デザイン的にはホワイトベースとかアーガマとか+ジム系、といった感じでしょうか。

P1370209.jpgP1370212.jpg
前後から。
馬ですねw
ところで、例によってこちらもシールの代わりに塗装してます。
ガンメタと金の部分、目のメタリックグリーンと蹄のメタリックレッドが塗装部分です。
なお、目のシールはモノアイ状と赤い目、緑の目から選択制になってますよ。

P1370214.jpgP1370216.jpg
顔周り。
首は前後に可動します。
手綱はリード線でできてまして、搭乗時に持たせることが可能です。

P1370218.jpg
脚。
前脚・後脚とも、前後方向に可動+膝が曲がります。
これで少し足がハの字に開ければよりナイスだったんですが、まぁお値段がお値段ですしねw

P1370220.jpg
鞍。
BB戦士が載せられるような構造になっています。
……が、別に固定する仕組みがあるわけではないのですぐにずり落ちますw

P1370222.jpg
可動範囲はまぁそこそこ……なんですが、全部前後方向なのがちょっと残念ですかね。
上の写真くらいがめいっぱい。

P1370224.jpg
さて公孫瓚に戻りまして……
可動について。
といっても、基本は毎度お馴染み三国伝クオリティなんですけどねw

P1370228.jpg
腕は肩・肩と上腕の間・手首がボールジョイント。
鎧の形状がシンプルなのもありまして、結構可動範囲は広いです。

P1370230.jpg
脚は股関節と足首がボールジョイント。
ガンダム系武将お馴染みの構造ですが、腰回りのクリアランスが広いのか
脚がだいぶ動かし易いです。

P1370232.jpg
胴体周りは腰が回り、首もお馴染みボールジョイント。
まぁ、この辺は三国伝系共通ですねw
ヘルメット状の兜のキャラの場合、兜が干渉して首が回しづらくなったりすることが多いんですが、
こいつは上手いこと設計されたようで楽々可動ですw

P1370234.jpg
全体的に、三国伝系でもポーズはつけやすい方ですね。
マントが動くおかげでやたらと躍動感が出ます。
一応この人指揮官系の人なんですが……w

P1370236.jpg
馬に搭乗。
公孫瓚といえば、正史で彼の率いる騎馬軍団「白馬義従」、と言う連想が今回のセット紹介の発端ですw
三国伝でも公孫瓚の必殺技は「白馬陣」……って、それ必殺技じゃなくて戦法w

P1370242.jpg
前述の通り、鞍はそれ用の形状になってはいるんですが……固定されないのでかなり不安定です(;´∀`)
馬が直立している状態なら別に問題はないんですけどね。
まぁ、そもそも馬の方でポーズつけようとすると馬が立ってられないんですがw
この小さい足じゃやむなし、ではあります。

P1370247.jpg
とはいえ作ってる側としてもそれは見越してあったらしく、馬の腹にはスタンド用の穴が。
スタンドを使えば問題なしではありますね。
問題はうちに対応のスタンドがなかった、ということでしたがorz

P1370249.jpg
ところでこの公孫瓚、ぱっと見色分けが少なくて塗装が楽そうだな~、とか思っていたんですが。
実際塗装してみると以外と厄介でした(;´∀`)

P1370251.jpg
具体的に面倒なのは胸鎧と肩・腕鎧。
胸は何気に4色使う上に微妙に色分けが細かいですし、肩・腕鎧は銀一色の成形色。
これが足や腰と同じクリーム色だったら銀のマーカー一本で済んだんですがねぇ……
なんというか、ただ組むだけなら簡単ですが、塗装しようとするととたんに面倒くさくなるタイプのキットでしたw

P1370309.jpg
以上、公孫瓚イージーエイト+白銀流星馬でした。
特殊なギミックは無いシンプルな作りですが、マントの影響もあって凄くポージングが楽しい一品ですよ。
amazon
    
関連記事一覧
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors創世記 真・劉備ガンダム 雪山装備
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・龍装劉備ガンダム
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・呂布トールギス 赤兎馬・天玉鎧 真武
  • SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・董卓ザク
  • SD三国伝 英雄激突編 張遼ゲルググ
  • SD三国伝外伝 武勇激闘録 許褚ガンダム
  • SD三国伝 英雄激突編 三国伝桃園の誓いセット その2 劉備ガンダム
  • SD三国伝 英雄激突編 関平ガンダム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:SDガンダムSD三国伝

     タグ: SDガンダム  SD三国伝  BraveBattleWarriors 


    Comments:2 

    赤壁のペラモデル  

    孫策サイサリスは商標登録に引っかかったからのようですね
    海外でも発売する関係から、そちらですでに海賊版が大量に出回っているシリーズでもありますし(汗

    2010/04/29 (Thu) 23:27 | EDIT |   

    tagoal  

    公孫サンれす

    >赤壁のペラモデルさん
    なるほど、孫策は商標の関係ですか……
    海外って言うか中国あたりではキット化されてない奴まででっち上げられてると言いますし、海外展開は何かと大変ですねぇ(;´∀`)

    2010/05/03 (Mon) 13:45 | EDIT |   

    Leave a comment